• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 大学案内
    3. News&Events
    4. 在学生の方へ

    大学案内

    News and Event

    2015年
    02月19日

    【子ども発達学科】特別支援学校教諭課程開設について

    子ども発達学科では、保育士資格、幼稚園教諭一種免許、小学校教諭一種免許の課程に加え、2015(平成27)年度4月開設を目指し、特別支援学校教諭課程の申請手続きを進めてきました。
    この度、「認定可」となりましたので、4月から特別支援学校教諭課程がスタートいたします。

    なお、特別支援学校教諭免許は、幼稚園あるいは小学校教諭免許を基礎としますが、子ども発達学科の実習プログラムは1年次から系統的に組まれています。
    2年生での幼稚園教育実習、3年生での小学校教育実習を重ねて4年生で特別支援学校教育実習に行くことになります。
    子ども理解の深化と就職先の広がりに期待いたします。
     
    子ども発達学科 学科長 牧 正興

    2015年
    02月10日

    海外旅行を計画している学生の皆さんへ

    春休みを迎え、卒業旅行や海外旅行を予定している方もいるかと思います。
    昨今の海外情勢(シリア邦人拘束事案、パリ東部及び北東部近郊における人質拘束事案等)を踏まえ、海外に滞在又は新たに渡航される場合は
     
    1.外務省海外安全ホームページ、報道及び渡航先最寄りの日本大使館または総領事館から、最新の情報を入手する
    2.外務省が実施している渡航登録サービスへ登録する

    を行い、渡航先でテロ事件や不測の事態に巻き込まれることがないよう、安全確保に努めてください。
     

    参考ホームページ

    ■外務省ホームページ
     http://www.mofa.go.jp/mofaj/

    ■外務省海外安全ホームページ
     http://www.anzen.mofa.go.jp/ 
     http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

    ■外務省渡航登録サービス
     https://www.ezairyu.mofa.go.jp/
     ※登録すると、在外公館からの緊急一斉連絡メールなどを受信することができます。

    2015年
    02月06日

    FD研修会が開催されました

    1月27日に本学ILS(Interactive Learning Studio)教室・PC3教室において本年度第2回目のFD研修会が開催されました。
    千歳科学技術大学の小松川先生と山川先生を講師に迎え、大学eラーニング協議会の共同利用システムである「共通基盤教育システム」の講習を受けると共に、実際にeラーニングシステムを体験しました。
    継続して学生が取り組むには、単に課題を出すだけでなく、学生に対し、教員の途中の支えが必要なことも学ぶことができ、有意義な会となりました。

    教員だけでなく職員も講習を受け、それぞれの担当で新年度からの導入を考えています。


    ne_20150206_02_01.jpg

    2015年
    02月06日

    チャレンジ助成金 成果報告会を行いました

    チャレンジ助成金とは、学生の自主的かつ自由な発想による独自の企画を助成し、推奨することにより、学生の課外活動を活発化させることを目的に昨年度から実施している制度です。
    2年目になる今年は3件が採用され、その取り組みについて報告会が行われました。

    助成金額は1件につき30万円。採用にあたっては、企画内容と活動の目的を明確にし、計画書、構成員、経費内訳等を提出する必要があります。

    3件中1件は、今年3月、取り組んでいるものを学内で展示・公開するため、活動を継続しているところですが、この制度を利用した各々が、大変さとともに達成感、充実感を味わうことができたとの内容でした。
    また、その結果、見えてきた課題もあり、後輩たちに引き継いでいくとの報告も。自分たちが通う大学をよりいいものにしていきたいという熱い想いが伝わってきました。

    来年度も意欲ある学生の活動を支援し、有意義な大学生活を過ごして欲しいと願っています。
     

    企画名:International Café

    短期大学部 英語科
    ・S.Aさん(出身校 久留米市立南筑高等学校)
    ・T.Cさん(出身校 福岡県立香椎高等学校)  他2名
     

    企画名:福岡女学院大学在学生×OG特別公演「TENJINKI」

    人文学部 表現学科
    ・Y.Aさん(出身校 福岡県立小郡高等学校)
    ・O.Nさん(出身校 福岡県立福岡中央高等学校)  他18名
    関連記事:2014.06.19|News&Event|福岡女学院大学在校生×OG特別公演『TENJINKI』のお知らせ
     

    企画名:THE ROOT OF LOVE -モザイクアートで笑顔を広げよう-

    人間関係学部 子ども発達学科
    ・M.Yさん(出身校 福岡県私立筑陽学園高等学校)
    ・Y.Rさん(出身校 福岡県立太宰府高等学校)  他3名

    ne_20150206_01.jpg

    2015年
    02月05日

    【新聞掲載】社会人基礎力育成グランプリ2015全国大会出場

    本学現代文化学科の浮田ゼミの学生が、社会人基礎力育成グランプリ2015九州沖縄地区予選会に出場し優秀賞を受賞し、今月26日に東京で行われる全国大会に出場いたします。

    この件について、2015年2月1日の西日本新聞朝刊に記事を掲載していただきました。
    西日本新聞社さまのホームページにて、同記事が公開されておりますので、ぜひご覧ください。
     

    西日本新聞(2015年2月1日)

    福岡女学院大、頂点奪還を目指す 社会人基礎力育成グランプリ [福岡県]
    http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_toshiken/article/142888

    ne_20141209_01.jpg
     

    2015年
    02月05日

    言語芸術学科がフィリピン映画学内撮影を支援

    2015年1月19日から20日の間、本学にてフィリピン映画「IMBISIBOL」の撮影が行われ、言語芸術学科の学生5名が撮影の撮影支援を行いました。

    ne_20150205_02_01.jpg美術さんのお手伝いから、ケータリング準備、エキストラ出演(出演時は学外)などを経験し、そのうち1名は撮影開始のカチンコの役目も体験しました。
    前日の18日には映画に出演する日本人役者さんのオーディションが学内で行われ、その様子を間近で見学することもでき、数日間学生にとって貴重な経験となりました。

    また、スタッフの方は日本語が話せないため、お手伝いの学生も一生懸命英語でコミュニケーションをとりました。
    言語芸術学科では舞台や映画、文学などを学ぶと同時に、英語学習を積極的に取り組んでいます。日頃の学習を見事に活かした瞬間でした。

    ne_20150205_02_02.jpg
     
    ※学内での映画撮影の様子は1月22日(木)の毎日新聞福岡版の地域欄にも掲載されています。

    2015年
    02月05日

    秘書技能検定2級及びサービス接遇検定準1級優秀者のご報告

    本学の学生が、秘書技能検定2級及びサービス接遇検定 準1級・優秀賞準1級で2名の学生が優秀者として表彰されましたのでご報告いたします。
    お二人ともおめでとうございます!

     

    秘書技能検定2級・日本秘書クラブ賞

    人間関係学部 心理学科2年
    A.Mさん(久留米大学附属高等学校出身)

    合格者34,093名の中から個人表彰者93名の中の一人として表彰されました。

     

    サービス接遇検定 準1級・優秀賞

    人文学部 現代文化学科2年
    A.Hさん(春日高等学校出身)

    志願者6,854名の中から、個人表彰者101名の中の一人として表彰されました。

    2015年
    01月28日

    2014年度交換留学生修了式

    2015年1月27日(火)、2014年度交換留学生の修了式が行われました。2014年度は、韓国の仁濟大学校より3名の交換留学生をお迎えしました。
    ne_20150128_02.jpg
    学長より修了証書を授与された後、交換留学生には留学時代の思い出や学んだこと、印象に残ったことをわかりやすく語っていただきました。静寂な雰囲気の中、出席者の方々も交換留学生を祝福する暖かな気持ちで見守ってくださいました。

    交換留学生の皆さんが出身大学に戻った後も、福岡女学院大学で学んだこと、友人や先生たちのことを忘れず、学びがさらに発展し交流が深められることを心からお祈りしています。
    ne_20150128_01.jpg
    国際交流課

    2015年
    01月14日

    2月1日(日) 一般入学試験(前期日程)の西鉄バス運行について

    人間関係学部および短期大学部一般入学試験(前期日程)が行われる2月1日(日)は、福岡女学院への路線バスの乗り入れはありません。
    バスでお越しの方は下記をご参照のうえ、気をつけてお越しください。


    ■大橋駅からお越しの方
     西鉄バス42番に乗り「放送所前」で降車。
    「放送所前」から福岡女学院大学まで徒歩5分です。

    ■井尻駅からお越しの方
     西鉄バス45番に乗り「放送所前」で降車。
    「放送所前」から福岡女学院大学まで徒歩5分です。

    ■南福岡駅からお越しの方
     西鉄バス45番に乗り「放送所前」で降車。
    「放送所前」から福岡女学院大学まで徒歩5分です。




    20140124.gif


    交通アクセス

    2015年
    01月09日

    第14回大学発ベンチャービジネスコンテスト 現代文化学科4年生が審査委員特別賞と優秀賞を受賞

    12月19日に、第14回大学発ベンチャービジネスコンテスト決勝研究発表会が福岡市役所にて開催されました。
    本学学生の発表に対し、プレゼンテーション力の高さに「審査委員特別賞」、事業計画に「優秀賞」が授与されました。

    このコンテストは、全国8地区で行われ、大学院、大学、高専の学生延べ800チームが参加し、日頃自分たちが学んでいることを活かして、起業(会社をつくる)につなげるという大会です。

