• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 大学案内
    3. News&Events
    4. 受験生の方へ

    大学案内

    News and Event

    2016年
    06月21日

    日経HR発行「就職力ランキング 価値ある大学2017年版」に掲載されました

    2016年6月 日経HR発行の「特別編集 日経CAREER MAGAZINE 価値ある大学2017年版」に、2015年の志願者数に対して2016年に増加した割合が高い大学ランキング九州(福岡~沖縄)の第5位として掲載されました。

    掲載されたのは特集1 最新・大学評価 PART3 入学志願者数が増えている大学のページです。
     
    福岡女学院大学では、従来から一般入試とセンター利用入試に併願割引制度を設けていることに加え、2016年度から全入試をインターネット出願に完全移行するなど、受験生のみなさんが受験しやすい制度づくりを進めています。
     
    大学案内や過去問題集等の資料はこちらのページからご請求いただけます。

    2016年
    06月15日

    大学公開講演会「九州大名のプライドと豊臣政権」開催のお知らせ

    2016年7月2日(土)、大学公開講演会「九州大名のプライドと豊臣政権」を開催いたします。
     
    「400年前の武将と一流研究者が出会った!?」

    この講演会は、講師の東京大学史科編纂所山本博文教授と、400年ぶりに甦った武将、加藤清正・島津義弘・小西行長(熊本おもてなし武将隊)たちとの歴史トークショー形式で行います。

    武将本人が当時の思いを語るタイムスリップ感で聴衆を楽しませつつ、現代の一流日本史研究者が歴史的意義を解説する試みです。

    本学現代文化学科佐島顕子教授とゼミ生たちが「歴史文化語り継ぎ方法の支援と研究」というテーマの一環として企画・準備・実施を行っております。

    入場無料、事前申込は不要です。

    皆様お誘い合わせのうえ、奮ってご参加ください。

     
    日程 2016年7月2日(土) 
    時間 開場:13時30分
    開会:14時
    閉会:16時30分 
    会場 福岡女学院ギール記念講堂
    福岡女学院へのアクセス
    講師 東京大学史料編纂所教授(文学博士)
    山本博文先生
    出演 加藤清正/島津義弘/小西行長
    (熊本城おもてなし武将隊)
    内容 第1部 熊本城おもてなし武将隊演舞
    第2部 3武将と山本教授の歴史トークショー
    詳細 PDF
    その他 入場無料。事前申込み不要です。
    撮影・録画 可能です。

    武将隊グッズ販売あります。
    ※武将による個別のおもてなし(写真撮影対応・交流)はありません。
     

    講師紹介

    ne_20160614_01.jpg東京大学史料編纂所教授(文学博士) 山本博文先生
    『江戸お留守居役の日記』で日本エッセイストクラプ賞受賞。『島津義弘の賭け』『天下人の一級史料』『日耀日の歴史学』など著書多数。NHK『知恵泉』など、歴史番組にもしばしば出演され、鋭い切り口とわかりやすい言葉で歴史を語っておられます。

    お問合わせ

    福岡女学院大学
    総務課

    TEL:092-575-2971
    E-mail:d_somu@fukuko.ac.jp 

     
    主催 福岡女学院大学現代文化学科
    協力 福岡女学院大学言語芸術学科・クロコブ
    協賛 公益財団法人立花財団
    後援 福岡市・福岡市教育委員会
    春日市教育委員会

    大野城市教育委員会

    2016年
    06月09日

    「高校生対象」授業公開へのお誘い―メディア・コミュニケーション学科の通常授業を大学生と一緒に受けてみませんか?―

    大学の授業ってどんな感じ?そんな疑問を持っている高校2年生、3年生の皆さん、福岡女学院大学メディア・コミュニケーション学科の授業に参加して感じてみませんか。
     
    メディアに興味があって、大学案内を見たり、ホームページを見たりしたけれど、実際にどんな雰囲気で何が学べるのかちょっと不安な皆さん、デザインを大学で学ぶのって、専門学校で学ぶのと何が違うんだろうと思っている皆さん、メディア・コミュニケーション学科では、皆さんの不安や疑問にお答えしたいと思って、大学の授業に参加していただく機会を設けました。

    ワークショップに参加して、「わくわく」を感じてください。講義を聞いて、身近なことなのに考えたこともなかったことに気づくおもしろさを味わってください。今回は、メディア・コミュニケーション学科の授業科目のごく一部ですが、三つの授業を公開します。

    学科では、雑誌編集、映像、写真、印刷、CG、音楽(作曲)、メディアアート、マスカルチャー、アナウンス、方言調査、ゴスペルなど、体験を通して学ぶ科目もたくさんあります。今回の公開対象以外の授業についての質問にも当日お答えします。

    参加ご希望の方は下記詳細をご確認のうえ、6月22日(水)17時までに申込フォームからお申し込みください。
     
    日程 6月25日(土)
    時間 ・2限(11:25~12:55)
    ・お昼休み(12:55~13:45)
    ・3限(13:45~15:15)
    ・4限(15:25~16:55)
    会場 福岡女学院大学
    〒811-1313 
    福岡県福岡市南区日佐3-42-1
    交通アクセス
    申込方法 申し込みフォームに必要事項を入力してください。
    申込締切 6月22日(水)17時
    お問合わせ 入試広報課(直通)
    TEL:092-575-2970
     

    スケジュール

    ◼︎2限(11:25~12:55) ワークショップE 高橋聡太担当
    プリント技術をテーマにした、20人前後の人数で行うワークショップ型の授業です。コピー機などによる機械の印刷では味わえない、プリント技術本来の素朴な魅力を知るために、木版画による技法を学んでその可能性を追求します。
     

    ◼︎お昼休み(12:55~13:45) 食堂
    是非、学食の雰囲気を昼食と一緒に味わってください。昼食券を用意しています。
     

    ◼︎3限(13:45~15:15) ネットワーク社会とコミュニケーション 高橋聡太担当
    30名前後が受講する、少人数の講義形式の授業です。映画を見たり、好きな洋服を着たり、楽器を演奏したり……。こうした何気ない日頃の楽しみにも、実は人と人とを結ぶ大きな力があります。戦後日本のポップカルチャーをたどりながら、文化的なつながりの歴史を学びます。
     

    ◼︎4限(15:25~16:55) 社会言語学 二階堂担当
    この科目はコミュニケーション分野の科目で、20名以下の少人数授業です。授業では、「方言」をテーマに取り上げます。方言というと、年配の方の言葉、消えていく言葉と思われがちです。しかし、若者も方言を使うだけでなく、若者が新たに方言を生み出しているのです。授業では、福岡を対象に、そのことを明らかにしていきます。

    2016年
    06月03日

    「高校生対象」授業公開へのお誘い-心理学科の通常授業を大学生と一緒に受けてみませんか?-

    心理学、または、福岡女学院大学に興味をもつ女子高校生(2・3年生)の皆様

    福岡女学院大学人間関係学部心理学科では、在学生が実際に受けている授業を皆様に公開いたします。

    「心理学に興味はあるけれど、進学先に選んだとしたら、どういうことを、どんな方法で勉強するの?」「大学と高校は違うと聞くけれど、どこが、どう変わるのかしら?」「女子大って、どんな雰囲気?」「私って、大学に向いている?」「大学の授業についていけるのかしら?」などの疑問を持っていませんか?

    それらの疑問にお答えするため、現在行っている授業に参加して頂いたり、ご覧頂く機会をもつことにしました。開催日は6月25日(土)です。

    大学での普段の授業を通して、模擬授業では伝えきれない心理学や福岡女学院大学の魅力に触れて頂ければ幸いです。

    参加・参観ご希望の方は下記詳細をご確認のうえ、6月22日(水)17時までに申込フォームからお申し込みください。
     
    日程 6月25日(土)
    時間 ・2限(11:25~12:55)
    ・3限(13:45~15:15)
    ・お昼休み(12:55~13:45)
    会場 福岡女学院大学
    〒811-1313 
    福岡県福岡市南区日佐3-42-1
    交通アクセス
    申込方法 申し込みフォームに必要事項を入力してください。
    申込締切 6月22日(水)17時
    お問合わせ 入試広報課(直通)
    TEL:092-575-2970
     

