• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. メディア・コミュニケーション学科
    5. メディア・コミュニケーション学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科Today 一覧

    2018年
    11月29日

    シンポジウム「次世代に記憶をつなぐ」ご来場ありがとうございました

    11月10日、メディア・コミュニケーション学科主催のシンポジウム「次世代に記憶をつなぐ~地域のミュージアムを生かした教育」が開催されました。当日は、50名ほどの学生に加えて、一般の方も10名ほどご参加いただきました。3時間にもわたる長いイベントだったにもかかわらず、3人の講師の方々のお話しに熱心に耳を傾けていた様子が印象的でした。

    特に、四日市からお越しになった講師の一人である早川寛司さんが公害マンガを使った小学校の授業を「再現」した場面では、参加者全員が活発な意見を述べるなど、かなりの盛り上がりを見せていました。下記の写真からもその一端がうかがえるのではないでしょうか。
     
    jisedai1110.jpg
        
    また、会場の廊下では四日市公害写真展も同時開催されていました。四日市公害の発生から公害裁判勝訴までの経過がわかる12枚のパネルはすべて白黒写真で、時の経過を感じさせると同時に、被害の甚大さが伝わってくるものだったと思います。
     
    jisedai1112.jpg

    北九州や大牟田といった公害発生地域を抱える福岡で、四日市公害の記憶の継承がどのように教育現場や地域のミュージアムで行われているかを学ぶことは大事なことだということを参加者の多くが実感したのではないでしょうか。そして、こうした問題が、実は私たちの日常とつながっており、身近な問題として考えなければならないものだということを学生たちも真剣に受け止めてくれたように思います。

    ご登壇くださいました伊藤様、早川様、伊﨑様、誠にありがとうございました。

     

    2018年
    11月13日

    葡萄祭で砺波や台湾でのフィールドワークの成果を展示

    10月の葡萄祭では沢山の方にご来場いただきありがとうございました。
    今年はメディア・コミュニケーション学科でブース出展し、学生の手作り品の販売や、フィールドワークでの活動も紹介しました。

    IMG_0135.JPG

    私たちの学科では、毎年富山県砺波市で方言調査(関連記事はこちらこちらから)を行っております。地元の方々には調査のご協力の他にも大変お世話になっております。砺波の魅力は多々ありますが、そのうちの1つがチューリップです。今回アンケートにお答えいただいた皆様に砺波のチューリップの球根をお配りしました。珍しい種類ばかりで、どれにしようかと迷われる方が多かったです。160個ほどの球根が旅立ちましたので、福岡でも春に綺麗な花を咲かせてくれることと思います。

    IMG_0144.JPG

    IMG_0125.JPG

    また、台湾へ海外研修に行った学生たちは、ギャラリーやミュージアムを訪問するなど、現地のメディア・デザイン・コミュニケーションの関わりを直に学びました。その成果発表を兼ねて台湾で見つけた何かをヒントに作った作品の展示もおこないました。学生ならではの視点も活かした力作が並びました。

    IMG_0130.JPG

    授業との関連はないのですが、学生の手作り品もブースで販売しました。モノ作りが好きな学生が多いことがうかがえます。
    オープンキャンキャンパス以外で一般のみなさまに学生の活動を直接ご紹介する機会があまりないため、今回このように展示を見ていただけて嬉しく思います。お越しいただいたみなさま、本当にありがとうございました。
    学科Today編集担当)
     


     

     

    2018年
    11月06日

    新聞掲載のお知らせ:西日本新聞(2018年11月6日朝刊) 

    本学科専任の池田理知子教授が企画した今週末開催のシンポジウムに関しての記事が、新聞でも紹介されました。掲載されたのは、西日本新聞2018年11月6日朝刊の20頁です。著作権法に基づき記事のデータ等は掲載できませんが、西日本新聞電子版の会員の方はこちらよりご覧いただけます。
    記事では、四日市公害同様に大気汚染が問題化した北九州市と大牟田市の公害認定患者数が四日市市を上回っている事にも触れ、池田教授のコメントが掲載されています。

    シンポジウムの開催はいよいよ今週11月10日の土曜日です。入場無料となっておりますので、みなさま是非お越しください。

          次世代に記憶をつなぐ
       ――地域ののミュージアムを生かした教育――

      ◇開催日 11月10日(土)
      ◇時間  14:00~17:00(13:00受付開始)
      ◇場所  福岡女学院大学 421教室


      四日市公害写真展(同時開催)13:00~17:30

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@