• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 現代文化学科
    5. 現代文化学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人文学部 現代文化学科

    人文学部 現代文化学科Today 一覧

    2012年
    10月30日

    日田市豆田町でのフィールドワーク <学生レポート>

    私達高岡ゼミは学外研修のため、大分県日田市を訪れました。豆田町と隈町を歩きながら調査しました。豆田町は観光地として有名で、観光客でとても賑わっていました。

    IMG_4103.JPG

    昼食は嶋屋で郷土料理を食べ、その後嶋屋の店主で、日田観光協会会長でもある石丸邦夫さんからお話を聞きました。日田を観光地にしていくために様々な工夫を丁寧に教えてくださいました。中でも特に印象に残っている話が二つあります。

    IMG_4145.JPG

    一点目は、人を巻き込んでいくためには「自分計画」を持つことが重要であるということです。石丸さんは自分の要望をただ発言するだけではなく、実際に自ら行動を移すことによって、地元の人々や行政の意識を変え、一緒に活動していくようになりました。観光地は個々の力だけではなく、地元の人々や行政など多くの人とのつながりによって成り立つのだと感じました。

    IMG_4154.JPG

    二点目は、「21世紀は3カン時代、環境・観光・そして感動」と提唱されていたことです。これからの観光に人々が求めるのは近代的なものではなく、郷愁(ノスタルジア)であると聞き、観光の形はどんどん変化してきているだと実感することが出来ました。石丸さんはこの変化にいち早く気付き、現在では「日田らしさ、懐かしさ」である童謡や唱歌が歌える地域づくりを提案していました。自分の感性を磨いていくことが、このような変化に気付くきっかけになるのではないかと考えました。また観光においてその土地の歴史や文化を知ることも非常に大事であるということを学びました。

    IMG_4137.JPG

    ただ単に観光地を歩いて回るだけでは知ることの出来なかった、その土地の人々の努力や思いなど、とても貴重なお話を聞くことが出来ました。これからの活動に活かしていきたいです。(3年松岡さん)

    ※現代文化学科facebookにも関連記事を掲載しています。
    http://www.facebook.com/#!/fukujogendai

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@