• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    短期大学部

    短期大学部Today 一覧

    2015年
    04月10日

    唐津一泊研修

    4月6日~7日、唐津で一泊研修が行われました。
    tan_20150410_01.jpg

    短大生となって最初の集団活動。
    1. みんなで昼食
    tan_20150410_02.jpg

    2. 履修指導(時間割の作り方)
    tan_20150410_03.jpg

    3. 英語で自己紹介
    tan_20150410_04.jpg

    4. ミッションダンス!
    tan_20150410_05.jpg

    ■おまけ■
    5. 2年生スタッフ、頑張りました。
    tan_20150410_06.jpg

    来週から授業が始まります。
    遅くまで語り明かした新しい友達と、一緒に頑張っていきましょう。

    2015年
    04月03日

    第52回入学式(短期大学部)

    新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。

    前日の雨から一転、好天に恵まれた入学式。新入生を歓迎するかのように、学院の桜も満開です。

    4月2日、第52回入学式が執り行われました。
    tan_20150403_02.jpg
    学長、院長、理事長それぞれから、キリスト教の持つ普遍的な精神を学び、実りある短大生活を過ごしてほしいと祝辞をいただきました。
    tan_20150403_03.jpg tan_20150403_04.jpg

    早速、新入生オリエンテーションが始まります。
    夢に向かって、頑張りましょう。
    tan_20150403_05.gif

    2015年
    03月17日

    第50回卒業式

    3/11~3/13にかけて、卒業関連行事(卒業礼拝・卒業式・卒業パーティ)が行われました。
    tan_20150317_01.jpg
    礼拝では、徐先生から「勇気を持って行動して欲しい」と、式では、学長の木ノ脇先生から「つながりを大事にし、寛容になってください」と、卒業生のためにそれぞれ心のこもった言葉をくださいました。
    tan_20150317_02.jpg
    パーティでは、唐津のオリエンテーションで踊った恒例のミッションダンスを踊りました。
    tan_20150317_03.jpg

    さあ、いよいよ社会人として、あるいは大学生として、新たなスタートを切ります。後悔しないように、新しいことに勇気を持ってチャレンジして、いつでも母校に元気な姿を見せに帰ってきてくださいね。
    教職員一同、皆さんの活躍を心より願っています。
     
    「いってらっしゃい。」

    2015年
    03月13日

    TOEIC900点突破!:短大生のTOEIC®(IP)結果

    短大では、2年間の学びの中で、TOEIC®(IP)テストを一斉に行い、学生の習熟度を測っています。
    今年は、2年生のR.Yさんが900点を突破して最高点を獲得しました。そこで、学習方法や「こつ」について、R.Yさんにインタヴューを行いましたので、紹介したいと思います。
    tan_20150313_01.jpg

    1: 短大で一番思い出に残っていることは何ですか?

        ―友達と過ごした時間です。

    2: 短大を卒業するまでに頑張ったことは何ですか?

        ―留学です。
    (彼女はカナダのトロントで1年間、認定留学生として過ごしています。留学先の語学学校では、インターンシップにも参加したそうです。)

    3: TOEICのスコアを伸ばすために何が役に立ちましたか?

        ―外国人の友達を作ること
        ―英語の小説を読むこと

    4: 誰にでもできるちょっとした学習法はありますか?

    ―毎日の生活で何気なく思ったこと、感じたことを「英語」に変換して、できるだけ頭の中を英語で支配してみること(?!)



    彼女は、1年生の段階では、725点でした。留学後、885点、そして、短大終了時点で、念願の(?)900点を突破したということです。彼女はこれまで、留学を希望する1年生のサポートをしたり、 English Loungeの活動に積極的に参加してイベントを盛り上げてくれました。
    今後は、海外のクルーズ船のアテンダントとして採用が決まっているので、近いうちに乗船するということ。持ち前の元気と好奇心の強さ、粘り強さを生かして活躍することを期待しています。

    さて、新1年生ですが…
    今年の1年生では、なんと!M.Kさんの800点が最高でした。実は彼女も認定留学生として、4月から1年間短大を離れます。また、それ以外にも今年は、約10名弱の学生が1年間の留学予定です。成長が楽しみです。

    いよいよ再来週から2015年度に向けて、履修登録。
    英語はもちろん、就職に向けて、人としてもっともっと成長していける年にしましょう。

    2014年
    12月26日

    Lounge活動:お礼!

    今年も残りわずかとなりました!English Loungeよりお礼の挨拶です。
    Loungeの活動に理解を示し、参加してくれた皆さん、支えてくれたスタッフ皆さん、本当にありがとうございました。

    11月は三週にわたって、短大2年生の留学(交換留学・短期海外語学研修支援金制度による留学)の発表報告会が行われました。
    tan_20141213_01.jpg
    初回は、カナダのヴィクトリアに行ってイギリスの文化を研究したR.T.さん。
    第二回は、アメリカのワシントンD.C.でキング牧師とリンカーン大統領の軌跡をたどったE.M.さん。
    そして、最終は短大と提携しているアクィナスカレッジに交換留学を果たしたR.N.さん。
    それぞれに貴重な体験をしてきたようです。

    また、様々なスウィーツ(饅頭やドーナツなど)の販売、One Day Caféが開催されました。売上はすべて、カナエールに寄付されます。

    そして、2014年度を締めくくる「イベント」として、にこスマ九州(小児がん経験者を支援する団体)のご協力のもと、クリスマスライブコンサートが行われました。
    tan_20141226_01.jpg
    tan_20141226_02.jpg

    来年1月の授業開始とともに、Loungeは利用可能です。
    これからもより多くの学生に利用していただけるように、様々なイベントを開催していきたいと思います。
    ご協力いただいた皆様、本当に、ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

    2014年
    11月27日

    第15回学長杯朗読コンテスト(2年生の部)開催

    11月25日、第15回学長杯朗読コンテスト(2年生の部)が行われました。
    朗読のピースは、キング牧師の “I Have a Dream”。多数の参加者の中から、7人に絞られて、コンテストが開催されました。
    tan_20141127_01.jpg
    皆、とても緊張していましたが、それぞれに個性があり、堂々としていて、力強い朗読でした。
    優勝は…
     

    昨年に引き続き、M.T.さん。おめでとうございます!

    tan_20141127_02.jpg

    2位も、昨年に引き続きH.E.さん。おめでとうございます!

    tan_20141127_03.jpg

    二年連続、1位と2位が同じであるのは、とても珍しいことです。二人の差は、それも「僅差」でした。
    実は、昨年の6月のブログを見られた方はご存じの通り、二人は高校時代からコンテストに参加しているほどの腕前。上手なのも頷けます。
     
     

    そして、3位は、Y.H.さん。

    tan_20141127_04.jpg

    Y.H.さんは、ニュージーランドに留学した経験を持っています。


    コンテスト後、M.T.さんに感想を聞いてみました。

    ―どこに注意して練習しましたか?
     声の抑揚やトーンに気を付けて、表現力をつけるようにしました。

    ―二連覇の感想は?
     スカッとしました!

    ―旅行券の使い道は?
     今年は、自分で使います!(昨年は両親にプレゼントされています)


    参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました。きっと、人前で発表した今回の経験は、大きな財産になることでしょう。
    さあ、二年生のみなさん、いよいよ卒業に向けて、ラストスパートです。英語力に磨きをかけて、集大成を!

    2014年
    11月19日

    第41回グレープカップ・コンテスト開催!

    11月15日に第41回グレープカップ・コンテストが行われました。
    tan_20141119_02.jpg
    九州各県から23名の高校生が参加してくださいました。
    今年のピースは、アンデルセンの “The Teapot”。長くて難しいピースでしたが、よく覚えて、発表してくださいました。
    今年は短期大学開学50周年にあたる記念コンテスト、結果は以下の通りです。
    tan_20141119_03.jpg
    【優勝】
    福岡女学院高校

    【Good Speaker賞】
    西南女学院高校・修猷館高校


    おめでとうございます。

    残念ながら賞を得られなかった方々もよく練習され、素晴らしいものでした。大きな会場で、人前で発表し、大きな自信に繋がったのではないでしょうか。
    本当にありがとうございました。
    また来年、たくさんの高校生の参加をお待ちしています。

    グレープカップ・コンテストには、短期大学部の学生がスタッフとして運営に関わっています。
    tan_20141119_04.jpg
    tan_20141119_05.jpg
    tan_20141119_06.jpg

    2014年
    11月07日

    Halloween Party!

