• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. メディア・コミュニケーション学科
    5. メディア・コミュニケーション学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科Today 一覧

    2020年
    01月21日

    学生作の音楽アルバム《One We-ek》

    ※カバーイラスト:学科3年生K.Nさん


    メディア・コミュニケーション学科では、2019年度の学科広報として小さな音楽アルバムをつくりました。このページでは、制作にたずさわった学生みずから、楽曲とその制作秘話をご紹介いたします。


    「曲をつくりたい」

    きっかけは、私たちが授業中にふと発したその一言でした。メディア・コミュニケーション学科でつくるなら、学科での生活が受験生に伝わるような音楽にしてみては……とコンセプトを決めて、2019年3月中旬ごろから広報制作チームとして活動を始めました。全員がほぼ楽器演奏や録音の未経験者であるにも関わらず、先生から与えられた「生音で録音をしましょう」というお題をクリアすべく、作詞・作曲・演奏・録音をすべて学生が主体となって行いました。ふだんの学校生活と両立しながらの制作は時間に追われて大変でしたが、こだわりを忘れずに1曲1曲作り続けました。

    そして2019年の8月3〜4日に行われたオープンキャンパスで計5曲を初公開。当日は実際にその場で公開収録を行い、たくさんの方にご覧いただきました。ご来場いただいた方々には、この場をお借りして改めて感謝を申し上げます。ありがとうございました。オープンキャンパスでは、曲をQRコードにしてZINEに貼り付けて配布しましたが、もっとたくさんの人に聴いてほしいと思い、今回このブログでもアルバムを公開いたします。各曲のコンセプト、注目ポイントなど、ZINEに書かれることのなかった裏話を語り合う制作チーム4名のトークも含め、1曲ずつご紹介します。

    このアルバムは、全5曲で大学で通常の授業がある平日の月〜金曜日を表現しています。同時に、月曜日は新入生のオリエンテーション、火曜日は入学後の通常授業、水曜は授業の合間の休憩で一息ついて、木曜には3年生からはじまるゼミ……といったように、曲が進むにつれて大学でのカリキュラムもステップアップしていきます。アルバムの最初と最後はループするようになっているので、まずは音源をそのまま聴いてみて、その後に各記事を読みながらもう一度聴くと、新しい発見があると思います!

     

    1. ズキュン(月曜)
     
    入学後すぐに行われるオリエンテーションをイメージして制作しました。お互いにはじめましての状態で行う共同作業。ドキドキとワクワクが入り交じる胸の高まりを、ポップな音楽とアイドルソングのようなピュアでキャッチーな歌詞で表現しました。

    C:まず、学校に向かうバスの音を携帯で録音するところから始まったよね。
    R:そうやん!登下校中録音してた!
    C:んで、機械から出したらめっちゃノイズが入る問題が発生して苦戦した……
    R:アイドルソングっぽさを残したくて、でも歌詞が全然おもいつかんくて……
    C:結局ファミレスで考えたね(笑)
    S:歌詞めっちゃがんばって考えてきてくれたよね!
    L:作ってもらった譜面をギターでかんたんに弾けるパワーコードに置き換えて弾いたけど、自分の練習不足と技術不足で何回も録音し直したなあ……
    S:実は最初にできた曲なんだけど、実際に録音したのは一番最後っていうね!
     

    2. PI・KO・PI・KO(火曜)
        
    メディア・コミュニケーション学科のデザイン系授業でよく使うMDL(Media Design Lab)をイメージして制作しました。パソコンがたくさんある部屋なので、ピコピコ動く電子音をイメージしました。この曲は数千円で売られている小さなキーボードの音のみで構成されていて、キーボードひとつでここまでできることに感動しました。

    S:小さいキーボード叩いて作ったねー。
    C:パート分けして撮った覚えがあるなー。
    R:キーボードの音もみんなのパートにあわせて1個ずつ聴いて変えたよね!
    L:自分のパートに似合うやつをみんなで選んでさ!
    R:こだわりを持って選ばせていただいた(笑)
    L:そして録音に手こずったね。
    R:1回全部とり終わってたのに音量が急にデカくなる事件起きて怖かったー。
    C:そのせいで何回も撮り直したしね……
    S:ちなみに、最初と最後では某料理番組をオマージュして、曲の後半部では〈アルプス一万尺〉をそのまま拝借しているのだ!いろいろ手こずったけど、「小さいキーボードでも曲作れる!」ってとこを感じてほしいな。
    C: キーボードから、「夢」広がります。
     

    3. スヤヒソ(水曜)
        
    昼休みを感じさせるゆったりとした空気感ですが、それと同時に午後の授業が始まる前の憂鬱な気分やけだるさもにじみでているおもしろい曲です。ギターの音の背景でなにがささやかれているのか、ぜひ耳を澄ませて聞いてみてください。

    R:水曜はカオスだったね(笑)
    C:ささやくやつね……
    L:始めて録音した曲で、1本のマイクに4人が群れてた(笑)
    R:録音中の絵面がすっごいやばかった!スタンドマイクの前でみんな授業名をささやき続ける。先生の研究室で録音したから、その横で先生は何事もなかったかのようにパソコンで仕事をしている(笑)
    L:もう少しギターをなめらかに演奏したかったな〜。
    R:いま聴きかえしてるけど寝れそう……
    S:あえてギター一本で作って、おっとりゆっくり流れる、昼休みを感じさせるものにしました!
     

