• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 子ども発達学科

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • 書式DL
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 研究室訪問
    • 進学相談会
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部 子ども発達学科

     

    子どもを学び、こころに寄り添うこと。
    単なる技術の習得だけではなく、
    真に支えることのできる保育者・教師を養成します。

    子ども発達学科で基本的な教育の柱として掲げている「子ども学」。
    それは「こころ」「文化」「生活」「からだ」などの分野から成り立っています。
    子どもを学んでいくためには、より多くの視点からのアプローチが必要であり、そのために各教員は、自らの専門領域から独自のアプローチを試みます。保育士や幼稚園教諭、小学校教諭となるために必要な基礎的、専門的科目群を準備し、技術の習得はもちろん、しっかりした子ども観や人間観を身につけます。
    さらに多彩な実習を通して、子どもがより良く創造的に生きるために、本当の援助とはなにかについて考え、実践できる人材を育てます。

    学科の特徴

    心理学をベースに援助能力を身につける。

    心理学をベースとした発達理解、人間理解とその援助技術を学びます。キリスト教の教えに基づく幅広い教養と知識、技術を習得することによって、保育・教育現場での活用を目指します。4年教育というメリットを最大限にいかし、子どものこころはもちろんのこと、保護者支援のためのカウンセリング技術などの習得、さらには保育者・教師としての高い教養と、人間性の高揚を目指します。

    系統的プログラムで教養と実践力をはぐくむ。

    本学科では、保育士養成、幼稚園教諭、小学校教諭のための実習経験を総合的に学んでいきます。1年次の「子ども学概論」、「子ども学フィールドワーク」に始まり、2年次の「子ども学観察演習」、「子ども学フィールド演習」、3年次の「子ども学総合演習I・II」、これらの総合的まとめとして4年次の「卒業研究」まで、4年間を通した総合的、段階的教育によって、幅広い教養と実践力を身につけます。

    「子ども発達センター」で技術を学ぶ。

    本学科のシンボルである「子ども発達センター」は、木のぬくもりのある建物です。表現活動や制作活動などの実践と指導法について学び、保護者支援、子育て支援などを行う施設設備も完備しています。そこでは大学のマンパワーを地域サービスとして活用します。保育所や幼稚園、小学校、各種児童福祉施設など、さまざまな実習の技術習得にも大きな役割を果たします。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE