学部・大学院メディア・コミュニケーション学科

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 人文学部
  4. メディア・コミュニケーション学科

3つのポリシー

アドミッション・ポリシー

メディア・コミュニケーション学科は、多様なメディアに着目して世界の成り立ちを考える学科です。そのために、人文学の基礎にもとづく学際的な知識を獲得した上で、社会にあふれる情報を読み解く能力と、さまざまな方法で自身のアイディアを伝えるデザインの技法を習得し、他者とのコミュニケーションについての理解を深めます。よって、メディア・コミュニケーション学科は次のような資質のある人の入学を期待します。

  1. メディア・デザイン・コミュニケーションのかかわりを探求する好奇心がある。
  2. 文章・イラスト・映像・音楽など、さまざまな表現方法を身につける意欲がある。
  3. 社会の多様性に関心があり、他者とのつながりを大切に思っている。

カリキュラム・ポリシー

メディア・コミュニケーション学科は、人文学の基礎にもとづく学際的な知識の獲得、アイディアを具現化する方法の習得、多様性への理解と好奇心の涵養を目指します。
そのために、メディア・コミュニケーション・デザインに関する授業をバランス良く編成し、社会や他者とつながることの意味や重要性を実感できる講義・演習・総合演習を実施します。卒業年次には、指導教員のもとで学生が主体的に設定したテーマについての卒業研究を完成させます。

ディプロマ・ポリシー

メディア・コミュニケーション学科のカリキュラムに沿った授業科目を履修し、以下を達成すべく所定の単位数を修得した学生に学位を授与します。

1. 学際的な知識の獲得

人文学の基礎的な学識を土台にして、メディア・コミュニケーション・デザインを横断的に学び、学際的な視座をもって思考できる。その上で、自身の興味関心を専攻した学問体系に位置づけられる。

2. アイディアを具体化する方法の習得と実践

ことばを論理的に用いて、文章や議論を組み立てられる。社会にあふれる情報を批判的に読み解ける。習得した複数の表現方法をもとに適切な手段を選択し、アイディアにかたちを与えられる。

3. 多様性への理解と好奇心

社会の多様な価値観のなかで、自身の軸がどこにあるのかを見定めた上で、他者への関心と寛容さをもって協働できる。未知との出会いに臆しない知的好奇心を積極的に維持できる。

学びの分野と特色ある授業

学びの分野

  1. メディア

    「メディア」は情報を一方的に届けるだけでなく、私たちの社会を多様に結び合わせています。新聞やテレビ、SNSなどの媒体を読み解くだけでなく、情報を生み出すつくり手として新しい社会を実現するために、音・声・文字・映像などを伝えるさまざまな方法を講義とワークショップを通じて共同的に学びます。

  2. デザイン

    「デザイン」とは社会に潜在する可能性を可視化・具現化して、未来をつくりだす行為です。グラフィック、出版・広告、映像、ウェブ、プロダクト、環境などメディアの特性をいかした多様なデザイン的思考を身につけ、デザインに対する知見を広げるとともに、アイデアを実現するための実践的な方法を学びます。

  3. コミュニケーション

    「コミュニケーション」は単なる伝達技術ではありません。ことば一つをとってもそこには歴史的・文化的背景があり、誰が何を使用するかによって、人を感動させたり怒らせたり、ときには思いもよらない力を発揮することがあります。グローバル化する現代社会において、このようなコミュニケーションの力について学びます。

学科の特徴

  1. 学びのヒントは
    すぐそばに

    街で目にとまる広告、テレビで見るニュース、音楽ライヴ、SNSでのやりとり、友だちとのおしゃべりなど、身近な経験を出発点にして考えを深めていきます。個人的な疑問や興味関心を大切に育てて、社会と広く共有するための知識と方法を身につけましょう。

  2. 伝え方はひとつじゃない

    論理的な思考力と文章力を基礎として、インタビューやディスカッションの技法、イラストレーションや映像を使ったビジュアル表現など、手を動かしながら多彩な技能を習得できます。情報の伝え方を状況に応じて自在に選択できる、しなやかなコミュニケーション力を育みます。

  3. テクノロジーを
    使いこなす

    動画やグラフィックの編集、サウンド制作、大判プリントや3Dプリントなどができる本格的な機材が揃った「MDL(メディア・デザイン・ラボ)」と立体物の制作や版画、製本などの作業に対応した「造形実習室」を完備。授業時間外でも自主的な制作に活用できます。

特色ある授業

デザイン研究入門

コンピュータや周辺機器を自在に使いこなすために必要な知識と技術を習得し、コンピュータを利用したデザインに対する理解を深めます。

ポップ・カルチャー史

映画、漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ダンス、ファッションなど、世代や地域を超えて人々を結びつけるポップ・カルチャーの歴史を学びます。

言語研究フィールドワーク

夏休みを利用して、富山県砺波市を訪問。地元の方にお会いして、その土地の方言を教えていただく授業です。伝統的な家屋に宿泊。郷土料理も味わいます。

映像表現演習

短編映像や公共広告の制作を通してコンピュータを使った動画編集を学びます。映像メディアだからこそ伝えられるメッセージを考えます。

文化とコミュニケーション

マンガや流行歌、映像作品、広告、SNSなどを取り上げ、コミュニケーションによって文化が創り出される様子を具体的に検証していく授業です。

メディア制作ワークショップ Ⅰ・Ⅱ

インタビューの基礎を学んで身近な方々に取材しながら、さまざまな視点から社会とむきあうオリジナルのメディアをつくる実践型の授業です。

学びのステップ

  • 1年次未知と向き合う

    動画の編集や写真の加工などの方法を学ぶ「デザイン基礎演習」や、学科の全教員とともに共通の課題に取り組む「ワークショップA」などの科目で、習得した技能を駆使して未知の問題を発見・解決する基礎的な力を身につけます。

  • 2年次関心を広げる

    複数の分野の演習科目を選択し、学問領域を横断する柔軟な思考力を養います。
    また、「メディアとことば」や「文化とコミュニケーション」などの講義科目や、学外で見聞を深めるフィールドワーク科目を通じて、興味関心の幅を広げます。

  • 3年次探求する

    ゼミを選択して、卒業研究に必要不可欠な専門性の高い知識と技能を磨きます。
    文献講読や集団制作に挑戦して、調査と考察の成果を他者に伝える方法を、ゼミの同級生と試行錯誤しながら探求します。

  • 4年次研究に挑む

    「卒業研究」に取り組む1年間です。専門分野の教員のもと、ゼミ形式で学生独自の研究を進めます。
    初年次から鍛えてきた論理的文章力やデザイン技術を土台にして、論文執筆や作品制作など、研究の性格にあわせた形式の成果を協同的に完成させます。

取得できる免許・資格

免許・資格

どの分野を選択しても取得可能です。

本学で取得できる資格
  • 日本語教員
    • 本学が独自に認定する資格です。
      (平成12年文化庁「新たな教育内容」と平成29年法務省「日本語教育機関の告示基準」に基づく)
  • 児童英語教育指導員(本学独自資格)
    • 本学が独自に認定する資格です。
学科が取得を
支援している資格
  • ITパスポート資格
  • アドビ認定アソシエイト(ACA)

日本語教員 本学が独自に認定する資格です。(平成12年文化庁「新たな教育内容」と平成29年法務省「日本語教育機関の告示基準」に基づく)

日本語以外を母語とする人を対象に日本語を教える「日本語教員」。本学では「新たな教育内容(文化庁平成12年3月)」に基づいて「日本語教員養成コース」を開設。所定の単位を修得した学生には「日本語教員養成コース修了証」が授与されます。現在、日本、中国、韓国、台湾、タイなどで修了生が日本語教師として活躍しています。

