• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 大学案内
    3. News&Events
    4. 受験生の方へ

    大学案内

    News and Event

    2016年
    01月24日

    〔全学生のみなさまへ〕大雪による明日(1/25)の定期試験の取扱いについて

    明日(1/25)の定期試験は、1限目(9:15~10:15)、2限目(10:35~11:35)、3限目(11:55~12:55)については延期(延期日については改めてポータルシステムでお知らせします)とし、4限目より実施予定とします。 ただし、4限目以降についても、JR、西鉄などの運行状況によっては延期となる場合があります。明日の午前10時に4限目以降の試験について再度情報を発信しますので、随時、ポータルシステムやホームページのお知らせをご覧ください。 なお、居住地によっては通学することが困難な状況があると思われます。皆さんの安全を第一に行動するようにしてください。 2016年1月24日 教務部長

    2016年
    01月20日

    経済産業省共催「社会人基礎力育成グランプリ2016」全国大会出場

    本学人文学部現代文化学科浮田ゼミ3年生チームが12月に行われた九州沖縄地区予選会に今年も出場し見事優秀賞を受賞。2月に行われる全国大会へ2年連続4回目の出場をします。

    全参加校46大学55チームの中から全国6都市にて開催された「地区予選大会」において選出された本学含め8大学の学生チームがゼミ・研究等大学における取り組みと成長の様子について発表します。

    浮田ゼミ生たちが目指すべき目標は全国大会優勝。今まさに心をひとつにして、切磋琢磨の日々を送っています。
    関連記事はこちら

    現在、経済産業省ホームページで観覧申込の受付もしています。
    詳しくは経済産業省ホームページをご覧ください。

    ◼︎全国大会開催について
    日時 平成28年2月22日(月曜日)
    12時45分~18時00分(受付:11:30~12:15)
    場所 拓殖大学文京キャンパスE館1F
    後藤新平・新渡戸稲造記念講堂

    〒112-8585
    東京都文京区小日向3-4-14
    (東京メトロ 丸ノ内線 茗荷谷駅下車 徒歩3分)
    参加費 無料(要事前予約) 

    2016年
    01月20日

    【学生の活躍】福岡県等の海外派遣事業に選抜された国際キャリア学科学生が学長に帰国報告を行いました。

    昨年、福岡県や国連機関、政府関係機関などが主催する海外派遣事業の団員に選抜され、開発途上国で様々な経験を積んだ本学国際キャリア学科の2年生のK.Sさんと1年生のN.Kさん、Y.Iさんの3名が髙島学長に帰国報告を行いましました。

    ne_20160120_01.jpg
    髙島学長と、左からN.Kさん、K.Sさん、Y.Iさん

    K.Sさん(鹿児島県立大島高等学校出身)は福岡県と国連ハビタット福岡本部が連携して実施している「福岡県国際協力リーダー育成プログラム」の最年少団員に選ばれ、スリランカを訪問し、国連ハビタットの支援で建設されているコミュニティ・センターや国際協力機構(JICA)スリランカ事務所などで国際協力の現場を体験したほか、スリランカの大学生とのワークショップなどにも参加しました。

    N.Kさん(福岡県立城南高等学校出身)は福岡県の青年を福岡県人会のある海外に派遣する「グローバル・ステージ事業」(主催:福岡県、ジェトロ福岡、JICA九州等)の同じく最年少団員に選ばれ、ボリビアの最大の都市ラパスと日系移民が多いサンファンを訪問し、福岡県からの移民の方々の足跡を学ぶとともに、現地の政治・経済情勢やビジネス事情などを理解するためのプログラムに参加しました。

    Y.Iさん(久留米市立久留米商業高等学校出身)は国際的な視野を備え、将来、企業や団体などの青年リーダーとして活躍する人材を育成するために福岡県等が行っている「グローバル・ウィング事業」のこれも最年少の団員に選ばれ、有望な投資先として日本企業の関心が高いタイとミャンマーを訪問し、企業やインフラストラクチャー、文化施設、社会貢献活動などを視察したほか、現地の青年や日本人駐在員との交流会に参加しました。

    現地での写真を手にそれぞれの体験談を報告した3名に髙島学長からは「開発途上国の中でもなかなか訪問することが難しい国々で皆さんが経験したことはこれからのキャリアに大きく活きてくると思います。引き続きチャレンジを続けてください」との励ましの言葉がかけられました。

    福岡女学院は131年前の1885年(明治18年)に米国人女性のジェニー・M・ギール宣教師によって創立されました。ギール宣教師は1879年、当時、米国ではほとんど知られていなかった日本に渡り、女性の教育と伝道に力を注ぎました。こうしたギール宣教師の精神は福岡女学院で最も新しく設立された大学の、最も新しい学科である国際キャリア学科の学生にも引き継がれているようです。ますますの活躍が期待されます。

    2016年
    01月12日

    1月31日(日) 一般入学試験(前期日程)の西鉄バス運行について

    国際キャリア学部一般入学試験(前期日程)が行われる1月31日(日)は、福岡女学院への路線バスの乗り入れはありません。
    バスでお越しの方は下記をご参照のうえ、気をつけてお越しください。


    ■大橋駅からお越しの方
     西鉄バス42番に乗り「放送所前」で降車。
    「放送所前」から福岡女学院大学まで徒歩5分です。

    ■井尻駅からお越しの方
     西鉄バス45番に乗り「放送所前」で降車。
    「放送所前」から福岡女学院大学まで徒歩5分です。

    ■南福岡駅からお越しの方
     西鉄バス45番に乗り「放送所前」で降車。
    「放送所前」から福岡女学院大学まで徒歩5分です。




    20140124.gif


    交通アクセス
    西鉄バス時刻表 (「西鉄くらしネット」に飛びます)

    2016年
    01月07日

    ​【出願受付開始のお知らせ】一般入試(前期)・センター試験利用入試(Ⅰ期)

    本日より、2016年度一般入試(前期)及び、大学入試センター試験利用入試(Ⅰ期)の出願を開始いたしました。

    詳細は以下でご確認ください。

    一般入試 
    大学入試センター利用入試

    また、2016年度よりすべての入試でインターネット出願となっております。
    詳細はインターネット出願ページをご覧ください。



    皆さまのご出願、教職員一同、心よりお待ちいたしております。

    なお、入学試験についてご不明な点等ございましたら
    入試広報課までお問合せください

    TEL:092-575-2970
    Mail:pr@fukujo.ac.jp

    2015年
    12月25日

    『第15回大学発ベンチャービジネスコンテスト研究発表会』で優秀賞を受賞

    『第15回大学発ベンチャービジネスコンテスト研究発表会』決勝が12月18日(金)福岡市役所大講堂で行われ、人文学部現代文化学科 浮田ゼミ3・4年生合同チームが2年連続優秀賞を受賞しました。
    ne_20151225_02.jpg
    今回の発表会では、九州各地から57チームが参加し研究の成果が競われました。本学チームは1次予選、2次予選と勝ち上がり、昨年に続き決勝に進み、二年連続優秀賞を獲得。医学、薬学、理工系分野のこのようなコンテストで女子大チームの連続受賞は大会史上初の快挙であり、学生たちの自信へもつながったようです。
    ne_20151225_01.jpg
    決勝進出校
    大会HP

    浮田ゼミ3年生チームは経済産業省共催「社会人基礎力育成グランプリ2016」九州沖縄地区予選会にも出場、見事優秀賞を受賞しており、来年2月22日(月)に行われる全国大会へ出場をすることになっています。

    日々、成長し続ける浮田ゼミ生たち、これからの活動にも期待が集まります。

    2015年
    12月24日

    ​平成27年度優秀学生顕彰 奨励賞受賞

    ne_20151224_01.jpg独立行政法人日本学生支援機構主催の平成27年度優秀学生顕彰において、本学人文学部 言語芸術学科 3年のN.Aさんが文化・芸術の分野で奨励賞を受賞しました。
    全国から170作品(朗読部門)の応募があった、第30回NHK全国大学放送コンテストの朗読部門で全国優勝したことに加え、その後も研鑚しチャレンジを続けていることが評価されました。

    詳しくは日本学生支援機構のHPをご覧ください。

    高校時代にNHK杯全国高校放送コンテストの優秀賞を受賞し、さらに技術を磨き、次の優勝を目標に頑張りました。大学生になりNHK全国大学放送コンテストの優勝を果たし、優勝後は、ラジオ出演(朗読)や、同学科主催の朗読ワークショップ(同学科学生が運営)で2年連続で講師を務めたり、本学院高等学校の放送研究部のコーチを努めたりと、活動の幅が広がり、話すことについての考え方や思いが深化したそうです。

