• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2019年
    07月29日

    心理学科で学べる様々な心理療法・心理支援

     一口に「大学で心理学を学ぶ」と言っても、心理学のすそ野は広く、注力している領域も大学ごとに異なります。福岡女学院大学心理学科では、人間関係コース、キャリア心理コース、臨床心理コースがあります。また、コースの中でも教員が専門とする分野は異なります。例えば、臨床心理コースの教員が専門とする心理療法や援助対象は異なります。幅広い学びができることが心理学科の特徴です。下記に「心理学科で学べる心理療法」と授業にて心理療法を学んだ「学生の声」を紹介します。
     
     8月3日(土)、4日(日)には、オープンキャンパスが開催されます。教員の専門とする心理療法について、オープンキャンパスで話を聞いてみませんか。是非ご来場ください。会場でお会いできることを楽しみにしております。
     
    s_today190729.png
     
    授業で心理療法を学んだ学生の声
     本学科では、主な心理療法について実習を通して体験的に学びます。具体的には、傾聴技法、表現療法、リラクセイション療法、認知行動療法、集団心理療法など、様々な心理療法を体験することができます。受講者の感想の一部を紹介します。
     
    ◆カウンセリングと聞くと、一対一で話すことをイメージしますが、その他にも自分が実際に行動するようなものや、自分たちが作品を作るものなど、様々なものがあります。文章を読んだだけでは学べないことが多くあって、勉強になります。
    ◆先生方の専門とされている心理療法を自ら体験して学ぶことができるので、各心理療法について、よりイメージしやすくなるし、普段の生活に活かすことができます。
    ◆授業で様々な心理療法を実際に体験することで、心理療法において大切なこと、セラピストにおいて必要なことを知ることができます。また、授業を通して自分の知らなかった一面を知ることもできます。

    2017年
    10月14日

    臨床心理学を震災支援に活かす ~大学院生による報告~

     福岡女学院大学では、同大学院人文科学研究科臨床心理学専攻を中心に、東日本大震災のあった2011年から6年間支援を行ってきました。『心理学科Today』では2回にわたり、その取り組みについてご紹介いたします。今回は、同取り組みに参加した大学院生による報告です。
    s_today171014.png
     

     

     私が震災支援に参加した理由は、何事も自分の目で確かめたいといつも考えていることにありました。それでも参加する前は、「私が被災地の方々の助けになれるのか」「女学院で学び始めたSARTで、被災地の方々に何ができるのか」という不安はありました。
     しかしよそよそしい挨拶から始まった被災者との関係も、終わる頃には私のことを親族であるかのように、震災のこと、家族のこと、日常のこと等を心のままに話してくださいました。宮古まで来てくれたことに感謝されること、SARTで楽になったよと言われることが素直に嬉しく、自分も人の役に立てていると思えた瞬間でした。同時に、被災地の方々とSARTと通して“出会う”ことで、自分自身が癒された瞬間でもあり、なぜ自分が大学院に進学したのかという気持ちを整理する機会でもありました。
     実際に震災支援に参加し、被災地の方々と関わることで、6年間支援を継続してきた歴史の重みや人との出会いへの感謝、そして人のあたたかさを毎日実感し、何度も込み上げてくるものがありました。震災支援で感じたこの気持ちを胸に、これからも人との出会いを大切にしていきたいと考えています。
    (O.N.さん)

     

     私は、「一緒に居続けられないからこそ、その場限りではなく、支援後も何かが被災者の心に残るような関わりをしたい」という考えから震災支援に臨みましたが、支援活動を通じて多くのことを学びました。
     その中で最も重要な学びは、「人は人でしか癒やせない」ということです。SARTによって身体が弛まると、心の緊張もほぐれ、心の内を外に出せるようになります。また、本人達が身体の硬さや癖を自覚することで、主体的に日常生活を改善しようという気持ちが芽生えることも分かりました。そして、日常生活の中のほんの一瞬でも気が休まる時間が被災者にとってどれだけ大きなものか、今ある状況の中で楽しみや希望を持つことが生きることにどれほど大切なものか、被災者から学ばせてもらいました。
     確かに、全ての人の痛みを理解することは難しいですが、少しでもその痛みを理解できるように、安心してもらえる理解者になれるようになりたいと考える機会となりました。
    (T.R.さん)

    2017年
    10月10日

    臨床心理学を震災支援に活かす

     福岡女学院大学では、同大学院人文科学研究科臨床心理学専攻を中心に、東日本大震災のあった2011年から6年間支援を行ってきました。『心理学科Today』では2回にわたり、その取り組みについてご紹介いたします。今回は、同取り組みにおいて中心的役割を担ってきた奇教授による報告です。
     
     中心となる支援地域は、岩手県宮古市田老です。あれから6年が過ぎ、同地区もずいぶん景色が変わりました。
    s_today171010n1.png
    【2011年8月 田老】          【2017年3月田老】
     
     人々の生活も変わりました。多くの方々が、仮設住宅から公営住宅や高台の集合住宅に移りました。そこには3度に渡る大きな環境の変化があります。一畳の上で二人が暮らしていた避難所から、4畳半の仮設住宅へ、そして今後定住するであろう住宅へ。津波によって離散したコミュニティは、5年ほどの年月をかけて仮設住宅内で再建されましたが、それも解体されることになります。定住する家があることはとても多くのことを解決してくれますが、新たな課題を内包していることも事実です。
     私たちはこの変化に対し、福岡女学院大学発祥の「主動型リラクセイション療法(サート)」という心理療法をもとに継続して支援を行ってきましたが、今、その支援にはとても大きな意味があったことを改めて実感させられています。
    支援は被災者の方々との深い信頼と堅い絆を築き、築き上げられた信頼と絆は環境の大きな変化に適応する際の支えとなります。そのため私たちの活動は、被災者への支援だけではなく、今では過疎地域のネットワークづくりや、健康寿命増進の地域活動といった、新しい地域づくりの一助となるイベントとして、今なお宮古市社会福祉協議会を通して活用されています。
    s_today171010n2.png
    【2011年8月】           【2017年3月】

    2017年
    04月03日

    ふくおかフィナンシャルグループ「FFG調査月報 別冊」をご一読ください!

     株式会社ふくおかフィナンシャルグループ様の出版物の一つに「FFG調査月報 別冊」というものがあります。2017年4月上旬に新たな号が出されますが、そのテーマはなんと「お金と心理学」!
     
     2002年のいわゆるノーベル経済学賞を受賞された研究者の一人は心理学者であるなど、実は金融や経済と心理学は密接に関わっています。このようなことから、九州大学芸術工学研究院の妹尾武治先生らとともに心理学科講師の分部が、お金や消費者行動に関する学術研究を紹介することとなりました。
     shinri_today_20170403.png
    FFG調査月報 別冊 「お金と心理学」 表紙


    “クラシックをかけるとレストランは儲かるのか?損するのか?”
    “お金のことを考えると、人の心はどうなるのか?”
    “サッカー自国代表と株価との意外な関係とは?”
    など、他の人につい話したくなるような小ネタから、「幸せって何?」と考えたくなるようなものまで、選りすぐりのトピックを平易に紹介しています。心理学の一端を楽しく学ぶことができるはずです。

    フリーペーパーですので、ぜひ最寄りの福岡銀行などで手に取ってみてください!
    (文責:分部)

    2016年
    12月19日

    教員の研究紹介

     心理学科Todayでは、教員の研究の紹介を行っています。今回は福岡女学院大学全学生の必修科目であり、心理学科学生が履修する「聖書概説(1年次)」、「キリスト教の歴史と文化(2年次)」、「キリスト教人間学(3年次)」の授業を担当する大学宗教主事でもある中川先生の研究生活の一端の自己紹介です。
     
                      
     私は関西学院大学神学部の学生時代、空き時間がもったいないので、他学部の例えば「政治学」等の講義を聴講させてもらっていた。
     その一つに、文学部の教授の独書購読の時間があった。その時間に、ある時からドイツ中世の神秘主義神学者であって、また秀でた説教者でもあったマイスター・エックハルトの説教がテキストに用いられた。それ以来、今日までエックハルトの説教を矯めつ眇めつするうちに、その説教の聴衆が少しずつ見えてきた。説教には必ず聴き手が存在するという当たり前のことに、長い間かかってやっと気づいたのである。
     聴き手とは、例えば1200年代のドイツの大都市ケルンで反聖反俗の生活を送っていたベギンと呼ばれる疑似修道女たちであった。それ以来、私は説教の語り手であるエックハルトと聴き手であるベギンたちの関係の在り方に常に心を致しつつ研究を進めてきた。
     私の研究の対象は、西欧修道制の父といわれるベネディクトゥスであったり、「韓国民主化闘争時代の牧師の女性宣教について」であったり、ヴィクトール・フランクルのロゴセラピーであったり、あるいはジャック・デリダの脱構築の哲学であったりした。そのような時空を超えた思想等との比較研究によって、私のエックハルト研究、あるいはベギン研究が深められることを望んできた。私の講義等に、これらの研究の成果は、もしそのようなものがあるならだが、反映されているに違いない。
    (担当:中川憲次)
     
    s_today161219.png

     

    カテゴリー

    バックナンバー

    2019年
    2018年
    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@