児童英語教育指導員 本学が独自に認定する資格です。

本学の「児童英語教育指導員養成コース」の特徴は、質の高い英語教育をいかして指導員としての即戦力を養える点です。小学校で実際に英語を教える「児童英語フィールドワーク」といった実践的な授業がカリキュラムに組み込まれ、さらにJazz Chantsで有名なCarolyn Graham先生のEnglish Workshopなど、高度な英語トレーニングも受けられます。

ITパスポート資格

単なるパソコン操作にとどまらず、

  • IT(情報技術)を積極的に業務に活用して改善できる
  • 課題や問題に対しITを有効に活用できる
  • ITを法令に基づき安全に活用できる

といったIT知識レベルを測る国家試験です。時代のニーズに応えられる情報技術の理解を証明できます。

アドビ認定アソシエイト(ACA)

ACA(Adobe Certified Associate)は、アドビシステムズ社公式の資格認定制度です。PhotoshopやIllustratorなどのアドビのツールを使用したデジタルコミュニケーション・制作・デザインの基礎力、および初級レベルのスキルを証明します。学習目標に実務に必要な基本技能が反映されているため、企業で評価される知識と技能を確実に身に付けられます。

就職・進路

就職実績

主な就職実績(順不同)

  • アートブレーンカンパニー
  • アールビジネスサポート
  • アイ・ケイ・ケイ
  • アウトソーシングテクノロジー
  • イートスタイル
  • イービーエム
  • 上村建設
  • 大木ヘルスケアホールディングス
  • オープンループパートナーズ
  • カンタス
  • 九州三菱自動車販売
  • 桑村産興
  • KDDIエボルバ
  • さとう建設
  • システムクリエイト
  • シャトレーゼ
  • JALスカイ九州
  • ゼネラルアサヒ
  • そごう・西武
  • ソフトサービス
  • 損保ジャパン日本興亜キャリアビューロー
  • 旅工房
  • ドラッグストアモリ
  • ネクシィーズ
  • パナソニックシステムソリューションズジャパン
  • フェイスグループ
  • 福岡運輸
  • 福岡銀行
  • 渕上ファインズ
  • プレシャスパートナーズ
  • フロムココロ
  • ベイビッシュハート
  • 保険ひろば
  • U-video
  • ヨドバシカメラ
  • ラップ
  • ワールドインテック 他
  • 企業名は採用当時のものとなります。

卒業生からのメッセージ

スケールの大きな仕事にチャレンジしたい。

A.Iさん パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社人文学部 メディア・コミュニケーション学科卒(福岡県立宗像高等学校出身)

  1. メディア・コミュニケーション学科を選んだ理由は?

    高校時代にスマートフォンが普及し、生活の中心になったと言っても過言ではないほど私たちに影響を与えました。メディアの著しい進化が社会にどう影響するかに興味を持ち、進学を決めました。

  2. 内定先を選んだ理由は何ですか?

    いくつかの企業を受けましたが、その中でもスケールの大きな仕事ができ、人として成長できると思ったからです。選考と別に社員の方と話せる機会があり、温かい社風だと感じたのも決め手になりました。

  3. 就職活動の成功の秘訣は何だと思いますか。

    自己分析と企業情報の下調べをしっかりすることです。選ばれるために自分をアピールするだけでなく、自分も「この会社は私に合っているのか」をしっかり見定めることが大切だと思いました。

  4. 就職活動に役に立った進路就職課のサポートは?

    卒業生の体験記や求人票の閲覧など、就職活動や企業の情報を得る際に利用しました。春季面接対策講座では発声やお辞儀、集団面接の練習をしていただき、メイク講座もとても役立ちました。

教員紹介

教員紹介

研究室訪問

学問分野について

  • about you先生の研究分野について

    モノトーンの線描表現を使用した芸術表現の可能性について研究・作品化しています。
    また、美術表現とデザイン表現の境界領域について研究しています。
    たとえば、ピクトグラム(絵文字)について論文・作品などで発表しています。

  • about field研究分野の現代社会との関係又は現代社会での位置づけについて

    色彩をふくめた情報の氾濫する社会では、押し付けられたような複数の固定化したイメージを貼り合わせ、新しいイメージを創作することが多くなります。しかし、シンプルな表現でイメージの増幅を促すほうがより豊かな世界に発展できますので、その気付きを社会に対して提案しています。ピクトグラム創作はそのような視点で取り組んでいます。

  • about field所属する学部学科教育のなかでの位置づけをお教えください

    デザイン分野担当2教員のうちの一人です。おもにビジュアル系を担当しています。
    CGを使った授業もありますので、学科を越えてパソコンの基礎教育も担当しています。

福岡女学院大学について

  • about university本学の学生のイメージは?

    食が細く、比例するように粘り強さが不足気味です。良い点は、素直な性格が多いですね。

  • about university本学での学びを通して、どんな人物に育って欲しい又はこんな人材に育てたい
    というイメージがあれば教えてください

    新しいものを本当に手に入れたいと願うとき、場合によっては代わりに一つを捨てないといけないかも知れません。そのとき、本気で物事に取り組める人物になる、と期待しています。

先生ってどんな人?

  • about you趣味は何ですか?

    多いのですが、「スキー」「トレッキング」「オートバイツーリング」「プロモーションビデオ鑑賞」などが、その一部です。

  • about you今熱中していることはありますか?

    ツールナイフの扱いに習熟することです。もう一つ、授業の受講生に真実を伝えること、かな。

  • about you一番リラックスできる時、それは何をしている時ですか?

    ペットの犬と里山を歩いている時です。

  • about you(学問か仕事かプライベートを問わず)今一番関心のあることは何ですか?

    カメラは研究に関連して購入を検討中なので、デジタルカメラの機種と性能です。それと整理整頓は苦手なため、整理整頓(術?)です。

  • about you今目標としていることは?

    毎日を自分を見失わずに生き延びることです。
    情報が氾濫し惑わされやすくなっている時代にくわえ、メール等で昼夜・休日を問わず仕事がやってきます。優先順位を考え取り組まなければ、自分の限りある持ち時間がいつの間にか失われてしまいます。本来、自分の成すべきことを見失わずに、少しずつでも成果が積み上がるような毎日を過ごせればと思っています。

  • about you先生(個人)の夢を教えてください

    人の役に立つ作品を創作することです。

  • about you簡単に説明すると、ご自身はどんな人ですか?

    いつも既成の枠から、はみ出てしまう不定形な人間です。
    自分ではそう望んでいません。良くいえば自由人という枠に入りそうですが、座右の銘は「はやく人間になりた~い」です。

  • about youお薦めする本を3冊教えてください(できれば専門書籍以外で)

    • 「時間はどこで生まれるのか」橋本淳一朗著 集英社新書
    • 「絵本の力」河合隼雄ほか著 岩波書店
    • 「そうだったのか!現代史」池上彰著 集英社文庫
  • about you好きな映画(ドラマ、演劇、ストーリー)を教えてください

    たくさんあり過ぎますが、近作では映画「レ・ミゼラブル」でしょう。
    それでは歯ごたえがあり過ぎる人には古い映画「アルマゲドン」ですかね。

  • about you座右の銘や格言、高校生に送りたい言葉があればお教えください

    「万の言葉より一つの行動を取りなさい」
    「恥をいとわない限り、人は成長し続ける」
    「普通のことができることが何より重要である」

  • about you最も影響を受けた人物、尊敬している人物をお教えください
    また、その理由又はその人物の魅力をお教えください

    絵画の恩師である三人の先生です。最初の恩師には、己を知ることの大切さを教えていただきました。