• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2018年
    12月18日

    心理学科の3年生が『九州心理学会』で研究発表を行いました ~2~

     12月1・2日の両日、長崎大学で『九州心理学会第79回大会』が開かれました。心理学科では、分部ゼミの学生有志が、学部3年生ながら発表者として参加しました。
     研究は、ゼミの配属先が決まった1年前から少しずつ進めてきました。既存の研究を調べながら自分自身の興味・関心を仮説として具体化し、その仮説を検証する実験を自分で行い、結果を分析し、そして得られた結果から仮説の真偽を考察するという流れです。どの大学でも通常はそこで終わるものですが、せっかくの興味深い研究であるうえに、学生たちの成長にもなります。果敢にも学部3年生にして、他大学の先生方や大学院生が参加・発表される場に挑戦しました。
     学科Todayでは2回に渡り、参加した学生の感想をご紹介いたします。
     今回は、「自分の発汗状態に注意を向けることで自分が対象を好きなのか否かに気づけるようになるのか」というテーマについて検討したN.S.さんです。
    (担当:分部)
     s_today181218.png
     
     私は約1年間、「人が自分の好悪感情に気づく過程を生理反応に着目して調べる」という研究に取り組んできました。
     誰しも『何となく好き』といった漠然とした感情を抱くものですが、世の中にはそのような自分の感情に気づきやすい人と気づきにくい人が存在します。
    では、自身の感情に気づきにくい人を気づきやすくすることは可能なのでしょうか?従来の研究より、感情が喚起されると発汗の増加などの生理反応が生じること、その生理反応に気づきやすい人ほど自分の感情を正しく判断できることが分かっています。そこで私は、「自分の発汗状態に注意を向ける訓練(バイオフィードバック)を行えば、“鈍感な”人も自身の好悪感情に気づきやすくなるのではないか」という仮説を立て、検証しました。
     この研究を行う前までは、「自分が対象に対して漠然と抱く『好き』『嫌い』といった感情を科学的に研究することは難しい」と考えていました。しかし今回の研究を通じて、理屈では説明できない/検討できないと思い込んでいる課題であっても、これまで開発されてきた手法や得られてきた知見をうまく融合させれば課題解決を現実的なものにできることを強く学びました。同時に、膨大にある知識のどれが課題解決につながるのかを見極めるためには、何が課題なのかを他の人に説明できるまでに深く理解することが不可欠であることを学びました。
     今回「自分の研究を学会で発表する」という貴重な体験をさせて頂けたことに感謝し、今後も更なる高みを目指していきたいと思います。
     
     

    2018年
    12月13日

    心理学科の3年生が『九州心理学会』で研究発表を行いました ~1~

     12月1・2日の両日、長崎大学で『九州心理学会第79回大会』が開かれました。心理学科では、分部ゼミの学生有志が、学部3年生ながら発表者として参加しました。
     研究は、ゼミの配属先が決まった1年前から少しずつ進めてきました。既存の研究を調べながら自分自身の興味・関心を仮説として具体化し、その仮説を検証する実験を自分で行い、結果を分析し、そして得られた結果から仮説の真偽を考察するという流れです。どの大学でも通常はそこで終わるものですが、せっかくの興味深い研究であるうえに、学生たちの成長にもなります。果敢にも学部3年生にして、他大学の先生方や大学院生が参加・発表される場に挑戦しました。
     学科Todayでは2回に渡り、参加した学生の感想をご紹介いたします。
     第1回は、「試験において、自分の成績と友人の成績とを比較する」といった「社会的比較」について検討したS.H.さんです。
    (担当:分部)
     
     s_today181213.png

     
     
     私たちは学会発表を目指し、2年次の冬から、それぞれの研究に取り組んできました。私の研究テーマは「社会的比較」です。人は幼い頃から、様々な場面で他者と自らを比較しています。これまでの研究から、自分に自信がない場合などは自分よりも“劣った”相手と比較すると言われています。これに対して私は、
    “それはあくまで意識的な比較であり、無意識のレベルでは人は最初に自分より優れた人と比較しているのではないか”という仮説を考え、検証を行いました。
     研究を進めるにあたっては、人間の心について探るため、日常生活の中に潜む“なぜ?”や“人間って何だろう”という疑問について、何をしているときでも毎日欠かすことなく考え続けました。それを辛いと感じることも時にありましたが、仮説を検証するための実験を一から考えたり、結果を考察したりと、研究に向き合う日々が目まぐるしく過ぎていく中で、いつしか“考える”ことが生活の一部となるまでに至りました。
     発表当日は本当に多くの先生や大学院生の方々が私の研究の発表を聴きに来てくださり、お褒めの言葉だけでなく、厳しいご質問やご指摘も頂きました。評価を通じて自分の研究に誇りを持つことができましたが、自分の勉強不足も痛感しています。今回このような貴重な経験ができたことに感謝し、来年度の卒業研究がより高いレベルのものになるように研鑽していきたいです。
     

    2018年
    12月07日

    派遣留学制度を利用した留学体験

     心理学科3年生の学生さんが、アメリカの大学に留学をしました。その体験を記事にしてくれましたので、読んでください。
    (担当:福留)

     

     私は2年生の前期の6か月間、本学の派遣留学制度を利用し、アメリカのセントラル・ワシントン大学に留学しました。留学を体験して自分の世界が広がったように感じます。
     
    s_today181207n1.png元々、留学をしようと思った理由として、英語が話せるようになりたい、外国人の友達がほしい、外国の雰囲気を楽しみたい、などが挙げられます。しかし、一番の目的は「自分の価値観や固定観念を見直し、様々な経験を通して理解力を高め、臨機応変に対応できるようになり、自分の“世界”を広く豊かにしたい」でした。そしてそのきっかけとして“留学”は、当時の自分に与えられている機会の中で最も適していると考えました。
     留学初期は、「言葉」の壁に突き当たりました。自分の知っている単語だけでは会話が儘ならず、相手の話を聞くにしても言っていることが聞き取りにくく、生活するのが困難でした。ただ、それでは長い時間とお金をかけてまで意味はなく、自分の力でどうにかしようという気持ちが芽生えました。その結果、普通に会話をすることができるようになりました。英語が話せることにより、話せなかった時とは比べ物にならないほど、自分の世界が豊かになりました。
     その後、英語が話せることをきっかけに、アメリカ人だけでなく、韓国人や中国人、メキシコ人、サウジアラビア人など多くの人々と異文化交流をすることができました。言葉や食べ物、遊びや作法、宗教、歴史など多くの面で、国々の事情を知ることができました。それらのおかげで、私が日本の中だけで経験していたことはほんの一部であると改めて確認することが出来ました。また、外国によっては、日本で常識とされていることでも、常識とされず、反対に外国での常識が日本では失礼にあたることもありました。どうしても受け入れることが出来ないこともありましたが、“理解する”という面は少しだけ培われたと感じます。
     留学を終えて、私は初めの目的を達することが出来たと感じます。もちろんまだまだ知らないことや経験していないことは数多くありますが、自分が留学の中で経験したものの多くは、目的に沿っていると思います。また、留学を経験したことにより、人々の考え方や信条が違うことにより興味を持ち、これからもっと多くのことについての理解を深め、”世界”を広くしていきたいと考えています。
     
    心理学科3年 I.M.さん
    s_today181128n2.png

    2018年
    10月12日

    インターンシップに参加しました!~学童保育でのインターンシップ~

     就職へ向けて,心理学科の学生は長期休暇を利用したインターシップ(就業体験)に参加します。これまでは,3年生が主に参加していましたが,最近は,2年生もインターンシップに挑戦しているようです。今回紹介する2名の学生が参加したのは,福岡市内のコンピュータ・エンジニアの会社が同じフロアで行っている学童保育でのインターンシップ。ここでは,テクノロジー会社の特徴を生かしたプログラミングやアート教育を実施しています。それでは,2名の学生の報告をどうぞ。
       TECH PARK  https://www.techpark.jp/
     (担当:藤村)

     

     私は、この夏にインターンシップで「TECH PARK」社に行かせていただきました。こちらは会員制のアフタースクールで、子どもたちの個性に合わせてテクノロジーを楽しむというところです。今回はサマースクールという夏休みの業務に携わらせていただきました。
     担当した仕事は子どもたちとのコミュニケーション、アクティビティの手助けをすることでした。日によって子どもたちの活動は変わりますが、主にプログラミングの手伝いなどをしました。子どもたちとの接することの大変さや、困っている子どもに分かりやすく説明するにはどうすればよいか、子どもたちに対してどのようなことに注意しておくかなど、様々なことが学べたと思います。また、子どもたちに教える楽しさや難しさも学ぶことができました。今回のインターンシップでは様々なことを勉強させていただけたので、今後に生かしていきたいと思いました。
     s_today181012n1.png
    心理学科 S.Nさん(九州国際大学付属高等学校) 

     

     私はサマーインターンシップで主に高学年のアクティビティのサポートを行いました。内容は3Dモデリングとプログラミングです。モデリングは高学年のみで内容も少し難しいものでした。中には難しさのあまり上手くできずイライラしている子もいてどうなだめるか、どう教えるかということを常に考えながら行動することができました。
     子供と接して深く感じたことは「何を伝えたいのかが正しく伝わってこない」ということです、うまく言葉に出来ないのかとても曖昧で文章になっていない時もありました。そんな時は聞く側も積極的に聞き返し、想像で答えるのではなく確実に言葉を伝えていくことが大切だと学びました。このことは決して子供が相手の時だけではなく様々な場面でも言えることだと思うので心がけていきたいとおもいます。
    s_today181012n2.png
    心理学科 H.Dさん(福岡魁誠高等学校)

    2018年
    10月09日

    インターンシップに参加しました ~プロジェクト型インターンシップ~

     心理学科では「キャリア意識の育成」の観点から、インターンシップへの参加を推奨しています。そこで、先の夏休み期間を利用してインターンシップに参加した学生に感想を寄せてもらいました。
     今回は、中小企業に取材を行い、その企業の魅力や企業で働く人たちのドラマを伝えるインターンシップに参加したS.N.さんです。S.N.さん、ありがとうございました!
    (担当:分部)

     

     今夏、私は「企業を訪問して取材を行い、その記事を書く」というプロジェクト型のインターンシップに参加しました。これは、通常の就業体験型のインターンシップとは異なり、学生が企業に取材を行い、その企業の魅力や企業で働く人たちのドラマを学生たちに伝えるというものです。
     インターンシップでは、大学で学んできた “戦略” という考えを最も意識しました。取材先との事前打ち合わせや自分で収集した情報から、最初に「先方の企業の成長を支えている要因は社内の人間関係の良さにあるのではないか?」と仮説を立て、次に「どんな質問を行えば企業の魅力の秘密に迫ることができるのか?」「自分の質問でどんな答えが返ってくるか?その答えは自分が知りたいと思っていることか?」を徹底的に考えることで、限られた時間で本質に迫れるように準備を行いました。
     これらの事前準備の甲斐もあって、取材ではほぼ全ての質問に対して私が明らかにしたかった話を伺うことができ、会社の成長と社内の人間関係とのつながりに着目した記事を書くことができました。同時に、記事を書く段階になって、自分の質問内容には偏りが多く、一方向からしか物事を見ることができていないことに気づくなど、反省点もありました。
     今回のインターンシップでは、参加する前は想像もできなかったような達成感を得ただけではなく、自分の成長すべきポイントを発見するなど、自分を成長させるための良い機会とすることができたと感じています。
     
    s_today181009.png

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE