大学・短大・大学院キリスト教センター

キリスト教に関わるさまざまな活動の拠点となる場所です。
125周年記念館1階、大学本部や学院本部にも近く、学生、教職員がもっともよく通る学内目抜き通りにあり、ガラス張りの広々した明るい部屋です。ボランティア等の情報も得ることが出来ます。

機能

機能としては、大きく分けて4つあります。

  1. 学生や教員の出会いと語らいの場所。
  2. ボランティア情報センターとしての働き。
  3. 学生相談センターとしての働き。
  4. 聖書研究会などのキリスト教に基づいた集会がなされる場所。

活動

聖書を読む会

毎週月曜日昼休み

  • 宗教主事の担当によるものです。

 

キリスト教特別週間

前期5月 後期10月

チャペルの時間帯 10時50分~11時30分

各学期に特別週間を設けており、この期間は40分間の礼拝となります。

 

夏期修養セミナー

8月上旬頃

学生と教員が、神の愛や大学生活、人生全般について語り合う企画です。
企画・運営は、教員の助言や力添えを得ながら、学生宗教委員会が主体となって開催します。
学年を問わず、誰でも参加できます。

 

全学修養会

10月

キリスト教特別週間(後期)の火曜日2時限目に開催します。
この時間は、通常の授業は休講となり、学外から招いた講師により、キリスト教に関する講演が行われます。

 

クリスマスツリー点灯式

11月

待降節(アドヴェント)が近づくと、125周年記念館前の木にクリスマスの飾りが施されます。
クリスマスツリーに点灯する初日の夕べに、学生、生徒、園児、教職員が集い、礼拝を行います。さらに、学生、生徒による合唱や演奏が披露され、最後にクリスマスツリーに明りが灯されます。

 

施設訪問

12月

クリスマス前の時期に、学生有志が近隣の社会事業施設を訪問します。
手作りのクリスマス・カードを渡し、讃美歌を歌い、施設の方々と共にクリスマスの喜びを分かち合います。

 

クリスマス礼拝

12月上旬

イエス・キリストの誕生を記念する特別礼拝です。
聖歌隊による合唱やハンドベル、学生有志によるプログラムが含まれています。
説教者のメッセージや礼拝全体を通してクリスマスを祝い、その真の意義を学びます。

卒業礼拝

3月

卒業式の前日、卒業する学生が大学生活を締めくくる特別礼拝です。
大学での学びを終えたことを感謝しつつ、新しい門出に際し、神の励ましの言葉を共有し、今後の人生の旅路に神の導きと祝福を祈ります。