    授業について

    ◼︎2限(11:25~12:55) 社会心理学 佐野幸子担当

    新入生を対象とした必修科目です。出席者は100名前後という大人数授業です。大学での学びにおける典型的な「講義」科目です。

    「広い教室で先生のお話しを聴くだけなんてつまらない」と思っていませんか?福岡女学院大学心理学科は、学習を深めるために他の受講生と話したり、発表したり、考えたり…。楽しく学び、あっという間に90分が過ぎ去ります。

    ※授業参加:授業開始時から最後まで、ひとりの受講生として授業に参加することが可能です。
    ※授業参観:一部の時間のみ、授業参観することも可能です。

     

    ◼︎3限(13:45~15:15) 人間関係学演習
     富永幹人担当クラス・藤村まこと担当クラス・分部利紘担当クラス

    3年生を対象とした必修科目です。出席者は10名前後という少人数の授業です。「ゼミ」と呼ばれる大学ならではの「演習」科目です。

    学生達は、自分のテーマで研究を行い論文を書く、その目的に向かって様々な学びや挑戦を続けます。その活動を指示したり、見守ったり、サポートしたり…。
    福岡女学院大学心理学科の指導教員それぞれの特徴が活かされます。

    ※授業参加:ひとりの受講生として授業に参加することは無理ですが、授業開始時から最後まで一つのゼミに参加し、「特別参加者」として発言体験をもつことは可能です。但し、参加クラスはこちらで指定します。
    ※授業参観:一部の時間のみ授業参観し、複数のクラスを見て回ることも可能です。

     

    ◼︎お昼休み(12:55~13:45) 食堂

    授業参加、授業参観なさった方々には、昼食券をお出しします。大学生気分のお昼を体験してください。
     

    *付き添いの保護者の方
    2限の社会心理学のみ参観は可能です。
     

    *高校の先生方
    2限の社会心理学のみ参観は可能です。
    参観ご希望の場合は、入試広報課(092-575-2970)までお電話ください。
     

    2016年
    04月01日

    ​「平成27年度福岡女学院大学教職支援センター活動報告会」を実施しました

    3月29日(火)本学教職支援センターの1年間を振り返る活動報告会を実施しました。
    ne_20160401_01.jpg
    近隣の小・中・高等学校教職員の方々、春日市・佐賀市教育委員会等からもご参加いただき、総勢70名ほどの会となりました。
    ne_20160401_02.jpg
    司会進行は教職を目指す本学学生 人間関係学部心理学科3年D.Mさん(山口県立豊浦高等学校出身)<写真右>と国際キャリア学部国際英語学科3年F.Mさん(福岡県公立古賀竟成館高等学校出身)<写真左>が行いました。
    ne_20160401_03.jpg
    講演では、「福岡女学院大学との連携から思うこと」と題し、春日市立春日小学校校長 清武直人様よりお話をいただきました。その中で、本学教職課程を履修する学生たちによる「土曜英語教室」や、大学院臨床心理学専攻課程で臨床心理士を目指す大学院生による「特別支援学級サポート」の取り組みなどをご紹介していただき、地域に大学がある意義とともに、教職を目指す学生たちは、実際の教育現場で実践的な経験を積み成長する必要があるという、「知」で閉じない教育の重要性、本学と春日市内の小中学校の間でwin-winの関係作りができているのではないかとお話いただきました。
    ne_20160401_04.jpg
    最後は、春日市教育委員会教育長の山本直俊様にもご挨拶いただきました。人は人との関わりの中で生きており、市民性の育成が大事であること。本学と春日市内の小中学校との連携が、社会に開かれた学校の環境づくり・地域づくりの促進に貢献してきたとのお話をいただきました。

    当日、ご参加いただいた小・中・高等学校教職員の皆様、教育委員会の皆様、その他、ご出席くださいました皆様には心より御礼申し上げます。
     

    本学では、以下のとおり教員免許状の取得が可能です。

    人文学部現代文化学科
     中学校・高等学校教諭一種免許(国語)