    N.Aさんは、「今回の受賞は純粋に嬉しくありがたい。色々な大会にも参加し、表現方法や手法の深さを知って、表現の面白さを感じており、何事についても深く考えるようになった。これからもチャレンジを続け、深く探求していきたい。」と抱負を語ってくれました。

    こちらから朗読ワークショップの模様をご覧になれます。

    2015年
    12月22日

    ​大学クリスマス音楽礼拝が行われました

    本学では毎年12月にクリスマス音楽礼拝が行われます。
    ne_20151222_01.jpg
    今年も、合唱団『葡萄』(福岡女学院同窓会メンバー)の合唱、大学ハンドベル部、生涯学習センターハンドベルの演奏など多くの出演者が集まり、礼拝を盛り上げ主イエス誕生を祝いました。また、聖書朗読と音楽によって降誕物語が披露されました。
    ne_20151222_02.jpg
    まもなく、クリスマス。

    本日学院はアクロス福岡シンフォニーホールにて「クリスマスコンサート第33回メサイア」が行われます。

    皆様とともに高らかにイエス・キリストのご降誕の喜びを讃美し、感動のクリスマスをお過ごしいただきたいと思います。
    皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。
     
    日 時 2015年12月22日(火)  開場 18:00 開演 18:30
    会 場 アクロス福岡シンフォニーホール
    チケット  3,000円 (全席自由)

    「クリスマスコンサート第33回メサイア」について詳しくはこちらをご覧ください。

    2015年
    12月17日

    年末年始休業のお知らせ

    福岡女学院大学は、下記の期間休業とさせていただきます。
    休業期間中は窓口及び全ての業務が停止いたします。
    ご不便おかけいたしますが、ご了承いただけますようお願い申し上げます。


    休業期間:2015年12月26日(土)〜2016年1月5日(火)
    業務開始:2016年1月6日(水) 9時00分〜


    ※休業期間中にメール・郵便等でいただいたお問い合せは、
     2016年1月6日(水)以降のご対応となります。
     
     
     

    ■年末年始の資料発送について■


    年末年始の大学案内等の資料発送は、12月26日(土)〜翌年1月5日(火)までお休みさせていただきます。
    お急ぎの方は下記リンク先のテレメールをご利用ください。

    テレメールから請求
     

    2015年
    12月14日

    「社会人基礎力育成グランプリ2016」九州沖縄地区予選会優秀賞受賞。全国大会へ

    社会人基礎力育成グランプリ全国大会への出場が常連となりつつある、人文学部現代文化学科浮田ゼミ。3年生チームが経済産業省共催「社会人基礎力育成グランプリ2016」九州沖縄地区予選会に今年も出場し、見事優秀賞を受賞。
    来年2月22日(月)に行われる全国大会へ2年連続4回目の出場をすることになりました。
    ne_20151214_01.jpg
    社会人基礎力育成グランプリ2016
    地区予選大会結果

    先日、髙島学長へも今回の予選会優秀賞受賞の報告とともに全国大会出場の報告をし、優勝への意気込みを語りました。
    ne_20151214_02.jpg
    社会人基礎力育成グランプリ2012」で全国制覇した先輩に続けと言わんばかりに勢いにのる浮田ゼミの学生たち。これから大会までの期間、切磋琢磨しながらさらにプレゼン力を上げ全国制覇を目指します。

    2015年
    12月09日

    福岡女学院大学が日伊経済連合会より表彰されました

    福岡女学院大学はこのたびイタリアとの経済交流を促進している日伊経済連合会より、日伊間の国際交流やビジネス交流などで著しい貢献をした企業、団体、個人に贈られる「日伊経済連合会・日伊関係貢献表彰(Award JIEF 2015 per la categoria Progetti e Iniziative Italia-Giappone)」を授与されました。

    kc_20151209_01.jpg
    表彰状授与式:ディサント会長から表彰状を授与された国際キャリア学科の南川教授と中島准教授

    日伊経済連合会には国際キャリア学部が会員として加盟しており、同会主催の西日本国際フォーラムでの学生の活躍やイタリアからのインターン生との交流、著名な国際経済学者であるロレッタ・ナポレオーニ氏による学内での特別講義開催など国際キャリア学科の諸活動を評価いただいたものです。

    kc_20151209_02.jpg
    学内で開催された国際経済学者ロレッタ・ナポレオーニ氏による特別講義
    kc_20151209_03.jpg
    イタリアからのインターン生の受け入れ

