• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    短期大学部

    短期大学部Today 一覧

    2020年
    02月10日

    JAL羽田研修

    2020年1月末、JAL羽田研修が行われました。
     tan200210_1.jpg

    tan200210_2.jpg

    以下、参加した学生の感想です。

    (S.K.さん)
    今回、私は工場見学やブリーフィング、訓練の様子に対して興味があったので参加させていただきました。工場見学では飛行機がどうやって飛んでいるのか、どこに燃料を蓄えているかなど、飛行機についてはじめて知ることばかりでとてもためになりました。
    それから、パイロットさん、CAさんのブリーフィングも見学させていただきました。特に驚いたのが、パイロットさんのブリーフィングで使用するデスクトップ画面を見ると英語ばかりだったことです。管制官とのやりとりは英語だということは知っていましたが、まさか機長と副操縦士の確認の時にも英語に触れているとは思いもしませんでした。
    また、CAさんに関して、ドリンクサービスの際に腰に結構な負荷がかかっているということに驚きました。一見、重たくなさそうですが、実際は飛行機が少し前後傾いて進行しているので腰にとても負荷がかかると聞いて、重たくないように見せているのはお客様への心遣いだな、素敵だな、と思いました。
    CAさんに関しては避難訓練も見学させていただきました。普段、飛行機にのっていても何か緊急事態が起きないかぎり見ることのない避難の際のCAさんの姿を見て、いつも飛行機に乗った時の華やかさとは裏腹に緊張感のあるなと思いました。確かに人の命を乗せて飛んでいるので、しっかり緊張感のある訓練をすることはとても大事だなと思いました。
    最後になりますが、パイロットさん、CAさんだけではなくさまざまなJALで働いていらっしゃる方のお仕事を見学させていただきました。ひとつの飛行機を飛ばす為にたくさんの方が関わっていることを知れました。その人数は私が予想していた以上でした。本当に貴重な経験をさせて頂きました。ありがとうございます。
    これからもたくさん飛行機に乗ると思いますので、その際に研修で教えていただいたことなどを思い出しながら、空の旅を楽しみたいと思います。本当にありがとうございました。

    (M.I.さん)
    先日は貴重なお時間をいただき本当にありがとうございました。
    まさに飛行機の運行を支える司令塔と言うべきであるオペレーションコントロールセンターでの見学は、客室乗務員を目標としている私には鳥肌の立つような現場でした。24時間体制で管理を実施され、あらゆるトラブルを迅速に判断し行動し円滑な航空機の運用を行なっているということを知り、飛行機一つ飛ばすには、たくさんの人の支えがあると改めて感じることが出来ました。
    客室乗務員の方のブリーフィングを間近で見学し、普段は笑顔が素敵な方々ですが、その時は客室内での安全は客室乗務員にゆだねられていると感じさせる真剣さが表情で伝わってきました。現役の客室乗務員の方が毎年必ず受けている訓練を見て、世間では飛行機での事故はほとんどないと言われていても「いつ、どんな時」に備えてお客様の安全を第一に考え全力で取り組んでいる姿にとても感銘を受けました。
    一つの飛行機を飛ばすためには私達が見えている範囲の人の手だけでなく裏側で支えてくださっている人の手もあり安全に目的地までお客様を運ぶことが出来ているということ、そしてこの見学を通して社内が一体となる強さを感じました。
    私は2種類の顔を持つ客室乗務員という仕事を憧れから目標に変えることが出来た1日でした。
    このたびは貴重なお時間をいただき、本当にありがとうございました。


    2019年
    12月04日

    第三回Speech Contest開催!

    11月26日(火曜日)、第三回学長杯スピーチコンテストが行われました。
    tan191204_1.jpg

    今年のテーマは、昨年に引き続き “Jo Gakuin’s Impact on Me”
    出場者は7名。それぞれが福岡女学院短期大学部での学び、出会い、経験を振り返りました。

     
    優勝は、R.C.さん。
    tan191204_2.jpg
    (コメント)
    このスピーチコンテストに参加するかどうか、最初はとても迷いました。しかし、参加すると決めてからは"勝ち"にこだわって先生方のご指導の元練習に取り組みました。授業後に1~2時間の練習を繰り返し、自分も満足する結果になりとても良い経験になりました。
    このスピーチを機に留学や、新しいことへの挑戦に前向きに考えてくれる人が少しでも増えたら嬉しいです。
    そして自分自身がより英語を話すことが好きだと実感し、更なる向上心へと繋がりました。
    貴重な体験ができ本当によかったです。

     
    準優勝は、R.T.さん。
    tan191204_3.jpg
    (コメント)
    私は、大勢の前で話すのが好きではなく、スピーチコンテストに出ない?と先生方に言われても頑なに首を横に振っていました。ですが、2年間過ごした中で経験できた事を誰かに伝えるのも良いんじゃない?と言われ、参加を決意しました。本番まであまり満足が行くほど準備ができず不安でしたし、みんなのスピーチが素敵でまさか自分が準優勝するなんて思ってもいませんでした。参加するまではあんなに嫌だったのに、今となっては短大生活の大切な思い出のひとつになりました。 背中を押し、たくさん助けてくださった先生方や、暖かい言葉をたくさんかけてくれた友達に感謝の気持ちでいっぱいです!

     
    3位は、K.S.さん。
    tan191204_4.jpg
    (コメント)
    今回のスピーチコンテストは私にとって1年の朗読コンテストに続き2回目のコンテストでした。前回は2位だったので今回こそは優勝しか頭に無かったです。日本語の添削から先生にみてもらい、英語の添削はネイティブと日本人の先生両方にしてもらいました。文章もですが、スピーチ する事が大事なので出来るだけ相手に話す、相手に伝えるという事を大事にしながら練習しました。本番では緊張して練習のようにいかなかったのが悔しかったですがスピーチコンテストに出場出来たこと、みんなの前でスピーチできた事に喜びを感じました。
    添削や練習に付き合って下さった先生方、応援してくれた友人達に感謝します。ありがとうございました。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    最後にBrajcich先生から一言です。
    It was a true pleasure to listen to all of the speakers again this year at our annual speech contest. All of the contestants did a great job and it was inspiring to hear how our school has impacted their lives. Congratulations to everyone on a wonderful effort!!

    2019年
    10月23日

    卒業生の活躍②:JALスカイ九州(旅客部)

    現在、JALスカイ九州旅客部でグラウンド・スタッフとして活躍しているK.T.さんが、「キャリア・デザイン」の授業で話をしてくださいました。

    tan191023.png

    K.T.さんが短大を卒業してから、3年が経とうとしています。現在の仕事での出会いやグラウンド・スタッフの仕事に求められるものなど、様々な話をわかりやすくしてくれました。また、短大時代の経験や、就職活動についてのアドバイスなども聞くことができました。授業を受けた学生は、とても刺激になったようです。

