よくあるご質問

  1. HOME
  2. よくあるご質問

学校全般

現在、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、一時的に来校はお断りしております。大変申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

リーダーシップを発揮したり、友達のオシャレを参考にしたりと、女子大ならでは自分のやりたいことをとことんできる環境があります。

大きな違いは、授業(履修科目)を自分で選べること。また、教室で授業を受けるだけでなく、プレゼンテーションをしたり、学外で研修や実習をしたりと多彩です。

大学・短期大学部の学生合わせて、約2700名です。
少人数制ならではの一人ひとりを大切に育てる大学です。

九州・沖縄・山口を中心に各地から来ています。
今まで知らなかったいろいろな方言に接することができて、おもしろいですよ。

ヤフオク!ドーム5個分の広さです。緑もたくさん落ち着いた雰囲気のキャンパスです。

一人ひとりの夢を実現するため、個別面談を行いしっかりとしたサポートをしていきます。短大1年次、大学3年次より年25回という徹底した就職支援プログラムを実施しているほか、国内外でのインターンシップなどで現場を知る機会もあります。

経済的理由により修学が難しい学生のために、学内外の奨学金制度が用意されています。利用希望者は入学後の4月に行われる説明会に出席してください。

学部・学科

それぞれの学びのスタイル、特色があって、幅や深さも異なりますので、一言では違いを語りつくせませんが、次のようなことは言えます。

人文学部 言語芸術学科

文学、文芸を題材に英語と欧米の文化を学びます。英文解釈が得意で、将来、教職課程(英語)も視野に入れて学びたいという方にお勧めします。

国際キャリア学部 国際英語学科

英語を国際語として捉え、国際交流、英語教育、英語学の3分野を柱に専門知識を身につけます。将来、国際交流関係の機関や組織で働きたい方、教師としてプロフェッショナルに英語を教えたい方、大学院でさらに英語を研究したい方に適した学科です。

国際キャリア学部 国際キャリア学科

英語と国際ビジネスを融合した学科で、国際キャリア、異文化コミュニケーション、地域研究、国際協力の3分野を柱に、専門知識を身につけます。これまで、経済学・商学が扱ってきた学問領域を「キャリア」という新たな視点から捉え直しました。多文化共生環境を通して実践的問題解決能力を育成します。将来、英語を使って国際ビジネスに従事したい方に適した学科です。

短期大学部 英語科

読む・書く・聞く・話すという4つの分野を短期間で集中して学び、実践的な英語力を身につけます。また英語を使いこなすうえで必要となる教養や、実践的な知識やスキルも合わせて身につけていきます。

航空実務研究やエアライン講座といった授業科目が置かれている人文学部現代文化学科や短期大学部英語科は、航空関係の就職を目指している学生が多いことから、相応の実績があります。しかし高い英語力を身につけられる国際キャリア学部をはじめ、他の学部・学科からも就職しています。大切なのは、どのような学びから、どのようなオリジナリティある付加価値を自分に身につけるかです。学部・学科で有利不利はありません。ただし、絶対というわけではありませんが、TOEICで言えば550点~600点が最低でも必要な業界ですので、自分の現在の英語力も踏まえて、学部・学科を選ぶことは重要です。

航空・金融・ホテル・旅行業に多くの就職実績があります。伝統校としてのこれまでの実績と進路就職課のきめ細やかな指導で安定した就職率誇っています。詳しくは、「就職・進路」ページをご覧ください。

1時間目の90分授業は9:15から、60分授業は9:45からのスタートです。大学では時間割を自分で作成するので始まりも終わりの時間もそれぞれ。どの授業を履修するかで変わってきます。

各学科によって取得できる免許や資格は異なります。
例として、子ども発達学科は保育士、幼稚園教諭、小学校教諭、特別支援学校教諭の免許取得が可能です。
詳しくは各学科のページをご覧ください。

イングリッシュイマージョンコース

1年次の前半で目標スコアのTOEIC550点に達した学生のうち、希望者10名が専攻できる少人数のコースです。英語力向上のためにコース専用の留学プログラムを備えており、海外の大学編入を視野に入れた学生が在籍するコースです。

アカデミックインテンシブコース

英語の4技能「話す」「聞く」「読む」「書く」を身につけるものはもちろん、文学や文化、英語学など、英語に関する知識をしっかりと身につけたい人のためのコースです。国内の4年制大学への編入を視野に入れた学生が在籍するコースです。

大学では、他学部の授業科目を履修して単位を修得した場合、12単位まで卒業に必要な選択科目の単位に換算できます。12単位を超える部分については、卒業要件単位数には算入できません。
なお、他学部の学生が履修できない科目もあります。

短大では、自分が所属するコースを超えての科目を受講できますが、時間割の都合で選択できない場合があります。また、所属するコースの選択科目を12単位以上取得する必要があります。

学生生活

体育系から文化系、気軽に仲間と楽しむ趣味系まで、いろいろなクラブ・サークルがあります。学部・学科、学年を越えて交流を深めることができます。詳しくは、「クラブ・サークル」ページをご覧ください。

近隣に10箇所の指定下宿・アパートを完備しています。1ヶ月の家賃は2万円台から7万円台まで。住んでいる人がみんな女学院生だから安心です。詳しくは、「学生会館・指定アパート」ページをご覧ください。

大学1年生(主に国際キャリア学部)のみが1年間だけ住むことのできる学生寮がキャンパス内にあります。そのほか、近隣に約10箇所の指定寮・アパートを完備しています。一か月の家賃は2万円から7万円台まで。詳しくは「学生会館・指定アパート」ページをご覧ください。

可能です。(自動車通学に関しては、認められていません。)

学費・奨学金

入学年度納入金(入学金・委託徴収金含む)

  • 大学:1,201,000円
  • 短期大学部:1,102,000円

2年次以降(委託徴収金含む)

  • 大学:991,000円
  • 短期大学部:902,000円

詳しくは「校納金」ページをご覧ください。

福岡女学院奨学金、福岡女学院後援会奨学金、福岡女学院大学外国人留学生奨学金、日本学生支援機構など、学内外の奨学金制度が用意されています。詳しくは、「奨学金・特待生」ページをご覧ください。

留学

海外の提携校への交換留学から、長期休暇を利用した短期語学留学まで多彩なプログラムを用意しています。行き先は、アメリカ、イギリス、カナダ、中国などです。詳しくは、「留学制度」ページをご覧ください。

所属の学科、留学の種類によって異なります。
例)国際キャリア学部の長期留学では、1学期間(4~5か月間)で16単位、二学期間(8~10か月間)で32単位を取得できるので、休学する必要がなく4年間で卒業できます。
詳しくは留学制度のページをご覧ください。

所属の学科、留学の種類によって異なります。
例)人文学部・人間関係学部の留学プログラムでは、交換留学では本学の校納金全額、または留学先の校納金全額が免除。認定留学の場合は本学の授業料の1/2が減免となります。
詳しくは留学制度のページをご覧ください。

所属の学科、留学の種類によって異なります。
例)短期大学部では短期海外語学研修支援金制度があり、支援金として30万円支給されます。※条件有り
詳しくは留学制度のページをご覧ください。