• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2019年
    12月12日

    九州心理学会で学部3年生が発表を行いました

     11月16日、17日の両日、熊本大学で『九州心理学会第80回大会』が開かれました。心理学科では、分部ゼミの学生が学部3年生ながら発表者として参加しました。
     研究は、ゼミの配属先が決まった1年前から少しずつ進めてきました。既存の研究を調べながら自分自身の興味・関心を仮説として具体化し、その仮説を検証する実験を自分で行い、結果を分析し、そして得られた結果から仮説の真偽を考察するという流れです。どの大学でも通常はそこで終わるものですが、せっかくの興味深い研究であるうえに、学生たちの成長にもなります。果敢にも学部3年生にして、他大学の先生方や大学院生が参加・発表される場に挑戦しました。
     以下、「自分用に買うときにはオンラインショップで楽をして買うのに、他の人にプレゼントを買うときにはわざわざデパートまで行って苦労して買うのか」といった購買行動の背後にある非合理性を検討したW.M.さん(春日高等学校出身)の感想を紹介します。
     
     
    ◆研究では、日常生活の中に隠れている小さな疑問から仮説を導くという作業を行いましたが、それまで何気なく過ごしていたためか、とても難しい作業でした。しかしこのような作業を進めることで、日常の見方が大きく変わりました。学会での発表はとても楽しみで、当日も驚くほど落ち着いて発表や質疑応答を行うことができました。また、沢山の方に興味を持って聴きに来ていただくことができました。今後も日常生活から仮説を導き、それを検証する力を育んでいきたいと考えています。
    s_today191212.png
     

    2019年
    11月07日

    社会に貢献する心理学2019 ~心理学の学びをいかすボランテイア活動~

     心理学科では、大学内で知識を得るだけではなく、実際に「動く(行動する)」学びも重視しています。実社会との関わりを大切にし、他者の援助に主体的に取り組む活動は、社会貢献だけではなく、学生自身の自己成長を促します。今回は「若楠療育園ボランティア活動」に参加し、4月から臨床心理士・公認心理師資格取を目指して大学院進学を行う3人の学生に体験を報告してもらいます。 
                
    施設の紹介
     鳥栖市の療育医療センター若楠療育園内の子育て支援センターである「どんぐりセンター若楠」について紹介します。「どんぐりセンター」では、主に3歳児までの親子を対象に子育ての不安感等を緩和し、子どもの健やかな育ちを促進することを目的とした活動を行います。ボランテイアは、子ども達との遊び、お母さん方との交流、またレクリエーションの準備(工作など)、施設外で行うイベントのお手伝いなどに参加します。活動終了後は事後ミーティングがあり、保育士、臨床心理士の先生方との振り返りに参加させていただきます。
     
    学生の声
     どんぐりセンターは定型発達の子ども、発達がゆっくりな子ども、年齢は0歳から幼稚園生までといった様々な個性を持ったたくさんの子どもたちが一緒に活動しています。最初は接し方がわからず難しく感じることもありましたが、回を重ねていくうちに、子どもたち一人一人に向き合い、臨機応変に対応する力をつけることができました。また、子育てをしているお母さん方と接してみて親子の関係が子どもの成長にどのような影響を与えるのかを知り、とても良い勉強になりました。ここで学んだことは大学院進学後の学びにも繋がると思います。
    (城南高等学校出身:Iさん)
     
     どんぐりセンターのボランティアは全て楽しみながら行うことができました。3年生の実習(フィールドワーク臨床)でも対象年齢が同じくらいの子どもたちと接しましたが、施設や活動の目的によって設定が異なることも学ぶことができました。どんぐりセンターでは、子どもの特性や、普段のお母さんとの関わりなどをしっかり見ることができました。また、気になったところを先生方に伝えると、助言や考え方を教えていただき、とても参考になりました。私たちの良い点は褒めてくださるので、自信になり、自分にもやれる事があるとやりがいを感じました。大学の授業を改めて現場で再確認することもあれば、座学では学べないことも沢山ありました。そして、今後の自分に求められることにも気付かされ、もっと勉強しなければと勉強への意欲も増しました。この経験を活かして大学院でも頑張っていきたいです。
    (福岡雙葉高等学校出身:Yさん)
     
     体験的に学ぶことができるとても貴重な時間だったと感じています。実際に子どもたちと関わる中で、授業や事前学習で学んだことがようやくピンとくることもありました。また、2週間1度会うたびに子どもたちの変化や成長を感じ、楽しみながら多くの学びを得ることができました。子どもたちの発達を間近で見て感じることができた今回の経験は、大学院で勉強するときに、必ず思い出され生きてくるだろうと思います。
    (筑紫中央高等学校出身:Hさん)
     
    s_today191107.png

    2019年
    09月12日

    オープンキャンパス ワークショップ「朝倉市との地域連携事業」

     今年度のオープンキャンパス2日目(8月4日・日曜日)に、334教室にて心理学科のワークショップを行いました。当日は猛暑の中、たくさんの高校生の皆さまと保護者の皆さまにお出でいただきました。心より御礼申し上げます。
     ワークショップでは心理学を通した「支援」をテーマとして、心理学科の授業「フィールドワーク臨床」と課外活動「朝倉市との地域連携事業」についての活動報告を行いました。  
     「朝倉市との地域連携事業」は、福岡女学院大学の心理学科の特徴的な授業の一つであり、朝倉市との連携協定をもとに課題解決型学習(PBL)を行っており、教員の指導のもと、「市の観光客(交流人口)を増やすには?」という課題に取り組んでいます。発表までの準備やワークショップ当日の活動は全面的に学生によって行われました。かなり緊張気味の学生達でしたが、授業とその成果をまとめる作業を通して着実に力をつけていることがわかる発表であったと思います。以下に今回のワークショップの発表の一部と学生のコメントをご紹介します。
     s_today190912n1.png

    s_today190912n2.png

    s_today190912n3.png

    s_today190912n4.png

    s_today190912n5.png

    s_today190912n6.png

    s_today190912n7.png

    s_today190912n8.png
     
     学 生 の 感 想 
    ◆朝倉市の発表を通して、自分たちの活動がいかに有意義であったかを再認識することができました。また、それと同時に、当時常に考えていたことや、学んだこと、身についたことを思い出すことができ、活動を発表する機会に参加できてよかったと思います。発表後には朝倉市役所の職員の方から、パンフレットが人気で、増刷したという話を聞き、とても喜ばしい思いになりました。
    (西陵高等学校出身:Nさん)
     
    ◆今回、朝倉市のパンフレット作成についてのワークショップへの参加という貴重な体験をさせて頂き、ありがとうございました。自分達で作った物をこのような場で発表することで、朝倉の魅力や作成過程で学んだことを再確認することができ、女学院の特徴を紹介するだけでなく、自分達の成長にも繋げることが出来たと思います。今後活動を行った際には、今回のようにプレゼンテーションを行う機会を積極的に持ちたいと思いました。
    (都城泉ケ丘高等学校出身:Hさん)
     
    ◆パンフレットではどうしても伝わらない「パンフレットに対するこだわりや魅力」を私たちの口から伝える良い機会となりました。発表はパンフレット同様、どのように伝えるのかと試行錯誤しましたが、こだわりと魅力が十分に伝わるプレゼンテーションを行うことができたと思います。
    (伊万里高等学校校出身:Fさん)
     

    2019年
    07月25日

    2019年度の『心理学プロジェクト演習』では、JALの地域活性化事業に取り組みます!

     心理学科では、1年生らが心理学の知見を学び、それを活かしながら、企業や自治体の課題に取り組む『心理学プロジェクト演習』を開講しています。これは「課題解決型学習(PBL)」と呼ばれる演習科目で、できるだけ早期に実社会の課題を発見・解決する体験を通じて、社会に貢献する力の修得を目指したものです。
     本年度は、日本航空株式会社(JAL)様の地域活性化事業に共同して取り組むことになりました(こちら )。そのお題は、「平成筑豊鉄道『ことこと列車』の利用者をさらに増やすための提案を行う」というもの。去る7月11日、細部打ち合わせのために、JAL様、福智町様、平成筑豊鉄道株式会社様にお越しいただき、本学キャリア開発教育センターとともにキックオフミーティングを行いました。
     
    s_today190725.png
     
     現地視察の段取りや最終提案会の日程と場所などはもちろん、今年度はなんと、「心理学科の学生、JAL、福智町、平成筑豊鉄道の4者がそれぞれ独自に提案を行う」というコンペ形式の提案会となることも決まりました。また、日本航空株式会社九州・山口地区支配人 溝之上様からは、今回の連携事業が福岡県の様々な場所で注目されているというお話が、福智町まちづくり総合政策課 長野様からは今回の提案内容の具体的な実現可能性についてのお話があるなど、日本航空株式会社特別理事 大川順子様による講演会(こちら)での学びをもとに、1年生たちは1年生にして非常に大きな「社会に挑戦する機会」「社会の中で自分の役割を考える機会」を提供していただけることとなりました。
     皆様のご期待に応えることのできるよう、今後も学生・教職員一同、励んで参ります。
     

    2019年
    07月12日

    大川順子日本航空株式会社特別理事による 講演会を開催しました

     心理学科では、心理学の知識を活用しながら実社会の課題に取り組む『心理学プロジェクト演習』を開講しています。これは「課題解決型学習(PBL)」と呼ばれる演習科目で、2019年度は日本航空株式会社(JAL)様と連携して実施されます。これに先立ち、7月5日、キャリア開発教育センターの協力のもとで日本航空株式会社特別理事 大川順子様をお招きし、講演会『輝く未来へ ~私たちの役割~』を開催しました。
     
     JALグループをはじめとした航空会社を志望する学生、就職する学生の多い本学。当日の講演会には、心理学科の学生はもとより、他学科からも多数の学生が参加しました。その学生たちに向けて、日本を代表する航空会社を長年支えていらっしゃる大川順子特別理事が語られた内容は大きなビジョンに基づくものでした。
     
     JAL グループの企業理念である「最高のサービス」「企業価値」をベースに置き、事業を縦軸に、SDGs/ESG を横軸に両者を交えながら、「なぜそれを追求する必要があるのか?」「企業そして今後の社会を支える者として、そこでどんな役割を担うことができるのか?」について、社員一人一人が自分の仕事に誇りを持てること、それがブランドを創り、企業と社員そして社会を支えることにつながること、そのような持続可能性が企業の責任でもあることなどを、とても熱い語り口でお話いただきました。
     
    s_today190712n1.png
     
     お話の中では、2011年の大晦日にJAL客室乗務員がお客様に向けて自発的に行った機内アナウンスや、JALプラザに訪れた外国人旅行客への手書き地図での案内など、実際のエピソードも紹介していただきました。いずれも、JALという企業が「お客さまに最高のサービスを提供する」ことを如何に重視されているのかが分かるものでした。
     
     また、講演後の質疑応答では、経営破綻からの再生に際して注力されたことなどについてのお話もあり、「今後の企業や社会の中で私が為すべき役割は何か?その役割を支えるのは何か?」など、全ての学生が自身のキャリアを形成する上での重要な指針となりました。本当にありがとうございました。
     
    s_today190712n2.png

    カテゴリー

    バックナンバー

    2020年
    2019年
    2018年
    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@