• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2019年
    08月03日

    オープンキャンパス1日目が終わりました!

     猛暑の中、多くの方が心理学科ブースや心理学科のイベントにご来場くださいました。
     心理学科ブースでは、心理学科教員と学生スタッフ8人がご来場された方々におもてなしをし、楽しい体験を共にし、進学や大学生活に関する話を思う存分語り合うことができました。また、心理学科の授業で使用する実験道具や、心理検査の授業で学ぶ心理検査道具の実物に触れたり、簡単な性格検査を受けたりするなど、心理学科での学びを実際に楽しく体験していただきました。
     模擬授業やワークショップに、高校生だけでなく保護者の方もたくさんご来場くださり、心理学の面白さ、普段の生活に参考になる心理学の内容、学生の活動などを興味深く聴いてくださいました。1日中開かれている進学相談コーナーにも関心をもって訪れてじっくり進学について相談される方が続きました。
     ご来場されたみなさまのおかげでとても充実した1日でした。学科スタッフ一同心より御礼申し上げます。明日もお待ちしております!
     
    s_today190803n1.png
    ご来場者をお迎えした心理学科ブースのスタッフ

    s_today190803n2.png
    箱庭療法の道具に触れて遊ぶ

    s_today190803n3.png

    s_today190803n4.png
        鏡映描写の体験、難しい!    大学院生が性格テストの結果を
                         丁寧にフィードバックしています

    s_today190803n5.png
    模擬授業にたくさんのご来場!

    s_today190803n6.png
    ワークショップでは在学生が地域連携活動の報告、その後フリートークの時間を楽しみました

     

    2019年
    08月02日

    オープンキャンパスでお待ちしています

     明日8月3日、明後日4日は福岡女学院大学のオープンキャンパスです。たくさんの方にお越しいただくことを期待しながら、本日2日は心理学科教員と学生スタッフ(大学院生)が心を込めて心理学科ブースの準備を行いました。
     
     s_today190802n1.png
     
     心理学科ブース(4号館413教室)では、心理学科で学ぶ心理学科実験や心理検査などを実際に体験していただけます。心理学科教員はもちろん、本学心理学科出身の大学院生スタッフたちに大学生活や進路等について気軽に話を聞くことができますので、ぜひお声をかけてください。

    s_today190802n2.png
     
     学科ブース以外に、模擬授業やワークショップなど、実際講義を聞いたり、学生の活動を聴く機会があります。模擬授業は、オープンキャンパス初日の3日11時30分から『心理学の学びは「幸せ」の」学び』(心理学科奇恵英教授)、4日13時50分から『誰にでも役立つ心理学―心理学紹介』(心理学科佐野幸子教授)と、2回行われます。どちらも3号館321教室ですので、ぜひお越しください。初めて心理学の講義を聞く方にもわかりやすく、身近に感じられる内容です。
     ワークショップは、第1回目は3日13時50分から、第2回目は4日11時30分から、どちらも3号館334教室で行われます。「社会とのつながりから知る心理学~心の援助・地域援助~」というテーマで、心理学科の学生たちが、心理学を使って企業や地域社会の問題に取り組んでいる姿をお伝えいたします。
     
    心理学科教員・学生スタッフ一同、皆様のご来場を楽しみにお待ちしています!
     
    s_today190802n3.png

    2019年
    07月31日

    心理学科パンフレットが新しくなりました!~オープンキャンパスで配布します~

     福岡女学院大学心理学科の新しい姿をお伝えするために、毎年パンフレットを新しく作成しています。今回のパンフレットでは、「心理学科の3つのコースではどのような学びが得られるのか」「それらの学びにより、学生は4年間でどのように成長するのか」に焦点を当てました。
     
     また、「公認心理師資格取得に関する案内」や心理学科の学生の日常や学生の声を随時配信している公式ブログ『心理学科Today』をまとめた「心理学科Today案内」も作成しました。
     
     8月3日(土)、4日(日)のオープンキャンパスでは、これら最新の資料をお渡しできます。ぜひ会場にお越しください。パンフレットからの情報に加えて、実際に体験することで感じられる心理学科の魅力に触れることができます。会場でお会いできることを楽しみにしております。
     
    s_today190731.png

    2019年
    07月29日

    心理学科で学べる様々な心理療法・心理支援

     一口に「大学で心理学を学ぶ」と言っても、心理学のすそ野は広く、注力している領域も大学ごとに異なります。福岡女学院大学心理学科では、人間関係コース、キャリア心理コース、臨床心理コースがあります。また、コースの中でも教員が専門とする分野は異なります。例えば、臨床心理コースの教員が専門とする心理療法や援助対象は異なります。幅広い学びができることが心理学科の特徴です。下記に「心理学科で学べる心理療法」と授業にて心理療法を学んだ「学生の声」を紹介します。
     
     8月3日(土)、4日(日)には、オープンキャンパスが開催されます。教員の専門とする心理療法について、オープンキャンパスで話を聞いてみませんか。是非ご来場ください。会場でお会いできることを楽しみにしております。
     
    s_today190729.png
     
    授業で心理療法を学んだ学生の声
     本学科では、主な心理療法について実習を通して体験的に学びます。具体的には、傾聴技法、表現療法、リラクセイション療法、認知行動療法、集団心理療法など、様々な心理療法を体験することができます。受講者の感想の一部を紹介します。
     
    ◆カウンセリングと聞くと、一対一で話すことをイメージしますが、その他にも自分が実際に行動するようなものや、自分たちが作品を作るものなど、様々なものがあります。文章を読んだだけでは学べないことが多くあって、勉強になります。
    ◆先生方の専門とされている心理療法を自ら体験して学ぶことができるので、各心理療法について、よりイメージしやすくなるし、普段の生活に活かすことができます。
    ◆授業で様々な心理療法を実際に体験することで、心理療法において大切なこと、セラピストにおいて必要なことを知ることができます。また、授業を通して自分の知らなかった一面を知ることもできます。

    2019年
    07月25日

    2019年度の『心理学プロジェクト演習』では、JALの地域活性化事業に取り組みます!

     心理学科では、1年生らが心理学の知見を学び、それを活かしながら、企業や自治体の課題に取り組む『心理学プロジェクト演習』を開講しています。これは「課題解決型学習(PBL)」と呼ばれる演習科目で、できるだけ早期に実社会の課題を発見・解決する体験を通じて、社会に貢献する力の修得を目指したものです。
     本年度は、日本航空株式会社(JAL)様の地域活性化事業に共同して取り組むことになりました(こちら )。そのお題は、「平成筑豊鉄道『ことこと列車』の利用者をさらに増やすための提案を行う」というもの。去る7月11日、細部打ち合わせのために、JAL様、福智町様、平成筑豊鉄道株式会社様にお越しいただき、本学キャリア開発教育センターとともにキックオフミーティングを行いました。
     
    s_today190725.png
     
     現地視察の段取りや最終提案会の日程と場所などはもちろん、今年度はなんと、「心理学科の学生、JAL、福智町、平成筑豊鉄道の4者がそれぞれ独自に提案を行う」というコンペ形式の提案会となることも決まりました。また、日本航空株式会社九州・山口地区支配人 溝之上様からは、今回の連携事業が福岡県の様々な場所で注目されているというお話が、福智町まちづくり総合政策課 長野様からは今回の提案内容の具体的な実現可能性についてのお話があるなど、日本航空株式会社特別理事 大川順子様による講演会(こちら)での学びをもとに、1年生たちは1年生にして非常に大きな「社会に挑戦する機会」「社会の中で自分の役割を考える機会」を提供していただけることとなりました。
     皆様のご期待に応えることのできるよう、今後も学生・教職員一同、励んで参ります。
     

    カテゴリー

    バックナンバー

    2019年
    2018年
    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@