    日伊経済連合会のダニエレ・ディサント会長からは「国際キャリア学部を通じた様々な貢献、特に西日本国際ビジネスフォーラムなどでの国際キャリア学科の学生の方々の頑張りとその経験を次の学年の皆様に継続していただけたらという思いから日伊経済連合会の会員に推薦させていただき、ご承認いただきました。
    これを機にさらにイタリアと福岡女学院大学との交流が進むこと、そして国際キャリア学科の学生さんたちが将来、日本とイタリア、そしてヨーロッパとの経済関係の促進に貢献する人材になられることを祈念しています」とのコメントをいただいています。

    kc_20151209_04.jpg
    総合司会を務めた2年生のN.Mさん(福岡中央高等学校出身)
    kc_20151209_05.jpg
    西日本国際フォーラムで活躍した国際キャリア学科1・2年生

    2015年
    12月07日

    ​【学生の活躍】英語スピーチコンテスト 優勝!

    本学国際キャリア学部国際英語学科の2年生M.Fさん(福岡県公立古賀竟成館高等学校 出身)が10月10日(土)活水女子大学(長崎市)で開催された「第3回エリザベス・ラッセル杯」英語スピーチコンテストで優勝し、その結果を髙島学長に報告しました。
    ne_20151207_01.jpg
    全国から事前審査を通過した大学生10人による英語スピーチコンテストで今回のテーマは平和(Peace)」。昨年は3位で悔しい思いをしましたが、今年はそれをばねに発音や内容について何度も教員にチェックをしてもらい、悲願の優勝を果たすことができました。

    この優勝の様子は朝日新聞にも大きく取り上げていただきました。
    掲載記事はこちら

    現在、英語教員になることを目標に日々の授業に一生懸命取り組むことはもちろん、通学時間を利用して英単語暗記、また自宅では洋画鑑賞と、英語力を伸ばすことに余念がありません。部活動ではE.S.Sに所属し、部長を務めます。
    また、ボランティアで母校の中学校で特別支援教室の授業サポートをするなど、夢実現に向けて一生懸命取り組んでいるところです。

    彼女の所属する国際キャリア学部国際英語学科は、必修科目の8割以上は英語で授業が行われていることも特長の一つで、英語力をベースに国際交流や英語教育学・英語学を学び、英語力をいかしたキャリアの育成を行い、グローバル社会で活躍できるプロフェッショナルの育成を目標にかかげています。
    英語のスペシャリストを目指したい方、英語教員を目指す方には学びの環境が整っている学科です。

    また、学部独自の留学プログラムを設定しており、長期留学も単位認定されるため、休学することなく通常の在籍期間(4年間)で卒業することも可能です。
    詳しくは学科ホームページをご覧ください。

    M.Fさんの今後、さらなる活躍を期待しています。

    2015年
    12月04日

    11月28日(土)「教職実践演習(中・高)」授業を公開しました

    11月28日(土)に、教職課程授業の一つ「教職実践演習(中・高)」で佐賀市、鳥栖市、那珂川町及び春日市の教育委員会の方を講師にお迎えして「教育委員会の仕事について理解を深める」をテーマに授業を行いました。
    大学教職員、地域住民の方、卒業生など20人が授業を参観されて、学生たちにとって大きな励みとなりました。

    ne_20151204_01.jpg
    授業の様子。25名の学生たちは皆、真剣に取り組んでいます。

    授業では、各教育委員会がどのような取り組みに力を入れているのかをプレゼンしていただき、教職を目指す学生たちは熱心に耳を傾けていました。
    その後、講師を交えてのグループ・ディスカッションでは積極的な質疑応答が行われました。

    ne_20151204_02.jpg
    グループ・ディスカッションの様子。

    4つのグループに分かれてディスカッションを行いました。授業を参観された教職員・地域住民の方、卒業生もディスカッションに参加され、活発な議論が展開されました。

    伊藤先生の総括で授業が終了しました。90分の授業が短く感じられました。

    ne_20151204_03.jpg

    講師をお願いした各教育委員会の皆様、及び、お忙しい中をお越しいただいた参観者の皆様には心より感謝申し上げます。
     

    本学では、以下のとおり教員免許状の取得が可能です。

    ●人文学部現代文化学科
    中学校・高等学校教諭一種免許(国語)

