学科 Today

  1. HOME
  2. 学科 Today
  3. 国際キャリア学部
  4. 国際キャリア学科
  5. 女性が世界を舞台に活躍する

2013.11.06

国際キャリア学科

女性が世界を舞台に活躍する

kc_hed3.gif

女性が世界を舞台に活躍する



国際キャリア学部創設記念として11月2日(土)に、『女性が世界を舞台に活躍する』と題して、国際キャリアセミナー(於:電気ビル共創館)が行われました。
久保田勇夫氏(西日本シティ銀行頭取)と川端清隆教授による基調講演と、倉田浩美氏(コーチ・ジャパン合同会社マーケティング部シニアVP、本学短大卒)を加えて行われたパネルディスカッション(モデレーター:細川博文教授)から、高校生の皆さんに是非お伝えしたい大切なメッセージをいくつか拾ってみました。


【川端清隆教授】

■グローバル社会の今、性別を問わず実力さえあれば自由に職業を選べる可能性は
 無限に広がった。
■国際化の中、国際語である英語の習得は必須だが、「何を伝え」「何をなすのか」、
 4年間で国際交流の本質を学ぶことが必要だ。


【久保田勇夫氏】

■「国際社会で活躍するためにはどうすべきか」は「日本で活躍するためにどうすべきか」
 と同義語に近い。
■国際化社会で活躍する人の要件は、
 1)自己が確立している
 2)自分の国(日本)のことを良く知っている
 3)自分の専門分野で優れている
 4)英語が使える
 の4つである。


【倉田浩美氏】

■外資系の会社は新卒を雇わないため、在学中にインターンシップなどの実務経験を
 積むことが大切だ。
■ビジネスの世界では、英語ができればアジアやヨーロッパでも仕事ができる。
 例えば、ルイヴィトンでは本社のフランスでも公用語は英語である。
■「夢は叶う、一生懸命が大切!」


最後の倉田さんの言葉は、これから世界へと飛び出そうとする皆さんに送られた熱いエールでもあります。どうぞその日を夢見て、「今日の努力」を続けて下さい。

 
ICD(国際キャリア学科)は将来グローバルなシーンで活躍したいという皆さんが、
英語の実践的スキルを身につけ、専門的な知識を学び、行動力と思考力を鍛えていく
お手伝いをします。