• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    短期大学部

    短期大学部Today 一覧

    2019年
    08月08日

    普通救命講習会が行われました

    7月30日、福岡市消防局の方たちのご協力により、「普通救命講習Ⅰ」が行われました。
    大学生、短大生合わせて31名の学生が参加しました。

    tan190808_1.jpg

    多くの学生が、将来、旅行業や航空業、その他、様々な接客業に就きたいと考えています。普通救命の資格は、そのような将来の職業にも役に立ちますが、実はそれだけにとどまらず普段の生活を送る上でも重要なものです。学生一人一人が、心肺蘇生法(胸骨圧迫・人工呼吸)、AEDの使い方についてレクチャーを受け、実践練習を行いました。

    tan190808_2.jpg tan190808_3.jpg

    2019年
    08月04日

    Open Campus報告

    8月3日、4日の二日間にかけて、オープンキャンパスが行われました。暑い中、短大ブースにお越しいただき、ありがとうございました。

    tan190804_01.jpg

    tan190804_02.jpg

    このオープンキャンパスは、「大学案内」では得られない在学生の生の声を聞くことができるのが最大の魅力です。

    tan190804_03.jpgtan190804_04.jpg
    tan190804_05.jpg
    tan190804_06.jpg

    短大における様々なプログラムの発表も聞くことができます!

    tan190804_07.jpg
    tan190804_09.jpg
    tan190804_10.jpg
    tan190804_11.jpg

    今年の模擬授業では、ナチュラルなコミュニケーションの取り方についてと、TOEIC®の解き方のコツを伝授していただきました!

    本当にたくさんの高校生にお越しいただき、感謝しています。
    8月にもう一度、ミニ・オープンキャンパスが開催され、そこでも在学生の発表を通して、短大の魅力をお伝えする予定です。ぜひ、お越しください。

    高校生の皆さん、体に気をつけて夏を乗り切ってください。

    2019年
    07月24日

    ミニOC(7月)にお越しいただきありがとうございました

    7月21日、2019年度第2回目のミニオープンキャンパスが行われました。
    九州地方は大雨に見舞われ、開催が危ぶまれましたが、無事、時間を短縮して開催することができました。参加してくださいました高校生の皆様、ありがとうございました。

    今回の模擬授業は、Brajcich先生による英語を話す際に必要なアイコンタクトやボディランゲージなどの非言語コミュニケーションについて、でした。

    tan190724.jpg

    いかがだったでしょうか。

    短大のブースでは、短大の授業やプログラムについて、先輩たちが自分たちの経験を踏まえて詳しく説明してくれます。今回は、R.H.さんとN.N.さんが担当してくれました。二人は昨年参加した「海外旅行企画提案コンテスト」で審査員賞を受賞したチームのメンバーでした。

    次は、二週間後に迫った8月のオープンキャンパスです。短大英語科に興味のある方、学生発表もありますので、ぜひお越しください。

    2019年
    07月12日

    短期大学部英語科 8月24日(土)2019年度公開講座開催!!

    英語学習・英語授業内におけるコミュニケーション能力とグローバル化とは??
    短期大学部は、関西大学文学部よりフレッド E. アンダーソン教授をお招きして、公開講座“GLOBALIZATION AND COMMUNICATIVE COMPETENCE IN JAPANESE ENGLISH CLASSROOMS”
    を行います。参加費は無料です。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

    【日時】2019年8月24日(土)13:30~15:30(13:00受付開始)
    【会場】 福岡女学院大学 2号館1階 211教室
    【参加申込方法】E-mail: event.eigoka@fukujo.ac.jp
    (詳しくは下記のポスター(532KB)をご覧ください)
    tan190712.jpg

    2019年
    07月10日

    JAL客室乗務員による講演会開催!

    6月25日(火曜)、福岡女学院大学の卒業生Y.S.さんによるJAL客室乗務員『お仕事紹介』が行われました。

    tan190710.jpg 

    客室乗務員の仕事内容について、また、客室乗務員に必要な資質について、そして、Y.S.さんの経歴など様々なトピックについて話をしてくださいました。
    客室乗務員は、「保安要員」であり、「サービス要員」です。出発前には、入念な打ち合わせを行い、安全かつ快適に目的地に到着できるよう準備します。機内では飲み物・食事のサービスをするとともに、ご要望に沿えるようお客さまの様子に目を配ります。また、機内はしつらえに留意し、常に快適な状態を維持します。
    そして、着陸前には、お客さまのシートベルトの確認など安全確認を行います。

    今回のY.S.さんの話によって、皆、これからの学生生活をどのように過ごせばよいかについて考える貴重な機会となりました。
    これからも様々な経験を積んで、社会で通用するコミュニケーション力をつけていきましょう。
    様々なものに「意識」を持って生活しましょう!小さな気づきが皆さん一人一人の心を成長させます。

    2019年
    06月25日

    グレープカップコンテストへのお誘い

    第46回グレープカップコンテストへのお誘い

    2019年9月28日(土)開催tan190625.png

     

    今年のコンテストのピースは、J.M.BarrieのPeter Panの一場面からです。置き忘れた自分の影を取り戻しにWendyたちの部屋にやってきたPeter Panは仲良しになったWendyをNeverlandに誘います。そこでWendyと弟たちはPeter Panから空を飛ぶことを教えてもらい、いざ、Neverlandへと… あまりにも有名な物語のほんの一部ですが、少しの間楽しくて不思議な世界に触れてみましょう。

    それでは、一人でも多くの方に参加していただけることを期待しています。

    コンテストの詳細はこちらをご覧ください。

    2019年
    06月17日

    ミニOC(6月)

    2019年度第1回目のミニオープンキャンパスが6月16日に行われました。

    模擬授業は、Millikan先生によるスピーキングの授業。教材に「チャーリーとチョコレート工場」を使いました。
    tan190617_1.jpg

    tan190617_2.jpg


    短大のブースでは、先輩たちが短大の授業について説明をしてくれます。
    tan190617_3.jpg

    tan190617_4.jpg

    今回は、M.O.さんとC.I.さんが担当してくれました。二人とも一年間、海外に留学して帰って来た先輩で、English Loungeのイベントにも積極的に参加しています。

    次回は7月です。短大英語科に興味のある方、ぜひお越しください。

    2019年
    06月11日

    2019年度学長杯朗読コンテスト、開催!

    6月4日、1年生対象の学長杯朗読コンテストが行われました。
    tan190611_1.jpg

    朗読のピースは毎年恒例の “I Have a Dream”。

    見事優勝に輝いたのは、S.Y.さん。
    2位は、N.F.さん。
    3位は、M.I.さん。
    おめでとうございます!
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    それぞれにコメントを寄せていただきました。

    S.Y.さん。
    tan190611_2.jpg

     緊張したけど一生懸命練習した甲斐があって、自信を持って発表出来ました。
    とは言え、皆上手くてまさか自分が優勝するとは思っていなかったので1位の発表で自分の名前が呼ばれた時はすごく嬉しかったです!
     この様な機会を頂いて大勢の前で発表することは日常生活の中ではあまりない事なので今回はとてもいい経験をすることができたと思います。
     また、これからもこの様な機会があれば、積極的に参加して行きたいです!

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      N.F.さん。
    tan190611_3.jpg

     朗読コンテストに出場してみて、いかに自分が表現力がないのかを改めて思い知らされました。いくら発音が良かったり、強弱があったりしても感情移入ができていないと聴衆には響いてこないということを実感したので、表現力を大事にしながら、頑張っていきたいと思いました。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    M.I.さん。
    tan190611_4.jpg

     今回朗読コンテストで3位に入賞出来、とても嬉しかったです。
     本番は緊張からか途中でスムーズに言えないところがあったり、強弱があまり付けられなかったりと練習通りにはいきませんでしたが、普段から意識している発音や表現力はしっかり出せたので悔いはありません。
     今回この朗読コンテストに出場しようと決めるまでかなり悩んでしまい、練習が足りていないままコンテストに出てしまったことが唯一の後悔です。
     そのため、少しも暗唱が出来ず、ずっと用紙を見たままの朗読となってしまいました。
     しかし、コンテスト出場を決めた時点で暗唱は難しいと分かっていたので、どうしたら印象に残るか考えたところ、実際のキング牧師の強く訴えるような表現を用いて練習しようと思いました。
     私は何度もキング牧師のスピーチを聞いて、切って読むところ、強く読むところをチェックし、意識しながら練習しました。
     キング牧師の言い方そのものでは個性が出せないので、所々自分が思う表現の仕方に変えるなどの工夫をしました。
     今回の朗読コンテストで得たことをこれからの学習に活かしていきたいと思います。

    2019年
    06月07日

    卒業生の活躍①:海外の大学

    現在、短大を卒業後、海外の大学で勉強している卒業生は多数います。
    その中の一人、西さんが、フィリピンでの1年の学びを終えて、短大を訪ねてくれました。
    tan190607_1.jpg

    tan190607_2.jpg


    西さんは、2018年度に短期大学部英語科を卒業後、フィリピンのバギオ大学で看護学を専攻しています。彼女の目標は “World Peace”。そのために自分は看護師として働くという夢を持ち、日々、フィリピンの地で頑張っています。
    壮大な目標をさらっと語る彼女は、ざっくばらんで、気さくな性格の持ち主。イングリッシュラウンジでは「看護学の話をしてもみんなつまらないだろうから・・・」と言って、代わりに「どうしたら英語が話せるようになるのか」という内容のプレゼンテーションをしてくれました。60人を超える学生たちが話を聞きに訪れました。
    多くの学生が発表後も積極的に質問をしていました。

    tan190607_3.jpg
    英語のレベルにはそれぞれ個人差があれども、話せるようになりたい、上達したいという学生たちの熱心な気持ちは共通しているようです。さあ、「間違いをおそれず」英語をどんどん使って話してみましょう!

    2019年
    06月04日

    交換留学④:Aliya、ありがとう!

    交換留学プログラム、終了!あっという間の2週間が過ぎました。
    tan190604_1.jpg

    5月30日、プログラムの修了証が学長より手渡されました。
    tan190604_2.jpg

    Farewell Partyでは、AliyaによるTennessee紹介の発表を聞き、デザートパーティ。
    tan190604_3.jpg

    tan190604_4.jpg

    tan190604_5.jpg

    tan190604_6.jpg

    とても短い期間でしたが、ホストシスターのK.I.さん、並びに家族の皆様、お世話になりました。Aliya、また会える日を楽しみにしていますね。

    2019年
    05月28日

    交換留学③Aliya、鹿児島へ!

    Aliya、鹿児島へ!
     
    tan190528_1.jpg


    日曜日、新幹線に乗って、鹿児島へ行ってきました。
    tan190528_2.jpg


    新幹線で鹿児島中央に着くと、まずは名物、黒豚のしゃぶしゃぶコースを満喫!
    tan190528_3.jpg
    tan190528_4.jpg

    次に有名な桜島が一望できる日本庭園の仙厳園を散策しました。

    tan190528_6.jpg

    散策の後、名物かき氷、"白クマ"を食べて休憩。帰りのバスに乗る前には桜島の噴火が見られました!

    tan190528_7.jpg
    tan190528_8.jpg

    あっという間でしたが、たくさんの鹿児島名物名所を楽しめた1日でした☆

    (以下Aliyaのコメント)
    Kagoshima Trip

    Kagoshima was very pretty! I was very excited to see the volcanoe, sakurajima and i saw it erupt a little. it was so cool. I liked visiting sengan-en. The gardens were so beautiful and I love the nature and learning about the factory that was there and how they made iron! I also liked the cafe there. we ate shaved ice and it was very yummy and good since it was very hot in kagoshima. The shinkansen was very nice and it was fun going through the mountains on the way and back from kagoshima. it was a very fun experience for me! I also loved shyabu shyabu, it was so delicious!! I would like to go back to Kagoshima.

