• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 短期大学部
    4. 英語科
    5. 英語科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    短期大学部 英語科

    短期大学部 英語科Today 一覧

    2020年
    03月24日

    卒業生の皆さんへ

    2019年度卒業生の皆さん
    ご卒業、おめでとうございます。
     
     3月12日に卒業式が行われました。
    皆さんの健康を最優先にし、感染のリスクを軽減させるため、代表生が卒業証書を受け取るスタイルに縮小して式が執り行われました。教職員一同、皆さんの卒業を盛大にお祝いしたかったのは言うまでもありません・・・。
     
     短大には長い伝統があります。その一つが、卒業式での英語のスピーチです。今年も、卒業生代表のR.T.さんと在学生代表のN.F.さんは、皆さんの前で披露できることを信じて、最後まで練習していましたが、残念ながら叶いませんでした。そこで、このブログで、紹介したいと思います。
     
    卒業生代表スピーチ・・・
     It has been two years since we entered this school. Finally, today is the day we will graduate. How was your college life, everyone? Do you think you are different from two years ago? I think every single person spent two lovely years here filled with lots of wonderful memories. We could have a great time in a very comfortable place thanks to our families, friends, teachers and staff members. We would like to express our great appreciation for your support.
    Throughout our college lives, we had many opportunities to make our experiences more interesting and wonderful. In April of our first year, we had our orientation in Karatsu. It was the first time for us to get to know each other. Although now we are all close friends, you might have had different impressions at that time. We also had an unforgettable class. It was the Ogasawara class. In that class, we learned how to put on “yukata” by ourselves and manners to adapt to society. In our 2nd year, we had a great opportunity to think back on what we gained and how much we developed by joining the speech contest. The theme of the contest was “Jo Gakuin’s Impact on Me”. This experience gave me confidence to express my feelings in front of many people. Thanks to Jo Gakuin, we could experience lots of precious things that money can’t buy.
    From now on, we are going to turn a new page in our long lives. This is just a beginning, not a sad farewell. Therefore, I want to say, “See you again!” instead of saying, “Good-bye”. I am sure that someday we can meet again.
    Before I end this speech, I would like to share some words from a book. “Life is C (Choice) between B (Birth) and D (Death).” There are no perfect answers in our lives. All your choices will be right if you take ownership for them. No matter what, believe in and keep challenging yourselves for whatever you want. Let’s make our plain white pages turn into colorful pages not only with successes, but also with valuable learning experiences.
    Thank you and congratulations on your graduation.
     
    Representing the Class of 2020,
    R. T.
     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    在校生代表スピーチ・・・
    The severe cold of winter has eased, and the warmth of spring has gradually been felt. Congratulations on your graduation today. I feel lonely with an incredible feeling that your graduation ceremony will end soon.
        Two years ago, you all must have entered Fukuoka Jo Gakuin Junior College with great hope and dreams for your college life. Were you able to become the future self from that time? I think that the two years since you entered this school was very important to you.
        As we think about the other side of the world, in 2018, we had the Pyeongchang Olympics and Japanese athletes won 13 medals which was the most medals we had ever won in the Winter Olympics. In addition, the Hidden Christians in Nagasaki and Amakusa regions were declared as World Heritage.
        In 2019, starting from a new era, Reiwa, in the autumn there was the Rugby World Cup, and Japan reached the best 8 and shocked the world.
        Now that you have hopes and dreams in your heart and want to fly into a new world, please continue to use what you have learned at our school without losing your hopes and dreams. Even if you find employment, go on to higher education, and the environment is different, I think that a strong bond has been made among you second-year students by spending time together at our school.
    We current students, will continue to work hard to protect and inherit the wonderful traditions of our school, which you all have helped build, and live our student lives without regrets.
        Globalization has progressed now, and the Tokyo Olympics will be held this year. Our world has evolved into an era of internationalization. For this reason, there will be more opportunities to play an active role in the world. I sincerely pray for your health and success. Once again, congratulations on your graduation today.
     
    Representing the class of 2021,
    N. F.
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    これから皆さんの多くは、社会人の一員となります。
    いつでも母校である福岡女学院大学短期大学部に
    遊びに来てください。
     
    笑顔を忘れず、
    感謝の気持ちをもって、
    人との絆を大切に生きてください。
     
     
     

    2020年
    02月10日

    JAL羽田研修

    2020年1月末、JAL羽田研修が行われました。
     tan200210_1.jpg

    tan200210_2.jpg

    以下、参加した学生の感想です。

    (S.K.さん)
    今回、私は工場見学やブリーフィング、訓練の様子に対して興味があったので参加させていただきました。工場見学では飛行機がどうやって飛んでいるのか、どこに燃料を蓄えているかなど、飛行機についてはじめて知ることばかりでとてもためになりました。
    それから、パイロットさん、CAさんのブリーフィングも見学させていただきました。特に驚いたのが、パイロットさんのブリーフィングで使用するデスクトップ画面を見ると英語ばかりだったことです。管制官とのやりとりは英語だということは知っていましたが、まさか機長と副操縦士の確認の時にも英語に触れているとは思いもしませんでした。
    また、CAさんに関して、ドリンクサービスの際に腰に結構な負荷がかかっているということに驚きました。一見、重たくなさそうですが、実際は飛行機が少し前後傾いて進行しているので腰にとても負荷がかかると聞いて、重たくないように見せているのはお客様への心遣いだな、素敵だな、と思いました。
    CAさんに関しては避難訓練も見学させていただきました。普段、飛行機にのっていても何か緊急事態が起きないかぎり見ることのない避難の際のCAさんの姿を見て、いつも飛行機に乗った時の華やかさとは裏腹に緊張感のあるなと思いました。確かに人の命を乗せて飛んでいるので、しっかり緊張感のある訓練をすることはとても大事だなと思いました。
    最後になりますが、パイロットさん、CAさんだけではなくさまざまなJALで働いていらっしゃる方のお仕事を見学させていただきました。ひとつの飛行機を飛ばす為にたくさんの方が関わっていることを知れました。その人数は私が予想していた以上でした。本当に貴重な経験をさせて頂きました。ありがとうございます。
    これからもたくさん飛行機に乗ると思いますので、その際に研修で教えていただいたことなどを思い出しながら、空の旅を楽しみたいと思います。本当にありがとうございました。

    (M.I.さん)
    先日は貴重なお時間をいただき本当にありがとうございました。
    まさに飛行機の運行を支える司令塔と言うべきであるオペレーションコントロールセンターでの見学は、客室乗務員を目標としている私には鳥肌の立つような現場でした。24時間体制で管理を実施され、あらゆるトラブルを迅速に判断し行動し円滑な航空機の運用を行なっているということを知り、飛行機一つ飛ばすには、たくさんの人の支えがあると改めて感じることが出来ました。
    客室乗務員の方のブリーフィングを間近で見学し、普段は笑顔が素敵な方々ですが、その時は客室内での安全は客室乗務員にゆだねられていると感じさせる真剣さが表情で伝わってきました。現役の客室乗務員の方が毎年必ず受けている訓練を見て、世間では飛行機での事故はほとんどないと言われていても「いつ、どんな時」に備えてお客様の安全を第一に考え全力で取り組んでいる姿にとても感銘を受けました。
    一つの飛行機を飛ばすためには私達が見えている範囲の人の手だけでなく裏側で支えてくださっている人の手もあり安全に目的地までお客様を運ぶことが出来ているということ、そしてこの見学を通して社内が一体となる強さを感じました。
    私は2種類の顔を持つ客室乗務員という仕事を憧れから目標に変えることが出来た1日でした。
    このたびは貴重なお時間をいただき、本当にありがとうございました。


    2019年
    12月04日

    第三回Speech Contest開催!

    11月26日(火曜日)、第三回学長杯スピーチコンテストが行われました。
    tan191204_1.jpg

    今年のテーマは、昨年に引き続き “Jo Gakuin’s Impact on Me”
    出場者は7名。それぞれが福岡女学院短期大学部での学び、出会い、経験を振り返りました。

     
    優勝は、R.C.さん。
    tan191204_2.jpg
    (コメント)
    このスピーチコンテストに参加するかどうか、最初はとても迷いました。しかし、参加すると決めてからは"勝ち"にこだわって先生方のご指導の元練習に取り組みました。授業後に1~2時間の練習を繰り返し、自分も満足する結果になりとても良い経験になりました。
    このスピーチを機に留学や、新しいことへの挑戦に前向きに考えてくれる人が少しでも増えたら嬉しいです。
    そして自分自身がより英語を話すことが好きだと実感し、更なる向上心へと繋がりました。
    貴重な体験ができ本当によかったです。

     
    準優勝は、R.T.さん。
    tan191204_3.jpg
    (コメント)
    私は、大勢の前で話すのが好きではなく、スピーチコンテストに出ない?と先生方に言われても頑なに首を横に振っていました。ですが、2年間過ごした中で経験できた事を誰かに伝えるのも良いんじゃない?と言われ、参加を決意しました。本番まであまり満足が行くほど準備ができず不安でしたし、みんなのスピーチが素敵でまさか自分が準優勝するなんて思ってもいませんでした。参加するまではあんなに嫌だったのに、今となっては短大生活の大切な思い出のひとつになりました。 背中を押し、たくさん助けてくださった先生方や、暖かい言葉をたくさんかけてくれた友達に感謝の気持ちでいっぱいです!

     
    3位は、K.S.さん。
    tan191204_4.jpg
    (コメント)
    今回のスピーチコンテストは私にとって1年の朗読コンテストに続き2回目のコンテストでした。前回は2位だったので今回こそは優勝しか頭に無かったです。日本語の添削から先生にみてもらい、英語の添削はネイティブと日本人の先生両方にしてもらいました。文章もですが、スピーチ する事が大事なので出来るだけ相手に話す、相手に伝えるという事を大事にしながら練習しました。本番では緊張して練習のようにいかなかったのが悔しかったですがスピーチコンテストに出場出来たこと、みんなの前でスピーチできた事に喜びを感じました。
    添削や練習に付き合って下さった先生方、応援してくれた友人達に感謝します。ありがとうございました。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    最後にBrajcich先生から一言です。
    It was a true pleasure to listen to all of the speakers again this year at our annual speech contest. All of the contestants did a great job and it was inspiring to hear how our school has impacted their lives. Congratulations to everyone on a wonderful effort!!

    2019年
    10月23日

    卒業生の活躍②:JALスカイ九州(旅客部)

    現在、JALスカイ九州旅客部でグラウンド・スタッフとして活躍しているK.T.さんが、「キャリア・デザイン」の授業で話をしてくださいました。

    tan191023.png

    K.T.さんが短大を卒業してから、3年が経とうとしています。現在の仕事での出会いやグラウンド・スタッフの仕事に求められるものなど、様々な話をわかりやすくしてくれました。また、短大時代の経験や、就職活動についてのアドバイスなども聞くことができました。授業を受けた学生は、とても刺激になったようです。

    2019年
    10月03日

    旅程管理主任者実務研修が行われました:クロアチア、イタリア編

    2019年、夏期休暇中に旅程管理海外実務研修が行われました。今年は、クロアチア・イタリアに研修に行きました。

    tan191003_1.jpg

    tan191003_2.jpg

    以下、学生のコメントです。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    2019年度 旅程管理海外実務研修(8/25~9/1)クロアチア・イタリア
    (M.Nさんの感想)
    私は実務研修に参加して本当に良かったと思っています。海外旅行、ツアーコンダクター、ガイドどれも私が憧れて華やかな想像しかしていなかったものです。今回が初めての海外だったのですが、まず準備から海外に行くには様々なものが必要になります。簡単に行けるものではないのだと衝撃を受けました。空港でもゲートを通るとか単純なものではなく、手荷物検査・入国審査があり、たくさんのことを済ませる必要があります。行くまでに知らなかったことが多すぎて、たくさん迷ったり困ったりしましたが、新鮮な体験ができて、本当に良かったです。やはり経験しなければ頭に残らないし、ネットではわからないことがあります。貴重で価値のある経験ができました。ツアーコンダクターという職業はこの研修に参加する前と後でイメージががらっと変わりました。どんなに華やかな職業でも裏にはやはり努力があって、こなさなければならない作業が山ほどあって楽な仕事なんてないんだと身をもって思い知らされました。旅行に関する基本的な知識、現地のこと、トラブルの対応、お客様のことなどマルチな知識が必要不可欠な職業だと思います。現地のガイドさんの仕事ぶりは私の印象に強く残っています。特にドブロブニクの現地ガイドさん。日本語が本当に上手で現地の知識も豊富でした。でも何よりも良かったのが、お客様に寄り添おうとする姿勢です。コミュニケーションをたくさん取ろうとしてくれましたし、お仕事もきっちりこなした上で、仕事をしていると感じさせないくらい丁寧に最後の最後まで気を配ってくださいました。お客様にとってはその旅が一生に一度のものになるかもしれないから、最高のおもてなしを毎回心がけることが一番大切なんだと気づかされました。また、ロンドンのガイドさんも印象に残っています。仕事としてロンドンのことをたくさん知っているのは当然ですが、自分で見て感じて体験したことを踏まえてお客様に最高の情報をお伝えしようという姿勢が伝わってきました。
    自分で業務をしてみて、たくさんの人と環境と関わって、プロの仕事人の方々を間近で見て、本当に自分の刺激となり、貴重な体験ができ、これからの活力になると強く感じています。今回学んだことをアウトプットまで持っていけるように日々の努力を続けていきます。貴重な体験、関わってくださったすべての方々に感謝です。
    旅行って本当にすばらしい!!!

    (S.S.さんの感想)
     今回の研修でドブロブニクに着いてからホテルの夕食までを担当しました。人数確認や現地アシスタントさんとの打合せ、身の回りの所持品の確認を忘れていて、旅程管理者としての自覚や責任感の無さを痛感しました。でもホテルの使い方を明確にすばやく伝えたり、夕食の時にスタッフさんとコミュニケーションを取ったり、バスからスーツケースを降ろす時に手伝ったりなど、良くできたところもありました。
    実務を経験して、ホテルの使い方の確認や、夕食のアポの取り方は確認する内容が多く細かいので正確に聞き取って伝えるのが難しかった。またお客様の命をお預かりしてリードする責任の重みを身をもって感じることができました。JTBロンドン支店訪問では添乗員だけでなく、旅行に関する仕事が他にもたくさんあるということを知り、ツアーの企画やアウトバウンドの対応などにも興味を持つことができ、ますます旅行の仕事について知りたいと思える良い機会になりました。2日間のロンドンで地下鉄を使っていろいろなところへ行くのがとても楽しかったです。地下鉄がとてもわかり易く、初めてでしたがすぐ乗れるようになり、もっといろいろなところへ行ってみたかったです。またベニスの景色はとてもきれいで、移動のフェリーでの景色は衝撃的でした。8日間お天気にも恵まれ、とても充実していました。そしてとても良い体験ができました。

    カテゴリー

    バックナンバー

    2020年
    2019年
    2018年
    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@