• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 就職・進路
    3. キャリアサポート

    就職・進路

    キャリアサポート 企業の中で仕事の現場を体験することにより、働くことや身につけるべきことを学びます。

    キャリア開発教育センター

    本学学生が、生涯に渡り自らの資質を向上させ、社会的及び職業的自立を図るために必要な能力を、教育課程の実施及び厚生補導を通じて培うことができるよう、学院内組織間の有機的な連携を図り、教職員が協働する全学的なキャリア形成支援活動の研究、実施及び統括、産学官他の学外関係機関との連携推進に貢献することを目的として、キャリア開発教育センターを2015年4月より開設しました。

    キャリア開発教育センターの取り組み

    (1)キャリア形成支援に係る具体的施策の策定及び実施
    (2)キャリア教育に係る具体的施策の策定及び実施
    (3)キャリア関連科目のカリキュラム化及び単位化の立案
    (4)インターンシップ(企業開拓・選別、学生募集・選抜、単位化)
    (5)産学官他の学外関係機関との連携及びこれに係る補助金申請

    キャリアとは…
    キャリアとは、自分にとっての資産や財産、自分らしい生き方をするための積み重ねです。
    自分の人生を考える時に必要な、これまでの経験と仕事や生活をする上での個々の能力とも言えます。ですので、自分のキャリアを考える時に、これまでの経験の棚卸し=自分探しをすることが大切です。
    キャリア教育とは…
    今、「キャリア教育」「キャリアデザイン」といった言葉が注目されています。これは学生のみなさんが今、そして将来に渡って、自分の資質を向上させて、社会的にも職業的にも自立するために必要なものと言われています。経済産業省が、職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力として、「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」という3つの能力で構成される社会人基礎力を提唱しています。
    学生のみなさんには、入学後に低学年のうちから、いろいろな人と出会い、チームとして人と協働しながら、自分らしさについて考えてもらいたいと願っています。そして経験とともに教養も身につけ、社会で必要な力を身につけてもらうことで、いずれやってくる就職活動へとつなげてもらいたいのです。未来に投資する行動はキャリアを描いていく一歩となり、進路選択の幅を広げます。
    夢がある人にはそれが叶うように、今はなくても頑張る人には夢が与えられるように、「場」作りをキャリア開発教育センターは行っていきます。

    PBL(Project-Based Learning)キャリア教育

    大学が企業と一緒に創る課外授業  「私たちの未来プロジェクト」実施―証券会社が私たちにとって身近な存在になるために―

    進路就職課では、証券会社と連携して「課題解決型」の学習会を行い、学生たちが企業と共にプロジェクトを運営することで主体的に考え、成長する場を提供。テーマは『若者が証券会社で口座を作りたくなるポスターを作る』。考え抜くことで意識と行動を変え、チームワークを通じてリーダーシップを身につける。そうした経験を未来へ進む力にしたいと願い行いました。

     キャリア形成支援プログラム
    学生が目的を発見し達成するために、どのような学生生活を送るべきか、それを考え、行動する力を養うためのプログラム。卒業生や内定を勝ち取った学生が講師を務めます。
     日経就活スキルアップ講座
    ビジネスの世界で求められる能動的思考+行動を、日本経済新聞を教材に学ぶ特別講座です。新聞の読み方、情報収集と活用法に始まり、業界と会社の仕組みやキーワードを知ることで、その将来性を見極め会社選びをスムーズにしていくことができます。
     課題解決型学習会(金融業界PBL)
    企業と連携して与えられる側から与える側を経験することで社会人基礎力を養い、人間的な力を身につけます。2012年度は、金融業界をテーマに、自らそしてチームで課題を発見して解決、提案していきました。
     学内企業説明会
    さまざまな業種の採用担当者を迎え、説明会を実施しています。企業を知り、求める人材像や採用試験対策などを直接聞くことができます。
    カリキュラムに組み込まれたキャリア支援 就職活動に役立つ多彩な内容で、実践的にサポート
    航空実務研究イメージ
    航空実務研究
    さまざまな航空業務を理解した上で、マナーや質疑応答などの実践を重ね、面接試験の基本をマスター。自己分析や一般教養・英語対策なども行います。
    キャリア心理学イメージ
    キャリア心理学
    職業や組織の選択、就職後のキャリア形成、人生や仕事の転機など、過去から未来につながるキャリアに関する諸理論を学びます。
    幼稚園教育実習指導イメージ
    幼稚園教育実習指導
    幼稚園教育実習を円滑に実践できるよう必要な準備をしたり、実習後はその成果を振り返ることで、幼児教育者としての意欲を高めていきます。
    エアライン講座イメージ
    エアライン講座
    面接時のマナーや自己アピールなどについて、実践的な訓練を行います。航空業界だけでなく、一般企業受験者にも役立つ講座となっています。

    インターンシップ

    インターンシップは、在学中の正規の教育課程の一環として、自らの専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行うことです。実習期間中は、受け入れ企業などの一員として活躍します。インターンシップを通して、「自分は大学で何のために学ぶのか」を見つけ、将来の進路選定に役立て、残りの大学生活を有意義に過ごすことにつなげます。

    主なインターンシップ先
     大学
    福岡トヨタ自動車㈱高須店、特定非営利活動法人九州海外協力協会①博多事務所、挨拶の達人、㈱平山旅館、㈱ティーアンドイー①CM制作部門、㈱杉工場、ANAセールス㈱福岡支店、ワタベエンタープライズ株式会社(福岡山の上ホテル)、㈱千鳥饅頭総本舗、読売新聞西部本社、久留米市役所 総務部総務課、NPO法人九州プロレス、㈱アニメートエンタープライズ、のこのしまアイランドパーク、㈱ベスト電器、日本生命相互会社、北九州市役所 産業経済局雇用開発室、㈱カウテレビジョン、㈱イデックスオート・ジャパン 博多前店、NTT西日本(NTT西日本-九州) 福岡市、福岡ソフトバンクホークスマーケティング㈱、特定非営利活動法人うめづメンタルケアセンターフリースクールゆうゆう、㈱博多大丸、JTB九州、福岡市(アジアフォーカス)
     短大
    ㈱博多大丸、福岡空港ビルディング㈱、社団法人福岡中小企業経営者協会、福岡トヨタ自動車㈱、福岡日産自動車㈱、JR九州 福岡、JR九州 大分、JTB九州 福岡支店、JTBビジネスサポート九州、SMBC日興証券、㈱門司港ホテル、㈱平山旅館、エントリーサービスプロモーション㈱、ワタベエンタープライズ株式会社(福岡山の上ホテル)、ALISAスクール㈱、特定非営利活動法人九州海外協力協会①北九州事務所、福岡県赤十字センター、㈱博多大丸、㈱ミドリ印刷
    対象 大学 1年次~3年次
    短期大学部 1年次
    時期 夏季 8・9月
    冬季 2・3月
    インターンシップのフロー
    インターンシップの流れ
    インターンシップの実績
      夏季 春季 合計(人)
    2015年度 56 35 91
    2014年度 66 44 110
    2013年度 60 39 99
    2012年度 61 33 94
    2011年度 65 44 109
    2010年度 50 31 81
    2009年度 52 20 72
    2008年度 43 23 66
    2007年度 59 24 83
    2006年度 56 34 90
    2005年度 31 30 61

    体験者メッセージ

    学生写真

    人文学部 現代文化学科

    A.I さん

    (福岡県立香椎高等学校)

    株式会社西日本シティ銀行

    「今何をすべきか」を
    常に考えて行動する習慣は
    これからも大切にしたいです。

    大学で学んでいる観光やまちづくりに携わる企業で実際の現場を学びたいと思い、観光交流事業や施設開発支援など幅広い事業を手がけるイデアパートナーズを選びました。心がけていたのは、できることはなんでもやって視野を広げることです。知らないことだらけなので、好奇心旺盛に話を聞くことができましたが、日頃から新聞を読んでもっと言葉を知っておくべきだったと痛感しました。この体験のおかげで、常に何を目的にその場にいるのかを考え、行動できるようになり、その後のゼミやサークル活動、就職活動にもいかしています。後輩のみなさんにも、ぜひインターンシップで社会に飛び込んでみることをおすすめします。積極的に関わり、関心を持つことで、新しい自分を発見できたり、大きく成長するきっかけに出会えたりすると思います。

    学生写真

    人間関係学部 心理学科

    M.F さん

    (福岡県那珂川町立福岡女子商業高等学校)

    福岡市NPO・ボランティア交流センターあすみん

    「仕事の楽しさややりがいを
    生み出すのは自分次第」という
    大事なことに気づけました。

    コールセンターでアルバイトをしているので、直接お客様と接する仕事を体験してみたいと思っていました。また車という高価なものを販売するにあたり、お客様とどのように接しているのか近くで見てみたかったのが、このインターンシップ先を選んだ理由です。仕事内容はお茶出し、掃除、キッズルームの模様替えからホームページ更新、DM作成までさまざまでした。どの仕事も「一社員である」という意識をもって仕事に取り組むよう心がけました。店長に「車が売れない時はキツいけど、どうやったら売れるか考えることも楽しみ」と聞いて、「仕事を楽しいものにするのも、キツいものにするのも自分次第」と再認識できました。知らない世界を知ることは楽しいです。たくさんの気づきのきっかけになると思います。

    学生写真

    短期大学部 英語科

    M.A さん

    (大分県立臼杵高等学校)

    サンデン交通株式会社 航空事業部 山口宇部空港

    出発前の空港では
    「丁寧に素早く」が鉄則。
    責任ある仕事を経験しました。

    空港でのお客様への接客の仕方や空港業務について学びたいと思いインターンシップに参加しました。私が担当したのは空港内のJTBカウンターでの海外旅行ツアーのお客様対応です。パスポートチェック、航空券控えのお渡し、機内持ち込みできないものの案内などが主な仕事です。行き先の国によってビザの要不要、パスポートの残存期限などが異なるので、すべて覚えておかなければならないので大変です。いちばん気を配っていたのは時間管理です。出発前は急いでいらっしゃるお客様も多く、丁寧にわかりやすく、かつ素早く対応するよう心がけました。また、お客様がお困りのことにいち早く気づき、声をかけるようにしたのも私なりのこだわりです。内定先も福岡空港勤務の会社なので、インターンシップで得た経験や知識を大いに発揮したいと思います。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE