• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    短期大学部

    短期大学部Today 一覧

    2011年
    11月02日

    旅程管理主任者実務研修に参加して

    福岡女学院は2011年4月より旅程管理主任者資格の登録研修機関(観光庁登録研修機関 第30号)として認定され,旅程管理主任者研修を開始しました。旅程管理主任者資格を取得するためには添乗実務研修旅行に参加する必要があります。研修旅行では,添乗員が行う業務を一通り体験します。観光地の案内に限らず,空港でのチェックインや荷物の受け取り,ホテルでの食事の手配など細かな仕事をしなければなりません。

    8月25日から7日間の日程で,イタリア・イギリスで行われた研修旅行に,2年生に在籍中のE.S.さんが参加しました。E.S.さんの体験談をお届けします。


    1週間(7日間)の実務研修を終えて、添乗業務は仕事が多く、大変だと感じました。

    事前に打合せはしていましたが、実際には予定通り進まないことが多く、参加者全員の様子を伺いながら、誘導していくことが、一番難しかったです。 他の人が添乗業務を担当していた時は客観的に良い点・注意する点などを見ることができ、英語だけでなく、訪れる国の文化や現地情報を事前にしっかり勉強しておくことも重要だと思いました。

    打合せ~出発~帰着~報告~精算までの添乗業務をすべて一人でやり遂げなければならないと考えると、その大変さが想像できますが、卒業後はこの「旅程管理主任者」資格を活かして、ツアコンの仕事に就きたいと考えています。今年から導入された「旅程管理」という科目で、貴重な体験ができ、私にとって新たな方向性を見つけることができました。

    kenshu20110829.jpg

    2011年
    09月07日

    お化粧直し

    8月6日、7日に開催されたオープンキャンパスや、8月27日のOpen Dayにお越しいただき、ありがとうございました。

    さて、現在、正門をくぐってキャンパスに入ると、こんな光景を目にすることができます。

    P1000932.jpg

    短大生がよく授業で使用し、短大教員の研究室が入っている建物(2号館)の耐震・改修工事が行われています。耐震のための補強がなされるほか、窓が密閉性の高いものに交換され、少しエコな建物になります。また、パウダールームが整備されたり、研究室のある階に教員と学生が交流できる空間--コモンルーム--も新設される予定です。完成イメージは次のようなものになります。

    P1000930.jpg

    お披露目は後期開始直前です。キャンパスは随時見学ができますし、10月には3回目のOpen Dayも開催されますので、お化粧直しされた2号館をぜひご覧ください。

    2011年
    08月08日

    オープンキャンパスの様子やFAQ

    8月6日、7日にオープンキャンパスが開催されました。両日とも30℃を超す暑い中、ご来場いただきありがとうございました。模擬授業やイングリッシュ・ラウンジで行われたパーティには多くの方にご参加いただきました。席が十分ではなく、部屋に入ることができなかった方にはご迷惑をおかけしました。

    Brajcich准教授による模擬授業「Presenting Your Thoughts and Ideas in English」

    IMG_3243.jpg

    Doucette講師による模擬授業「Connected Speech」

    IMG_3254.jpg

    English Loungeで行われたパーティでの様子

    IMG_3256.jpg

    IMG_3245.jpg短大のコーナーに足を運んでいただいた高校生やその保護者の方からは、来年度より始まるコース制についてや留学制度についての質問を多く受けました。代表的な質問についてここに記しておきたいと思います。

    Q1. 将来、エアライン業界に就職したいのですが、短大からエアライン業界に進むことはできますか?実績はどの程度ありますか?

    2006年度から2010年度までの過去5年間で74名が航空業界の就職試験に合格しています。本年度もすでに3名(8月1日現在、判明分;内訳: 客室乗務員1名、地上: グラウンドスタッフ2名)が合格しています。希望者全員が必ず進めるわけではありませんが、可能です。

    本学はエアライン業界への就職を希望する学生のために「エアライン講座」を1年生前期より開講しています。また、来年度より始まるコース制で設けられているコースとして「エアライン・ツーリズムコース」があります。

    Q2. コースを選択する時期はいつですか?入学と同時にコースに分かれるのですか?

    1年生の後期からコース制が始まります。前期のうちに就職支援ガイダンスなどを通して自分の進路について考え、前期の終わり頃にコースを選択します。全員が希望するコースに入ることができます。

    Q3. どのような留学制度がありますか?

    短大の留学制度は4つあります。1つは、短期海外語学研修奨学金制度を利用する留学です。これは1年生5名、2年生2名に対して1ヶ月程度の留学のための資金として30万円を支給する制度です。奨学生は、留学の計画から語学学校とのやりとり入学手続きまでを仲介業者に任せず自分で行い、帰国後に留学について報告するという義務が課されます。奨学生の選抜は、申込時に提出された留学計画書となぜ留学をしたいのかを記したエッセイ、TOEICのスコアおよび日本語による面接で決定します。計画の具体性や意欲が特に問われます。

    2つめは、交換留学制度です。現在、本学はウィスコンシン大学リバーフォールズ校(米国)とアクイナスカレッジ(英国)との間で2名ずつ学生を交換しています。本学から学生を派遣する時期は2年次の夏期休業期間中となります。TOEICのスコアと交換留学を希望する理由を記したエッセイ、ならびに英語による面接で留学生を選抜します。現地の学生とともに授業に参加するため英語力が特に問われます。また、本学の代表にふさわしい留学の目的があるのかどうかも見られます。本学からの奨学金として約22万円が支給される上、ホームステイ費用と授業料は受け入れ校が負担するため、本人の負担はお小遣い程度になります。短期海外語学研修奨学金制度と同じく、帰国後に留学について報告する義務があります。

    3つめは、選択科目として開講している「海外語学研修」です。3週間程度のスケジュールで、ロンドン市内で行われるイギリスコースとカリフォルニア州サンマルコスで行われるアメリカコースがあります。イギリスコースでは、ロンドン市内の寮に宿泊し、午前中は現地の語学学校で英語を学びます。午後からは史跡や名所を見て回ります。アメリカコースはホームステイをしながら、カリフォルニア州立大学サンマルコス校のキャンパスで英語を学びます。エアラインで用いられる英語表現を学び、実際にサンディエゴ国際空港に見学にも行きます。なお、参加費用は実費を負担していただきます。

    4つめは、認定留学です。この制度は、本学を1年間留学するために休学する学生5名に対して、休学期間中の校納金を全額免除する制度です。選抜はTOEICのスコアに基づいて実施されます。

    IMG_3257.jpg

    8月27日(土)には、Open Day(オープンキャンパスのミニ版)が開催されます。今回のオープンキャンパスに参加できなかった方やもう一度、本学の様子を見てみたいという方はぜひお越しください。当日は、上原敬司教授が発音に関する模擬授業を行います。(右写真はオープンキャンパスでの様子)日本語の「あ」と英語の「ア」はどのように違うのかなどを説明した上で、実際に発音練習をする予定です。また、エアラインマナー講座も開かれますので、お楽しみに。

    2011年
    07月13日

    講演会「新聞の読み方」

    福岡女学院大学短期大学部では、6月7日に朝日新聞社より講師を招いて1年生対象の講演会「新聞の読み方」を実施しました。昨今の厳しい就職状況を新聞はどのように伝えているのか、また、就職活動に備えて1年生のうちから何をすべきなのかという話がありました。

    IMG_2930.jpg

    就職試験で課される時事問題や、面接の際に話題となりうる世の中の動きを把握するためにも、毎日、少なくとも新聞に目を通すことが大切であるというアドバイスがありました。また、時間があるときには記事をスクラップしたり、天声人語を音読したりすることも就職試験対策に有効であるということでした。

    当日の朝刊が1人1部配付され、気になった記事を1編選び、5分でその内容を相手に伝えるという課題に挑戦しました。

    IMG_2931.jpg

    5分で内容を伝えるという作業は意外に難しかったようで、早々に終わって時間をもてあましている学生もいれば、5分では足りないという学生もいました。新聞を題材にコミュニケーションをとる学生の姿を見ることができました。

    IMG_2934.jpg

    2011年
    05月24日

    コース選択と旅程管理主任者資格に関するFAQを公開

    福岡女学院大学短期大学部は,既報の通り,2012年度よりコース制度を導入します。コース選択についてよく寄せられる質問(FAQ)を公開しました。同時に今年度より始まった旅程管理主任者資格の取得について,学生として在籍しながら取得する場合のFAQも公開しました。

    福岡女学院大学短期大学部英語科Q&Aのページ

    2011年
    05月17日

    学内オリエンテーリング

    福岡女学院は今年,創立126周年を迎え,明日5月18日にはその記念式典が予定されています。学内には創立から今に至るまでに学院の発展を支えてきた人々の名前が冠された建物や,昔を伝える物があります。

    4月26日に学院の歴史に触れ,建学の精神を考えるための授業として学内オリエンテーリングが行われました。全部で19チームが参加して,学内に設けられたポイントでさまざまな問題を解き,その正答数とゴールするまでの時間で順位を競いました。

    ポイントのいくつかを紹介しましょう。学院を創立したジェニー・ギール女史の名前がついている「ギール記念講堂」では,ホールに飾られた銅板からギール女史の生い立ちを学びました。

    IMG_2866.jpg

     

    学院が薬院にあった頃の校舎の礎石の一部が正門を入ってすぐのところに飾られています。礎石に刻まれた文字を読み,もともとなんと書かれていたのかを考えました。

    IMG_8285.jpg

    また,創立120周年を記念して設置されたパイプオルガンや,図書館などで学院を導いてきた歴代院長について学びました。

    IMG_2860.jpg

    IMG_2868.jpg

    最後にオリエンテーリングの結果発表です。

    1位 ドットチーム

    2位 姉さん

    3位 チームミハエル☆

    4位 ドングリチーム

    5位 アニー

    2011年
    04月14日

    一泊研修

     

    福岡女学院大学短期大学部では,入学式が終わってから授業が始まるまでのおよそ1週間をかけて,新入生対象のオリエンテーションを行っています。その中の行事の1つに一泊研修があります。4月7日から8日にかけて佐賀県唐津市にある唐津シーサイドホテルにて一泊研修を実施しました。

    IMG_1045c.jpg

    一泊研修の1日目は開会礼拝から始まりました。キャンドルサービスの形式で行われた礼拝では,2年生から1年生に伝統の火が受け継がれ,福岡女学院の126年の伝統とその伝統を作り上げてきた人々について考えました。礼拝の中で,講師 坂元惠子は,これから2年かという時間を過ごす中で自分がすることは何か,できることは何かを探し求めて欲しいというメッセージを送りました。

    その後,学生生活に関するオリエンテーションがあり,留学制度や朗読コンテスト,イングリッシュ・ラウンジの活動について話されました。留学制度の説明では,今年の春に本学の短期海外語学研修制度を利用してスコットランド(イギリス)に行った2年生が,留学で体験したや学んだことについて発表しました。また,朗読コンテストの説明では,昨年度のコンテストで優勝した学生による朗読が披露されました。

    IMG_0535.jpg

     

    オリエンテーション終了後,各クラスに分かれ,クラスアドバイザーや2年生のアドバイスを受けながら実際に時間割を組みました。

    IMG_0547.jpg

     

    2日目は学生同士の交流を図ることを目的としたアクティビティが行われました。お互いの「履歴書」を他の学生や教員と交換して読み,相手に質問しながらコミュニケーションを図りました。

    IMG_0572.jpg

     

    最後に,伝統(?)のミッションダンスを踊って一泊研修は幕を閉じました。

    IMG_0604.jpg

    2011年
    04月05日

    第48回入学式

    IMG_0517.jpg

    福岡女学院大学短期大学部は2011年4月2日に第48回入学式を行いました。

    学長 木ノ脇悦郎は学長告辞の中で,新入生に対して,自分がどのような人であるかという見識を持ち,他者と協調できる,自律した人間になるようにと説きました。2011年度年間聖句「互いに重荷を担いなさい」(ガラテヤの信徒への手紙第6章2節)を引き,東日本大震災の惨状を見て,互いに重荷を担えるような感性を身につけて欲しいと述べました。

    2011年
    03月28日

    「旅程管理主任者」資格が授業で取得可能に

    2011年4月より学校法人 福岡女学院が「旅程管理主任者」資格の研修機関(観光庁長官登録研修機関第30号)として認定されたことを受け,福岡女学院大学短期大学部では2011年度よりカリキュラムの中でこの資格を取得するのに必要な研修を受けることが可能となりました。

    旅程管理主任者資格は,一般に「添乗員」「ツアーコンダクター」と呼ばれる職業で必須となります。この資格を取得するためには観光庁に認可された登録機関で基礎研修,指定研修を受け,さらに添乗実務研修旅行に参加する必要があります。

    2011年度より一般の方向けの「旅程管理主任者研修講座」が福岡女学院天神サテライトで開講されます。これにあわせて短期大学部では選択科目として「旅程管理A」「旅程管理B」を設置し,本学に在籍する学生がカリキュラムの中で基礎研修を受けられるようにします。指定研修は一般の方向けの講座に参加する必要がありますが,基礎研修・指定研修にかかる費用はあらかじめ授業料に組み込まれていますので,別途かかりません。(ただし,テキスト代,添乗実務研修旅行は実費が必要となります。)

    英語を活かせる将来の選択肢の一つとして,旅程管理主任者の資格修得を目指してみてはいかがでしょうか。

    2011年
    03月27日

    第46回卒業礼拝

    卒業式に先立って,3月9日に卒業礼拝がありました。卒業生にとっては女学院での最後の礼拝となりました。礼拝では,講師 坂元惠子が「あなたのmissionは何ですか?」という題でお話しをしました。ミッションとは「自分が何のために生まれてきたのか,何をして生きてゆけばよいのか,自分の人生の意味とは何なのかを探す」ことであり,これから社会に出て行く卒業生が自分らしくあるために,自分のミッションを探し,そのミッションを実行して欲しいことが述べられました。

    その後,卒業生一同による感謝の祈りが捧げられました。次はその一節です。

    多くのことに傷つき,悩み,どうすることもできないとき
         わたしたちは一人ひとりでは生きられない弱さを知りました
    けれども,そんな苦しく悲しいときも,あなたは寄り添う友を,
         支えてくれる人を,希望を与えてくれました。
    そしてなにより,あなたがわたしたち一人ひとりに目を注ぎ
         常に慰めと励ましを与えてくださいました。
    神さま,今私たちは女学院を離れ,新しい生活を始めようとしています。
         どうか私たちに一歩を踏み出す勇気をください。
    どうぞ共にいて,私たちをお守りください。
    一人ひとりに与えられているいのちと力を活かして
    それぞれの場所でよきはたらきをなすことができますように。

    最後に,教職員から卒業を祝して歌をプレゼントしました。

    2011年
    03月25日

    第46回卒業式

    IMG_0467.jpg

    福岡女学院大学短期大学部は,2011年3月10日に第46回卒業式を執りおこないました。学長 木ノ脇悦郎は,学長告辞の中で,エラスムス(Desiderius Erasmus)の生き方に触れて,社会に羽ばたこうとする卒業生に次のようなメッセージを送りました。

    エラスムスは16世紀にカトリック教会に対する改革運動が広がるなかで,カトリック教会,改革派のいずれにもつかず,自分の生き方を貫きましたが,卒業生も自らのあり方を常に問い続け,「自由をもたらす完全な律法を一心に見つめる」(ヤコブ1:25)生き方ができる人でありつづけてください,と。

    続いて,卒業生代表による感謝の辞が英語で行われました。「People need people」というタイトルで短大での2年間をふりかえり,つねに誰かに支えられてきたことを述べました。そして,次は自分たちが他人に対して恩返しをする時であるという決意を次のように表しました。

    "We must be responsible for whatever we do in society. Japan and the international world will have problems politically, economically and socially, so we must cope with them considering other people."(私たちが社会で行ういかなることに対しても責任を持たなければなりません。日本も世界も政治的,経済的,そして社会的に問題を抱えるから,他者のことを思いやって問題に取り組むなければなりません)

    卒業式終了後には,式場を出て,全員で記念撮影をしました。

    IMG_0497.jpg

    2011年
    03月09日

    English Loungeでの思い出〜ONE DAY Café

    DSCN1456.jpg

    卒業シーズンの到来です。3月9日の卒業礼拝を皮切りに,翌日は卒業式,そして卒業パーティと続きます。

    さて,この1年間,イングリッシュ・ラウンジ(English Lounge)のスタッフとしてさまざまなイベントを運営してきたあにゃさんから,思い出に残る活動として,昨年の秋に行った「One Day Café」の記事が寄せられました。One Day Caféは,English Loungeが1日だけカフェになるイベントです。毎年,学生・教職員の有志のみなさんの手作りのお菓子を販売し,売上金を困っている人や恵まれない人たちを支援する団体に寄付しています。今年はハイチの復興支援に寄付させていただきました。

    それでは,あんにゃさんの記事をお届けします。


    11月26日にEnglish LoungeにてONE DAY Café を行いました(^o^)

    DSCN1225.jpg

    ONE DAY Café とは1日だけEnglish LoungeがCaféになってしまうという企画♪ケーキやクッキーはスタッフやいろいろな先生方がおうちで作ってきてもらい、当日とてもかわいいお菓子がまるで本物のCaféのようにたくさんディスプレイされました。ドリンク(コーヒーや紅茶、ジュースなど)も用意し、take outもできるように紙袋やドリンク用のふたも準備しました(*^_^*)なんと+30円でタピオカドリンクも!!今年のコンセプトは「不思議の国のアリス」。Loungeがいつもと違い、トランプやテーブルクロスで飾りつけし、本当にアリスの世界にいるようでした(^^♪

    DSCN1255.jpg

     

    当日は朝から大忙し(+_+) ケーキの準備やお金の準備、ドリンクの準備・・・・。あっというまに開店時間になり、たくさんのお客さんが来てくれました(^O^) Loungeで召しあがっていただいたお客さんはゆっくりアリスのDVDを観ながらケーキを食べてくれていました。気づけば外にはtake outのお客さんがずらりと並んでいてビックリ!!本当に本当にありがとうございます(^o^)

    さて,1番人気だったのはやっぱりチーズケーキ☆★すぐに売り切れてしまい、食べられなかった方、本当に申し訳ございませんでした(*_*) 初めての経験なのであわててしまい、頭の中がいっぱいいっぱいになってしまいましたが、本当に貴重な経験をさせていただきました。そして、改めて英語で正確に話を聞き取るということは難しいなと実感いたしました。

    最後に,ケーキ・ジュースをお買い上げいただいた方々、ケーキ作りに協力して下さった方々、本当にありがとうございました。

    DSCN1453.jpg

    2011年
    01月06日

    海外語学研修(アメリカコース)

    2010年度より専門科目「海外語学研修」にアメリカコースが加わりました。このコースの売りは英語を学びながら、エアライン業界についても学ぶことです。カリフォルニア州立大学サンマルコス校のキャンパスで英語を学びます。

    P9140183.jpg

    また、実際にサンディエゴ国際空港で施設や機内を見学したり、エアライン関係の人の話を聞いたりします。

    P9150256.jpg

    授業の様子は動画をご覧ください。

    2010年
    11月12日

    ハロウィーンパーティ

    イングリッシュ・ラウンジ(English Lounge)は、ふかふかのソファに,テレビやパソコンなどがある特別な部屋。そこで毎週さまざまなイベントがあります。English Loungeのイベントなどを企画している学生スタッフの1人、あにゃさん(あかずきん)が、10月28日行われたハロウィーンパーティの様子をレポートします。


    10月28日にEnglish LoungeでHalloween partyが行われました。学生も先生も個性的なコスチュームに身を包み、魔女やおばけ、チョッパーやメイドさんなんかもいました(*^_^*)今回はなんと小さな子どもたちも参加してくれました!


    pict2010_halloween2.jpg

    IMG_2117.jpg

    まずは自己紹介ゲーム☆★今回は自分自身の自己紹介ではなく、変身しているものになりきって自己紹介をしました。怖くて近づきがたい人もいましたが自己紹介をすると打ち解けることができました。


    IMG_2124.jpg

    続いてビンゴゲーム☆★いつものビンゴゲームとは違い、紙をひいた人がヒントを3つだして何がかいてあるか答えるというビンゴゲーム。小さい子どもたちがたくさん答えていてびっくりしました(@_@;) 

    次はプレゼンタイム!!HalloweenについてやHalloweenにまつわるこわ~い話をこわ~いジェイソンが話してくれました(+_+) 最後のオチが本当に怖かったですね・・・。

    次は仮装コンテスト!!投票の前にみんなでファッションショーをしました♪ひとりずつ出てきてセンターまで歩きターンしてポーズ!!みんなおもいおもいの表現をしていました(^O^)/そして1番niceな変装をしていた人に投票をして、ひとまずお菓子&おしゃべりタイム☆★ドーナッツやかぼちゃの手作りのお菓子などたくさんあっておいしかったですね(*^_^*)そしてその間に集計が終わり、仮装コンテストの結果発表~♪1位はとってもかわいいエンジェルちゃんでした☆★エンジェルちゃんには商品券が贈られました。

    pict2010_halloween3.jpg

    そしてみんなで記念撮影をして無事終了。

     

    pict2010_halloween1.jpg

    今回はいろいろなハプニングがちょこちょこありましたが、すごく盛り上がって楽しんでいただけたのではないかと思います。お越しいただいた方々、本当にありがとうございました。そしてスタッフのみんなも忙しいなかお疲れさまでした。

    次は☆One day Café☆楽しみにしていてくださいね(^o^)♪

     *赤ずきんちゃんに投票して下さった2名の方、ありがとうございました(*^_^*)

    red-riding-hood.jpg

    by 赤ずきん

    2010年
    10月28日

    メイヨー教授と上原教授が教育功労者として表彰されました

    デイビッド・メイヨー教授と上原敬司教授が教育功労者として日本私立短期大学協会より表彰されました。10月22日に同協会60周年記念式典が開催され、そのなかで文部科学大臣より両教授に賞状が手渡されました。

    2010年
    09月30日

    「旅程管理主任者」資格の研修機関に登録申請中

    福岡女学院大学短期大学部では,2011年度より「旅程管理主任者」資格が取得可能になる予定です。旅程管理研修機関として現在,登録を申請しています。

    「旅程管理主任者」とは,一般に,添乗員,ツアーコンダクターと呼ばれ,旅行会社が企画した旅行に同行し,計画を安全にかつ円滑に進める業務を行う人のことを指します。旅程管理者(添乗員)がつくツアーでは,必ず1人以上旅程管理主任者の資格をもった人が添乗しなければなりません。したがって,将来,添乗員になりたい人には必須の資格となります。また,旅行業を希望する人にも有益な資格と言えます。

    2010年
    08月01日

    オープンキャンパス2日目

    2010年8月1日、福岡女学院大学・短期大学部でオープンキャンパス(2日目)がありました。30ºCを超す中,多くの人がご来校くださいました。ありがとうございました。

    2日目は,Doucette講師による模擬授業「Naturally Speaking」が行われました。教室で習う「きれいな」発音と実際の会話で聞こえる音がどのように違うのかを学んだ後,リスニングやスピーキングで実践しました。

    IMG_0363.jpg

    English Lounge(英語しか使えない特別な部屋)では,6月に行われたマイケル・ジャクソンさん追悼のパーティを再現し,高校生やその保護者の方に English Loungeで行われるイベントを体験してもらいました。参加者全員で"Beat It"を踊ったり,マイケル・ジャクソンさんにちなんだクイズをして楽しみました。

    IMG_0381.jpg

    短大の部屋では上原教授による「一緒に朗読しよう」コーナーが設けられました。来場した高校生がグレープカップコンテスト(高校生女子生徒を対象とした英語暗誦大会)の課題に挑戦し,上原教授の指導を受ける姿が見られました。

    IMG_0352.jpg

    卒業生もたくさん遊びに来てくれました。学生スタッフと卒業生,教員そろって記念撮影。

    IMG_0386.jpg

    大規模なオープンキャンパスは本日で終わりましたが,ミニオープンキャンパスである「大学見学会」が8月28日,9月18日に予定されています。教員や在学生と実際に話をすることができますので,ぜひご参加ください。

    2010年
    07月31日

    オープンキャンパス

    IMG_0320.jpg福岡女学院大学・短期大学部では2010年7月31日にオープンキャンパス(1日目)が行われました。暑いなか多くの方にご来場いただきました。ありがとうございました。

    短期大学部の部屋では,Topic Studiesやエアライン講座,小笠原流礼法,身体美学などの特色ある授業の紹介や,本学の留学制度を利用して留学をした学生の体験談のコーナーがあり ました。教員や学生スタッフは,来場された高校生やその保護者の方からさまざまな質問を受けました。

    Brajcich 准教授による模擬授業「Conversational Sound for Communication」もありました。参加した高校生のみなさんは,"Uh huh" (yesの意味)や"uh-uh"(noの意味)などの会話で用いられる表現や,同じ文でも音調によって意味合いが変わることを学びました。

    IMG_0303.jpg

    学生による発表の時間では,短期海外語学研修奨学金制度を利用してカナダに留学したOさんの発表やEnglish Loungeスタッフによるイングリッシュ・ラウンジの紹介,5月の朗読コンテストで準優勝Rさんによる朗読が披露されました。

    IMG_0329.jpg

    2010年
    07月23日

    第37回グレープカップコンテスト開催要領

    福岡女学院大学短期大学部は,2010年11月20日(土)に高校女子生徒を対象とする英語暗誦大会「グレープカップコンテスト」を開催します。今大会の 暗誦課題は,Alice's Adventure in Wonderland (ルイス・キャロル)です。ふるってご参加ください。


    第37回グレープカップコンテスト(英語暗誦大会)開催要領(抜粋)

    • 暗誦課題:Alice's Adventure in Wonderland(by Lewis Carroll)
    • 日時:2010年11月20日(土)午前11時開会
    • 場所:福岡女学院ギール記念講堂 出場資格:高校女子生徒(ただし,1校につき1名。過去に2年以上英語圏在住経験がある方は出場をご遠慮ください)
    • 申込締切:2010年9月30日(木)(※当日,消印有効)

    カテゴリー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@