    2019年
    10月03日

    旅程管理主任者実務研修が行われました:クロアチア、イタリア編

    2019年、夏期休暇中に旅程管理海外実務研修が行われました。今年は、クロアチア・イタリアに研修に行きました。

    tan191003_1.jpg

    tan191003_2.jpg

    以下、学生のコメントです。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    2019年度 旅程管理海外実務研修(8/25~9/1)クロアチア・イタリア
    (M.Nさんの感想)
    私は実務研修に参加して本当に良かったと思っています。海外旅行、ツアーコンダクター、ガイドどれも私が憧れて華やかな想像しかしていなかったものです。今回が初めての海外だったのですが、まず準備から海外に行くには様々なものが必要になります。簡単に行けるものではないのだと衝撃を受けました。空港でもゲートを通るとか単純なものではなく、手荷物検査・入国審査があり、たくさんのことを済ませる必要があります。行くまでに知らなかったことが多すぎて、たくさん迷ったり困ったりしましたが、新鮮な体験ができて、本当に良かったです。やはり経験しなければ頭に残らないし、ネットではわからないことがあります。貴重で価値のある経験ができました。ツアーコンダクターという職業はこの研修に参加する前と後でイメージががらっと変わりました。どんなに華やかな職業でも裏にはやはり努力があって、こなさなければならない作業が山ほどあって楽な仕事なんてないんだと身をもって思い知らされました。旅行に関する基本的な知識、現地のこと、トラブルの対応、お客様のことなどマルチな知識が必要不可欠な職業だと思います。現地のガイドさんの仕事ぶりは私の印象に強く残っています。特にドブロブニクの現地ガイドさん。日本語が本当に上手で現地の知識も豊富でした。でも何よりも良かったのが、お客様に寄り添おうとする姿勢です。コミュニケーションをたくさん取ろうとしてくれましたし、お仕事もきっちりこなした上で、仕事をしていると感じさせないくらい丁寧に最後の最後まで気を配ってくださいました。お客様にとってはその旅が一生に一度のものになるかもしれないから、最高のおもてなしを毎回心がけることが一番大切なんだと気づかされました。また、ロンドンのガイドさんも印象に残っています。仕事としてロンドンのことをたくさん知っているのは当然ですが、自分で見て感じて体験したことを踏まえてお客様に最高の情報をお伝えしようという姿勢が伝わってきました。
    自分で業務をしてみて、たくさんの人と環境と関わって、プロの仕事人の方々を間近で見て、本当に自分の刺激となり、貴重な体験ができ、これからの活力になると強く感じています。今回学んだことをアウトプットまで持っていけるように日々の努力を続けていきます。貴重な体験、関わってくださったすべての方々に感謝です。
    旅行って本当にすばらしい!!!

    (S.S.さんの感想)
     今回の研修でドブロブニクに着いてからホテルの夕食までを担当しました。人数確認や現地アシスタントさんとの打合せ、身の回りの所持品の確認を忘れていて、旅程管理者としての自覚や責任感の無さを痛感しました。でもホテルの使い方を明確にすばやく伝えたり、夕食の時にスタッフさんとコミュニケーションを取ったり、バスからスーツケースを降ろす時に手伝ったりなど、良くできたところもありました。
    実務を経験して、ホテルの使い方の確認や、夕食のアポの取り方は確認する内容が多く細かいので正確に聞き取って伝えるのが難しかった。またお客様の命をお預かりしてリードする責任の重みを身をもって感じることができました。JTBロンドン支店訪問では添乗員だけでなく、旅行に関する仕事が他にもたくさんあるということを知り、ツアーの企画やアウトバウンドの対応などにも興味を持つことができ、ますます旅行の仕事について知りたいと思える良い機会になりました。2日間のロンドンで地下鉄を使っていろいろなところへ行くのがとても楽しかったです。地下鉄がとてもわかり易く、初めてでしたがすぐ乗れるようになり、もっといろいろなところへ行ってみたかったです。またベニスの景色はとてもきれいで、移動のフェリーでの景色は衝撃的でした。8日間お天気にも恵まれ、とても充実していました。そしてとても良い体験ができました。

    2019年
    10月03日

    海外語学研修が行われました:イギリス(ロンドン)編

    2019年、9月の2週間、イギリスのロンドンで海外語学研修(海外実務研修後)が行われました。

    tan191007_1.jpg

    tan191007_2.jpg

    (N.Fさんの感想です。)
    私は今回のイギリス語学研修に参加できて本当によかったと心から思いました。
    初めてのヨーロッパで何もかもが新鮮でした。最初のクロアチアでは、日本では考えられないような建物ばかりで驚きました。大きい家ばかりでしたし、のどかでいい街だな~と思いました。ですが、お水が無料ではなく、しかも料金が高いということに少しカルチャーショックを受けました。イタリアのベニスは水の上に町があってとてもオシャレでした。今までテレビで見てきた世界に行けて本当に幸せでした!!!
    そして今回のメインであるロンドン!今まで行った国とは違って都会でした。ロンドンにはたくさんの世界で有名な場所があり、観光するのがとても楽しかったです。私が一番行きたかったところは「大英博物館」でまずその大きさに驚きました。他にも「ナショナルギャラリー」でゴッホのひまわりを見たり、バッキンガム宮殿で衛兵交代式を見られたことも最高に嬉しかったです。最初は不安だったロンドン観光ですが、一人で観光できるほどになりました。それは語学学校のおかげでもあります。今まで英語を勉強してきましたが、いざ外国人を前にするとなかなか話すことができませんでした。しかし、学校に行き始めてからは間違ってもいいから何か話してみようと思えるようになり、そこから何かわからない事があったら駅員さんに尋ねたり、店員さんに尋ねたりできるようになり、より英語が楽しいと思えるようになりましたし、これからも頑張って行こうと思えるいい機会にもなりました。語学学校の授業は本当に楽しくて先生も大好きでした!またロンドンに来る機会があれば、ぜひ行きたいと思います。

    2019年
    10月01日

    第46回グレープカップコンテスト開催!

    2019年9月28日(土)に第46回Grape Cup Contestが行われました。今年は23名の高校生の皆さんが、それぞれの個性を生かして Peter Panを披露してくださいました。
    第46回コンテストの結果は以下の通りです。

    優勝

    弘学館高等学校
    tan191001_1.jpg

    tan191001_2.jpg

    Good Speaker賞は、

    tan191001_3_4.png
     
    おめでとうございます!
    tan191001_5.jpg

    以下、本学の審査員の先生方からメッセージです。
    tan191001_6.jpg

    From Mr. Brajcich
    Peter Pan is a young boy who never grows up. His life is full of adventure and I think his character can serve as an inspiration to us to live our own adventurous lives. Again, this year’s piece presented many challenges to the participants. I commend all the speakers and teachers for taking on this challenge and performing the piece. Congratulations and thank you so much for performing at our Grape Cup!


    From Ms. Millikan
    The 46th Grape Cup was memorable to me as a judge because of the high quality of everyone's speeches. This was my favorite Grape Cup Contest. The story of Peter Pan was so vividly brought to life by each of you. I don't think I'll forget Wendy, Peter, John or fairy dust anytime soon. I want to congratulate you all on your stunning performances. Each of you gave your very best and it was not easy to choose who should get the prize because you all did very well. I enjoyed listening to each of you very much and I look forward to next year's Grape Cup adventure


    From Mr. Lake
    Thank you to all the Grape Cup Contest participants. This year there was a very narrow range of differences, in other words, the quality of all of the speakers was very high. It took persistence and courage to speak the way that you did in this contest but you showed that you can do it. This is something to remember and be proud of and take with you in your educational journeys. I hope it serves as a reminder as you continue your studies, that with effort and self-belief, you can achieve great things.

    *グレープカップコンテストには多くの短大生がスタッフとして関わっています。

    2019年
    08月26日

    公開講座を開催しました

    8月24日(土)に短期大学部主催の公開講座が行われました。
    今年のテーマは、
    “GLOBALIZATION AND COMMUNICATIVE COMPETENCE IN JAPANESE ENGLISH CLASSROOMS”。
    関西大学よりFred Anderson教授をお招きし、公開講座を開催しました。

    tan190826_1.jpg

    tan190826_2.jpg

    tan190826_3.jpg

    英語に興味のある方から、現役の教員まで幅広い層の方々にお越しいただきました。
    参加された皆様、ありがとうございました。

    2019年
    08月08日

    普通救命講習会が行われました

    7月30日、福岡市消防局の方たちのご協力により、「普通救命講習Ⅰ」が行われました。
    大学生、短大生合わせて31名の学生が参加しました。

    tan190808_1.jpg

    多くの学生が、将来、旅行業や航空業、その他、様々な接客業に就きたいと考えています。普通救命の資格は、そのような将来の職業にも役に立ちますが、実はそれだけにとどまらず普段の生活を送る上でも重要なものです。学生一人一人が、心肺蘇生法(胸骨圧迫・人工呼吸)、AEDの使い方についてレクチャーを受け、実践練習を行いました。

    tan190808_2.jpg tan190808_3.jpg

    2019年
    08月04日

    Open Campus報告

    8月3日、4日の二日間にかけて、オープンキャンパスが行われました。暑い中、短大ブースにお越しいただき、ありがとうございました。

    tan190804_01.jpg

    tan190804_02.jpg

    このオープンキャンパスは、「大学案内」では得られない在学生の生の声を聞くことができるのが最大の魅力です。

    tan190804_03.jpgtan190804_04.jpg
    tan190804_05.jpg
    tan190804_06.jpg

    短大における様々なプログラムの発表も聞くことができます!

    tan190804_07.jpg
    tan190804_09.jpg
    tan190804_10.jpg
    tan190804_11.jpg

    今年の模擬授業では、ナチュラルなコミュニケーションの取り方についてと、TOEIC®の解き方のコツを伝授していただきました!

    本当にたくさんの高校生にお越しいただき、感謝しています。
    8月にもう一度、ミニ・オープンキャンパスが開催され、そこでも在学生の発表を通して、短大の魅力をお伝えする予定です。ぜひ、お越しください。

    高校生の皆さん、体に気をつけて夏を乗り切ってください。

    2019年
    07月24日

    ミニOC(7月)にお越しいただきありがとうございました

    7月21日、2019年度第2回目のミニオープンキャンパスが行われました。
    九州地方は大雨に見舞われ、開催が危ぶまれましたが、無事、時間を短縮して開催することができました。参加してくださいました高校生の皆様、ありがとうございました。

    今回の模擬授業は、Brajcich先生による英語を話す際に必要なアイコンタクトやボディランゲージなどの非言語コミュニケーションについて、でした。

    tan190724.jpg

    いかがだったでしょうか。

    短大のブースでは、短大の授業やプログラムについて、先輩たちが自分たちの経験を踏まえて詳しく説明してくれます。今回は、R.H.さんとN.N.さんが担当してくれました。二人は昨年参加した「海外旅行企画提案コンテスト」で審査員賞を受賞したチームのメンバーでした。

    次は、二週間後に迫った8月のオープンキャンパスです。短大英語科に興味のある方、学生発表もありますので、ぜひお越しください。

    2019年
    07月12日

    短期大学部英語科 8月24日(土)2019年度公開講座開催!!

    英語学習・英語授業内におけるコミュニケーション能力とグローバル化とは??
    短期大学部は、関西大学文学部よりフレッド E. アンダーソン教授をお招きして、公開講座“GLOBALIZATION AND COMMUNICATIVE COMPETENCE IN JAPANESE ENGLISH CLASSROOMS”
    を行います。参加費は無料です。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

    【日時】2019年8月24日(土)13:30~15:30(13:00受付開始)
    【会場】 福岡女学院大学 2号館1階 211教室
    【参加申込方法】E-mail: event.eigoka@fukujo.ac.jp
    (詳しくは下記のポスター(532KB)をご覧ください)
    tan190712.jpg

    2019年
    07月10日

    JAL客室乗務員による講演会開催!

    6月25日(火曜)、福岡女学院大学の卒業生Y.S.さんによるJAL客室乗務員『お仕事紹介』が行われました。

    tan190710.jpg 

    客室乗務員の仕事内容について、また、客室乗務員に必要な資質について、そして、Y.S.さんの経歴など様々なトピックについて話をしてくださいました。
    客室乗務員は、「保安要員」であり、「サービス要員」です。出発前には、入念な打ち合わせを行い、安全かつ快適に目的地に到着できるよう準備します。機内では飲み物・食事のサービスをするとともに、ご要望に沿えるようお客さまの様子に目を配ります。また、機内はしつらえに留意し、常に快適な状態を維持します。
    そして、着陸前には、お客さまのシートベルトの確認など安全確認を行います。

    今回のY.S.さんの話によって、皆、これからの学生生活をどのように過ごせばよいかについて考える貴重な機会となりました。
    これからも様々な経験を積んで、社会で通用するコミュニケーション力をつけていきましょう。
    様々なものに「意識」を持って生活しましょう!小さな気づきが皆さん一人一人の心を成長させます。

    2019年
    06月25日

    グレープカップコンテストへのお誘い

    第46回グレープカップコンテストへのお誘い

    2019年9月28日(土)開催tan190625.png

     

    今年のコンテストのピースは、J.M.BarrieのPeter Panの一場面からです。置き忘れた自分の影を取り戻しにWendyたちの部屋にやってきたPeter Panは仲良しになったWendyをNeverlandに誘います。そこでWendyと弟たちはPeter Panから空を飛ぶことを教えてもらい、いざ、Neverlandへと… あまりにも有名な物語のほんの一部ですが、少しの間楽しくて不思議な世界に触れてみましょう。

    それでは、一人でも多くの方に参加していただけることを期待しています。

    コンテストの詳細はこちらをご覧ください。

    2019年
    06月17日

    ミニOC(6月)

    2019年度第1回目のミニオープンキャンパスが6月16日に行われました。

    模擬授業は、Millikan先生によるスピーキングの授業。教材に「チャーリーとチョコレート工場」を使いました。
    tan190617_1.jpg

    tan190617_2.jpg


    短大のブースでは、先輩たちが短大の授業について説明をしてくれます。
    tan190617_3.jpg

    tan190617_4.jpg

    今回は、M.O.さんとC.I.さんが担当してくれました。二人とも一年間、海外に留学して帰って来た先輩で、English Loungeのイベントにも積極的に参加しています。

    次回は7月です。短大英語科に興味のある方、ぜひお越しください。

    2019年
    06月11日

    2019年度学長杯朗読コンテスト、開催!

    6月4日、1年生対象の学長杯朗読コンテストが行われました。
    tan190611_1.jpg

    朗読のピースは毎年恒例の “I Have a Dream”。

    見事優勝に輝いたのは、S.Y.さん。
    2位は、N.F.さん。
    3位は、M.I.さん。
    おめでとうございます!
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    それぞれにコメントを寄せていただきました。

    S.Y.さん。
    tan190611_2.jpg

     緊張したけど一生懸命練習した甲斐があって、自信を持って発表出来ました。
    とは言え、皆上手くてまさか自分が優勝するとは思っていなかったので1位の発表で自分の名前が呼ばれた時はすごく嬉しかったです!
     この様な機会を頂いて大勢の前で発表することは日常生活の中ではあまりない事なので今回はとてもいい経験をすることができたと思います。
     また、これからもこの様な機会があれば、積極的に参加して行きたいです!

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      N.F.さん。
    tan190611_3.jpg

     朗読コンテストに出場してみて、いかに自分が表現力がないのかを改めて思い知らされました。いくら発音が良かったり、強弱があったりしても感情移入ができていないと聴衆には響いてこないということを実感したので、表現力を大事にしながら、頑張っていきたいと思いました。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    M.I.さん。
    tan190611_4.jpg

     今回朗読コンテストで3位に入賞出来、とても嬉しかったです。
     本番は緊張からか途中でスムーズに言えないところがあったり、強弱があまり付けられなかったりと練習通りにはいきませんでしたが、普段から意識している発音や表現力はしっかり出せたので悔いはありません。
     今回この朗読コンテストに出場しようと決めるまでかなり悩んでしまい、練習が足りていないままコンテストに出てしまったことが唯一の後悔です。
     そのため、少しも暗唱が出来ず、ずっと用紙を見たままの朗読となってしまいました。
     しかし、コンテスト出場を決めた時点で暗唱は難しいと分かっていたので、どうしたら印象に残るか考えたところ、実際のキング牧師の強く訴えるような表現を用いて練習しようと思いました。
     私は何度もキング牧師のスピーチを聞いて、切って読むところ、強く読むところをチェックし、意識しながら練習しました。
     キング牧師の言い方そのものでは個性が出せないので、所々自分が思う表現の仕方に変えるなどの工夫をしました。
     今回の朗読コンテストで得たことをこれからの学習に活かしていきたいと思います。

    2019年
    06月07日

    卒業生の活躍①:海外の大学

    現在、短大を卒業後、海外の大学で勉強している卒業生は多数います。
    その中の一人、西さんが、フィリピンでの1年の学びを終えて、短大を訪ねてくれました。
    tan190607_1.jpg

    tan190607_2.jpg


    西さんは、2018年度に短期大学部英語科を卒業後、フィリピンのバギオ大学で看護学を専攻しています。彼女の目標は “World Peace”。そのために自分は看護師として働くという夢を持ち、日々、フィリピンの地で頑張っています。
    壮大な目標をさらっと語る彼女は、ざっくばらんで、気さくな性格の持ち主。イングリッシュラウンジでは「看護学の話をしてもみんなつまらないだろうから・・・」と言って、代わりに「どうしたら英語が話せるようになるのか」という内容のプレゼンテーションをしてくれました。60人を超える学生たちが話を聞きに訪れました。
    多くの学生が発表後も積極的に質問をしていました。

    tan190607_3.jpg
    英語のレベルにはそれぞれ個人差があれども、話せるようになりたい、上達したいという学生たちの熱心な気持ちは共通しているようです。さあ、「間違いをおそれず」英語をどんどん使って話してみましょう!

    2019年
    06月04日

    交換留学④:Aliya、ありがとう!

    交換留学プログラム、終了!あっという間の2週間が過ぎました。
    tan190604_1.jpg

    5月30日、プログラムの修了証が学長より手渡されました。
    tan190604_2.jpg

    Farewell Partyでは、AliyaによるTennessee紹介の発表を聞き、デザートパーティ。
    tan190604_3.jpg

    tan190604_4.jpg

    tan190604_5.jpg

    tan190604_6.jpg

    とても短い期間でしたが、ホストシスターのK.I.さん、並びに家族の皆様、お世話になりました。Aliya、また会える日を楽しみにしていますね。

    2019年
    05月28日

    交換留学③Aliya、鹿児島へ!

    Aliya、鹿児島へ!
     
    tan190528_1.jpg


    日曜日、新幹線に乗って、鹿児島へ行ってきました。
    tan190528_2.jpg


    新幹線で鹿児島中央に着くと、まずは名物、黒豚のしゃぶしゃぶコースを満喫!
    tan190528_3.jpg
    tan190528_4.jpg

    次に有名な桜島が一望できる日本庭園の仙厳園を散策しました。

    tan190528_6.jpg

    散策の後、名物かき氷、"白クマ"を食べて休憩。帰りのバスに乗る前には桜島の噴火が見られました!

    tan190528_7.jpg
    tan190528_8.jpg

    あっという間でしたが、たくさんの鹿児島名物名所を楽しめた1日でした☆

    (以下Aliyaのコメント)
    Kagoshima Trip

    Kagoshima was very pretty! I was very excited to see the volcanoe, sakurajima and i saw it erupt a little. it was so cool. I liked visiting sengan-en. The gardens were so beautiful and I love the nature and learning about the factory that was there and how they made iron! I also liked the cafe there. we ate shaved ice and it was very yummy and good since it was very hot in kagoshima. The shinkansen was very nice and it was fun going through the mountains on the way and back from kagoshima. it was a very fun experience for me! I also loved shyabu shyabu, it was so delicious!! I would like to go back to Kagoshima.

    2019年
    05月24日

    交換留学プログラム②:今週のAliya

     月曜から始まった交換留学プログラムですが、早いもので一週間が過ぎました。
    様々なクラスに参加して、毎日、忙しい日々を送っているAliyaです。
    昨日は、垣原ゼミの学生とともに大宰府へ学外研修に参加しました。
    tan190524_1.jpg

    (Aliyaの感想)
    I saw Dazaifu Tenmangu and I thought that it was beautiful. The concept of the bridge was very cool to me and I found the scenery really beautiful. 
    We didn’t got in but I liked the idea of Komyozenji Temple. I have never seen a dry garden before so I would like to see it fully some day. 
    I heard so much about Shintoism and Buddhism and never news Japan had so many temples and shrines!


    週末は鹿児島へ行きます。

    (おまけ)
    バスケットボールと大縄もしましたよ。
    tan190524_2.jpg

    2019年
    05月21日

    2019交換留学プログラムが始まりました!

    5月20日から、テネシー大学との二週間の交換留学プログラムが始まりました。
    tan190521_1.jpg

    今年は、21歳のAliyaさんが短大に来てくれました。
    昨日は、彼女を交えてWelcome Party。
    tan190521_2.jpg

    tan190521_3.jpg

    これから彼女は日本語を学びながら、短大の様々なクラスで学生と交流を行います。
     

    カテゴリー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@