    2019年
    05月24日

    交換留学プログラム②:今週のAliya

     月曜から始まった交換留学プログラムですが、早いもので一週間が過ぎました。
    様々なクラスに参加して、毎日、忙しい日々を送っているAliyaです。
    昨日は、垣原ゼミの学生とともに大宰府へ学外研修に参加しました。
    tan190524_1.jpg

    (Aliyaの感想)
    I saw Dazaifu Tenmangu and I thought that it was beautiful. The concept of the bridge was very cool to me and I found the scenery really beautiful. 
    We didn’t got in but I liked the idea of Komyozenji Temple. I have never seen a dry garden before so I would like to see it fully some day. 
    I heard so much about Shintoism and Buddhism and never news Japan had so many temples and shrines!


    週末は鹿児島へ行きます。

    (おまけ)
    バスケットボールと大縄もしましたよ。
    tan190524_2.jpg

    2019年
    05月21日

    2019交換留学プログラムが始まりました!

    5月20日から、テネシー大学との二週間の交換留学プログラムが始まりました。
    tan190521_1.jpg

    今年は、21歳のAliyaさんが短大に来てくれました。
    昨日は、彼女を交えてWelcome Party。
    tan190521_2.jpg

    tan190521_3.jpg

    これから彼女は日本語を学びながら、短大の様々なクラスで学生と交流を行います。
     

    2019年
    05月20日

    ラウンジでネパールフェスティバルを開催!

    5月13日、English Loungeで「ネパールランチフェスティバル」を開催しました。
    tan190520_1.jpg

    この日の午前中は大忙し。留学生が朝からネパール料理を作ってくれました。「モモ」と呼ばれるネパールの餃子とネパールのチキンカレー。88人の学生が料理を食べに来てくれました。
    tan190520_2.jpg


    料理を堪能した後は、みんなでネパールのダンスを踊り、さらにはコスチュームを借りて着てみましたよ。
    tan190520_3.jpg


    ネパールの学生たちはまだまだ大学生活に慣れるのに時間がかかっていましたが、今回、様々な大学生、短大生と知り合うことができ、有意義な時間を過ごすことができました。
    今回のイベントは、両国の学生にとって貴重な文化交流の場となりました。

    2019年
    04月16日

    Coffee Hour in English Lounge

    4月11日(木曜日)にEnglish Loungeで、最初のEnglish Coffee Hourを行いました。

    tan190416_3.jpg

    Coffee Hourは、月に二回、第2と第4木曜日(15:30〜16:30)に開催されます。無料の飲み物とお菓子(チョコレートブラウニー)があります。 英語で楽しみましょう。

    tan190416_2.jpg

    次は4/25です。ぜひ来て下さい!


    tan190416_1.jpg

    tan190416_4.jpg

    tan190416_5.jpg

    tan190416_6.jpg

    2019年
    04月03日

    109名の新入生を迎えました!

    ご入学、おめでとうございます。
    2019年4月2日、109名の学生が福岡女学院大学短期大学部に入学されました。

    tan190403_1.jpg
    (寺園院長)

    tan190403_2.jpg
    (新入生代表挨拶)
     
    新しい元号「令和」とともに、109名の皆さんの学生生活が実り多きものとなりますように、教職員一同、精一杯サポートしていきたいと思います。

    明日から熊本でオリエンテーションが始まります。

    2019年
    03月14日

    卒業式

    2019年3月14日、105名の短大生が
    英語科を卒業しました。
    おめでとうございます!

