• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2019年
    03月12日

    ベトナム フィールドワーク (その1/6) (授業紹介)Global English Fieldwork

    国際キャリア学部では、3年生を対象とした科目:”Global English Fieldwork”の中で、実用英会話と異文化交流の場を通して、海外の人と文化と歴史との交流、そして英語コミュニケーションを実践する機会を提供しています。この科目は、”Seeing is believing.(百聞は一見に如かず)をモットーとして、今回、成長著しいベトナムを対象国に選定し、11日間の行程の中で北部のハノイ市と、南部のバリア・ブンタウ省を訪れました。本ブログではベトナムを対象国としたフィールドワークのミッションを遂行し終えた8名の学生諸氏が、ベトナムの北から南までの縦断紀行で得た諸成果を6回に渡ってご紹介いたします。
     
    1-2-Photo.jpg
    8名の学生が参加した、ベトナム・フィールドワーク

    訪問対象国・都市
    ベトナムは東南アジアのインドシナ半島東部に位置する社会主義共和制国家で、首都はハノイ。ASEAN加盟国で、総人口約9,554万人(2017年現在)。国土は南北に細長く、ハノイ市〜ホーチミン市間の距離は約1,860km。これは、青森〜鹿児島間の距離に相当します。今回は北部に位置する首都のハノイ市(人口約760万人(2015年現在))、及び南部の常夏の都市(訪問時の日中最高気温は35℃)である、バリア・ブンタウ省(人口約110万人(2017年現在))の2箇所を訪れるべく、ベトナムを縦断する行程を取りました。
    2-Vietnam Map.jpg
    今回のベトナム・フィールドワークでの訪問対象都市
     
    早朝エクササイズ
    今回のフィールドワークの全体行程は、ハノイ4泊とバリア・ブンタウ5泊、そして、帰りの飛行機での機中1泊の、計10泊11日でした。その中で、ハノイでは政府系研究機関(中央経済管理研究所)、日本政府系機関(国際協力機構(JICA))、日越大学の3箇所を訪問。バリア・ブンタウではベトナムの開発企業(タンビン・フーミー株式会社)、日系企業の投資誘致窓口機関(バリア・ブンタウ省人民委員会内ジャパン・デスク)、そしてバリア・ブンタウ大学を訪れました。フィールドワーク期間中は、盛り沢山のタスクをこなすために、健康とテンションアップの維持を目的として、早朝5時半よりランニング・エクササイズを行いました。学生は、毎朝5時に目覚め、まだ薄暗いうちからハノイでは市内の開園前の動物園内で2kmのランニング、バリア・ブンタウでは海辺に沿った歩道上、概ね4kmを走りました。

    3-1-Run.JPG
    まだ夜の明けきれていないハノイ。これからランニングに出発です
     
    3-2-Run.JPG
    バリア・ブンタウの海辺の歩道で、早朝のランニング・エクササイズ

    中央経済管理研究所訪問
    ハノイでの最初の訪問先は、中央経済管理研究所です。英語表記では、Central Institute for Economic and Management (CIEM)、ベトナム語ではViện Nghiên cứu quản lý kinh tế Trung ươngになります。ベトナム中央省庁の一つである計画投資省の直下に位置する経済・産業政策立案と研究・調査機関です。我が国に類似の機関で言えば、かつての経済企画庁・経済研究所に相当する政府機関と言えるでしょう。

    4-1-CIEM_Entrance.JPG
    CIEM正門前にて。上段の横断幕に書かれた”Chúc mừng năm mới”は、
    旧正月(春節)明けのベトナムでの新年挨拶文句。”Happy New Year”に相当

    CIEM側からは、ナンバー2に相当する副所長のNguyễn Thị Tuệ Anh(グエン・ティ・トゥエ・アイン)博士、そして、公共政策局副部長のNgô Minh Tuấn(ゴー・ミン・トゥアン)氏のご両名が応対してくださいました。

    4-2-CIEM_Mtg.JPG
    CIEM内の会議室風景

    4-3-CIEM-Tuan.JPG
    応対いただいたゴー・ミン・トゥアン副部長
     
    CIEM側からは、組織概要、研究活動、政策立案機関としてのベトナムでの位置付けなどについて、詳細なご紹介をいただきました。質疑応答のセッションでは、およそ1時間近くに渡って、学生側からCIEMに対して、ベトナムの経済・産業政策の問題点と現状、ベトナムの自動車産業の将来展望、少子高齢化社会の動向、ICT産業の現状、日欧米の研究機関との共同研究の実情、日本国ODAに対する評価など、様々な角度からの質問が投げかけられました。質疑応答も、全て英語です。CIEM側からも丁寧なご回答を戴けた上に、終始和やかな友好的ムードの中、非常に中身の濃い有意義な時間を過ごすことができました。本フィールドワークの最初のミッションは無事遂行。まずは滑り出しは順調です。

    4-4-CIEM_ALL.JPG
    CIEMのナンバー2であるトゥエ・アイン博士(中央)、そしてトゥアン副部長とともに


    国際協力機構(JICA)ベトナム事務所訪問
    二番目に訪れたのが、国際協力機構(JICA)ベトナム事務所。ご対応いただいたのは、同事務所の村上孝太様です。我が国は、ベトナムODA総額の約30%に貢献する世界最大の援助供与国で、過去5年間では毎年、1,000億円から2,000億円近くのODAを供与してきました。我が国の援助分野の強みは、運輸部門、電力・ガス等のエネルギー部門などでのインフラ整備支援分野です。村上様からは、我が国の対ベトナム援助の柱として、①成長と競争力強化、②脆弱性への対応(保健医療・環境保全)、③ガバナンス強化 についてのお話をいただきました。全体の時間は1時間であり、そのうちの後半30分間は質疑応答セッションでした。学生側からは、我が国の対ベトナムODAのうちの無償資金協力の現状、ODA事業遂行に際してのご苦労、ベトナムが抱えている膨大な政府債務の現状、他国ドナーとの競合状況、PPP事業の現状と動向、世界銀行・アジア開発銀行・その他NGOとの連携の現状など、様々な角度からの質問が投げかけられました。事前の予習が効を奏したようで、質疑応答の時間をやや超過してしまうほどに活発な討議が行われました。

    5-JICA.JPG
    JICAベトナム事務所の村上様とともに

    フィールドワークも、まずは順調な滑り出しを見せたようです。次回の「国際英語学科Today」では引き続き、フィールドワーク三番目の訪問先である、日越大学への訪問内容について、ご紹介いたします。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@