学部・大学院比較文化専攻

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 大学院
  4. 比較文化専攻

比較文化専攻

3つのポリシー

アドミッション・ポリシー

比較文化専攻の目的は、世界各地域の言語・文学・思想などの文化現象を比較研究するとともに、国際社会で活躍できる専門知識と広い視野を備えた人材を育成することにある。
この目的達成のため、以下の条件を満たす者の入学を求める。

  1. 日本や海外の文化について実践的な知識のある者。
  2. 英語によるコミュニケーション能力のある者。
  3. 英語以外の外国語も学んだことのある者。
  4. 日本文学、海外の文学に造詣のある者。

カリキュラム・ポリシー

比較文化専攻では、国際社会で活躍できる高度な専門知識と広い視野を備えた人材を育成するため、特定の研究分野に重点を置きつつ、広い関連分野を履修させる。
そのため、専攻の研究分野に以下の科目を配置する。

1 基礎科目

専攻で体系的かつ専門的に研究を進めるための基礎科目。異文化交流の基礎と、対象とする文化圏の言語の基礎を学ぶことを目的とする。最終レポートと平素の発表、授業への積極的参加を勘案して評価する。

2 基幹科目

比較文化研究の基幹をなす科目。日本を取り巻く東アジアと欧米の文化を研究し、日本語圏文化と英語圏文化としてさらに深く掘りさげるための指針となる科目を配置する。 各専門分野の書籍のサマリーを定期的にレポートしたり、ディスカッションしたりする。レポートやディスカッション自体の評価だけでなく、積極性を加味して評価する。

3 関連科目

第I類は日本語圏文化関連科目。第II類は英語圏文化関連科目を配置する。比較文化学の成果と視点に立脚しながら、各文化圏の文学・文化・言語を専門的に深く、体系的に広く研究することを目的とする。 演習形式で、毎回レポートと発表を課し、ディスカッションをする。最終レポートは、専門性、独自性を評価基準とする。

4 特別研究科目

基礎・基幹・関連科目を踏まえて、独自の研究課題を掘り起こし、それぞれの研究に取り組むよう、修士論文の執筆から完成へと導くための科目。 先行研究を各自で探して内容をレポートし、それを踏まえつつ、独自の視点を打ち出すよう指導する。各専門分野でどの程度重要な貢献度があるかを評価の基準とする。

ディプロマ・ポリシー

比較文化専攻は、比較文化研究を中心とする本専攻カリキュラム32単位を修得し、かつ修士論文の審査に合格した者で、以下に示す比較文化学の高度な学識、能力を有する者に修士(比較文化)の学位を与える。

  1. 世界各地域の文化現象を比較研究して、国際社会で活躍できるグローバルな視野を修得していること。
  2. 語学・文学・芸術・思想など、文化領域における世界の交流事象を研究していること。
  3. 各文化圏・個別専門分野を実証的に分析し、専門性を深めていること。
  4. 文化の全体像を総合的に把握する技能を修得していること。

特色ある授業

特色ある授業

取得できる免許・資格

免許・資格

どの分野を選択しても取得可能です。

本学で取得できる
教育職員免許状
  • 高等学校教諭専修免許(国語)
  • 高等学校教諭専修免許(英語)
  • 中学校教諭専修免許(国語)
  • 中学校教諭専修免許(英語)

就職・進路

進路・就職実績

  • 就職者6名
  • 進学者4名
  • 2014年度修了生

教員紹介

教員紹介