    tan190314_1.jpg
     
    54回目を迎えた今年の卒業式でも、これまでの伝統を引き継ぎ、
    一人ずつ証書を受け取りました。

    tan190314_2.jpg

    これからそれぞれの道を歩みます。
    「学び」続けることを忘れないでください。
    卒業生の皆さん、「行ってらっしゃい。」

    2019年
    03月04日

    JAL羽田研修

    2018年度、JAL羽田研修が行われました。

    tan190304.jpg

    以下、参加した学生の感想です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    (S.M.さん)
    今回、このJAL研修に参加して日頃は見ることのできない空港の裏側や訓練施設を見学でき、とても貴重な経験になりました。第1ターミナル見学では、実際に客室乗務員の方がブリーフィングを行っている様子を見ることが出来ました。見ている時、「今回の便は、お子様が多いので~」という声が聞こえてきました。お客様の年齢や体調をしっかりと事前に確認しておくことで普段、私たちが受けているような素晴らしいサービスが実行されているのだと思いました。また、JALの方々は常に笑顔で話をして下さったり、私が話すと頷いて話を聞いて下さり、会社としての魅力だけでなく、人としての魅力も感じることができました。今回参加したことで、日頃では見ることの出来ない部分をみて、大変さも理解した上で、自分の目標である航空業界で働きたいという思いが強くなりました。短い期間でしたが、多くの経験ができました。ありがとうございました。

    (C.M.さん)
    今回、JAL羽田研修に参加して客室乗務員やグランドスタッフ、日本航空のことを沢山学ぶことが出来ました。
    1日目に見学したスカイミュージアムではJALの歴代の制服や機種別のコックピット、座席などが展示してありました。そこで制服を着せて頂きJALの一員になったようで感動しました。格納庫では実際に機体整備を見ることが出来ました。飛行機がどのようにして作られているのか、長年飛んだ飛行機と短距離を飛んだ飛行機の整備などを見て感じることが出来ました。また、飛行機の機種によって機体の形が違うことがわかりました。午後からはターミナルの見学をさせて頂きました。実際に現場に入ることができ、機長と副機長が20分の間にBriefingをしていたり、グランドスタッフの方も同様チーフを中心に20分内でBriefingを行っていて、その間で情報を共有している姿に感動しました。また、チーフの方は白いジャケットを着ていらっしゃいましたが、スカーフの色で責任者のランクが違うことを知ることが出来ました。責任者を任される方は経験が豊富なのだと感じました。日本航空の皆様方がお客様のことを第一に考えていらっしゃることがわかりました。機内でも使用できるように通路に合わせて車椅子を作るなど様々な工夫がされていました。
    2日目は訓練施設の見学をさせて頂きました。新人の客室乗務員の訓練や定期訓練が行われていました。お客様の安全を守るため、緊急事態に備え訓練を実際にされていました。私たちの安全を第一に考えられていることが分かり、努力をなされているんだなと感じました。サービスの訓練ではお客様に合わせたサービスを提供するための訓練がされていました。丁寧な言葉遣いや仕草に見とれてしまいました。
    今回の研修で日本航空様はお客様のことを考え、お仕事をされているんだなと感じました。お客様だけでなく客室乗務員やパイロット、グランドスタッフが働きやすいような環境づくり、女性が働きやすいように産休制度が整えられていたりと様々な工夫がされていました。訓練や乗務は厳しく大変なことばかりであると思いましたが、素敵な会社であると感じました。今回経験したことを就職活動や社会人になるための1歩として活かしていきたいと思います。

    2019年
    02月25日

    カケハシ・プロジェクトに参加!ハワイでの学び【続編】

    前回に引き続き対日理解促進交流プログラム「カケハシ・プロジェクト」に参加した残りの学生からの感想です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


     (2年生:F.S.さんの感想です。)
    今回はこのような貴重なプロジェクトに参加することができたこと非常に嬉しく思います。リゾートをイメージさせるハワイですが、実際には日本と同じように様々な問題を抱えています。特に驚いたのはホームレスの数です。私たちのグループはその気づきをもとにプレゼンテーションを行いアクションプランを立てました。政府が取り組んでいるホームレス対策を知り、その対策があるにも関わらずホームレスの数が減らない原因を見つける過程はとても興味深かったです。HPU訪問では、出発前に時間をかけて練習した福岡女学院についてプレゼンテーションを行い、短期大学部伝統のミッションダンスを学生みんなと踊ることができとても良い思い出になりました。HPU、Windward Community Collegeの学生みんなが私たちを歓迎してくださり、キャンパスツアーやゲーム、ランチタイムなど個性ある学生たちと素晴らしい交流ができました。3月には今回会ったHPUの学生が福岡女学院に来るのでとても楽しみにしています。このほかにも、Pearl Harborや日系人の歴史を学び、日本国総領事館やFirst Hawaiian Bank、Hawaii Plantation Villageを訪れました。どの訪問や視察も価値のあるもので学ぶことが多くありました。そしてこのプロジェクトを終えて私たちができることは、ハワイでの経験や学んだことを周りの人に伝え共有するということです。特に私たちのような学生はまず自分の国のことを知り、日本と他国の関係に興味を持つことが重要であると感じています。最後に、このプロジェクトを通して学年も学部も違う福岡女学院の学生と出会い仲良くなれたことにも感謝しています。ありがとうございました!
    tan190225_01.jpg

    tan190225_02.jpg


     (1年生:R.S.さんの感想です。)
    今回のカケハシプロジェクトを通して、日本とハワイの関係は根深いということを肌で感じることができました。驚いたことはハワイの人はある程度の日本語は理解できること、みんなとてもフレンドリーでアロハ〜やマハロ〜などのハワイ語を大切にしていることです。ハワイで感じたことはたくさんありますが、自分が日本人として行くことができたことがとても大きな勉強になったと思います。パールハーバーでは日本人が真珠湾を攻撃したことは知っていましたがその裏で、ハワイの日系アメリカ人の人々が苦しい思いをしていたことまでは何も知らずに、日本人としてまだまだ無知な部分があると実感しました。2校の学校交流では自分から積極的に英語を話すことができ、また自分の今の英会話スキルを測る機会にもなりました。たくさんのことがありましたがハワイに行って本当によかったです!
    tan190225.jpg


    (1年生:A.N.さんの感想です。)
    今回カケハシプロジェクトに参加して、普段の生活では経験できないことを体験させて頂きました。現地の学生と交流したり、日本領事館の方のお話を聞かせて頂いたり、博物館や日本文化センターなど沢山の視察に行きましたが、中でも印象に残っているのはパールハーバーです。今まで、真珠湾攻撃のことを日本側からしか学習したことがなかったので、ハワイ側からの印象などをはじめて学習することができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。
    1週間という短い時間でしたが、自分の人生でとても貴重な経験をすることができました。このプロジェクトで自分が学んだ事、感じた事を発信して少しでもこのプロジェクト、ハワイの歴史などに興味を持ってくれる方がいたら嬉しいです。今回、このようなプロジェクトに参加させて頂きありがとうございました。
    tan190225_03.jpg

    2019年
    02月22日

    カケハシ・プロジェクトに参加!ハワイでの学び

    福岡女学院の代表として短大から5名の学生と引率のBrajcich先生が、対日理解促進交流プログラム「カケハシ・プロジェクト」に参加し、ハワイへ行きました。以下、学生の感想と先生からの報告です。
    tan190222_1.jpg
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    (2年生:A.T.さんの感想です。)
    私は今回が初めての海外渡航だったのですが、現地の学生やお店の人などと交流してたくさん英語を話すことが出来ました。ある程度、英語が話せるようになってから海外に行きたいと思っていて、ハワイに行くまでの学校生活では、単語を覚えたり、TOEICを頑張ったり、ネイティブの先生と授業中や休み時間にできるだけ話しをするようにしていました。その努力の結果、ハワイで英語を話したり、聞き取るのに苦労することはなかったです!
    話せば話すほど海外の人たちと会話が弾みました。大事なのはきちんとアイコンタクトをして単語だけでもいいから文法を気にせずに話すこと、そして聞き取れなかったら、聞き取れなかったときちんと相手に伝えること、が大事だと知りました。話す上で一番良くないのは何も言わずに黙ってしまうことだと思います。
    今回のハワイ渡航のおかげで自分に自信がついて、ずっと欲しかった外国人の友達もたくさん出来ました。次は留学などで他の国にも行って、もっと英語を話してみたいと思いました。

    (1年生:K.S.さんの感想です。)
    今回カケハシ・プロジェクトに参加することができて本当に良かったです。参加した最大の目的は現地の学生と意見交換が出来るからでしたが、ハワイの抱える問題やハワイに移民した日本人の歴史、真珠湾攻撃など多くの事を学べました。日本領事館でトップ2の方からお話を聞いたり、ハワイで一番歴史ある銀行の方から話を聞くなど、貴重な体験をすることができました。
    また、プロジェクトに参加した他の学生との交流もいい事だったと思います。女学院にこんなにすごい人が沢山いるんだと思いました。チームメンバーとは時間を見つけては発表の練習をしたり話し合ったりしました。
    私が現地で気になった社会問題はホームレスです。ハワイでホームレスが問題になっている事を知らず、初めて聞いた時はこんなに栄えているリゾート地にホームレスがいるのか、と驚きました。しかし、なぜそうなっているのかハワイの状況を聞き、納得し、何か解決策はないだろうかと考えました。これから3ヶ月以内で行うアクションプランを元に、少しでも問題解決に役立てたら嬉しいです。参加させて頂いてありがとうございました。


    tan190222_2.jpg



    tan190222_3.jpg

    (Jack’s Report)
    Day 1: Travel day. We arrived in Honolulu at about 8AM and had a brief orientation at the airport. After lunch downtown, we visited a statue of the first Hawaiian king (King Kamehameha), Bishop Museum, and Izumo Taisha. The first day was a good introduction of the local Hawaiian history and culture.

    Day 2: AM: We visited the Consulate General of Japan and had a lecture there about the history of Japanese immigrants to Hawai'ii and some info on some other general topics. PM: A bus ride to Pali Lookout. This was a lovely place to view and appreciate the natural beauty of Hawai’i. Later that afternoon, we visited First Hawaiian Bank downtown. We got a tour of the bank and a lecture on its history and dealings.

    Day 3: AM: We visited Iolani Palace. We got a guided tour which offered in depth history of the Kingdom of Hawai’i. PM: Hawai’i Pacific University. After lunch on campus, we met HPU students for an “icebreaker” activity. Later, two of our four groups including the “tandai group” gave presentations. One on Japanese seasons and the other (handai group) on the history of our school. Both groups also led activities including “mamemaki” and our Mission Dance. I was very proud of both groups!

    Day 4: AM: We visited Pearl Harbor. Students learned about the history of the battle here. PM: A bus ride to Hawaii’s Plantation Village. This was a very good place to learn about the history of not only the Japanese immigrants who traveled to Hawai’i to work the sugar cane fields, but also of immigrants from other countries and how they all lived and worked together.

    Day 5: Full day at Windward Community College. After watching a show of the natural history of Hawai'i in the college’s planetarium, we joined two classes of students at the college. One was an Interpersonal Communications class, and the other was a Theater class. Both classes were great chances for our students to engage in exchange and everyone had a great time. After lunch, two other groups made their presentations and did their activities. One presentation was on traditional Japanese games and activities and the other on the safety of Japan. Again, the students presented well and the guests audience enjoyed themselves.

    Day 6: AM: The students made presentations about their experiences in Hawai’i and reports on their “action plans”, activities to be carried out in the next few months to put to use the knowledge they gained during their stay. The session was attended by a representative from the Consulate General of Japan. Afterwards we enjoyed a nice discussion with Miyazaki san as she gave the students feedback and talked briefly about her working career and work in Honolulu. PM: We visited the Japanese Cultural Center of Hawai’i. The center offered a great way to learn about the history and culture of the Japanese migration to Hawai’i.

    Day 7: Return to Fukuoka.
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    Overall, I think the whole project was a great learning experience for our students and I was glad they had this opportunity. Aloha and Mahalo!

    カテゴリー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@