• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2019年
    01月15日

    卒業生紹介:臨床心理士として活躍中のMさん

     心理学科を卒業後、本学大学院で学び現在臨床心理士として活躍中のMさんに、現在の仕事と後輩へのメッセージを紹介してもらいます。
    (担当:重橋)

    自己紹介と仕事紹介

     私は福岡女学院中学校・高等学校を卒業し、福岡女学院大学の心理学科を卒業したあと、福岡女学院大学大学院を修了しました。福岡女学院で過ごした12年間が、私の青春だったなと思います。
     大学院を修了したあとは、精神科病院で、臨床心理士として働いています。外来でのカウンセリングや心理検査の実施はもちろん、担当している入院病棟での小集団運営や、発達障害を持っている青年期の方を対象としたコミュニケーションプログラムの運営など、多くのことを経験させていただいています。また、4月からは近隣中学校のスクールカウンセリングも行う予定です。

    福岡女学院での学びと後輩へのメッセージ

     仕事をする中で、大学院時代に学んだことが生きていると感じることは多くあります。その中でも特に、「集団の中の自分」を意識できるようになることは大切なことだと感じています。大学院では、先生や先輩の集団運営を観察したり手伝ったりしながら運営を学び、自分たちが運営を任されるようになります。運営する側それぞれが独りよがりな考えで動いても、集団はまとまらないし、誰も楽しくありません。どのような目的の集団なのか共有したうえで、周囲の人はどのような役割を担っていて、自分は何をするべきなのか…これは心理学関係の仕事に限らず、組織に所属すれば大切になってくることです。大学でも、基礎クラス、サークル、ゼミなど、集団はたくさんあります。自分はこの集団の中でどんな位置にいるのか…思い出した時に少し考えるだけでも、集団生活がスムーズになったり、もっとその集団を好きになれるかもしれません。
     「集団の中の自分」を考えることも含めて、心理学は人間関係のヒント、自分を知るヒントがたくさんあります。大学院に進んで心理学の専門職を目指すのもよし、一般企業に就職するものよし。大学生の皆さんには、可能性が無限にあります。勉強したり遊んだりアルバイトしたり…たくさん経験して、たくさんの人と出会って、自分の好きなことを見つけてほしいと思います。

    (修了生:Mさん)
    s_today190116.png
    一緒に学んだ仲間たちと卒業旅行で

    2017年
    09月08日

    卒業生紹介:高等学校や附属中学部で教員として活躍中のM.T.さん

     現在、心理学科では、国家資格『公認心理師』に向けてカリキュラムを整備していますが、他にも様々な免許・資格を取得することができます(詳しくはこちら)。卒業生の中には、学科で取得した資格を活かして活躍している先輩たちが多数います。今回は、心理学科で社会科の免許を取得し、現在は高校・中学の教員として活躍されているM. T.さんに近況を報告してもらいました。
    (担当:米川)
     

    簡単に自己紹介

     福岡女学院心理学科を2008年に卒業しました。在学中に社会科の教員免許を取得し、卒業後F県内の少年自然の家で指導員や中学校で教員をしていました。現在は勉学や研究を続けながら、N県の私立学校の高等学校・附属中学部に勤務し、高校で公民科現代社会を、附属中学部で社会科をそれぞれ担当しています。まだまだ未熟ですが、周りの先生方に助けていただきながら、働いています。生徒の人生にとって大切な時期に携われる喜びと責任を日々感じています。
     

    学校生活の思い出

     福岡女学院大学では毎日の授業が楽しく、他学部の友人に講義の様子を話していました。また、新しいことに挑戦しようと入部した写真部では、学外で写真展を開催することもできました。学生生活を思い出すとき、今でも、明るく温かい気持ちになります。
     

    後輩へのメッセージ

     あなたの夢も、「知りたい」「学びたい」という思いも、福岡女学院大学は大切にしてくれます。必要なのは、一歩踏み出す勇気です。
     

    心理学科を楽しむコツ

     心理学は、日々の生活の至るところに学びの糸口がある学問だと思います。「なぜ」「どうして」と感じた自分を大切にしてください。あなたと共に感じ、共に考えてくださる先生方や仲間が、福岡女学院大学にはきっといます。
     
     s_today170908.png

    2017年
    08月30日

    卒業生紹介:臨床心理士として活躍中のK.Y.さん

     福岡女学院大学の心理学科は、心の問題を抱える人たちの理解や支援を目指す臨床心理学に特に力を注いでいます。授業では、臨床心理士の資格を持った6名の専任教員が講義や演習、実習を通じて学生を教育しており、学外では学童ボランティアや震災支援などにも取り組んでいます。また、大学院の臨床心理学専攻は臨床心理士第1種指定を受けており、他大学からの進学者も迎えています。このような特徴から心理学科の卒業生の中には、学部卒業後に大学院にまで進み、臨床心理士として現在活躍している先輩たちが多数います。
     学科Todayでは、そのような先輩を紹介しています。今回は、心理学科を卒業後、大学院で学び、現在は臨床心理士として総合病院で活躍中のK.Y.さんに、その仕事を紹介してもらいます。
    (担当:米川)
     

    簡単に自己紹介

     学部を卒業したのは1999年でしたが、その後心理学を学び直し、大学院を修了して臨床心理士の資格をとりました。現在は、臨床心理士として朝倉医師会病院で働いています。一般病棟や緩和ケア病棟における患者さん・ご家族の一時的なストレスを軽減するため、心理面接や心理検査をしています。また、病院で働く職員さんを対象としたメンタルヘルスケアとして、面接や研修などを行っています。

    学生生活の思い出

     福岡女学院では、発達心理学や社会心理学、心理学実験など、心理学のカリキュラムが幅広く組み込まれていて、講義を受けるのがいつも楽しみでした。また、先生方との距離が近いため気軽に相談できる雰囲気もあり、ゼミの先生には大変お世話になりました。

    後輩の皆さんへ

     福岡女学院のキャンパスは明るく、活気に満ち溢れています。心理学科では、皆さんの夢を叶えるためのたくさんの学びと経験が待っています。福岡女学院でぜひ充実した学生生活を送ってください。
     勉強嫌いの私でしたが、心理学は初めて自分から学びたいと思った領域です。そして大学で心理の基礎を学んだことが、今の仕事の土台となっています。心理学の楽しさを知る中で、自分なりの道を見つけていってほしいと思います。
    s_today170830.png

    2017年
    05月17日

    卒業生紹介:臨床心理士として活躍中のK.Hさん

     福岡女学院大学の心理学科は、心の問題を抱える人たちの理解や支援を目指す臨床心理学に特に力を注いでいます。授業では、臨床心理士の資格を持った6名の専任教員が講義や演習、実習を通じて学生を教育しており、学外では学童ボランティアや震災支援などにも取り組んでいます。また、大学院の臨床心理学専攻は臨床心理士第1種指定を受けており、他大学からの進学者も迎えています。このような特徴から心理学科の卒業生の中には、学部卒業後に大学院にまで進み、臨床心理士として現在活躍している先輩たちが多数います。
     学科Todayでは、前回と今回の2回にわたり、そのような先輩を紹介していきたいと思います。第2回は、心理学科を卒業後、本学大学院で学び現在臨床心理士として活躍中のK.H.さんに、発達障がい児・者支援施設の仕事について紹介してもらいます。
    (担当:重橋)
                

    簡単に自己紹介

     私は、公立高校の普通科を卒業した後、福岡女学院大学人間関係学部心理学科に進学しました。その後、福岡女学院大学大学院を修了し、臨床心理士の資格を取得しました。現在、発達障害児・者支援、母子支援、スクールカウンセラーの仕事に携わっています。

    大学時代に良かったことは?

     「大学院に行きたい」「臨床心理士になりたい」という同じ夢を持つ友人に出会えたことだと思います。専門的な内容に特化した授業(心理療法基礎実習、臨床心理学基礎実習など)を通して、専門的な内容について実践的に学ぶことが出来たことに加えて、学生生活やその後の仕事において苦楽を共にする友人に出会うことが出来ました。友人に出会えたことで、私の大学生活、またその後の大学院生活においても充実した日々を過ごすことができたように思います。そして卒業した現在もお互いに支え合いながら仕事に励むことができています。

    大学院で勉強することで今の自分に役立つ力は

     大学院では、「内省」という自分自身を振り返る時間を通して自分のことを知ることにつながったように思います。自分自身のことをしっかりと見つめることが出来たことで、自分の限界を知ることができ、仕事で子どもたちと関わる際にも背伸びをして無理な支援をするのではなく、私の今できることを一生懸命しようという風に考えることが出来るようになったと思います。また、自分のことを知ることで、子どもと関わるにあたって自分にばかりに目が向くのではなく相手の事に目を向ける(理解する)余裕が自分の中に生まれたようにも感じます。
    s_today170517N1.png
    私の好きなキャンパスの風景:大学院時代の研修施設から毎日見ていたグランド

     

    今の仕事を紹介

     現在、発達障害児・者支援施設で働いています。主に、発達障害を持つ子どもの療育(子どもの特性に合わせて課題を設定)を行い、その後に保護者面接を行っています。その他にも、学校などの機関への支援も行っています。発達的に苦手さを持っていている子どもたちと関わる中で難しいと感じる部分もあり、悩むこともありますが、関わる中で見せる子どもたちの明るい笑顔に支えられ、私自身力をもらっています。そして、長期的に関わる中で子どもたちの成長、変化を実感できたとき、嬉しさと仕事のやりがいを感じます。また、子どもから教えてもらうことも多く、日々勉強させてもらっているなと思います。これから、少しでも子どもたち、保護者の方の役に立てるよう精進していきます。
    s_today170517N2.png
    子ども達の支援を行っている支援室
     

    これから大学生活を始める方へのメッセージ

     大学生のときはどんなことにでも挑戦でき、様々な体験を通して新しい人と出会う時期だと思います。新しいことに挑戦するのは不安だと思いますが、困ったとき、悩んでいるときにはしっかりと支えてくださる先生方がいらっしゃるので、少しでも興味があることには積極的に挑戦してもらえたらと思います。私自身も大学生のときにはボランティア活動をしており、現在はそのボランティア先が職場になっています。大学生活で様々なことに挑戦していく中で新しい出会いもあると思いますので、一つ一つの出会いを大切にしながら4年間を過ごしてもらえたらと思います。
    (K.H.さん:福岡県立鞍手高等学校)
     
     

    2017年
    05月12日

    卒業生紹介:臨床心理士として活躍中のS.M.さん

     福岡女学院大学の心理学科は、心の問題を抱える人たちの理解や支援を目指す臨床心理学に特に力を注いでいます。授業では、臨床心理士の資格を持った6名の専任教員が講義や演習、実習を通じて学生を教育しており、学外では学童ボランティアや震災支援などにも取り組んでいます。また、大学院の臨床心理学専攻は臨床心理士第1種指定を受けており、他大学からの進学者も迎えています。このような特徴から心理学科の卒業生の中には、学部卒業後に大学院にまで進み、臨床心理士として現在活躍している先輩たちが多数います。
    学科Todayでは、これから2回にわたり、そのような先輩を紹介していきたいと思います。第1回は、心理学科を卒業後、本学大学院で学び現在臨床心理士として関東で活躍中のS.Mさんに、児童発達支援の仕事について紹介してもらいます。
    (担当:重橋)
     

    簡単に自己紹介

     私は福岡女学院大学人間関係学部心理学科を卒業後、福岡女学院大学大学院を修了し、臨床心理士の資格を取得しました。現在は、東京で2~5歳を対象とした児童発達支援に携わっています。

    大学時代に良かったことは?

     積極的にボランティア活動に取り組んでいたことです。学部の3・4年時に、大学院の実習に参加させて頂ける機会がありました。院生の方々と直接コミュニケーションを取ることで、大学院の生活や進路についての不安を相談することができました。学外では不登校支援のアルバイトをするなど、学生生活の余裕のある時間を使って積極的に行動したことで、より明確に自分のやりたいことについて考えることができたと思っています。
    s_today170512N1.png
    大学院時代にプレイルームで同級生達と
     

    今の仕事を紹介

     2歳から小学校に入る前までの、発達に気がかりのある子ども達を対象に療育を行っています。日々、ゲームや遊びを通して言葉やコミュニケーションの練習をしています。グループ支援と個別支援があり、グループ支援では5~6人の小集団で、集団のルールに応じることや周りのペースに合わせること、友達と遊びを共有して他者意識を高めることなどを目的に支援をしています。個別支援では言葉や概念の理解、言葉や文章で上手に相手に気持ちを伝える練習などをしています。その他にも、発達検査の実施や保護者の相談、幼稚園・保育園・就学先(小学校)の先生との連携なども行い、子ども達の発達の特徴をより的確に伝えることも大切な仕事です。
    s_today170512N2.png
    子どもと一緒に感触遊びをした後に

    これから大学生活を始める方へのメッセージ

     大学時代はたくさん時間があります。ぜひ、興味のある分野に飛び込んでみてください。百聞は一見に如かず。アルバイトや海外旅行など、とにかく行動してみてください。失敗していいと思います。その経験から、自分の興味・関心や向き・不向き、そして自分の強みをたくさん見つけられればいいと思います。そして、周囲にいる先生や先輩を大いに頼ってください。頼れる安心感が福岡女学院にはあると思います。皆様の大学生活が素晴らしいものになりますように。
    (S.M.さん)

     

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE