• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 大学院
    4. 臨床心理学専攻
    5. 臨床心理学専攻Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    大学院 人文科学研究科 臨床心理学専攻

    大学院 臨床心理学専攻Today 一覧

    2019年
    02月15日

    臨床研修会 ロールシャッハ事例検討会

    臨床心理士・公認心理師が対応する臨床現場は多領域であり、様々な援助技法が求められます。このような要請に対して本学大学院臨床心理専攻では、通常の授業や実習とは別に外部講師を招いて学ぶ「臨床研修会」を設定し、大学院生達の学びの機会を提供しています。

    今回は外部講師を招いて、ロールシャッハテストを用いた事例検討会を行いました。修士1年生は、検査者として検査を施行し所見をまとめる実習を後期から行います。ロールシャッハテストは複雑で分析が難しく習熟を要する検査です。しかし、半年間の実習を通して、他者を理解する技術と視点を得て成長していることが確認でき、外部講師の先生からもその様子に対する評価をいただきました。今回の学びについて、発表を担当した大学院生の感想を紹介します。


    rin_190214_01.jpg
    ―カンファレンスの様子―
     

    研修会に参加して

     研修会で発表をさせていただき、本当に良かったと感じています。発表前はとても不安で、事前準備に時間を費やしましたが、発表後は事例について深い学びを得たと同時に、自分が思っていたよりも所見作成ができていたことを確認でき、嬉しさと信じられなさを感じ、自信になりました。
     ロールシャッハテストを施行する中で、相手のことを正確に表現することの難しさ、表に見える行動だけではなく潜在的な内容をどこまで確信をもって記載できるかなどについて悩みました。しかし、院生からの質問や先生方の意見をいただく中で、事例の新たな側面の理解ができるとともに自分が考えた視点が間違いはなかったことを確認することができました。まだ不安な部分も多くありますが、研修会での発表を通して相談者のことをもっとしっかりと考えていきたい、相談者に対して自分が考えるアセスメントを大事にしていきたいと感じるようになりました。
    さらに、検査中の二者の相互作用が検査に影響することを痛感しました。検査の場で冷静に状況を判断していけるように、もっと力をつけていきたいと思います。このような貴重な機会を頂けたことに感謝しています。
    (修士1年:Iさん)

    rin_190214_02.jpg
    ―キャンパス内の桜:新入生の皆様との出会いを楽しみにしていますー

    2019年
    02月12日

    大学院での学びと成長の振り返り -2018年度(第14期)修了生のことば

    2年間の短くも長い修練の時間が終わる修士2年生たちが、その2年間の学びを振り返って、自分にとってもっとも大事だったものは何か、それを表すことばを寄せました。
    臨床心理士養成指定大学院として備えるべき教育内容は全国的に一定水準では共通しており、基本的専門性を身に付けるにあたっては、福岡女学院も例外ではありません。その上で、ここならではの学びは何か、といったところでこの2年間の学びの意義は異なってくると思います。
    福岡女学院で大事にするものをしっかり頑張って学び、以下のことばを残してくれた第14期の院生のみなさんに感謝とエールを送ります。


    ○福岡女学院に来て、一番得たものは「人そのものを愛す」という気持ちだと思う。
    ○人と関わることの難しさ、だからこそ人と関わる臨床心理士を目指したんだ、という自分の気持ちを明確にできた気がする。
    ○特に本学では「自己内省」が大きなテーマであり、自分の基盤をしっかり見つめ、固めることができたと思う。
    ○臨床心理士にはマニュアルがなく、自分自身の心が道具であることを学んだ。
    ○鵜呑みするのではなく、問いを立てるようになった。
    ○本気で「人」のことを考え、悩み、喜ぶことができた。
    ○自分の心地よさを優先して生きてきた私が、本学だったからこそ何度も内省し、深め、本気で人と向き合いたくなった。
    ○毎回の内省レポートやグループシェアを通して、一つ一つのことを丁寧に観るようになった。
    ○奥手で内向的な私が、私の内側から汲み上げられるような体験を積み重ね、積極的に先生、仲間とシェアする中で変化する自分をみながら、人の成長を信頼するようになった。
    ○様々な実習の中で人を動かす、まとめる立場の体験を通して、個とともに全体を“観る”“気づく”“具体的に行動する”ことを学び、自分の選択肢がどんどん広がっていくようになった。
    ○人と関わる楽しさと面白さを得た。

