学生生活チャペル礼拝

福岡女学院大学は、キリスト教の精神に基づいて長い歴史を歩んできた大学です。そのキリスト教活動の中心、ひいては大学の営み全体の中心といえるものが日々のチャペル礼拝です。月曜日から金曜日の午前中に行われ、日常の中での静かな、自己発見の時間です。実り豊かなキャンパスライフのために、毎日の礼拝時間を一人一人が大切に想い、心から参加するものであってほしいと願います。

  • 礼拝の日時:月~金 朝10時55分〜11時15分
  • 持参するもの:チャペルカード、聖書、讃美歌

礼拝順序

学生の声

A.Nさん短期大学部2年

福岡女学院に入学して、聖書を学べる授業やチャペルの時間があり、一人で心を静める時間を持つことができます。私自身、聖書を読むにつれ、物事の考え方や価値観が変わったように感じます。チャペルの時間では、聖書の箇所により先生方が映画の一部を使って説明して下さったり、自らギターを弾き賛美してくださる先生方もいて、女学院ならではのチャペルアワーを楽しむことができます。また、聖書の授業でも一から教えてくださるので、授業を受けているうちにきっと自分の好きな聖書の箇所を見つけることができますよ。神様からの導きに感謝しつつ、一緒に楽しい大学生活をおくりましょう。

学生の声

K.Rさん心理学科3年

チャペルでは、学内の先生方や牧師さんの方々が私たち学生に分かりやすくご自分の経験談などから心に響く素敵なお話しをして下さいます。私はチャペルを通して、多くの心に残る言葉に出逢い、その言葉に支えられることがよくあります。そして、様々な方々のお話を聞くことによって多くの考えを知ることができ、視野が広がります。このように、チャペルでは、素晴らしい言葉や考えや人に出会うことができます。それは、自分を成長させる良い機会だと思います。また、賛美歌はみんなで歌うと清々しい気持ちになります。なので、楽しい一日のスタートを切ることができます。皆さんもぜひチャペルに足を運んでみてください。