大学・短大・大学院カリキュラム一覧

  1. HOME
  2. 大学・短大・大学院
  3. 大学院
  4. カリキュラム一覧

比較文化専攻

大学時代に学んだ「広瀬淡窓と咸宜園」について
もっと深く研究したいと思い、大学院に進学しました。

人文学部現代文化学科に在籍中、難波ゼミで「広瀬淡窓と咸宜園(かんぎえん)」について学びました。少人数制教育のもとで、難波先生の熱心な指導を受け、またゼミ旅行で訪れた岡山にある藩校「閑谷学校(しずたにがっこう)」を見学することで、藩校ではなく私塾に興味を持つようになり、淡窓の「咸宜園」をもっと深く研究したいと考え、大学院に進学しました。研究の中心は、広瀬淡窓独自の学風である「敬天思想」です。咸宜園の教育と敬天思想の結びつきについて研究しています。大学院卒業後も現在の研究を継続し、中国へ帰国後は、中国の大学生に日本の古典や文化を教えられる教員になりたいと思います。

上記の履修を基盤として、両コース共に「特別研究」を2年次必修とします。

臨床心理学専攻

人に真心を注ぐ奉仕の精神、鋭く深い人間理解力、
柔軟に人と関わる力をもつこころの専門家を育てる。

当専攻のカリキュラムは、福岡女学院大学大学院としての理念・特色を表す基礎科目群、臨床心理士養成に必須となっている基幹科目群、臨床心理学関連または周辺領域の関連科目群、教諭専修免許関連の展開科目群で構成されています。
このカリキュラムによる教育目標は、本学の教育理念であるキリスト教精神に基づいた人間理解と援助の心を基礎とし、人間の生きる環境・集団・文化・歴史などを踏まえた幅広い視野での人間の成長、人格の形成、さらに精神病理の形成のメカニズムを体系的に学ぶこと。これらを基本にして、心の専門家である臨床心理士としての専門性と臨床心理実践力を修得することです。
カリキュラム上、単位化されていない豊富な実習システムが別途用意されていますが、それらの実習はカリキュラム内容と有機的に関連しています。カリキュラムを通して学んだ知識や技能は実習に活かされ、実習体験ではその知識や技能を、生き生きとした実感を持って修得できるものになっています。

授業科目

発達教育学専攻