学部・大学院臨床心理学専攻

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 大学院
  4. 臨床心理学専攻

臨床心理学専攻

3つのポリシー

アドミッション・ポリシー

臨床心理学専攻は、「臨床心理学的実践を通して人の心の健康と成長に役に立つ心の専門職の養成を志す」人々が各々の成長と実践力を確実に獲得できるように支えたいと思います。そのため、次の条件を満たす人々の入学を願っています。

  1. 心理学の基礎的な知識を獲得しており、臨床心理学領域の研究能力も獲得している方
  2. 人の心に関わる尊い使命を認識し、臨床心理学的実践訓練に謙虚かつ意欲的に望む方
  3. 臨床心理学的援助に携わるための心理的安定性、共感能力のある方
  4. 臨床心理学に関する研究を行うための論理的思考能力がある方
  5. 他者との協働・連携における基礎的コミュニケーション能力のある方

カリキュラム・ポリシー

臨床心理学専攻は、以下の目的をもって臨床心理学の理論と実践を中心とした教育課程を編成し実施する。なお、本専攻は修了と同時に(公財)日本臨床心理士資格認定協会による臨床心理士の受験資格を取得することができる。

1. 臨床心理学領域の専門的知識及び関連する心理学領域の専門的知識の獲得

具体策

必修である基礎科目及び基幹科目に臨床心理士受験資格のための必修科目を配置
選択必修を含む展開科目に社会心理学等関連する心理学領域の科目を配置

2. 臨床心理学の専門性に基づいた実践を多領域において遂行できる基礎的力の獲得

具体策

2年間の体系的な実習科目→臨床心理基礎実習(1年次開講)、
臨床心理実習(2年次開講)学内実習施設で有料相談機関である臨床心理センターにおける実践的実習と指導

3. 臨床心理学的実践を理論的に検証、発展させる科学的視点と検証能力の獲得

具体策

特別研究科目(4単位)及び心理学研究法特論・心理統計法特論

4. 心の専門職として他者との協働・連携の力を獲得していること

具体策

学内実習施設で有料相談機関である臨床心理センターの「臨床実習員」として登録、
電話受付チーム、各種集団療法の組織的運営、学外実習のチーム活動のマネジメント等協働と連携が前提の実習を行う

5. 心の専門職として深い人間理解と隣人愛に基づいた奉仕の心を備える

具体策

基礎科目(必修)に「キリスト教と人間」を配置

ディプロマ・ポリシー

臨床心理学専攻は、臨床心理学の理論と実践を中心とした本専攻カリキュラム32単位を修得し、修士論文の審査に合格した者で、以下に示す心理臨床の高度な学識、論理的能力・実践的能力を有する者に修士(心理学)の学位を与える。

  1. 臨床心理学領域の専門的知識及び関連する心理学領域の専門的知識を修得していること
  2. 臨床心理学の専門性に基づいた実践を多領域において遂行できる基礎的力を獲得していること
  3. 臨床心理学的実践を理論的に検証、発展させる科学的視点と検証能力を獲得していること
  4. 心の専門職として他者との協働・連携の力を獲得していること
  5. 心の専門職として深い人間理解と隣人愛に基づいた奉仕の心を備えること

特色ある授業

特色ある授業

取得できる免許・資格

どの分野を選択しても取得可能です。

本学で取得できる
教育職員免許状
  • 高等学校教諭専修免許(公民)
  • 中学校教諭専修免許(社会)
受験資格が取得できる資格
  • 公認心理師
  • 臨床心理士

就職・進路

進路・就職実績

  • 就職者6名
  • 進学者4名
  • 2014年度修了生

教員紹介

教員紹介