    本学では2010年より参加していますが、これまで医理工学分野の厚い壁に阻まれ続けてきました。
    ついに本年1次審査、2次審査を通過して決勝に進むことができました。文系の強みを分析し、社会背景と経営内容をつなぎ合わせ、女子力を前面に出した結果だと思います。
    ne_20150109_02.jpg
    本学から出場したチームは人文学部現代文化学科4年生の”チームZOO”13名です。
    エシカルサポート(エシカルとは倫理感などの意味があります)という会社を設立、①ブラックアルバイトから学生を守る。②シニアの力を借りて共に成長する、シニアセミナー ③対話力とコミニュケーション力を学習する小学校低学年を対象とした、ジュニアーセミナー の3点を事業内容として、3年目で黒字になる計画を立てプレゼンテーションを行いました。
    ne_20150109_01.jpg

    2014年
    12月18日

    【大学院】発達教育学専攻の開設について

    この度、大学院人文科学研究科では、2015(平成27)年度4月開設を予定しておりました発達教育学専攻について、「可」の判定を受けました。

    発達教育学専攻は、人間関係学部 子ども発達学科を基礎とする大学院となります。2月に入学選考試験を計画しておりますので、出願希望の方は入試広報課にご相談ください。
     
    子ども発達学科 学科長 牧 正興


    ※出願書類の発送は1月6日(火)以降となります。

    →発達教育学専攻 入試要項( PDF:455KB

    2014年
    12月16日

    【国際英語学科】川端教授が国際シンポジウムでパネリストに

    国際キャリア学部国際英語学科の川端教授が、先日大阪大学大学院で開かれた国際シンポジウム「国連安保理改革はなぜ進まないのか:現状と展望」にパネリストとして参加しました。

    川端ゼミの学生も自主参加し、デイビット・マローン国際連合大学学長(国連事務次長)や 外務省関係者の講演を聴き、安保理の現況や日本の置かれた立場などを学びました。
    当日は、基調講演をされたマローン国際連合大学学長と川端先生を囲んで記念撮影!!
    国際社会で働くことを目標とする学生たちにとって、大いに刺激を受けた1日となりました。
    ne_20141216_02.jpg

    2014年
    12月09日

    社会人基礎力育成グランプリ2015九州沖縄地区予選会 優秀賞

    本学現代文化学科の浮田ゼミの学生が、社会人基礎力育成グランプリ2015九州沖縄地区予選会に出場し優秀賞を受賞いたしました。
    浮田先生よりレポートが届いていますのでご紹介いたします。
     

    優秀賞!全国大会へ。
    今回は運営事務局を2年チーム『グラスホッパー』が行い、4年チーム『ZOO』が予選会に挑みました。
    公平性から当日は先輩と個人的な話は一切ダメ、もちろん特定チームを応援することも禁止です。
    全力で事務局運営に徹することが、きっと先輩の勝利に貢献できるという難しい運営に携わりました。

    4年生チームZOOがマスターしている原稿を持たず、ゆっくり動きながら効果的に訴求する高度なプレゼンテーション技法は素晴らしかったですが、2年グラスホッパーの運営もチーム力を発揮した見事な運営でした。
    共に助け、共に成長しようとする力が活き活きと実践された予選会でした。

    2011年大会に続き日本一への新たな挑戦がはじまります。
    決勝大会は東京会場で2月26日に全国8ブロックの代表が集い行われます。
    ne_20141209_01.jpg
    後方が2年生で前方2列が4年生

    ■経済産業省 社会人基礎力育成フランプリ
    http://www.meti.go.jp/policy/kisoryoku/gp.html

    2014年
    12月04日

    【学外実習】発達が気になる子どもと親のためサロン「みなみん」がチヨダ地域保健推進賞を受賞

    福岡女学院大学心理学科及び大学院臨床心理学専攻の学生達が学外実習の一環としてお手伝いしている『発達が気になる子どもと親のためサロン「みなみん」』が、一般財団法人千代田健康開発事業の『チヨダ地域保健推進賞』を受賞しまた。(→詳しくはこちら

    学生のみんなの頑張りが社会的にも高く評価されたことをうれしく思います。

    これまでの『みなみん』に関するお知らせ

    ■大学院 臨床心理学専攻Today
    2013年6月1日|発達が気になる子どもと親のためのサロン「みなみん」(南区保健福祉センター)の実習がスタートしました

    ■心理学科Today
    2014年2月26日|福岡女学院大学心理学科協力の子育て支援が高島市長から表彰されました!

     

    2014年
    11月25日

    クラブ生の活躍:空手部 ―過去最多入賞―

    11月23日(日)に福岡武道館で行なわれた第27回和道流空手道福岡大会に本学から13名参加し過去最多の7つの入賞を果たしました。

    今回の大会には例年通り4部門(組手一般有段女子の部、組手一般有級女子の部、形一般有段女子の部、形一般有級女子の部)に13名エントリーしました。
    ne_20141125_02.jpg
    ne_20141125_04.jpg
    本学からの参加者が多かったことが大きな要因でしょうが、これらの部門においては、ほぼ本学の独壇上となり、優勝2名、準優勝2名、3位3名と過去最多の入賞を果たしました。それ以上に、部員の日頃の頑張りも成果として現れたようです。
    おめでとうございます。ここ数年、空手部の技量が高まっているのが感じられます。
    ne_20141125_03.jpg
    空手部コーチ T.Y

    2014年
    11月19日

    チームビルディングによる成果!! 本学学生がTug of war(綱引)北九州大会理事長杯にて優勝

    11月16日(日)、北九州で行われたTug of war(綱引)北九州大会 理事長杯にて、本学の人文学部現代文化学科の学生チームが優勝しました。
    レポートが届きましたのでご紹介します!

    ne_20141119_01.jpg



    この競技は誰でも名前は知っていますが、本当の競技としての綱引は知らない方が多いと思います。
    アントワープ大会まで行われていたオリンピック競技です。チーム一丸となってという表現そのものがこの競技です。

    3年生の研究課題は国営海の中道海浜公園との連携です。
    この難題な課題を推進するためチーム性強化(チームビルディング)として取入れた実践的学習です。
    多くの方々の支援を受け自分の知らない力を発見し強靭な集団へ変容した結果、チーム名hPa(ヘクトパスカル)は見事優勝を果たしました。
    ne_20141119_02.jpg
    ne_20141119_03.jpg

    2014年
    11月17日

    12月1日(月)キャンドルナイト/クリスマスツリー点灯式 開催

    12月1日(月)、キャンドルナイト・クリスマスツリー点灯式を開催します。

    キャンドルナイトには、およそ500個の廃油を利用したエコキャンドルを使用します。
    本学の池回りや125周年記念館の回廊を美しく照らし、幻想的な雰囲気を楽しみながら、エコ活動について考える場になればと、本学の学生「女学院GREEN'S」が毎年手作りをしているものです。
    また、温かい飲み物などを配布いたします。

    クリスマスツリー点灯式では、地域の方々や女学院の幼稚園児・中高生・大学生が参加し、礼拝・ハンドベルの演奏が行われます。
    本学院では毎年、クリスマスまでの約4週間、イエス・キリストの誕生の時を待ちわびる待降節(アドベント)に因み、もみの木に約1000個の電球を灯したクリスマスツリーが冬の夜空を明るく灯します。
    点灯式後は、本学表現学科学生による125周年記念館の一部を利用したプロジェクションマッピングを行います。

    学外の方でもどなたでもご参加頂けますので、ぜひお越し下さい。
     

    キャンドルナイト

    ne_20141117_02.jpg■日時
    2014年 12月1日(月)17:00〜18:30
    17:00 キャンドル点灯
    18:00 ゴスペル等の音楽イベント開始
    18:30 キャンドル消灯

    ■場所
    福岡女学院 百周年記念館前の池周り・125周年記念館回廊
     

    クリスマスツリー点灯式

    ne_20141117_03.jpg■日時
    2014年 12月1日(月)17:10〜17:30

    ■場所
    福岡女学院 125周年記念館前

    ■内容
    中高ハンドベルクワイア(ハンドベル演奏)
    Missionクワイア(聖歌隊)
    表現学科学生によるプロジェクションマッピングの上映
     

    昨年の様子

    ne_20141117_04.jpg
    ne_20141117_05.jpg

    2014年
    11月04日

    Carolyn Graham 英語ワークショップ (11月29日開催)[英語教育研究センター]

    ne_20141104_2.jpg今年も「ジャズ・チャンツ」の考案者として指導にあたっているキャロリン・グラハム先生をお招きし、ワークショップを開催致します。
    これまでの取り組みについてはこちらをご参考ください。

    児童英語教育に従事されている方や、児童英語に興味をお持ちの皆様のご参加をお待ちしております。

     

    日時 2014年11月29日(土)午後~
    会場 福岡女学院大学 4号館2階
    参加費 無料
    プログラム 12:20-13:10
     How to use Chants and Songs / Oxford University Press
    13:10-13:20
     書籍展示
    13:30-15:00
     Carolyn Graham Workshop / Carolyn Graham
    詳細 PDF : 614KB
    お申込み ワークショップの事前申込受付は終了いたしました。
    参加ご希望の方は当日、直接会場へお越しください。
    皆様のご参加をお待ちしております。
    お問合せ 英語教育研究センター
    E-mail : cselt@fukujo.ac.jp
    FAX : 092-575-4456

    カテゴリー

    バックナンバー

    2019年
    2018年
    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@