    10月30日、新しくなったEnglish LoungeでHalloween Party が行われました!
    みんな、それぞれのコスチュームに身を包み、パーティに来てくれましたよ。
    tan_20141107_02.jpg
    tan_20141107_03.jpg
    パーティではたくさんのゲームに盛り上がりました。
    tan_20141107_04.jpg
    ビンゴゲーム
    tan_20141107_05.jpg
    宝探しゲーム
    tan_20141107_06.jpg
    じゃんけん大会

    準備をしてくれたスタッフのみなさん、司会進行をしてくれたスタッフのみなさん、ありがとうございました。
    次回は、Thanksgiving Dayにちなんだパーティを開催する予定です。たくさんの方々のお越しをお待ちしています。

    2014年
    10月31日

    短大の先に…第二弾:イギリスに在住

    さて今回は、前回に引き続き「短大からどのような未来があるのかを考える」ということで、第二弾 現在スコットランドに在住の卒業生、南条陽子さんのインタヴューを紹介したいと思います。

    南条さんは、短期大学部英語科を15年前に卒業後、福岡のホテルに就職され、その後イギリスに留学し、イギリスのホテルに勤められました。そのホテルではフロント長として活躍され、現在はイギリスの別の会社でご活躍中です。

    インタヴューの音声は、言語芸術学科のカエデさんが配信しているネットラジオブログ、「極めつけ航海」という番組で配信されたものです。南条さんが今、英語を使ってどのような仕事をされているのか、短大時代にどのような学生生活を送られたのか、どのような勉強をされたのか…ぜひ、聞いてみてください。

    (約11分)
    プレーヤーが表示されない方はこちら

    2014年
    10月27日

    短大の先に…第一弾:山口宇部空港でインターンシップ

    先週末、葡萄祭が行われましたが、お天気に恵まれ、大盛況でした。来てくれた皆様、楽しんでいただけましたか。
    さて、今回は、短大からどのような未来があるのかを考える、ということで、まずは第一弾として、夏にインターンシップを経験したS.N.さんのコメントを紹介したいと思います。彼女は、山口県の宇部空港に5日間、研修に行きました。
     

    tan_20141027_01.jpg私はこの夏、地元山口県のサンデン交通株式会社航空事業部さんに5日間インターンシップに行かせてもらいました。
    インターンシップでは、山口宇部空港のロビーサービス業務、手荷物受託業務、到着・ゲート業務、運行支援業務、貨物業務などを見学させてもらいました。グランドスタッフの業務は、私が想像していたものとは全く異なり、外からは華々しく見える職種ですがとてもハードなものでした。グランドスタッフはお客様相手の仕事なので、マニュアル通りにいかないときは自分の判断で臨機応変に行動しなければなりません。外国人のお客様の対応をしたり、急な予約やキャンセルをしたり、車いすのお客様の手伝いをしたり、お客様が空港内に忘れた荷物を機内まで持ち込んだりと日々様々なことがありました。飛行機が出発した後も、次の便の確認をしたり事務作業をしたりと常に忙しかったです。

    そして私がこの5日間で最も印象に残ったのは、どの業務でも“気付く”という事がすごく大切だということです。それはお客様に限らず、同じ職場の皆様に対しても同様でした。さりげなく混んでいるカウンターを手伝ったり、困っていらっしゃるお客様に声掛けをしたりと、この職場では本当に「気遣いができる人」が必要だと思いました。実際皆スタッフの方々の話を聞いてみても「気付くことのできる人がこの職場に向いている」と教えて頂きました。そのように皆が意識して行動されているからこそ、飛行機が安全に定刻に出発することができるのだと思いました。

    インターンシップ中の5日間で、多くの方と話をさせていただきました。仕事の魅力や、やりがい、大変なことなど実際に働いていらっしゃる方ではないと分からないことを聞くことができました。たくさんの質問に答えてくださり本当に嬉しかったです。また、スタッフの方々の就職活動のときの話も聞くことができ大変参考になりました。今回学んだことを、今後の学校生活や就職活動に生かしたいと思います。5日間という大変短い期間でしたが、本当に毎日が楽しかったです。
     

    短大では、夏休み、そして、春休みに様々な企業のインターンシップに参加することができます。
    授業の単位として認定もされます。自分の将来を見つめるよい機会になるのではないでしょうか。
    まだ、経験していない方、チャレンジしてみませんか。

    2014年
    10月20日

    アメリカ語学研修報告

    後期が始まり、早いもので一か月が過ぎようとしています。夏休みにインターンシップをしたり、留学したり、様々な経験を積んで帰ってきた学生たち。
    今回は、アメリカに語学研修に参加した学生、S.Oさんにレポートをしてもらいました。
     
    tan_20141020_01.jpg
    8月28日から9月14日までの18日間、私はアメリカ語学研修に参加しました。当初イギリスとアメリカの語学研修どちらに参加するか迷っていたのですが、アメリカ語学研修のメインプログラムであるサンディエゴ国際空港への訪問に惹かれた点と、ホームステイをすることで直の英語に触れる機会が多いと言う点から、アメリカ語学研修に参加することに決めました。

    ホームステイ先のホストファミリーと各自合流し、伝えたい英語を必死で伝えようと努力しましたが、中々伝わらなくてもどかしかったのですが、それを理解しようと努めてくれるホストファミリー達の姿に初日から感動したのを今でも覚えています。美味しい料理を沢山作ってくれ、夜には沢山お話しし、休日には色々な場所に連れて行ってくれました。
    毎日が刺激的で本当の家族の様でした。
    tan_20141020_02.jpg
    平日の午前中は大学で授業を受けました。アメリカに留学に来ている外人と一緒に授業を受ける、と言うものが何度かあったのですが、やる気に満ちた姿勢と発言から圧倒されたのを今でも覚えています。
    tan_20141020_03.jpg
    メインプログラムであるサンディエゴ国際空港への訪問は、本当に感慨深いものでした。実際に空港に行って専用のバスに乗り、滑走路を通ってより近くで飛行機に触れることができました。実際に空港で働いている方からのお話の中での【夢は必ず叶う】と言う言葉が大変印象的でした。
    tan_20141020_04.jpg
    今回のアメリカ語学研修では、みんなで海に行ったり、高校に訪問したり、ホストファミリーと一緒にショッピングをしたり、ディズニーランドに行ったり、ウェルカムパーティーに参加したり、と毎日が刺激的で一瞬一瞬が本当にあっと言う間でした。短すぎる研修でしたが本当に毎日が濃くて、この18日間は今まで生きてきた中で最も濃いものになったのではないかなと思います。
    tan_20141020_05.jpg
    多くの人に助けられて楽しく過ごせた18日間は一生忘れられない大切な思い出です。

    2014年
    10月02日

    ヨーロッパ旅程実務研修&イギリス語学研修:学生による報告

    2014年度イギリス語学研修及び旅程管理実務研修を終えて(H.M)


    tan_20141002_01.jpg2014年8月25日から私はイギリス語学研修及び旅程管理実務研修に参加しました。

    最初の1週間がギリシャ&イギリスの実務研修でしたが、旅程管理主任者(以下添乗員)の仕事の大変さを実感しました。訪れる国について事前に勉強しておかなければならないのはもちろんのこと、空港での手続き、バスやホテルでの業務、お客様全員の安全確認など…すべきことがとても多く、しかもそれらすべてを一人で行う大変さを思い知りました。


    今回、私たちは3人1組での添乗業務でしたが、3人で分担していてもいっぱいいっぱいで、添乗業務を完全に軽く考えていたと思いました。言うべきこともしっかり言えずにモジモジしていたり、自信がなさそうにしていては、添乗員はつとまりません。お客様にこの人なら安心して任せられると思ってもらえるように、事前の十分な準備とぶれない自信がカギだと感じました。
    学生である間にこのような実務研修に参加し、添乗業務を体験することによって添乗員のイメージが明確になり、大変さ・楽しさ・達成感を味わうことができ、とても充実した研修でした。
    tan_20141002_02.jpg
    語学研修は約2週間でしたが、平日の午前中は語学学校で生きた英語を学び、それ以外はすべて自主研修でした。自主研修の時間がたくさんあったおかげで、ロンドンの街を思う存分楽しむことができました。
    バッキンガム宮殿で衛兵交代パレードを見たり、ビッグベンを間近で見たり、ロンドンの街並みを一望できる巨大観覧車ロンドンアイに乗り、夜景を楽しんだり、どれもこれも迫力があって心に残るものばかりでした。
    お土産や新鮮な食材、美味しい料理が楽しめるマーケットやファッションショップなど街を歩けばたくさんの楽しいお店もありました。
    中でも私が一番感動したのは、ミュージカル“マンマミーア”でした!ミュージカルそのものももちろん感動したのですが、何と言っても、日本ではとても考えられないことですが、エンディングで観客が全員総立ちになり、一緒に踊りだしたのです!知らない者同志が笑顔で楽しむその光景が素晴らしく、眼に焼きついています。
    イギリスはスリが多いなど治安も悪いと聞いていましたが、街中では全くそんなことは感じることもなく、反対に心の温かい方々が多く、そばで困っている人がいれば迷わず声をかけている光景を何度も見ました。そんな素敵な国でした。
    tan_20141002_03.jpg
    語学学校での授業はもちろんすべて英語で行われ、街中でも聞こえてくるのは英語ですので、自分のリスニング力が上がっていることを日々実感していました。
    また語学学校で私が大きく成長したことは積極性です。もともと、短大での授業中は基本的に黙っていた私が、意見や考えを発言できるようになり、発言することを楽しいとまで感じるようになりました。語学学校の先生から学んだ“Don’t be afraid to make a mistake!!!” という言葉を心に留めて、これからは積極性を持った自分であり続けたいと思います。

    この研修は私をひとまわりもふたまわりも成長させてくれたかけがえのない体験となりました。このような体験をさせていただいたことに感謝します。

    2014年
    09月08日

    2014年度イギリス語学研修、始まる!

    8月25日から9月1日までの「オランダ・ギリシャへの旅程管理実務研修」を経て、9月1日からイギリスで語学研修が始まっています。
    tan_20140908_01.jpg
    残り2週間、たくさん学んできてください!
    近いうちに、オランダ・ギリシャへの旅程管理実務研修についての学生の報告も掲載したいと思います。

    2014年
    08月28日

    カナダ・トロントより第3弾!:認定留学報告

    皆さん、夏休みをいかがお過ごしですか。
    今日は、カナダ・トロントに認定留学をしているM.H.さんのレポートをお届けしたいと思います。
    約5カ月が過ぎ、様々なことを感じ、学んでいるようです。
     

    トロントへ来て5ヶ月が経ち、私の留学生活も半分のところまで来ました。
    来たばかりの頃は、毎日雪が降っていて気温は常に氷点下。今まで経験したことないほどの寒さ、そして日本と違う生活で戸惑うことも多々ありましたが、今は生活にも慣れ、友達も増えてとても充実した毎日を送っています。
    tan_20140828_01.jpgtan_20140828_02.jpg
    今日は私がトロントでどのような生活をしているのか紹介したいと思います。

    平日は毎日語学学校へ行き、放課後は学校の近くの図書館で勉強するか、1人で出かけることも好きなので1人で買い物したりカフェに行ったりもします。最近は1人で映画を見に行くのが趣味です。
    週末は友達と出かけたりホームパーティをしたり。最近は暖かくなったので、外でピクニックやバーベキューをする事が多くとても楽しいです。トロントは都会もあり自然もたくさんあるのが良いところです。
    tan_20140828_03.jpg
    tan_20140828_04.jpg
    トロントは多くの人種が住んでいるので色々な国の文化や料理に触れる事ができ、学校で出会った色んな国の友達からオススメしてもらってレストランへ行くこともあります。今まで韓国、コロンビア、メキシコ、トルコなどの料理を食べました。
    友達とお互いの国の事を知るいい機会にもなります。この時は、日本食を食べに行きました。
    tan_20140828_05.jpg
    tan_20140828_06.jpg5月にはケベック、モントリオール、そして首都のオタワへ行きました。
    カナダの公用語は英語とフランス語で、これらの地域では両方の言葉が話されています。その影響もあってか街並みもヨーロッパのようで、トロントとは全く違いとても驚きました。私はオタワがとても綺麗で気に入りました。トロントからはカナダ国内だけでなくアメリカにも行ける距離なので、帰るまでにニューヨークやシカゴなど多くの場所に旅行出来たら良いなとも思っています。

    5ヶ月過ぎて思うことは、自分にはもっと沢山の知識が必要だなということです。
    英語の知識ももちろんですが、日本にいた時には出会う事の無かったさまざまな国の人と交流するようになり、日本や世界のことを本当に何も知らなかったなと感じました。授業でクラスメイトとお互いの国について話した時も、友達はどんどん話すのに、私は知識がなくあまり答えられませんでした。
    日本にいたら日本の特徴や良さについて考える事なんてほとんどないからだと思います。でも今海外で日本と違う暮らしをしているからこそ日本の良さに気づく事が出来ました。
    例えば、外国人の友達に良く、日本のテクノロジーは凄いねと言われます。日本にいてそう思ったことはあまりなかったですが、トロントに来てからは本当にそう思います。なぜなら、それは私達には普通のことだったからです。例えば、トロントにも地下鉄もありますが、日本みたいにICカードなどないし、改札が自動で開いたりもせず、自分でカードを通して手動で改札を開けます。これはカナダの人々にとっては普通のことですが、日本の自動改札に慣れてしまっている日本人には少し不便に感じます。

    このように留学してから日本の良さを実感することが多く、日本がとても好きになったし日本で生まれ育った事を嬉しく思います。それと同時に、トロントに留学に来られて、違う世界を見ることが出来て良かったなとも思います。
    留学も半分が過ぎたので残りの時間も大切に過ごしていきたいです。そしてこの留学はとても貴重なもので二度とない経験だと思います。だから、もちろん英語の勉強も含め何にでも全力で挑戦して後悔しないように日々過ごしたいです。

    tan_20140828_07.jpg

    2014年
    08月11日

    OC二日目報告:短大ブースより

    お天気はあいにくの雨。
    tan_20140811_02.jpgそれでも本当に多くの生徒さんが短大ブースに足を運んでくださいました。鹿児島や宮崎など九州全域から来ていただきました。学生スタッフ・教員一同、心から感謝しています。

    Doucette先生の模擬授業、どうでしたか?
    tan_20140811_01.jpg

    ブースの学生・教員は、ちゃんと必要な情報を提供できたでしょうか。
    tan_20140811_04.jpg

    進路相談は役に立ちましたか。
    tan_20140811_03.jpg

    今月はもう一回、8月24日にOpen Dayが予定されています。どうぞ一度、話を聞きに女学院短大までお越しください。
    お待ちしています。
    tan_20140811_05.jpg

    2014年
    08月09日

    OC一日目報告:短大ブースより

    台風接近の中、多数のご来場ありがとうございました。
    tan_20140809_01.jpg
    懸念された天気もどうにか荒れることなく、無事、一日目を終了することができました。短大のブースには、本当にたくさんの生徒さん、父兄の方々に来ていただきました。
    学生発表やBrajcich先生の模擬授業など、いかがでしたでしょうか。
    tan_20140809_02.jpg
    tan_20140809_03.jpg
    tan_20140809_04.jpg
    tan_20140809_05.jpg

    明日も予定通り、開催されます。
    学生、教員一同、皆さまのお越しをお待ちしています。

     

    2014年
    08月05日

    イギリス・ロンドンから第二弾!:認定留学報告

    第二弾!
    イギリス・ロンドンに留学している、認定留学生、M.K.さんよりメッセージが届きました。
    tan_20140805_01.jpg
    tan_20140805_02.jpgロンドンに来て早いもので5ヶ月が過ぎ、毎日楽しくとても充実した日々を送っています。
    出国当日、言葉の通じない国で1年間過ごすことができるのかとても不安一杯の気持ちで家族や友人に手を振り飛行機に乗り込んだことがつい昨日のことのように感じます。 
    日々の生活の中で学びを得ることは大変多く、試行錯誤しながら「自分はどれくらい成長できたのか」と常々自分に問いかける毎日に憂いを感じながらも、成長を実感したときには大きな喜びを感じることができ、とても幸せです。

    留学に来て学んだことといえば、まず始めに何と言っても“文化の違い”でしょう。私の通っている語学学校にはヨーロッパ圏はもちろん、中東圏等、日本ではあまり接する機会がなかった世界中の国の人々が来ています。ですから、授業を受けたり話をしたりしていて、文化の相違点を身をもって感じることができます。毎日新しい発見をすることはとても興味深く、留学に来てよかったとこの上なく感じさせてくれることの一つでもあります。特に宗教的概念の違いは、宗教に最も関心のない民族と言っても過言ではない日本人の私からしてみればとても面白く、驚きの連続です。

    それから、“考え方の違い”もこちらに来て多く学びました。授業中、先生が言っていることがわからないとき、私はいつも流してわからないままにしていましたが、友人たちは私とは正反対で、1単語でも理解が出来なかったら手を挙げ「What does it mean?」と必ず聞き返します。
    また、先生が私たちに問いかけてきた際、誰も答えないというのは日本ではよくある見慣れた授業風景ですが、ここでは違います。みんなが次々と自分の発言に自信を持って発表をするのです。このことについてスペイン人の友人と話をした際、その友人から言われた言葉は、

    「聞かれたことに対して答えるということは人として当たり前のことだよ。聞かれて答えられないっていうのは相手の話を聞いてなかったってことで、発表したことが間違っていることよりも遥かに恥ずかしいことなんじゃないかな?」

    というものでした。この言葉は今でも決して忘れることができない、また、後の自分を大きく変えてくれる言葉となりました。この言葉のおかげで今では積極的に発言をすることができるようになりました。

    また、ある時、このような経験もありました。それは授業で自国の文化について意見交換をペアワークとしてしなければならない時のことでした。サウジアラビアから来た男の子が、そのときペアだった日本人の子に「日本人は自国についての知識がなさすぎる。海外に来ているのに自国の文化や政治について語れないようじゃいけないよ」と言っていました。
    それを聞いたとき、自分に言われているような気がして「このままじゃいけない」と思い、家に帰ってWikipediaを夜中まで見ていたことを思い出します。この言葉を言われたとき、悔しいという思いももちろんありましたが、それよりも焦りの方が勝っていて、それほどその子が言ったことは的を射ていて、返す言葉も見つからなかったのです。
    友人たちは皆、自分の考えというものを持っています。そして、その考えを持つために、多くの知識を持っています。このことについてはいつも感心せられ、見習わなくてはと考えさせられます。
    tan_20140805_03.jpg
    tan_20140805_04.jpg

    tan_20140805_05.jpg留学に来て学ぶことは、英語はもちろん、このようにとても価値のあるものばかりです。ここに来て学んだことはお金では決して買えない、とても貴重なことばかりで、帰国後の自分に大いに役立つものであると信じています。
    残りの日々もきっと毎日が勉強で、自分にとって有意義なものになるでしょう。ここでこのような時間を過ごせることに感謝して、一日一日を大切に、一回りも二回りも成長し帰国できるようにこれからも一生懸命頑張っていきたいです。

    2014年
    07月31日

    認定(1年)留学:ロンドンからのレポート

    2014年度、イギリス・ロンドンに認定留学をしているY.A.さんからレポートが届きました。約5カ月が過ぎ、何を感じているのでしょうか。
     

    tan_20140731_01.jpgロンドンに来て早5ヵ月、現在はとっても充実した日々を送っています。
    この5ヵ月間で得たものはすごく大きなもので、自分でも驚くほどたくさんの成長を遂げてきたと思います。中でも「様々なことに興味をもち、それに対して自分の意見をもつ」ということの大切さを学びました。せっかく私に意見を求め時間をさいてくれているにも関わらず "Hmm.... I don't know" しか言えない。それは英語力以前の問題で、自分の意見がない、それ以前に知らない。それが悔しくて、悔しくて、それについて一生懸命調べて自分の意見を持つ練習をしたことを覚えています。このようなことを日々繰り返しながら少しずつではありますがたくさんのことを学び、成長している次第です。またそういったことを気付かせてくれたまわりの友達や語学学校の先生方、そういった環境においてくれた母や大学の先生方にも感謝の気持ちでいっぱいです。
    tan_20140731_02.jpg
    出逢いの素晴らしさと別れの辛さを日々感じています。語学学校は毎週月曜日に新しい生徒が入校してきて出逢いもたくさんありますが、その一方で毎週金曜日には大切な友達が次々と自国に帰っていきます。お互いに簡単には会えないとわかっているからこそ別れは余計辛くなります。しかし、同じ時期に同じ国の同じ語学学校で一緒に過ごせたことの素晴らしさを感じ、お別れの際にはまた絶対会おうねと何度もハグをしてお別れします。その度に何とも言えない悲しさと温かさを感じます。

    tan_20140731_03.jpg5月中旬にはLiverpool half marathonに参加しました。留学してから2ヶ月が過ぎこちらの生活にも慣れ何か新しいことに挑戦したいと思っていた頃、友人からの誘いでマラソンに出ることを決めました。
    half marathonとはいっても想像以上にきつくて体もこれまでに経験したことがないくらい悲鳴をあげていましたが、他のランナーやペースメーカーと話したり、励まし合いながら走った人生で初めてのマラソン出場はとても良い経験になりました。完走後はこれから先何でもできるような気がしました。

    tan_20140731_04.jpg英語に関する以前の私の目標は英語をペラペラに話せるようになって、履歴書にのせるためにTOEICでハイスコアをとることでした。しかし語学学校の先生が「あなた達は語学学校に来て色んな国籍の人と出逢うチャンスがある。そして国によって英語の話し方や間違い方はそれぞれ違う。あなた達に必要なことは本当にネイティブ並の英語や完璧な文法を習得することだけなのか」と問いかけてきました。
    そう聞いた時私は自分の目標がなんて漠然としているんだろうと少し恥ずかしくなりました。今の私の目標は話し手の英語の特徴を理解して、それによって自分の英語の話し方も相手に理解してもらい易いように工夫できるようになることです。
    残りの5ヶ月もマンネリ化しないよう常に新しいことに挑戦し続け、もっともっと成長していきます。
    tan_20140731_05.jpg
    tan_20140731_06.jpg
    tan_20140731_07.jpg

    2014年
    07月08日

    第41回グレープカップコンテスト課題文:アンデルセンのTeapotについて

    今回のコンテストの課題文は児童文学者アンデルセンの”The Teapot”です。

    まずティ―ポットが主人公であることが今年の課題文の特徴です。児童文学はある意味で大人の文学より深くて広い。ものたちは人間と同等かそれ以上の価値を持ちます。人間たちが自分たちのために作った食器類。ティ―タイムの主人公ティ―ポットがお喋りします。

    いつも人間たちにおいしいお茶を注ぐティ―ポット。そそっかしい人間に床に落とされ、壊れるティーポット。床にこぼれ出て、一面を浸すお茶。人間たちはそそっかしい仲間の人間を笑うのではなく壊れたティ―ポットを笑うのです。耐えるティ―ポット。なんという不条理。

    歳月が流れ、ティ―ポットも老います。用済みになって食器棚の隅に置かれていたのを、ある時乞食がやってきて、ティ―ポットは乞食に渡されます。ティ―ポットは人生の没落を予感しますが、自分に訪れた運命を受け入れます。食卓の「女王」は、なんと、土を入れられ、球根を植えられ、植木鉢に変えられるのです。しかし、です。しかし、そこでまた自分の新たな人生を歩むことになるのです。球根を愛し、球根の成長に喜ぶティ―ポット。球根が芽を出すと、自分も力や、希望が湧いてきます。そして、球根が花を咲かせます。その美に狂喜します。なんという美しさだ!球根の美しさのために自分を捧げます。「他者の喜びを自分の喜びとする」これこそが生きる意味だと考えます。

    自分の第二の人生の道を歩み始めたとき、またもや人間がティ―ポットを運命のどん底に突き落とします。美しい花はもっと立派な鉢が必要だろうと。ティ―ポットは二つに割られ、庭に投げ捨てられます。老いぼれの磁器のかけらになってしまうのですが、ティ―ポットはこう考えるのです。

    「私には思い出がある。思い出を誰も奪い去ることはできない」と。

    どうですか。このティ―ポットの生き方は。
    どんな状況の中でも積極的に生きる、前を向いて生きる。このような生き方をお手本にして生きたいですよね。

    2014年
    07月04日

    サーティワン・アイス300個:Loungeで完売!

    夏を先取り!
    7月1日に、English Loungeでサーティワン・アイスクリームの販売が行われました。C.T.さんの報告です。
    tan_20140704_01.jpg
    ・・・・・・・・
    この日のイベントは31アイスクリーム販売。 ポスターや31の旗を持って学校中呼びかけて回ったり、通りがかりの人達に声をかけたりと多くの人が手伝ってくれました。
    ラウンジ内では洋楽を流し盛り上がりました。 またポスター貼付やFacebookなどでイベントのことを知らせると短大生だけでなく4年大生や先生方など多くの方が来てくださいました。 そしてみんなの協力のおかげで完売!☆ 売上は300個×200円で60,000円です。そのうち10,000円はカナエールという団体に寄付します!
    皆さん来て買っていただきありがとうございました~! まだまだイベントをたくさんするので、ぜひ、English Loungeに足を運んでくださいね☆
    tan_20140704_02.jpg
    tan_20140704_03.jpg
    tan_20140704_04.jpg
     

    カテゴリー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@