    4. マスダ(木曜)
     
    3年生から始まるゼミをイメージして、先生にも協力してもらって実際のゼミでのディスカッションに近い状態を再現したミニコントを制作しました。みんなで架空のゼミ生を演じて、ボーカロイドについて本音をまじえて議論しています。この曲を聴いたらゼミのイメージも変わる!雰囲気だけでも感じてみてください。

    R:もう今後二度とお会いすることのできないマスダさん(笑)!!
    C:録音中にマスダの熱がどんどんヒートアップしていってた(笑) 
    L:マスダさんの熱量に何度も笑いこらえてたな〜(笑)
    R:最高よ、最高だよ……
    S:普通に話してるだけじゃなんか物足りなかったので、ちょっとみんなの声をいじってケロケロ加工してみました!
    L:あえて早送りにしてみたりね。
    S:ゼミでのディスカッションをみなさんにちょっと公開したくてつくったので、雰囲気を楽しんでいただきたいです!
    C:意外とゆる楽しいよね!って。堅苦しくないし、こんなヤバいやつもいるから大丈夫!気軽に大学生しようぜ!みたいな。
     

    5. So...(金曜)
     
    単純なリズムと同じフレーズがえんえんと続くのですが、きいているうちに歌詞を覚えて口ずさんでしまうような中毒性がある曲です。これまでの私たちの正直でリアルな気持ちをそのままことばにして、アルバムの最後につめこみました。歌詞にも注目してきいてほしいです!

    C:歌詞はほぼノリで考えた感じ。
    S:みんなでお店に行って、2時間しゃべった結果生まれたフレーズやったよね。
    R:そうやった!懐かしい!やっぱ土曜はシャウトのとこにすべてがつまっとるやん?
    L:オーキャンの最終日に録音しなおしたとき、みんなでシャウトしたのはなんか楽しかった!
    C:先生のシャウトが予想以上すぎて録音中笑いこらえとったもん(笑)
    S:みんなマジやったよね(笑)
    L:うん、声ガラガラになった(笑)
    R:シャウトはおいといて.……歌詞の内容にはポジティブなかんじよね!
    C:そうそう!ゆる~くいこう!ってかんじ。
    R:メディア・コミュニケーション学科に入るのに、そんな気負わなくても大丈夫だよっていうのが伝わればいいね!
     

    お楽しみいただきありがとうございました。ぜひ何度も聴いて、メディア・コミュニケーション学科の学生生活を想像していただいきたいです!学科の新しいカリキュラムには、私たちが行ったような音楽制作に挑戦できる授業も揃っているそうです。興味のある方はぜひ履修してみてください!

    ※こちらからアルバムを通しで再生できます。
     

    2019年
    12月16日

    方言調査報告(大分県日田市天瀬町)

     10月、一泊二日で、方言調査のため大分県日田市天瀬町を訪れました。
     今回は地元の方3名にご協力いただき、各自が作成した調査表を元にインタビューを行いました。例えば、以下の例文を示して、天瀬の方言で表現してもらいます。


    共通語例文 
     明日は福岡に行くから、朝早く起きなければならない。
    天瀬方言  
     明日はね福岡に行くなきね、朝はよ起きなならんとばい。

     
    「〜から」が、「〜なきね」になるところは福岡と違いますが、語尾に「ばい」がつくことは福岡と共通点があると思いました。大分県と言えども、日田市天瀬町は福岡県に近いということもあり、福岡で使う方言がいくつかあり驚きました。このような調査表を元にした調査以外にも、楽しく会話を行う中で、自然な方言を聞くことができよかったです。
    調査が終わると、地元の方が観光名所の桜滝を見に連れて行って下さいました。他にも、地域の方による手作りのかかしが展示されたかかし祭りや、数えきれない程のお地蔵様が並ぶ高塚さん(高塚愛宕地蔵尊)を見学しました。見学する中でも、大勢の地元の方とお話させていただき、天瀬町の方言をたくさん耳にすることが出来ました。
     
    *感想*
     私は今回初めて天瀬町を訪れましたが、地元の方は皆さん優しい方ばかりで、とても楽しい方言調査となりました。
     共通点が少ないだろうと思っていたのですが、天瀬町は福岡県に近いということもあり、福岡でも使用する方言をたくさん天瀬町の方が話していて、驚きと嬉しい気持ちでいっぱいでした。また機会があれば、訪れたいと思います。(Aさん)
     
     天瀬町は涼しく自然豊かで過ごしやすい所でした。方言についての調査の他にご趣味のことなども楽しくお話を聞かせていただきました。
    福岡にいるだけでは知らなかったことや体験できていなかったこともあり、とても有意義な2日間を過ごすことができました。機会があれば、またお世話になった皆さんにお会いしたり、もっと観光したりしてみたいと思います。(Bさん)
     
     天瀬町の方は皆さん明るく優しくとても話しやすい方々でした。私の用意した調査表の内容だけでなく天瀬について、そして福岡について、楽しくお話ししたことで、より自然な現地の方言を体験することができました。自然も豊かでとてもいい場所でした。またぜひ訪れたいです。(Cさん)



     

    2019年
    12月03日

    日本コミュニケーション学会 九州支部大会が福岡女学院大学で開催されました

    11月2日、日本コミュニケーション学会九州支部大会が福岡女学院大学で開催されました。メディア・コミュニケーション学科後援のこの大会では、一般公開の基調講演とパネルディスカッションが行われ、多くの学生が参加しました。そのなかから2年生と3年生の学生二人のコメントを紹介します。基調講演をしてくださった熊本日日新聞社の高峰武さんのお話や、パネリストとして登壇してくださった国際基督教大学の青沼智さんの発言に非常に感銘を受けた様子が伝わってくる内容です。

     
    IMG_0967.JPG

    ローカルメディアとは、どういった場所なのか。それぞれの意見を聞いて、考えることができました。“見てしまった者の責任”という言葉がとても印象的でした。情報を発する立場として、継続することの大切さ、いろいろな視点をもつことの重要さをあらためて感じました。水俣の話では、“不作為”によって起こってしまったということが、その通りだと思いました。メディアが初めに真実を伝えなかった、猫てんかんのその後が報道できなかったということで、もし報道できていれば、どのように変わっていったのか考えてしまいます。今回、お話を聞いて、一つの視点ではなく、複数の方向から物事をみる、考えるということがとても大切だと感じました。(2年 MNさん)
     
    パネルディスカッションで議論された「記者は実際の事件に遭遇し、様々な場面状況をみることで、”書かなくてはいけない”、”書く”というミッションが与えられる」という言葉が印象に残りました。また、高峰さんのお話をきき、やはり”伝える”ということがどれだけ大切なことかを知ることができました。記者になるということは、同時に伝えるという責任を果たしていかなくてはいけないということであり、また記者でなくても”伝える”ということが大切だということを、一番に感じました。(3年 NTさん)

    2019年
    11月06日

    方言調査で今年も砺波市を訪れました

    「フィーフドワークD」では方言調査のために毎年富山県砺波市を訪れています。初めて方言についてのフィールドワークをする学生たちも、地元の方の多大の協力をうけて初心者向けの調査に臨んでいます。
    今回はその参加学生の感想をご紹介します。

    DSC_0009.JPG
     
    フィールドワークDを二年連続で履修し、今年も方言調査のため富山県砺波市を訪れました。
    展望台に立つと、高い建物がないので、ずっと遠くまで見渡せて圧倒される景色が広がっていました。訪れたのは、9月の初旬でしたが、福岡ほど気温が高くなく、涼しくて過ごしやすかったです。
    私は、今回の方言調査では富山で使われている言葉などについて調査しました。例えば、「長男」と「次男」は長男が「あんま」に、次男は「おっちゃん、おっちゃま」という風に言います。福岡で生活していて、聞いたことがなかったので、すごく驚きました。また、方言調査にご協力してくださった地元の方々は、毎年、私たちの訪問を楽しみにされていて、調査中にいろいろな話をしながら、質問するのが楽しかったです。
     
    DSC_0042.JPG

    砺波市に滞在する三日間は方言調査だけでなく様々な経験をする事ができました。地元の「卯月の会」の方が普段食べることができない郷土料理をご馳走してくださったり、二日目の夜は、方言調査にご協力いただいた話者の方と一緒にバーベキューをしたり、砺波市名産の大門素麺で流しそうめんもしました。最終日には富山県西部を流れる庄川でクルーズに乗ったり、チューリップを一年中楽しむことができる砺波チューリップ館に行ったりしました。私はチューリップが大好きなので、今年は去年よりもチューリップの球根をたくさん買いました。これから、春に家でチューリップが咲くのが楽しみです。
    (2年 R.Y)
     
    DSC_0139.JPGDSC_0320.JPG

    2019年
    09月09日

    展覧会のご案内 「livre/livrer」 

    デザイン表現研究C(映像)などの授業を担当されている二瓶晃准教授の展覧会「livre/livrer」が京都にて開催中です。照明・音響・映像などの異なる媒体を使い、空間・立体的に構成された作品が展示されています。
     
    01.jpg

    livre/livrer

    書物とは、読者にとって純粋にして透明な塊ー(ステファヌ・マラルメ)
     
    “思考する書物”をめぐるマルチメディア・インスタレーション作品。
    紙片に浮かび上がる「ことば」がスクリーン上に再構成され、一連のテキストとなります。
    だれかの言葉は、書物(livre)という塊となり、どこかに配達(livre)されることで、一つの思考としての像を結びます。

    02.jpg

    03.jpg

    2019年9月6日(金)~9月14日(土)
    12:00~19:00(日曜・最終日18:00まで/月曜休)
    会場:ギャラリー16 
    京都市東山区三条通白川橋上ル石泉院町394,3F) 

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@