• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 入試情報
    3. 入試Q&A

    入試情報

    入試Q&A

    学部・学科について

    • 英語を勉強したいのですが、言語芸術学科、国際英語学科、国際キャリア学科、短期大学部英語科の違いは何でしょうか?

      人文学部言語芸術学科
      言語芸術作品(文学や映画)を題材に英語と英語圏文化を学びます。
      英文解釈が得意で、将来、教職課程(英語)も視野に入れて学びたいという方にお勧めします。
      国際キャリア学部国際英語学科
      英語を国際語として捉え、国際交流、英語教育、英語学の3分野を柱に専門知識を身につけます。将来、国際機関や組織で働きたい方、教師としてプロフェッショナルに英語を教えたい方、大学院でさらに英語を研究したい方に適した学科です。
      国際キャリア学部国際キャリア学科
      英語と国際ビジネスを融合した学科で、国際キャリア、異文化コミュニケーション、地域研究・国際協力の3分野を柱に専門知識を身につけます。将来、英語を使って国際ビジネスや国際協力など世界とつながる仕事で活躍したい方に適した学科です。
      短期大学部英語科
      専門性に富んだ4つのコースで短期的に集中して学び、専門的な英語力を身につけます。また英語を使いこなすうえで必要となる教養や、実践的な知識やスキルも合わせて身につけていきます。
    • 航空関係の就職を目指しているのですが、どの学部・学科が有利ですか?

      航空実務研究やエアライン講座といった授業科目が置かれている人文学部現代文化学科や短期大学部英語科は、航空関係の就職を目指している学生が多いことから、相応の実績があります。しかし高い英語力を身につけられる国際キャリア学部をはじめ、他の学部・学科からも就職しています。大切なのは、どのような学びから、どのようなオリジナリティある付加価値を自分に身につけるかです。学部・学科で有利不利はありません。
      ただし、絶対というわけではありませんが、TOEICで言えば550点~600点が最低でも必要な業界ですので、自分の現在の英語力も踏まえて、学部・学科を選ぶことは重要です。

    • 自分の所属とは違う学部学科の授業は受けられますか?

      他の学部・学科の授業を受講する制度はあります。
      この制度を活用し、新な知識を吸収し、視野を広げることができます。
      受講できる科目とできない科目がありますので、詳細はお問い合わせください。

    推薦入学試験(指定校)について

    • 推薦入試を希望しています。推薦入試制度について教えてください。

      本学の推薦入試には、指定校推薦入試と公募推薦入試があります。
      本学指定の高等学校には、7月上旬に学校長宛で指定校推薦依頼文書を送付していますので、出願資格等詳細は、高等学校の進路指導の先生に確認してください。(国際キャリア学部は指定校推薦入試は行いません)
      また、本学の出願資格を満たし、高等学校の推薦が受けられれば出願できる公募推薦入試があります。どちらの入試も合格した場合、確実に入学する方が対象の専願入試となります。

    • 推薦入試にあたってのアドバイスをしてください

      指定校推薦入試
      指定校推薦入試は、推薦書、調査書、面接により選考が行われます。
      事前に、大学案内や授業概要等を取り寄せたり、オープンキャンパス、ミニオープンキャンパスに参加するなどして、受験する学科のことを調べているという前提で面接が行われます。志望動機や将来の夢について等、質問に対して、自分の言葉で話すといったコミュニケーション能力が必要です。
      公募推薦入試
      公募推薦入試は、推薦書、調査書、面接、学科試験等により選考が行われます。学科試験は小論文、国語、英語の学科試験等、学科により異なります。入試要項にて確認してください。
      なお、国際キャリア学部では、面接は基本的に英語で行われます。自己紹介、志望動機、将来の目標などについて質問します。自分の考えを英語で表現でき、会話を続けることができる英検2級程度の英語運用能力が必要です。
      短期大学部英語科では、面接は英語で書かれた課題文の音読やその内容についての質疑応答も含まれます。

    • 推薦入試に特待生制度があると聞いたのですが、どのような制度ですか?

      推薦入学試験合格者を対象にした特待生制度があります。
      指定校推薦入試または公募推薦入試合格者の中から希望する方に、一般入学試験(前期日程)を受験していただきます(この際の検定料は無料です)。その中で各学部の成績優秀者を特待生とし、1年間の授業料を給付します。
      他に一般入学試験(前期日程)、大学入試センター試験利用入学試験(I期)の特待生制度もあります。
      なお、2年目からは前年の成績により選抜される特待生奨学金制度(授業料の半額を給付)があります。授業料は入試要項にて確認してください。

    • 指定校推薦入試の指定校枠はいつ分かりますか?

      毎年7月上旬に本学から各学校様に対して指定校推薦のお願いを行っております。従って、7月上旬になりましたら各学校の進路指導の先生にお尋ねください。

    推薦入学試験(指定校)について

    • コミュニケーション入試受験のために、まず何をしたらいいでしょうか?

      コミュニケーション入試の要は受験者と本学の相互理解を重視した点にあります。よって、受験前にオープンキャンパスや進学相談会等に参加し、受験する学科の特徴や試験内容について説明を受けて理解しておく必要があります。面接時の資料としてキャンパスライフ(教務・履修編)と授業概要(各学部別)を用いますので、事前に入手しておいてください。
      なお、次の学科を受験する場合は、追加調査シートが必要ですので注意してください。
      国際キャリア学部 国際英語学科・国際キャリア学科
      入試要項掲載の志望調査シートの他、追加調査シートとして国際キャリア学部独自の「コミュニケーション入試のための面接シート」の提出が必要となります。出願書類に同封してください。オープンキャンパス、進学相談会等で配付しています。インターネット出願画面からもダウンロードできます。
      人間関係学部心理学科
      入試要項掲載の志望調査シートの他、追加調査シートとして心理学科独自の「アピール面接調査シート」の提出が必要となります。出願書類に同封してください。オープンキャンパス、進学相談会等で配付しています。インターネット出願画面からもダウンロードできます。
    • コミュニケーション入試は、専願ですか?

      本学のコミュニケーション入試は専願です。

    • コミュニケーション入試は、I期~Ⅲ期までありますが、早い期で受験した方が有利ですか?

      期によって合格の基準が変わることはありません。

    • コミュニケーション入試で不合格となりました。
      その後のコミュニケーション入試を受験することは可能ですか?

      同一学科をコミュニケーション入試で再度受験することはできません(他の学科の受験は可能です)。
      なお、一般入学試験(前期日程・後期日程)、大学入試センター試験利用入学試験(I期~Ⅲ期)の出願は可能です。

    一般入試について

    大学入試センター試験利用入試について

    特別入試について

    • 社会人入試と一般入試は何が違うのでしょうか?

      社会人入試で受験した場合、長期履修生制度を利用できます。
      四年制大学の場合、通常4年かけて卒業するところを6年から8年(出願時の本人の申し出により決定)の在学期間で授業料も在学期間に応じて分割納入するという制度です。この制度を希望する方は、出願前に入試広報課にご相談ください。
      また、小論文や面接を活用する等して、受験者の特性を適切に見きわめています。
      短期大学部の場合、授業料を半額免除し、委託徴収金のうち後援会費は徴収しないという特典があります。

    編入学試験について

    大学院入試について

    入試全般について

    • 何点とれば合格できますか?
      またそれぞれの入試の倍率を教えてください。

      入試要項に入試結果の報告を載せていますので、参考にしてください。

    • 試験会場の下見はできますか?

      試験の前日13:00から17:00の間、下見ができます。ただし、試験場入口までとし、試験場の中には入れません。

    • 受験する入試の数だけ調査書(または成績証明書)や顔写真も必要ですか?

      一般入学試験(前期日程)または一般入学試験(後期日程)で併願する場合、または一般入学試験(前期日程)と大学入試センター試験利用入学試験(I期)を併願する場合など、同一の出願番号で出願した場合は、1つの受験出願用封筒につき、調査書(または成績証明書)、顔写真、大学入試センター試験成績請求票はそれぞれ1通(枚)で構いません。

    • 大学入試センター試験利用入学試験の併願は可能ですか?

      同じ期の入学試験に複数の学部・学科(例えば、国際キャリア学部国際英語学科と短期大学部英語科、人文学部現代文化学科と国際キャリア学部国際キャリア学科と短期大学部英語科、国際キャリア学部国際英語学科と国際キャリア学部国際キャリア学科など)を併願することは可能です。
      なお、人文学部は第2志望を設定することができるので、併願と第2志望を組み合わせて出願することも可能です。

    • 一般入学試験の選択科目を変更できますか?

      入学検定料を納入する前であれば変更できます。なお、入学検定料を納入後、志望内容の変更はできません、

    • 同一学科は、何度でも受験できますか?

      指定校推薦入試を除きどの入試でも何度でも受験できます。
      ただし、コミュニケーション入試は不合格だった場合、同一学科を再度受験することはできません。一般入試(前期・後期)、大学入試センター試験利用入試(Ⅰ~Ⅲ期)への出願は可能です。

    • 試験中、携帯電話は時計として利用できますか?

      携帯電話など電子機器類の電源を切るよう指示をしていますので、時計として利用はできません。時計が必要であれば腕時計を持参してください。その際、アラーム機能のついた時計については必ずアラームを解除して使用してください。

    • どのような服装で入試に臨めばいいでしょうか?

      指定はありません。また、上履きは必要ありません。

    • 合否発表はどのような形でされますか?

      指定校推薦入試は、受験者および出身学校長に合否に関する通知書類を郵送します。
      公募推薦入試・コミュニケーション入試・一般入試・センター試験利用入試は、大学構内に掲示するとともに、受験者および出身学校長に合否に関する通知書類を郵送します。
      ※電話による選考結果の問い合わせには、一切応じられません。

    • 試験を欠席しました。不合格通知は届くのでしょうか?

      欠席した場合は合否判定の対象外となるため、不合格通知は郵送されません。

    • 入試の成績は開示してもらえますか?

      入試当該年度の5月1日~3月31日に申し出があったものを対象としています。
      入試広報課で成績開示の手続きをおこなってください。

    • 合格から入学までの期間の納入金の手続きはどうしたらいいでしょうか。
      また、合格した後に入学を辞退した場合、入学時納入金は返還してもらえますか?

      合格通知を送付する際に、納入金に関する手続きの書類を同封しておりますので、ご確認ください。一旦納入した入学金は、事情のいかんにかかわらず返還できません。
      入学手続き完了後に入学を辞退する場合は、指定した期日までにその旨を入試広報課あてに電話で連絡してください。納入金返還手続きをした場合に限り、授業料等及び委託徴収金を返還します。

    • 紙の願書による出願はできますか?

      できません。本学は全てインターネット出願になります。

    • 併願と第2志望の違いはなんですか?

      併願とは同じ入試内で複数の出願をすることです。例えば、一般入試前期日程では、試験日が異なれば他学部との併願ができます。
      第2志望とは、一般入試と大学入試センター試験(人文学部のみ)において、同一学部内の違う学科を志願することです。なお、学部を超えた第2志望の設定はできません。

    • 第2志望は設定しておいた方がよいですか?

      設定しておいたほうがよいです。
      一般入試において、同一学部内の学科であれば、第2志望を設定することができます。大学入試センター試験では、人文学科のみ第2志望が設定できます。
      この場合入学検定料は変わらず、合格のチャンスを増やすことができるので、第2志望の設定をおすすめします。

    • 併願をする際、入学検定料はどうなりますか?

      併願割引制度があります。
      一般入試・大学入試センター試験を利用する際、2出願目から通常の検定料に10,000円を追加することで受験できます。

    • 特待生制度はありますか?

      あります。
      一般入試(前期):一般入学試験で成績上位各学科1名とし、授業料(大学725,000円・短期大学部686,000円/年間)を免除します。
      推薦入試合格者対象:一般入試(前期)を受験していただき(この際の検定料は無料)、その中で各学部の成績優秀者を特待生とし、授業料を免除します。
      大学入試センター試験利用(Ⅰ期):大学入試センター試験利用入学試験の成績上位各学科1名を特待生とし、授業料を免除します。

      2年次からは、前年の成績により選抜される成績優秀者特待生制度(授業料の半額を給付)があります。

    インターネット出願について

    • 出願書類宛名ラベルは友人のものをコピーして使ってもよいでしょうか?

      使わないでください。ご自身で入力した上で発行されるものを使ってください。印刷されるバーコードで個人を特定しており、友人のものを使うと、友人と認識されてしまいます。印刷環境がない場合は、宛名ラベルの内容(送付先・出願番号・氏名・本人連絡先住所)を封筒に転記してください。

    その他、入試に関するお問合せはすべて入試広報課までお問合せください。

    〒811-1313 福岡県福岡市南区曰佐3丁目42-1
    福岡女学院大学 入試広報課
    Tel:092-575-2970(直通)/ E-Mail:nyushi@fukujo.ac.jp

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@