    ●人文学部言語芸術学科
    中学校・高等学校教諭一種免許(英語)

    ●人間関係学部心理学科
    中学校教諭一種免許(社会)
    高等学校教諭一種免許(公民)

    ●人間関係学部子ども発達学科
    小学校教諭一種免許
    幼稚園教諭一種免許
    特別支援学校教諭一種免許

    ●国際キャリア学部国際英語学科
    中学校・高等学校教諭一種免許(英語)

    ※小学校教諭一種免許は子ども発達学科以外では、中学校・高等学校教諭免許取得を前提とし、神戸親和女子大学での通信教育によって取得可能です。

    本学教職課程は、教育委員会と連携した教育活動が活性化してきており、教育実習以外に小・中学校で実践授業を行ったり、本学に地元の小学生を招いた「科学教室」を開催したりするなど、現場体験ができる機会を豊富に設けています。
    授業のほかに、小・中学校等の教育現場で学生サポーターとして活動の場を提供しています。実践的指導力を身に付ける教育に力を入れています。

    2015年
    12月02日

    熊本城おもてなし武将隊による演舞とトークショー「武将が語る九州・南蛮・キリシタン」 授業公開のご案内

     ne_20151202_01.jpg熊本城おもてなし武将隊による演舞(殺陣を交えたパフォーマンス)と歴史トークショーを公開授業として行います(人文学部現代文化学科「日本史A」の授業を公開します)。
     
    日時 2015年12月15日(火)
    開場11時40分 開始11時50分 終了12時55分
    場所 福岡女学院 ギール記念講堂
    一般の方:2階席。学生・本学関係者:1階席
    本学へのアクセスについてはこちら
    出演 黒田官兵衛 細川忠興 小西行長(熊本城おもてなし武将隊)
    大島一利(言語芸術学科/宗教主事)佐島顕子(現代文化学科)
    その他 入場無料
    演舞から始まります。
    最初の部分をお見逃しありませんように!
    途中退出自由です。
    チラシ PDF(402KB)

    戦乱で焼けた博多を復興、後に福岡城を築いた 天才軍師黒田官兵衛
    細川ガラシャの夫、南蛮文化も偏見なく受容した利休七哲・細川忠興
    西欧にまで名を馳せた海の司令官、秀吉の交渉人小西行長
     
    彼らは3人ともキリスト教に縁のある武将です。
    400年前にキリスト教に触れ「隣人を愛する」種をこの地に蒔いた彼らは、キリスト教をベースに置く福岡女学院130年の歩みをたいへん喜んでくれました。

    あの頃、彼らはどのように生き、どのような理想を後世に伝えようとしたのか、武将が自らの言葉で語ります。
     
    熊本城おもてなし武将隊は、毎日熊本城で演舞や観光客との交流(おもてなし)を行うほか、国内外のイベントに数多く出演しています。
    彼ら武将の意識の高さと演舞実力は日本で1,2位を争うと認められ、熊本城は3年連続「行ってよかった日本の城」第1位に輝きました。

    最近では福岡市博物館「大関ヶ原展」で演舞と歴史トークショーを行いました。
    今回の武将による大学講義でも、私たちは歴史の新鮮な追体験に導かれ、この時代を生きる慰めと励ましを得られると信じます。

    ne_20151202_logo.jpg
     ©熊本城おもてなし武将隊 

    11月25日 3武将の本学サプライズ訪問記 【同武将隊公式武録(ブログ)

    黒田官兵衛①
    パイプオルガン・学院の歴史と教育理念紹介

    黒田官兵衛②
    TFT・大学授業参加・幼稚園訪問
     

    小西行長①
    理事長室訪問・学院がめざす人間像

    小西行長②
    東海合戦ワールド出陣を控え、年間聖句の下で静まる姿

    小西行長③
    現代文化基礎演習(文学)

    小西行長④
    言い置く儀億万あり共~海軍装束〜
     

    細川忠興
    中庭で、愛する妻ガラシャを追憶

    同日 キャンパスでの写真

    ne_20151202_03.jpg

    2015年
    11月27日

    ​第4回「春風亭正朝独演会」のご案内

    ne_20151127.jpg今年も「福岡女学院大学落語研究会」が後援している「第四回春風亭正朝独演会」が開催されます。諸般の事情により、「正朝独演会」も今年が最後になります。お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。

     
    日時 2015年12月4日(金)
    19:00開演 (18:30開場 )
    場所 福岡女学院 125周年記念館1階 エリザベス・リー・ホール
    入場料 一般前売2000円、教職員前売1500円、学生前売1000円
    一般当日2500円、教職員当日2000円、学生当日1500円
    チケット予約 電話番号:080-4347-1813 (岩井)
    メール:iwai@fukujo.ac.jp (岩井)
    詳細 PDF (9.9MB)


















    ※女学院教職員の皆様へは一般価格から割引された教職員価格でチケットを提供いたします。女学院教職員はご家族、ご友人の分のチケットも割引価格で購入できます。

    2015年
    11月26日

    平成28年度 教員採用試験 合格状況

    平成28年度 教員採用試験合格状況をお知らせいたします。
    (2015年10月30日現在)

    小学校

    人間関係学部 子ども発達学科
    10名現役合格! (実数)

    自治体別 現役合格者数 (実数)
    福岡県 福岡市 佐賀県 横浜市 合計
    4名 3名 2名 1名 10名

    人間関係学部 子ども発達学科では、下記4種類の免許・資格の取得を目指すことができます。
    • ・小学校教諭一種免許
    • ・幼稚園教諭一種免許
    • ・特別支援学校教諭一種免許
    • ・保育士資格

    ※詳しくは入試広報課までお問い合わせください。

    【入試広報課 】   
    電話番号:092-575-2970
    受験関連:nyushi@fukujo.ac.jp
    取材・広報:pr@fukujo.ac.jp
     

    中学校(英語)

    福岡県 3名現役合格! (実数)

    「中学校教諭一種免許(英語)」「高等学校教諭一種免許(英語)」は、国際キャリア学部 国際英語学科人文学部 言語芸術学科において免許取得を目指すことができます。

    2015年
    11月26日

    ​留学報告会が行われました

    本学でさまざまな留学制度があり、その制度を利用して多くの学生が留学をし、異文化理解を深めています。

    人文学部人間関係学部で実施する留学制度は国際交流課がサポートしており、帰国後は礼拝(チャペル)時に留学体験報告を行うことになっています(短期大学部では、イングリッシュラウンジで報告会を行なっています)。

    今回は、人文学部・人間関係学部で実施する留学制度を利用した学生の留学体験報告会の様子をお伝えします。
     

    11月10日(火)~11月12日(木)3日間、アメリカ、カナダ、韓国に留学した6名の学生による報告会が行われました。

    それぞれの学生は留学前後の自分自身の変化として
    • ・チャレンジ精神が身についた
    • ・何事にも積極性が出てきた
    • ・視野が広がった
    • ・自分に自信が持てるようになった

    など実感し、また外から日本をみることで日本の良さも改めて感じる機会になったと報告しました。

    いろいろな国からの留学生とともに生活する中で、他言語にも興味を持ち学び始めた学生、国際情勢に興味が湧くようになり国際関係について学びたいと新たな目的ができた学生など、留学することで多くのことを吸収、それぞれが充実した留学生活を送ることができたようです。

    これからの学生生活、さまざまな場面で留学経験がいかされることでしょう。

    セントメアリーズ大学(カナダ)へ留学

    ne_151126_01.jpg
    左から
    C.Sさん(福岡県立筑紫高等学校 出身)
    Y.Mさん(長崎県私立聖和女子学院高等学校 出身)

    セントラルワシントン大学(アメリカ)へ留学

    ne_151126_02.jpg
    左から
    H.Mさん(福岡県立香住丘高等学校 出身)
    H.Yさん(福岡県立新宮高等学校 出身)

    インジェ大学校(韓国)・セントラルワシントン大学(アメリカ)へ留学

    ne_151126_03.jpg
    左から
    S.Yさん(福岡県立香住丘高等学校 出身):インジェ大学校(韓国)へ留学
    T.Yさん(福岡県私立福岡工業大学附属城東高等学校 出身):セントラルワシントン大学(アメリカ)へ留学

    2015年
    11月17日

    人文科学研究科 発達教育学専攻開設記念 国際交流講演会を行いました。

    2015年4月、人間関係学部子ども発達学科を基礎とした「発達教育学専攻」が本学大学院人文科学研究科の第三専攻として開設されました。

    先日、その開設記念としてハーバード大学のMartin.H.Teicher氏をお招きし、「脳科学から見た子ども虐待」と題した講演会が本学で行われ、最新の脳科学と子ども虐待についてお話いただきました。

    これまで虐待の影響は主に心理学的な問題として考えられてきましたが、近年、虐待が子どもの脳に対して重篤な影響を及ぼすことが示されてきているとのこと。

    子どもの脳は身体的な経験を通して発達していきますが、この脳の発達に重要な時期に虐待を受けると、厳しいストレスにより脳の構造や機能に消すことができない傷が刻みつけられてしまうといいます。

    この衝撃的な事実の解明に、先駆的な役割を果たしてきた研究者であるMartin.H.Teicher氏の講演は、研究結果をいくつもの図やグラフでわかりやすく解説された内容でお話いただき大変有意義な時間となりました。
    ne_20151117_01.jpg
    お忙しい中、多数ご来場いただきありがとうございました。

    2015年
    11月13日

    ​浮田ゼミ×香蘭女子短大ファッション総合学科 -女性用綱引ウエア共同研究

    人文学部現代文化学科 浮田英彦教授のゼミで立ち上げている仮想株式会社TOWR(トール)。会社が持つ選手会 綱引チームで、チーム性の製品研究として開発中の女性用綱引ウエアが、ようやく第一次試作段階までできあがりました。

    このウエア開発は、香蘭女子短期大学ファッション総合学科と共同研究を行なっています。

    先日、改めて共同研究協定として大学間の扱いとする調印式を香蘭女子短期大学にて行いました。

    ne_20151113_01.jpg
    ne_20151113_02.jpg

    当日は、関係者並びに福岡県綱引連盟理事長にもご出席いただき、本学学生が第一試作品のウエアを着用、披露しつつ、ウエア開発に至った経緯についてプレゼンテーションを行いました。

    ne_20151113_03.jpg

    この取り組みの成果は、第15回大学発ベンチャービジネス研究発表大会で課題研究として浮田ゼミ生が発表しています。最大の難関である事業計画書審査(一次審査)を2年連続通過させ11月25日(水)に二次審査が行われます。

    二次審査通過、そして決勝進出目指し日々の活動にも熱が入っているようです。
    今後の様子も追っていきます。

    第15回大学発ベンチャービジネス研究発表大会決勝(最終審査)

    日時:2015年12月18日(金)13:00~

    会場:福岡市役所 15階 講堂 
       〒810-8620 福岡市中央区天神 1-8-1

    TEL: 092-711-411

    関連記事

    【学生の広報活動】〜仮想 株式会社「TOWR」広報担当として会社売り込みと学外で福岡親善大使〜(6/3掲載)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/news/archives/445

    【​学生の広報活動】仮想 株式会社「TOWR」とは…(6/25掲載)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/news/archives/453

    【ゼミ生の取り組み】仮想株式会社TOWR(トール)がインターンシップを実施しました(9/25掲載)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/news/archives/491

    【ゼミ生の取り組み】仮想株式会社TOWR(トール)の選手会 綱引チームの商品開発(10/5掲載)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/news/archives/496
     

    2015年
    11月11日

    日本語教員養成コース開設25周年記念 講演会を行いました

    日本語教員養成コース開設25周年を記念して、11月1日(日)本学にて講演会を開催いたしました。

    ベトナムでの日本語教育経験も豊富な宮原彬氏を講師にお迎えし、「ベトナム語母語話者への日本語教育-過去と現在、日本語教育上の特徴など-」と題してお話しいただきました。

    ne_20151110_02_02.jpg

    当日は、本学卒業生含め日本語教育に携わる方々に多数ご参加いただき盛況のうちに終了することができました。

    ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

    カテゴリー

    バックナンバー

    2019年
    2018年
    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@