    rin_190207.jpg

    2019年
    02月04日

    大学院での学び:在学院生からのメッセージ

    私は西南学院大学の人間科学部社会福祉学科を卒業後、福岡女学院大学大学院に入学しました。現在は、修士2年生で、講義や研修会、学内外での実習を通して、臨床心理士としてたくさんの学びや気づきを実感しています。
    190204_rinsho_1.jpg
    大学院では、日々の講義や学内の実習、小学校等の学外の実習を経験し、臨床心理士とは何か、心の支援を行うことの意義を、体験的に学ぶことができました。それと同時に、自分自身に対する気づきや心の問題を抱えている方にどういった支援が求められているかを具体的に考えて実行することの難しさと嬉しさを感じることがありました。実習の中ではきついことや辛いこともあるけれど、大学院の先生方が支えてくださったり、院生同士で辛さを分けあったり、嬉しさを共有したりすることが多く、院生生活で人々の温かさを再認識することもありました。そして、臨床心理士として社会で活躍するために、講義や実習を通して、院生同士で切磋琢磨し合い、自分自身を高めていきたいと思っています。

    190204_rinsho_2.jpg

    修士2年 Y.M.

    2018年
    10月31日

    ロールシャッハテスト研修会を行いました

     臨床心理士が対応する臨床現場は多領域であり、様々な援助技法が求められます。このような要請に対して本学大学院臨床心理専攻では、通常の授業や実習とは別に外部講師を招いて学ぶ「臨床研修会」を設定し、大学院生達の学びの機会を提供しています。

    今回は本学3期修了の先輩に事例発表を依頼し、指定討論者に外部講師を招いて、ロールシャッハテストについて学びました。ロールシャッハテストは複雑で分析が難しく習熟を要する検査です。しかし、研修会を通して投映法の奥深さについて多くの院生が興味を持ち、主体的に学ぶ意思を確認することができました。修士1年生は、後期から実際に検査者としての実習を行っており、今回の学びを実習に活かしていくことになります。
    また、現場で活躍する先輩の発表を聞き、10年後の自分達の成長した姿を具体的にイメージする機会にもなりました。一人の対象と誠実に向かい合い、その方の在り方を共に考え続ける先輩の姿は、院生達の良きモデルとなりました。本学臨床心理専攻は、開設16年目を迎え、現在170人以上の修了生を輩出しています。今回の研修会だけではなく、現場での実習指導、就職先の先輩としてなど、様々な場面で後進を育て、関わる関係を築いています。事例発表を引き受けてくれたHさん、貴重な機会をありがとうございました。

    shinri_181101.jpg

    2018年
    10月01日

    第15回東日本大震災支援実習を終えました

     2011年8月から続いている東日本大震災支援実習が2018年8月の活動をもって15回目に至りました。その間、延べ3000回以上のサート(主動型リラクセイション療法)セッションを行い、延べ約250人の院生と臨床心理士がこの支援に参加しました。

     臨床心理学的知と実践を震災支援に活かすことで、臨床心理士の社会的貢献の在り方とその可能性を発展させていきたい、それが長く続く支援につながるコツであるし、臨床心理士養成機関として臨床心理士のアイデンティティを涵養するに有効な学びの体験であるという理念から始めた支援です。

     一方、被災者としてではなく、不意に災害に遭遇したその地域に生きる方に出会い、こちらができるサポートを添えるという姿勢は、自ずと被災者支援から地域支援へというステージに広がり、仮設住宅を中心に始まった支援は、岩手県宮古市全域に広がり、約15か所の地域コミュニティーに密着するようになりました。 そのようにして育まれた地域住民の方々との信頼関係は心を込めて作ってくださった手作りの食事を共にするところに現れています。

    rin_181001_01.jpg

    rin_181001_04.jpg

     あの巨大な津波にのみ込まれず、威風堂々と立ち続ける三王岩が宮古のみなさんの心を表し、励ましたように、この7年間宮古のみなさんとの触れ合いは、院生たちに生きることの尊さ、その営みの心にかかわることの感動を教え、力強く臨床心理士としての未来へ突き進む動機を強めてくれました。集団による短期集中支援実習はいったん終了しますが、これからも地域支援のネットワークの一つとして関係は続いていきます。

     2011年8月、専攻の院生と教員全員が心を合わせ、手を合わせ、臨床心理士として社会にどう応えていくか、応えられる人材をどのように育てるかというそのスピリッツと理念の具現として岩手県宮古市に向かったように、これからも本専攻ならではの臨床心理実践マインドを大事に社会に応答していく所存です。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@