• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 言語芸術学科
    5. 3つのポリシー

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部言語芸術学科3つのポリシー

     

    アドミッション・ポリシー

    言語芸術学科は、小説・演劇・詩歌・映画など、言語を手段とする芸術(言語芸術)を新しい視点からとらえる学科です。新しい視点とは、日本語/ 英語、アナログ/ デジタル、大学/ 社会といった枠組みをとりはらって、自由に学問の世界に親しむ教養を目指すものです。確かな言語力、幅広い柔軟な思考力、これらをベースにしたコミュニケーション能力、そういったものを兼ね備えた人がいわゆる本来の意味での教養人なのです。社会が求めているのは、こうした「教養」を身につけて、どんな状況にも立ち向かえる人です。
    このような人を養うため、国語・英語の学力による試験、面接・小論文・プレゼンテーションなどを組み合わせた多角的な選抜を行ないます。

    カリキュラム・ポリシー

    • 1. 言語能力の育成で、日本語と英語による言語能力(鑑賞力、分析力、思考力)を徹底的に鍛えます。
    • 2. 学際的教育の実践で、言語芸術に関して専門分野の異なる教員が共通のテーマについて研究・指導を行ないます。
    • 3. 体験重視の全人的教育で、フィールドワークや作品制作などの実地体験を重視します。

    1・2年次は、●日本語トレーニングI・II ●英語トレーニングI・II ●英語発音スキルI・II●身体表現ワークショップ●シンキングゲームI・II ●インプロ・ゲーム●シンキングゲーム●言語芸術基礎I・II ●テーマシンキング(学際的授業)など。
    1年次より鑑賞力や分析力を養うため、学科が選ぶ書籍・映画作品などの読書・鑑賞を行ないます(「百読・百鑑」)。
    3年次では、●言語芸術演習I・II でさらに創造力や総合力を磨きながら、●海外フィールドワーク●国内フィールドワークのいずれかを選択し、教室外のフィールドで活動します。さらに、卒業論文をこの年次で書き上げ提出します。
    4年次は、3年間の総仕上げの時期です。学んだことを実践するため、自分の学んだ文化・芸術を、演劇公演、作品・論文のネット配信、出版など自分のやり方で社会へ発信します。
    また、本学科には言語芸術コースと英語教職コースの2コースが用意されています。言語芸術コースでは、選択科目において、国語および英語の両方を自由に選択できます。英語教職コースでは、多くの英語選択科目を履修しなければなりません(卒業要件単位124単位中90単位以上が必修となります)。学生は2年次にどちらかのコースを選ばねばなりませんが、どちらのコースにおいても、上記のようなカリキュラムのなかで学科が目指す「教養」を養っていきます

    ディプロマ・ポリシー

    人文学部言語芸術学科は、以下の方針に基づき、その基準に達したものに学位を授与する。

    【知識・技能】
    言語芸術作品(文学や映画)に関する深い知識を有している。

    【思考・判断】
    確かな言語(日本語・英語)能力に基づく優れた鑑賞力、分析力、思考力を有している。

    【意欲・態度】
    フィールドワーク等の実地体験から得た実践力、3年次卒業論文、4年次発信、2年間の学術研究により培った企画力を有している。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE