• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科

    学部・大学院

    • ミニオープンキャンパス無料送迎バス予約
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 発達教育学講演会
    • グレープカップ
    • 公式facebook
    • 公式facebook
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部心理学科

     

    人のこころを理解し、自分のこころに気づき、
    人間関係や社会の中で役立てていくことを学びます。

    心理学は、私たちの人生にとても役立つ学問です。
    心理学を学ぶことにより、人のこころを理解し、自分自身のこころに気づき、世界を見る目が育ち、さまざまな視点から社会を見ることができるようになります。そして世の中の出来事や人々の行動をつなぎあわせて理解し、実際に人間関係や社会のなかで役立てていくことができるようになります。
    心理学の学習内容は、「集団・組織の理解と社会貢献」、「こころの理解と対人援助」という2つの視点に分けることができます。これら2つの視点への幅広い理解と能力が得られる専門領域をそろえ、知識の獲得だけではなく、理解力、判断力、総合力をはぐくみます。

    心理学から何を学ぶか

    学科の特徴

    基礎から幅広い専門領域までを学ぶ。

    心理学の総合的基礎からさまざまな専門領域に至るまで、体系的に学べる幅広いカリキュラムを設けています。各分野の専門スタッフによる教育サポートと充実した学習環境により、人々の生活やこころ、そしてそれらを取り巻く社会について、広い理解と視点を得ることができます。

    学びを通じ、自分に気づき成長する。

    人のこころを理解し、受け止めることを学ぶことは、同時に自分に気づき、自分を受け止める過程でもあります。心理学科では、人のこころに関わるために必要な授業を通して、気づきと成長を繰り返すことで、「こころのケア」や人に関わるいろいろな仕事にいかせる力を身につけます。

    充実した人間関係を築く力をつける。

    心理学科で学び、社会・集団の心理を理解する力を身につけることで、自分自身を再発見することが可能となります。この力は、より充実した人間関係を築き、さらには社会・集団を動かし、貢献する力につながります。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE