• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. メディア・コミュニケーション学科
    5. メディア・コミュニケーション学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科Today 一覧

    2019年
    04月16日

    新任教員:二瓶晃准教授のご紹介

    二瓶晃准教授を迎えて新年度をスタートしております。
    新入生オリエンテーションでの教員自己紹介では、司会進行を務める学生スタッフからのお題に丁寧に答えて会場を和やかなムードに包んでくれました。
    メディアアート、ビジュアルデザインを専門とし、「デザイン概説」、「映像表現演習」等の授業を担当します。


     
    IMG_0536 - コピー.JPG
    二瓶准教授と学科長(新入生オリエンテーションでのひとコマ)
     
    これまでに、CDジャケットデザインや本の装丁、照明デザイン、舞台装置に至るまで様々な方面にて活動されています。詳細はメディア・コミュニケーション学科教員紹介ページ(こちら)をご覧ください。
    学科Today編集担当)

    2019年
    04月10日

    新入生が映画誕生時の手法を追体験 

    キャンパス内の沢山の木々や花は、普段から季節ごとのにぎわいをみせてくれます。新入生オリエンテーションの日はお天気もよく、満開の桜で新入生を歓迎できました。

    IMG_3624.JPG

    朝に集合したときは、何となくこわばった表情で緊張が感じられた新入生も、桜が満開の中庭にシートを広げてお弁当を食べながらおしゃべりをしている間に、だんだんと距離が縮まったようです。あたたかい風に花びらがひらひらと舞う心地よさに、「このままお昼寝したい」という声も聞こえましたが、午後は初のグループ活動が待っています。

    今年のグループ活動は、タブレットを使っての動画撮影に挑戦しました。ただし、カメラアングルを固定して1分間まわしっぱなし、なおかつ編集も禁止で、モノクロで上映するといったいくつかの制約があります。これらの条件は、映画が発明されたばかりだった19世紀の撮影技術をもとにしています。さらに、ロケ地と作品のタイトルをくじ引きで決めました。新入生にはなじみのなさそうな、古い映画や音楽、小説などのタイトルを、それぞれの解釈で表現します。午後の日差しの強さもあいまって、撮影に夢中になる学生達の姿はとてもまぶしく、一生懸命さが伝わってきました。

    できあがった新入生の作品には、教員一同も感心していました。
    スマートフォンでの写真や動画に慣れている世代の新入生だからこそ、古いメディアの可能性を新鮮に感じられたのではないでしょうか。遠近法を巧みに利用したり、オーバーな動きで表現したりと、限られた条件のなかでそれぞれが知恵をしぼり、もっている力を存分に発揮していました。今後の活躍が一層楽しみです!

    IMG_0576_.jpg

    また、新入生オリエンテーションでは、司会を含む運営スタッフを在学生数名がつとめました。事前の打ち合わせでは、自身が入学した頃を思い出しながらアイデアを出し、新入生がメディア・コミュニケーション学科をよく知ることができるように、全力でサポートしてくれました。ふだんの学びが活かされている姿もさまざま場面で見られ、とても頼もしかったです。
    学科Today編集担当)

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@