• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 大学院
    4. 発達教育学専攻
    5. 3つのポリシー

    就職・進路

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    大学院 人文科学研究科 発達教育学専攻

    3つのポリシー

    アドミッション・ポリシー

    発達教育学専攻では、子どもに関わる諸学問から多面的に子どもを捉え、子ども学をさらに深化・発展する発達教育学の学修を基盤に発達と教育に貢献することを目的とした豊かな人間形成に携わる専門的教育者・職業人を育成します。

    本専攻は、教育学・心理学・障害児教育学などの分野において、高度な教育観と正しい人間理解に基づいた教育、発達支援・促進に関する精深な知識と技術を持ち、その卓越した教育技術を発揮できる力の習得を目指します。

    カリキュラム・ポリシー

    発達教育学専攻は、高度な教育観と正しい人間理解に基づいた教育、発達支援・促進に関する精深な知識と技術をもち、その卓越した教育技術を発揮することにより、豊かな人間形成に携わる専門的教育者・職業人の育成を目指します。本専攻における研究・教育の中心的な学問的コンセプトは、「正しい子ども観の確立と発達の危機に対処する科学」であり、教育学・心理学・障害児教育学などの学問領域を中核とする体系的な教育課程を編成しています。

    また、本専攻では、「高度専門職業人」の中核となる教師の力量形成を視野に、具体的には①校種間連携力量を備えた教員、②発達教育臨床の高度な知識と実践力を備えた専門家を養成するための理論的かつ実践的な科目を編成し、所定の科目を修得することで小学校教諭専修免許及び幼稚園教諭専修免許取得が可能となります。さらに、教育現場での教育、発達支援・促進の知識・技術をより深化、高度化するために、学校等をフィールドとした心理教育的援助の専門家である「学校心理士」の受験資格を得るための科目群を配置しています。

    本専攻の教育課程は、基礎科目・基幹科目・関連科目・特別研究科目から構成され、発達教育学研究の基盤となる基礎科目は全て1年時に履修する必修科目となっています。基礎科目は、発達と教育に関する総論的内容と各論を学び、学問的動向ならびに今日的課題について討議し、事象等の多角的な見方と検証の方法について理解を深め、各論的に各教員から研究の方向性、具体化への方策を提示検討する内容になっています。基礎科目における多様な視点の取得や研究法の修得は特別研究科目のベースとなっていきます。

    専門科目は、主に理論的・実証的な研究と実践的・臨床的な研究を基盤とする基幹科目群と、関連科目から編成されています。これらの科目から子ども理解と、その支援に関する全体像を体系的に修得していくことになります。とりわけ乳幼児期から学校教育段階における教育、医療・保健・福祉制度を横断した支援について検証していきます。

    このように発達教育学専攻の教育課程の流れは、子ども学を発展・深化した発達教育学という学問体系を通して実現されることになります。「正しい子ども観の確立と発達の危機に対処する科学」を探求し続け、子どものよりよき発達と教育に寄与していきます。

    ディプロマ・ポリシー

    発達教育学専攻は、本専攻に2年以上在学し、教育学・心理学・障害児教育学から構成される発達教育学に関する所定の32単位以上を修得し、且つ、修士論文を完成してその審査及び最終試験に合格した者に、福岡女学院大学大学院学位規定に基づき、修士(発達教育学)の学位を授与する。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE