• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2019年
    02月26日

    大学院入学前サポートプログラムに参加して(臨床ボランテイア)

     大学院秋季入試に合格した学生達は、大学院入学まで半年間の時間があります。この間を有効に活用するため、本学科では連携している臨床現場に学生達を派遣し(臨床ボランテイア)、現場で活躍する臨床心理士の活動に触れる機会を積極的に提供するなど、大学院進学に向けたサポートを行っています。臨床現場で出会う子ども達や母親達と関わり、こころについて体験的に学ぶ中で、今春から大学院生になる学生達は何を学んだのでしょうか。
     今回は、大学院入学前サポートプログラムを体験した二人の学生にその学びを振り返ってもらいました。                         
    (担当:重橋)
     

    ◇施設の紹介◇
     鳥栖市の療育医療センター若楠療育園内の子育て支援センターである「どんぐりセンター若楠」について紹介します。「どんぐりセンター」では、主に3歳児までの親子を対象に子育ての不安感等を緩和し、子どもの健やかな育ちを促進することを目的とした活動を行っています。
      朝9:00から14:30まで子ども達と遊び、お母さん方との交流を行っています。また、レクリエーションの準備(工作など)、施設外で行うイベントのお手伝いなども行っています。活動終了後は事後ミーティングがあり、1日を通して気になったことについて、保育士の先生や臨床心理士の先生と様々な視点から情報交換を行っています。
     
    s_today190225.png
    ―子ども達との関わりの様子―
     
    大学院入学前サポートプログラムに参加して
     最初は子ども達と一緒に長く遊ぶということも難しく、子ども達が泣いてしまうこともあり、それを見ると自分の関わり方を振り返り落ち込むこともありました。しかし、先生方から接し方のアドバイスを頂き、また保護者の方と会話することで、少し見守ってみることも大切なことだと気づくことができました。回を重ねる中で子ども達から関わってくれた時や笑顔が見られなかった子が一緒に遊ぶことで笑みを見せてくれた時は、とても嬉しく感じました。定型発達や発達がゆっくりなこども達など、様々なこども達と関わる活動だったため、子ども達の発達段階や成長について実際に見て感じることができました。大学院に入学する前に大変貴重な体験をさせていただき、とても勉強にもなりました。
    これから大学院進学を目指す高校生へ
     高校生の皆さんは、進学を控え不安に思うこともあるかとは思いますが、大学は自分が学びたいことや、興味のあることを専門的に学ぶことができる場です。福岡女学院大学は先生方からのサポートもしっかりあるため、安心して学ぶことができます。皆さんが進みたい方向に進むことができるよう、心から応援しています。
    (心理学科4年:Wさん)
     
     
     
    大学院入学前サポートプログラムに参加して
     印象に残ったことは1歳前後の子ども達の成長を感じたことです。子ども達の成長は、身体面だけではなく、友達との関わりや表現の変化など、様々な成長を見ることができました。また、子どもの笑顔が増え表情が柔らかくなるとお母さんの笑顔が増え、親子の関わりの大切さを実感しました。このような経験や活動はとても貴重で良い学びになり、大学院進学後の学びに繋ると感じています。
    これから大学院進学を目指す高校生へ
       これからの大学生活において初めは緊張と不安でいっぱいになることがあるかもしれませんが、諦めずに続けてみることで新たな発見や自分の成長を感じることがたくさんあると思います。悔いのない学生生活を過ごせるよう心から祈っております。
    (心理学科4年:Kさん)
     

    カテゴリー

    バックナンバー

    2019年
    2018年
    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@