• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 大学院
    4. 臨床心理学専攻
    5. 臨床心理学専攻Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    大学院 人文科学研究科 臨床心理学専攻

    大学院 臨床心理学専攻Today 一覧

    2018年
    10月31日

    ロールシャッハテスト研修会を行いました

     臨床心理士が対応する臨床現場は多領域であり、様々な援助技法が求められます。このような要請に対して本学大学院臨床心理専攻では、通常の授業や実習とは別に外部講師を招いて学ぶ「臨床研修会」を設定し、大学院生達の学びの機会を提供しています。

    今回は本学3期修了の先輩に事例発表を依頼し、指定討論者に外部講師を招いて、ロールシャッハテストについて学びました。ロールシャッハテストは複雑で分析が難しく習熟を要する検査です。しかし、研修会を通して投映法の奥深さについて多くの院生が興味を持ち、主体的に学ぶ意思を確認することができました。修士1年生は、後期から実際に検査者としての実習を行っており、今回の学びを実習に活かしていくことになります。
    また、現場で活躍する先輩の発表を聞き、10年後の自分達の成長した姿を具体的にイメージする機会にもなりました。一人の対象と誠実に向かい合い、その方の在り方を共に考え続ける先輩の姿は、院生達の良きモデルとなりました。本学臨床心理専攻は、開設16年目を迎え、現在170人以上の修了生を輩出しています。今回の研修会だけではなく、現場での実習指導、就職先の先輩としてなど、様々な場面で後進を育て、関わる関係を築いています。事例発表を引き受けてくれたHさん、貴重な機会をありがとうございました。

    shinri_181101.jpg

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE