• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2020年
    04月03日

    ようこそ心理学科へ!

    新入生の皆さんへ
     
     新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。皆さんを福岡女学院大学人間関係学部心理学科にお迎えすることが出来て、教職員一同、大変嬉しく思っています。大学は、皆さんが自立した個人として成長するための豊かな土壌であり、そこは様々な人との出会いや学びの機会に溢れています。
     
     今回、感染症の問題によって、皆さんはこれまで誰も経験したことのない形で大学生活のスタートを切ることになりました。入学式がない春なんて、ほんの数カ月前は誰も想像さえしていませんでした。そのため、これから始まる学生生活に不安を感じている人もいるかもしれません。もし、心配や不安なことがあったら、決して一人で抱え込まず、大学の教職員を含め、必ず誰かに相談してください。
     自立は、他の人とつながり、ときには他の人に支えられ、また別なときには他の人を支えながら達成されていくものです。
     
     また、困難な状況には、私たちに工夫や新たな気づきをもたらし、成長するチャンスを与えてくれる側面もあります。人を取り巻く社会のあり方が、個々人の行動や心に影響を与え、同時にひとり一人の行動が社会のあり方を方向付けることを、今ほど強く意識させられる時はありません。だからこそ、大学での学びを通して、適切な情報収集をし、自分の頭で考え、判断し、進むべき道を選びとっていく力を身につけて欲しいと思います。
     
     皆さんが本学で良いつながりと学びを得、特別なこの春こそが自分にとって大きな成長の第一歩であった、と振り返る日が来るように、心理学科の教職員は皆さんとしっかりつながり、支え、共に歩んでいきます。
     
    s_today200403.png
     
    2020年4月
    福岡女学院大学人間関係学部心理学科長
     白澤早苗

    2020年
    03月12日

    心理学科卒業生へ~ご卒業おめでとうございます!~

    心理学科卒業生の皆さんへ
     
     ご卒業おめでとうございます。
     心理学科の学びを経て、これからそれぞれの未来に向けて動き出す皆さんのこと、とても頼もしく思います。入学してからの日々、それぞれが自分なりの歩みで進んだ足跡は、これからの人生を豊かにするでしょう。
     
     心理学科を巣立つ皆さんへ、学科パンフレット(2019)から以下の言葉を贈ります。
     
    日々自身の成長を感じ        
    己を信じる力を育み         
    他者を思いやるこころを培う     
    またその体験は、他者との絆を確信させ
    市民社会の一員としての自覚を高め  
    未来を切り開いていく源となるでしょう
     
     
    皆さんの今後に幸多いことを願っています。
    心理学科長 重橋
     
    s_today200312.png

    2020年
    02月19日

    高校生の皆さんへ ~基礎演習最終授業を終えた1年生からのメッセージ~

     高校生の皆さんにとって大学生活はどのようなイメージでしょうか?大学と高校とでは授業内容だけでなく、授業の受け方や「クラス」の概念も異なります。本学では、新入生が大学生活を安心して始められるように、「基礎演習」の授業でしっかりとサポートをしています。
     今回は、今年度の基礎演習の授業を終えたばかりの1年生に、授業を振り返ってもらいました。
     
    1年間を振り返って

    ◆私は心理学を1年間学んできて、心が豊かになったと思っています。他人の内面は勿論、自分の内面を深く見つめ自分が今まで気づかなかった部分、良かった部分、足りなかった部分に目を向けることができ、足りない部分は補える力をつけることが出来たと思います。
     また児童虐待やDV等、今まではニュースでしか見てこなかった問題を心理学からの側面で考えることができました。特に児童虐待は、ニュースでは酷い親だとしか考えていませんでしたが、心理学を学んでからは親しか分からない悩みがあり、その悩みを周りでサポートしていく必要があると考えるようになりました。心理学を学んできて本当に視野が広くなったと実感した1年でした。
    (心理学科1年:Wさん)
     
    ◆大学生になってからの1年間は、あっという間で楽しい1年でした。心理学を学び始めて、イメージと違う部分や、将来の選択肢はカウンセラーだけではないことなど、色々なことを知ることができて良かったです。また、新しい人間関係を築くことができました。クラスの人たちや英語で同じクラスだった人たちなど、友達をつくることができました。クラスの人で集まると、楽しくて、あっという間に時間を過ごすことができました。2年生も、しっかり勉強して、友人の輪を広げられる1年にしたいです。
    (心理学科1年:Oさん)
     
    ◆今まで人間関係で苦労することが多かったことから、気持ちや行動を変えることによって人間関係が改善することがあるということを学んだことが、自分にとって一番役に立ったと思います。この時、心理学は日常場面でも役に立つことが多いんだなと感じました。これからのことから、私は心理学科に入ってから、さらに視野が深まった気がします。2年生になっても、心理学で学んだことを生かしながら頑張りたいと思います。
    (心理学科1年:Kさん)
     
     
    心理学科1年生の1年間の様子

    s_today200219n1.png
       入学後の一泊研修          基礎演習スポーツ大会     
       ~友達ができて~          ~クラス対抗バスケット~   

    s_today200219n2.png
      キャリアインタビューの発表         卒業研究発表会     
                           ~先輩からの学び~    
     

    2020年
    02月14日

    卒業研究合同発表会~最優秀賞を受賞して~

     2月6日、本年度も心理学科教員有志による卒業研究合同発表会が行われ、
    4年生たちがそれぞれの卒業研究を発表しました。
     
     『心理学の卒業研究』と言ってもその内容は大学ごとに大きく異なりますが、本学では仮説検証型が大半です。仮説検証とは、人の考え・行動・性格などに
    ついて “~ではないか?”といった仮説を立て、その仮説が正しいかを調べるためにデータを集め、真偽を検証するというものです。
     
     
    s_today200214.png
     
     では、学生たちは卒業研究を通じて、何を学び何を感じ取ったのでしょうか?見事、最優秀賞に輝いたH.S.さんに、振り返っていただきました。
     
    学生の感想
     この度は、最優秀賞という素晴らしい評価をいただき、ありがとうございました。私の研究テーマは、「なぜ他の人と自分を比べるのか?顕在的・潜在的自尊心の不一致が社会的比較に与える影響」です。人は日頃から学業成績や性格など、様々な場面で他人と自分を比較していますが、それにはどのような要因が関わっているのでしょうか?今回私は、人と自分を比べたがる人の「無意識的な自尊心」に着目し、研究を行いました。
     
     研究テーマを決めるにあたり、普段生活する中で湧き出てくる「なぜ?」を振り返りました。人の意思決定や行動には不思議が溢れていて、それについて考えているとワクワクします。卒業研究を通して、在学中は淡々と日々を過ごすのではなく、常に周りの事象に興味を持とうとすることが重要だと改めて感じました。
     
     研究を進めるにあたっては、4年間学んできた知識を最大限に活用しました。しかし決して自分一人で全てをやれる訳ではなく、指導してくださる先生やライバルの存在に支えられたと感じています。
     
     発表会当日は、多くの学生や先生方が私の研究に興味を持ってくださいました。中でも熱心に質問し、メモを取ってくれていた後輩の姿には胸を打たれるものがありましたし、彼女たちの今後の成長に少しでも貢献できたのであれば嬉しく思います。私は4月から社会人として働くことになりますが、本学での学びや経験を自信に変えて精一杯頑張りたいと思っています。
     

    2020年
    01月01日

    あけましておめでとうございます。

     心理学科4年生は、心理学を専門とする職業、心理学の学びを活かす職業などそれぞれの道に向かって旅立つ準備をしていることでしょう。3年生は、卒業研究のテーマ設定に向け、学びを深める時期になりました。2年生は、ゼミ決めが終わり、いよいよ自分が専門として学ぶ領域に向けた準備が始まります。1年生は、入学時の自分を振り返ってみましょう。心理学について学んできた自分に気づくことと思います。
     
     福岡女学院大学心理学科では、心理学を実社会で活かすためのさまざまな科目を準備しています。今年は、複数の実践・実習科目が新たに開講される年です。
     例えば、「臨床心理コース」では臨床現場での継続的な支援を行う『心理実習Ⅱ・Ⅲ』、「人間関係コース」ではピアサポートなどを実践する『心理学フィールドワーク(人間関係)』、「キャリア心理コース」では調査と検証の実践力を伸ばす『社会心理学実験実習』が開講されます。
     企業や自治体の課題に取り組むこれまでの実習や課外活動も継続し、基礎に裏打ちされた心理学の知見を活かして活躍する者の育成を目指しています。
     
     今年も心理学を力としてポジテイブに社会貢献できる女性達の教育に努めたいと思います。よろしくお願い申し上げます。
    s_today200101.png

    カテゴリー

    バックナンバー

    2020年
    2019年
    2018年
    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@