    人文学部言語芸術学科
     中学校・高等学校教諭一種免許(英語)

    人間関係学部心理学科
     中学校教諭一種免許(社会)
     高等学校教諭一種免許(公民)

    人間関係学部子ども発達学科
     小学校教諭一種免許
     幼稚園教諭一種免許
     特別支援学校教諭一種免許

    国際キャリア学部国際英語学科
     中学校・高等学校教諭一種免許(英語)

    ※小学校教諭一種免許は子ども発達学科以外では、中学校・高等学校教諭免許取得を前提とし、神戸親和女子大学での通信教育によって取得可能です。
     

    本学教職課程は、教育委員会と連携した教育活動が活性化してきており、教育実習以外に小・中学校で実践授業を行ったり、本学に地元の小学生を招いた「科学教室」を開催したりするなど、現場体験ができる機会を豊富に設けています。

    授業のほかに、小・中学校等の教育現場で学生サポーターとして活動の場を提供しています。実践的指導力を身に付ける教育に力を入れています。

    ◼︎本学の教職支援について詳しくはこちら

    2016年
    03月28日

    2016年度 福岡女学院大学・福岡女学院大学短期大学部 入学式のご案内

    福岡女学院大学・福岡女学院大学短期大学部 入学式を本学「ギール記念講堂」にて下記の日程で挙行いたします。多くのご参列をお待ちしております。

    福岡女学院大学・大学院
    2016年4月1日(金) 10時開式 (受付開始9時)

    福岡女学院大学短期大学部
    2016年4月1日(金) 14時開式 (受付開始13時)
     

    お願い

    駐車場に限りがありますので、公共の交通機関をご利用ください。
    開場は、式典開始の1時間前を予定しております。開式15分前までにご着席ください。
     

    ◼︎所在地
    〒811-1313
    福岡市南区曰佐3丁目42-1
    福岡女学院大学・福岡女学院大学短期大学部
    ※本学へのアクセスはこちら

    ◼︎入学式に関するお問い合わせ
    福岡女学院大学・福岡女学院大学短期大学部 (学生課)
    TEL:092-575-2972
     

    2016年
    03月22日

    【心理学科 藤村ゼミ】
    朝倉市との連携事業の取り組み

    本学人間関係学部心理学科の藤村ゼミは、朝倉市との連携事業を展開しており、朝倉市のPR活動を行なっています。

    その第一弾として、朝倉市のお店を中心としたパンフレット作成に取り組みました。
    ne_20160322_01.jpg
    藤村ゼミの学生たちは、イベントを通して直接、来場者にパンフレットを手渡しできる機会を持つことができ、その際、喜んでくださる方々の姿をみて、達成感を覚えたようです。

    また、出来上がったパンフレットは、朝倉市の商工観光課の方々により、朝倉市の各所にて配布されましたが、3,000部発行されたパンフレットは約1ヶ月間でほぼ在庫がない状態だったそうで、多くの方の手元に届けることができ、ご好評をいただいたようです。

    今後も、朝倉市をPRするための取り組みを予定しています。学生たちの今後の活動が楽しみです。

    2016年
    03月18日

    ​卒業式が行われました。

    ne_20160318_03.jpg

    3月16日(水)は本学大学院・大学・短期大学部の修了式・卒業式が行われ、合わせて589人がそれぞれの夢に向かって、巣立って行きました。

    本学では毎年、卒業生が黒の角帽とガウンを着用し、式典が行われます。今年も華やかな中にも本学の歴史と伝統の重さが感じられる式典となりました。

    ne_20160318_01.jpg
    ne_20160318_02.jpg

    これから始まる新しい生活が光り輝くものになりますようお祈りしています。
     

    2016年
    03月10日

    いよいよファイナル!3月27日(日)開催Mission Bach Year「マタイ受難曲コンサート」チケット販売中

    福岡女学院創立130周年を記念し、「Mission Bach Year」として、今年度さまざまな音楽イベントを展開してきましたが、今月いよいよファイナルを迎えます。そのラストを飾るのがバッハ・コレギウム・ジャパンによる「マタイ受難曲」です。

    バッハが遺した人類の美しき至宝、最高傑作の同曲。日本が誇る世界のバッハ・コレギウム・ジャパン(指揮・鈴木雅明<バッハ・コレギウム・ジャパン音楽監督>)。今回の記念すべき公演には、韓国を代表するバロック演奏団体のバッハ・ゾリステン・ソウルのメンバーが合唱・オーケストラに加わり、また、児童合唱を福岡女学院高等学校・音楽科の有志が務めます。

    只今、チケット販売中です。

    ◼︎イベント日時
    開催日 2016年3月27日(日)
    開 場 15:30
    開 演 16:00
    場 所 アクロス福岡シンフォニーホール
    福岡市中央区天神1-1-1
    座 席 全席指定:S席9,000円 A席7,000円 B席5,000円
    ※B席 残席わずか

    ◼︎チケットの販売・お問合せ先
    092-581-1492(福岡女学院本部経理課)
    ※受付時間 9時~17時(土日祝を除く)
    ※福岡女学院でのチケットお買い求めは、本学院経理課へお越しください。お電話でのご予約は承っておりません。

     
    ほか、以下でも販売しております。
    ・アクロス福岡チケットセンター(電話092-725-9112)
    ・チケットぴあPコード:277-954
    ・ローソンチケットLコード:83637
     
    ◼︎関連ページ
    http://www.fukujo.ac.jp/anniversary_year.html
     
    指揮 鈴木雅明(バッハ・コレギウム・ジャパン音楽監督)
    ソプラノ ハナ・ブラシコヴァ、ソン・スンヨン
    アルト 青木洋也、ジョン・ミンホ
    テノール パク・スンヒ(エヴァンゲリスト)、櫻田亮
    バス パク・スンヒョク(イエス)、加耒徹、浦野智行
    児童合唱 福岡女学院高等学校音楽科有志

    2016年
    03月09日

    ​【朝日新聞掲載】JAL、朝日新聞社、本学学生の鼎談会を開催しました。

    1月26日(火)にJAL、朝日新聞社、本学学生の鼎談会を開催しました。その記事が、2月28日(日)の朝日新聞朝刊(九州山口版)に掲載されました。掲載記事のPDFはこちら

    JALと福岡女学院の取り組みについては下記記事もご参照ください。
    JAL×福岡女学院 包括的連携協定を締結
    JAL×福岡女学院 包括的連携協定締結記念講演会開催
    JAL×福岡女学院 包括的連携協定締結記念講演会を行いました

    2016年
    03月02日

    ​チャンスをいかす入試!センター試験利用入試Ⅲ期出願受付中

    現在、センター試験利用入試Ⅲ期の出願受付中です。今年度行われる入試としては最後の出願受付となります。

    最後のチャンスです。是非チャレンジしてみてください。

    センター試験利用入試Ⅲ期
    出願期間 2016年2月26日(金)9時~3月10日(木)23時
    検定料納入期間 2016年2月26日(金)9時~3月10日(木)23時59分
    出願書類送付期間 2016年2月26日(金)~3月11日(金)必着

    ◼︎合格発表
    2016年3月17日(木)10時
    ※本学ホームページ上でも合格者の受験番号を掲載します

    ◼︎2015年度入試結果はこちら
     

    出願前、学部学科のことをきちんと知りたい、一度大学に足を運んで雰囲気を知りたいなど、希望される方は個別相談等の受付もしております。お気軽にお問合せください。

    お問い合わせ先
    TEL:092-575-2970 (入試広報課直通)
    Email:nyushi@fukujo.ac.jp
     

    (※)併願割引制度について
    2016年度入試より大学を2学科または3学科併せて志願する場合は、2出願目から10,000円となります。大学と短期大学部を併願する場合、国際キャリア学部「2科目型」と「3科目型」を併願する場合は下記の通りとなります。

    ●大学2学科の場合
      15,000円+10,000円=25,000円

    ●大学3学科の場合
      15,000円+10,000円+10,000円=35,000円

    ●国際キャリア学部「2科目型」+「3科目型」の場合
      15,000円+10,000円=25,000円

    ●大学1学科+短期大学部の場合
      15,000円+10,000円=25,000円

    ※割引対象となるのは、同一の出願番号で出願した場合に限ります。
     

    ◼︎入試概要はこちら
    ◼︎入学検定料についてはこちら

    また、2016年度よりすべての入試でインターネット出願となっております。
    詳細はインターネット出願ページをご覧ください。


    ※インターネット出願手順書はこちら

    2016年
    02月26日

    【テレビ番組放送のお知らせ】国際キャリア学部川端教授が出演

    安全保障理事会に提出された対北朝鮮制裁決議案について、民放2局のニュース番組で国際キャリア学部国際英語学科の川端清隆教授(元国際連合政治局政務官)が解説します。

    決議案は北朝鮮の核実験やミサイル発射に対応するもので、米国と中国によって昨日(25日)他の理事国に配布されました。

    インタビューでは、決議案の内容と安全保障理事会の動向について解説します。
    放送予定日時と番組名は以下のとおりです。

    ◼︎TV朝日
    番組名:報道ステーション
    日時:本日2月26日(金)21:54〜

    ◼︎TVQ九州放送
    番組名:ルックアップ福岡
    日時:2月29日(月)17:13〜
     

    2016年
    02月25日

    ​福岡PARCO ×Table For Two 実施中

    学内にある食堂では、学友会主催の取り組みとしてTFT(Table For Two)を実施しており、そのメニューを注文すると1食につき20円の寄付金が開発途上国の子どもたちの学校給食になる社会貢献活動に取り組んでいます。

    現在、その一環として本学含めた3大学が協賛、福岡PARCOにある16店舗の飲食店で「カラダガヨロコブ ヘルシーメニューフェア2016」と題し、この活動に参加できるメニューの提供を行なっています。

    1月半ばから実施されているこの企画もいよいよ今月29日(月)で終了します。まだ行ったことのない方、是非足を運んでみてください。

    参加いただく店舗の情報はこちらでご確認ください。

    2016年
    02月24日

    ​試験場の下見について

    2月27日(土)は本学コミュニケーション入試(AO入試)Ⅲ期が行われます。
    事前に会場の下見を希望される方は、前日2月26日(金)13時~17時の間で、試験場建物入口までご案内させていただきます。

    また3月8日(火)・9日(水)に行われる一般入試後期日程についても同様に、各試験日の前日13時~17時の間で試験場建物入口までご案内させていただきます。

    各入試とも、必要な持参物等お忘れ物のないようお越しください。
    他、ご不明点などありましたらお気軽にお問合せください。

    ◼︎お問合せ先
    092-575-2970
    福岡女学院大学入試広報課 直通

    2016年
    02月16日

    ​一般入試後期日程出願受付中

    昨日2月15日(月)より一般入試後期日程の出願受付を開始しました(募集学部:全学部)。

    今回、人文学部、人間関係学部は同一日程ですが、同一問題で行うため併願可能となっています(ただし、人文学部言語芸術学科と人間関係学部との併願はできません。また国際キャリア学部は併願できません)。同一学部内であれば、他の学科を第2志望とすることも可能です。

    ◼︎併願による受験料割引制度、第2志望について

    ◼︎一般入試後期日程
    出願期間 2016年2月15日(月)9時~3月1日(火)23時
    検定料納入期間 2016年2月15日(月)9時~3月1日(火)23時59分
    出願書類送付期間 2016年2月15日(月)~3月2日(水)必着

    ◼︎合格発表
    2016年3月17日(木)10時
    ※本学ホームページ上でも合格者の受験番号を掲載します

    ◼︎2015年度一般入試後期日程 結果
     

    出願前に、学部学科のことをきちんと知りたい、一度大学に足を運んで雰囲気を知りたいなど、希望される方は個別相談等の受付もしております。
    お気軽にお問合せください。

    ◼︎お問い合わせ先
    TEL:092-575-2970 (入試広報課直通) 
    Email:nyushi@fukujo.ac.jp

    その他、詳しくは入試概要・要項でご確認ください。
     

    また、2016年度よりすべての入試でインターネット出願となっております。
    詳細はインターネット出願ページをご覧ください。


    ※インターネット出願手順書はこちら

    2016年
    02月16日

    ​【学生の活躍】ドイツにバレエ留学するA.Yさんが学長に出発の報告を行いました

    ドイツのミュンヘン・インターナショナル・バレエ・スクールに留学する国際キャリア学科1年のA.Yさん(福岡県立博多青松高等学校出身)が髙島学長に出発の報告を行いました。
    ne_20160216.jpg
    A.Yさんはバレエを学んでいたお母様に憧れて4歳からバレエを始め、オーディションにもチャレンジしてきました。今回の留学も先月、参加した国際的なオーディションで注目されたことがきっかけになりました。

    留学に向けた抱負を語ったA.Yさんに対し、フランスのトゥールーズで音楽を学んだ経験のある髙島学長からは「バレエの勉強とともにぜひ音楽や舞台芸術など様々なパフォーマンスを見て、聴いて、広く学んできてください」との励ましの言葉がかけられました。

    2016年
    02月08日

    ​専願入試 コミュニケーション入試Ⅲ期 出願受付開始しました。

    本日2月8日(月)よりコミュニケーション入試Ⅲ期の出願受付を開始しました。
    (募集学部:人文学部・人間関係学部・短期大学部 ※国際キャリア学部のコミュニケーション入試は行いません)

    この入試は、書類審査に加えて、1~2回の面接と小論文・課題文等を課し、複数の教員がかかわって評価を行います。学力試験だけでは判断できない、本学への理解度、学習意欲や能力、入学後の展望などを総合的に審査、選抜します。

    ◼︎コミュニケーション入試Ⅲ期 (※国際キャリア学部除く)
    出願期間 2016年2月8日(月)9時~2月18日(木)23時
    検定料納入期間 2016年2月8日(月)9時~2月18日(木)23時59分
    出願書類送付期間 2016年2月8日(月)~2月19日(金)必着
    ※2016年2月11日(木・祝)はサーバーメンテナンスのため出願・検定料納入はできません。

    ◼︎出願時に関する注意事項
    ・一般入学試験、大学入試センター試験利用入学試験と並行しての出願は可能です。ただし、コミュニケーション入学試験と他の入学試験のどちらにも合格した場合は、専願であるコミュニケーション入学試験で合格した学科に入学していただきます。
    ・これまでに行われたコミュニケーション入試Ⅰ・Ⅱ期を受験された方は、同一学科をコミュニケーション入試で再度受験することはできません(他の学科の受験は可能です)。

    ◼︎合格発表
    2016年3月4日(金)10時
    ※ホームページ上での発表は行いません

    ◼︎2015年度入試結果はこちら
     

    また、この入試では、面接時の資料として「履修ガイド(教務・履修編)とシラバス(授業概要)」が必要となっています。事前に資料を受け取り、コミュニケーション入試について説明を受けていただく必要があります。これから検討される受験生には個別相談を受付ておりますのでお気軽にお問合せください。

    ◼︎お問い合わせ先
    TEL:092-575-2970 (入試広報課直通) 
    Email:nyushi@fukujo.ac.jp

    他、詳しい内容は入試概要・要項でご確認ください。
     

    2016年
    02月05日

    ​チャンスをいかす入試!センター試験利用入試Ⅱ期出願受付開始しました。

    センター試験を受けられた受験生のみなさん、その結果を最大限利用できていますか。

    本学では、受験チャンスを広げるためさまざまな入試を行なっていますが、センター入試利用入試もⅠ期~Ⅲ期まで行なっております(Ⅰ期受付終了)。

    本日2月5(金)より全学部学科でセンター試験利用入試Ⅱ期の出願受付を開始しました。遠隔地の受験生も、試験会場までの移動時間や費用を心配することなく受験できるのもこの入試の特長です。

    また、併願割引制度(※)を利用すれば費用を抑えながら、さらに受験のチャンスを広げることができます。

    ◼︎センター試験利用入試Ⅱ期
    出願期間 2016年2月5日(金)9時~2月25日(木)23時
    検定料納入期間 2016年2月5日(金)9時~2月25日(木)23時59分
    出願書類送付期間 2016年2月5日(金)~2月26日(金)必着

    ◼︎合格発表
    2016年3月4日(金)10時
    ※本学ホームページ上でも合格者の受験番号を掲載します。

    ◼︎2015年度入試結果はこちら
     

    出願前、学部学科のことをきちんと知りたい、一度大学に足を運んで雰囲気を知りたいなど、希望される方は個別相談等の受付もしております。お気軽にお問合せください。

    お問い合わせ先
    TEL:092-575-2970 (入試広報課直通)
    Email:nyushi@fukujo.ac.jp
     

    (※)併願割引制度について
    2016年度入試より大学を2学科または3学科併せて志願する場合は、2出願目から10,000円となります。大学と短期大学部を併願する場合、国際キャリア学部「2科目型」と「3科目型」を併願する場合は下記の通りとなります。

    ●大学2学科の場合
      15,000円+10,000円=25,000円

    ●大学3学科の場合
      15,000円+10,000円+10,000円=35,000円

    ●国際キャリア学部「2科目型」+「3科目型」の場合
      15,000円+10,000円=25,000円

    ●大学1学科+短期大学部の場合
      15,000円+10,000円=25,000円

    ※割引対象となるのは、同一の出願番号で出願した場合に限ります。
     

    ◼︎入試概要はこちら
    ◼︎入学検定料についてはこちら

    また、2016年度よりすべての入試でインターネット出願となっております。
    詳細はインターネット出願ページをご覧ください。


    ※インターネット出願手順書はこちら

    2016年
    01月29日

    2015年度福岡女学院大学交換留学生修了式・送別会を行いました

    福岡女学院大学では2015年度、大学院比較文化専攻に1名(中国の大連外国語大学から)、現代文化学科に2名(韓国の仁濟大学校、台湾の樹人醫護管理専科學校から各1名)、 交換留学生を受け入れておりましたが、無事にプログラムを終了し、2016年1月27日(水)修了式と送別会が行われました。

    ne_20160129_01.jpg 
    修了式は、静寂な雰囲気の中、始まりましたが、交換留学生の発表(留学報告)が進むうち、会場は暖かい雰囲気に包まれていきました。

    ne_20160129_02.jpg    
    修了式に引き続き行われた送別会にも、「暖かい」雰囲気が溢れていました。
    お世話になった先生方や友人たちからの心温まるメッセージ、何より交換留学生一人ひとりのキャラクターが表れるスピーチは、出席者一同の心に響きました。
    送別をする私たちが逆に励まされ、勇気をもらいました。

    ne_20160129_03.jpg    
    交換留学生の皆さんが元の在学校に戻られた後も、福岡女学院大学で学んだことをいかし、学びがさらに深められ、将来、世界の架け橋となる人材へと成長されることを心よりお祈りいたしております。

    ne_20160129_05.jpg

    2016年
    01月25日

    【国際キャリア学部一般入試(前期日程)】受験票記載の試験終了時間の誤りについて

    この度は福岡女学院大学国際キャリア学部の一般入試(前期日程)にご出願いただきありがとうございます。
    既に受験票をお送りしましたが、受験票に掲載した2時限目の試験終了時間に誤りがございました。正しくは下記のとおりです。
    お詫びして訂正いたします。皆様には多大なご迷惑、ご心配をおかけしまして誠に申し訳ございません。

    (誤)
    試験時間割
    1時限 9:30~10:30
    2時限 11:30~12:30
                   
    (正)
    試験時間割
    1時限 9:30~10:30
    2時限 11:30~13:00
    ※入試要項に記載のとおりです。

    カテゴリー

    バックナンバー

    2019年
    2018年
    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@