• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2019年
    06月27日

    インターンシップに参加しました!

     就職活動を前に、大学1年生から3年生にかけて積極的にインターシップ(企業での就業経験)に参加する学生が増えています。今回は2年次の春休みを使いインターンシップを経験した心理学科の学生が、どのような活動で、何を感じたのか報告してもらいました。

    学生の感想

     私は、10日間企画営業を強みとする企業に10日間お世話になりました。活動内容は、報告書の作成、アンケート集計、文章の校正、営業の同行、電話営業などで、様々な業務を体験させていただきました。
     これらの体験を通して、ただ何かをこなすのではなく、常に疑問を持ち些細なことにも気づくことが自分の学びや成長につながることを学びました。例えば、報告書を作成する際、内容に疑問を感じたところを質問することで、会社の設立の理由の深い話を聞くことができました。また日常の景色をヒントに承諾件数に大いに貢献できました。
     今回、体験したこと感じたことは、これからのでの就職活動での判断材料になっています。加えて、私自身を見つめ直す機会にもなりました。
    (春日高等学校出身:Wさん)
     
     
     私が参加させていただいたインターンシップ先の仕事は、幼児教室でした。幼児教室の運営の補助や教材作りをさせていただきました。社員の方々は、ご自身の仕事にとても誇りを持って働かれており、感銘を受けました。将来、私もそのように誇りを持って働きたいと強く思いました。そのためには、大学生活の中で日々を何となく過ごすのではなく、1分1秒を大切に過ごすことが必要だと思います。
     また、積極的に自らが行動を起こすと周囲の人々が反応を返してくれることも学びました。今後はさらに自発的に行動し、自身の視野を広げ、さまざまなことに挑戦しながら成長できるよう、日々を過ごしていきたいと思います。
    (鹿屋高等学校出身:Sさん)
     
    s_today190627.png
    就職課の充実した支援体制(就職支援プログラムの様子)

    カテゴリー

    バックナンバー

    2019年
    2018年
    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@