• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2019年
    11月14日

    授業紹介『行動経済学』

    心理学と経済学との架け橋 「行動経済学」の視点

     現在の経済学と心理学はともに近代西欧の18世紀あたりに起源があり、19世紀から20世紀にかけて人間や人間関係を対象にその学問体系を確立・発展してきました。いずれも、18世紀のイギリスでは「道徳哲学」と呼ばれていた領域から分離・独立したものなのです。「経済学の父」とされるアダム・スミスも、この「道徳哲学」の教授でした。
      一般的に経済学では、基本的に「人間は自分の経済的損得『勘定』によって自らの『満足感』という心理を最大にするように行動している」「経済人(ホモ・エコノミカス)」を想定し、そこから社会をとらえようと考えます。実際、「満足感」という心理状態の「勘定」を問題にすることから、エッジワースという経済学者は『数理心理学』という本を書いているほどです。
      そのうえで、経済学と心理学はそれぞれ独立して深化・発展していきますが、近年、両者はより明確な形で接点を持ってきました。2002年にダニエル・カーネマンという「認知心理学者」が、ノーベル「経済学賞」をとったことに表れています。彼の基本的な考えは次のようなものでした。
      これまでの「経済学」の想定(経済人という想定)とは異なり、現実生身の人間は、自分の合理的な経済的「満足」の最大化だけで行動してはいない。自分の損得「勘定」だけではなく、様々な「感情」や感覚(ボランティア精神、家族愛、思い違い、錯覚、癖、などなど)によって、実際の人間行動には大きな揺らぎや偏りが生じている。それゆえ、現実社会での人々の行動を理解するには、そうした揺らぎ自体の特徴をより明確にする必要があるはずだ、と。
      こうした視点から、様々な経済的行動や経済領域での特徴を整理し分析しているみせているのが「行動経済学」として近年発展して来ているのです。今書店に行かれると、ビジネス書コーナーなどにも、行動経済学に関連する書籍が多くみられます。
      本心理学科には、この「行動経済学」に対して経済学の立場からアプローチする私の他に、「認知心理学」の立場からアプローチされる教員もおられます。基礎的な経済社会の理解と認知心理学の修得とをバランスよく学習できる「架け橋」の科目が「行動経済学」だと言えるのです。
     
    s_today191114.png

    2019年
    11月07日

    社会に貢献する心理学2019 ~心理学の学びをいかすボランテイア活動~

     心理学科では、大学内で知識を得るだけではなく、実際に「動く(行動する)」学びも重視しています。実社会との関わりを大切にし、他者の援助に主体的に取り組む活動は、社会貢献だけではなく、学生自身の自己成長を促します。今回は「若楠療育園ボランティア活動」に参加し、4月から臨床心理士・公認心理師資格取を目指して大学院進学を行う3人の学生に体験を報告してもらいます。 
                
    施設の紹介
     鳥栖市の療育医療センター若楠療育園内の子育て支援センターである「どんぐりセンター若楠」について紹介します。「どんぐりセンター」では、主に3歳児までの親子を対象に子育ての不安感等を緩和し、子どもの健やかな育ちを促進することを目的とした活動を行います。ボランテイアは、子ども達との遊び、お母さん方との交流、またレクリエーションの準備(工作など)、施設外で行うイベントのお手伝いなどに参加します。活動終了後は事後ミーティングがあり、保育士、臨床心理士の先生方との振り返りに参加させていただきます。
     
    学生の声
     どんぐりセンターは定型発達の子ども、発達がゆっくりな子ども、年齢は0歳から幼稚園生までといった様々な個性を持ったたくさんの子どもたちが一緒に活動しています。最初は接し方がわからず難しく感じることもありましたが、回を重ねていくうちに、子どもたち一人一人に向き合い、臨機応変に対応する力をつけることができました。また、子育てをしているお母さん方と接してみて親子の関係が子どもの成長にどのような影響を与えるのかを知り、とても良い勉強になりました。ここで学んだことは大学院進学後の学びにも繋がると思います。
    (城南高等学校出身:Iさん)
     
     どんぐりセンターのボランティアは全て楽しみながら行うことができました。3年生の実習(フィールドワーク臨床)でも対象年齢が同じくらいの子どもたちと接しましたが、施設や活動の目的によって設定が異なることも学ぶことができました。どんぐりセンターでは、子どもの特性や、普段のお母さんとの関わりなどをしっかり見ることができました。また、気になったところを先生方に伝えると、助言や考え方を教えていただき、とても参考になりました。私たちの良い点は褒めてくださるので、自信になり、自分にもやれる事があるとやりがいを感じました。大学の授業を改めて現場で再確認することもあれば、座学では学べないことも沢山ありました。そして、今後の自分に求められることにも気付かされ、もっと勉強しなければと勉強への意欲も増しました。この経験を活かして大学院でも頑張っていきたいです。
    (福岡雙葉高等学校出身:Yさん)
     
     体験的に学ぶことができるとても貴重な時間だったと感じています。実際に子どもたちと関わる中で、授業や事前学習で学んだことがようやくピンとくることもありました。また、2週間1度会うたびに子どもたちの変化や成長を感じ、楽しみながら多くの学びを得ることができました。子どもたちの発達を間近で見て感じることができた今回の経験は、大学院で勉強するときに、必ず思い出され生きてくるだろうと思います。
    (筑紫中央高等学校出身:Hさん)
     
    s_today191107.png

    2019年
    10月31日

    授業紹介『心理学フィールドワーク(教育)』

     心理学フィールドワーク(教育)では、学生がこれまでに学んできた心理学の知識や理論を活かしながら、実際に小学校で子どもたちに関わる実習を行います。この時期の子どもたちの心理や、子どもたちの成長を支える関係づくりを学ぶことが主な目的ですが、子どもたちに向き合うことを通して、学生たちは試行錯誤を重ねながら深い学びを得ていっています。以下は、今年度、この授業を受講している学生の声です。
     
     私は子どもが好きで、心理学を学び始めてから、子どもの成長過程に興味を持ち、この科目を受講しました。小学校では、子ども達から真っ直ぐ言葉を伝えられるため、私もそれに応えられるように、目線を合わせしっかり話す事を心がけています。毎週の実習でクラスの子ども達の成長を感じることができ、驚くことばかりです。前期だけでも学ぶことがあったので、後期でも関わり方を考えながら、たくさんの事を学びたいと思っています。
    (Y.Oさん 開陽高校出身)
     
     心理学FW(教育)では座学とは違い、実際に現場へ行くことで、講義で学んだ内容をより深く理解し、自分のものにできるのではないかと思います。実習は週に一度で、次の週に教室へ行けば子供たちの変化を体感することができるのがすごく面白いです。子供たち一人一人の成長やクラス全体の成長を間近で見せてもらうことができ、先生ではなく心理学を学ぶ学生という立場でこの講義を受講できたことはすごく貴重な体験です。
    (R.Iさん 博多高校出身)
     
    s_today191031.png

    2019年
    10月24日

    『心理学プロジェクト演習』 ~JALの地域活性化事業に取り組む2~

     心理学科では、1年生らが心理学の知見を学び、それを活かしながら、企業や自治体の課題に取り組む『心理学プロジェクト演習』を開講しています。これは「課題解決型学習(PBL)」と呼ばれる演習科目で、できるだけ早期に実社会の課題を発見・解決する体験を通じ、社会に貢献する力の修得を目指したものです。
     本年度は、日本航空株式会社(JAL)様の地域活性化事業に取り組むことになりました。そのお題は、「平成筑豊鉄道『ことこと列車』の利用者をさらに増やすための提案を行う」というもの。第1回の授業日となった9月30日、本プロジェクトの概要や『ことこと列車』の戦略等の説明のために、JAL様、福智町様、平成筑豊鉄道株式会社様の各関係者の方々にお越しいただきました。
     はじめに、日本航空株式会社九州・山口地区支配人溝之上様より、本プロジェクトの経緯や狙い、そこで培われるスキルの重要性などについてお話がありました。続いて、平成筑豊鉄道株式会社代表取締役社長 河合様より、マーケティング戦略を踏まえた『ことこと列車』の今後の方向性、コンセプト、参考となりうる他の事例についてお話をいただきました。
     
    s_today191024.png

     今回のプロジェクトでは、JAL様、福智町様、平成筑豊鉄道株式会社様もそれぞれ独立に提案を行うことから、学生たちはもちろん、社会人の方からも多数の質問が出るなど、4者の本気度が伝わる90分となりました。社会人に負けぬよう、そのためにも心理学を活かした“心理学科ならではの提案”ができるよう、2020年1月27日の最終提案会に向けて、学生、教員、キャリア開発教育センターで力を合わせて頑張って参ります。
     

    2019年
    10月17日

    『心理学プロジェクト演習』 ~JALの地域活性化事業に取り組む1~

     心理学科では、1年生らが心理学の知見を学び、それを活かしながら、企業や自治体の課題に取り組む『心理学プロジェクト演習』を開講しています。これは「課題解決型学習(PBL)」と呼ばれる演習科目で、できるだけ早期に実社会の課題を発見・解決する体験を通じ、社会に貢献する力の修得を目指したものです。
     本年度は、日本航空株式会社(JAL)様の地域活性化事業に取り組むことになりました。そのお題は、「平成筑豊鉄道『ことこと列車』の利用者をさらに増やすための提案を行う」というもの。この一環として、去る9月9日、JAL様、福智町様、平成筑豊鉄道株式会社様の手厚いご対応のもと、本学キャリア開発教育センター職員とともに受講生たちが『ことこと列車』の視察を行いました。
     
     s_today191017.png

     視察では、『ことこと列車』の始発となる直方駅から平成筑豊鉄道の列車に乗って沿線について直に触れ、その後、『ことこと列車』のある金田駅において平成筑豊鉄道株式会社代表取締役社長 河合様より、『ことこと列車』のコンセプトや現状などについてお話をいただきました。またそのお話をもとに、学生も顧客満足や『ことこと列車』の強みと弱みなどに関する質問を行って情報を得るなど、今後のプロジェクトに向けて貴重な学びを得ることができました。これから2020年1月27日の最終提案会に向け、学生ともども頑張って参ります。
     以下、参加学生(E.Y.さん)の感想を紹介します。
    今回の現地視察で、私は平成筑豊鉄道や周辺地域の課題を学ぶと共に、地域住民の方々の温かさに触れることが出来ました。これまで地方鉄道路線の課題打破の難しさも感じていましたが、地域の方や平成筑豊鉄道の方から直接貴重なお話を聞く中で、地域活性化に是非とも尽力させて頂きたいという思いを新たにする、現地視察となりました。この度はありがとうございました。

    カテゴリー

    バックナンバー

    2019年
    2018年
    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@