• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. メディア・コミュニケーション学科
    5. メディア・コミュニケーション学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科Today 一覧

    2019年
    07月29日

    オーストラリアの日本語学校で活躍する卒業生による特別授業

    人文学部には、日本語教員養成コースがあり、所定の単位を修得すると、日本語以外を母語とする人に日本語を教えるための「日本語教員」資格が与えられます。メディア・コミュニケーション学科の守山惠子准教授が教鞭をとる同コースの必修科目「日本語教材研究」で、特別講師をお招きしました。ご登壇いただいたのは、メディア・コミュニケーション学科の前身である表現学科の卒業生である今村さんです。今村さんは、現在オーストラリアで日本語学校を経営されています。一時帰国中に、後輩たちのためにレクチャーをしてくださいました。

     
    IMG_0789_.jpg

    「オーストラリアを訪れたことがある方?」「キャンベラという都市をご存じの方?」など、とてもにこやかに学生たちに質問を投げかけながら、まずはオーストラリアの豆知識からお話くださいました。オーストラリアでは小学校でも第二外国語の学習があり、その選択肢の一つに日本語もあることを知り驚きました。今村さんが経営する日本語学校は、首都のキャンベラやメルボルンを中心に複数の教室があり、お母さんと一緒に学ぶ赤ちゃんから成人の方まで、幅広い年代の方が通っているそうです。学習者の方には日本語を学ぶ目的を必ず尋ね、旅行・趣味・学校の授業のフォローなど、その目的にあった内容のレッスンを行っているとのこと。「日本のことならなんでも知りたい!」という思いに応えるカルチャークラスのプログラムは、手毬ずしクッキング・年賀状制作・書道・浴衣の着付けをプロから学ぶ七夕イベントなど多岐に渡り、和気あいあいとした学習の様子が写真から伝わってきました。

    さらに、今村さんがこの日のために実施した、日本語学校内でのアンケート調査の結果を紹介していただきました。日本語を学ぶ方々には「日本語を学習するうえで難しいことは何か?」という質問を、日本語を教えている先生には「日本語を教えるうえで難しいことは何か?」という質問を投げかけて、双方の立場から生の声を届けてくださいました。ふだん日本語を話している私たちが気づかないような困りごとを具体的に知れて、さまざまな学びにつながりました。
     
    IMG_0782_.jpg

    今村さんが「将来日本語教師になるぞ!と思っている人」と問いかけた際、気恥ずかしさもあったのかとは思いますが、学生たちの手があまり上がりませんでした。すると今村さんは、「実は私もみなさんと同じように、将来日本語教師になりたいと強く思っていたわけではありませんでした。でも今は、あのころ守山先生の授業を受けて資格をとっていて本当に良かった」と打ち明けてくださいました。世界で大活躍している先輩の話は、学生の心に響いたことと思います。

    後半は、受講生個々人の質問にも丁寧にご対応くださいました。今村さん、お忙しいなか本当にありがとうございました。

     
    (学科Today編集担当)
     
     

    2019年
    07月16日

    映画「ザ・ファブル」の監督江口カン氏をお迎えし、社会人特別講義を実施しました

    2019年6月11日(火)3時限に、KOO-KI(空気株式会社)所属で映画・ドラマ・広告映像等の企画・監督をされている江口カン氏による社会人特別講義を実施しました。実施科目はメディア・コミュニケーション学科科目「色彩研究」「現代メディア論」の合同授業です。当日は特別に学内公開授業として開催したので、受講生以外の聴講者も多数来場しました。

     
    700pixel.JPG
     
     
    KOO-KI(空気株式会社)は地元福岡市に本社オフィスを置く会社で、江口監督は福岡の生まれです。江口監督の手掛けられた作品は、カンヌ国際広告賞を連続受賞されるなど、国内外で高い評価を得ています。特別講義では、非常勤講師の國盛教員によるご紹介に続き、KOO-KI設立までの経緯や、ご自身の学生時代についてお話いただいたのち、最新作を含む幅広い事例を題材にして制作についてご教示いただきました。
     
    レクチャーでは、江口監督の作品に共通する「オモシロイ」について、表面的な魅力・掘り下げられた魅力など、映像を観ながらその種類を段階的に解説していただきました。また、人に伝えることの重要性に触れ、感動する・印象に残るとはどういうことか、多くの糸口を示されました。学生たちは、敢えて説明しないという発想や照明の大切さなど、普段知ることのない講義内容に目を輝かせて受講していました。
     
    最後は、学生からの質問に対して「より良いものを作るにはギリギリの時間まで試行錯誤することが大切で、量を作ることで見えてくるものがある。それは学生が学んでいるすべてのことに共通している」とおこたえいただきました。

    江口様、お忙しいなか本当にありがとうございました。
    (金藤)

    2019年
    05月23日

    グループ・プロジェクトに4年生が登壇

    メディア・コミュニケーション学科の1年生全員がとりくむ科目「グループ・プロジェクト」をご紹介します。この授業では、学科の全教員が関わるさまざまなレクチャーやワークショップを受けた上で、少人数のグループで制作課題に挑戦します。集団での制作を通して、メディアとデザインとコミュニケーションの関わりを協同的かつ横断的に学びます。

    今年度の最終課題は、雑誌『暮しの手帖』をモデルにした小さなメディアづくりです。雑誌そのものになじみのない新入生も多いため、2回目の授業では雑誌と関わりの深いゲスト講師をお招きして、制作のいろはをうかがいました。そこで登壇したのは、プロの編集者やデザイナーではなく、メディア・コミュニケーション学科の4年生Y.KさんとH.Hさんです。

     

    IMG_0601.JPG
    「昨年のオープンキャンパスで広報紙『Pop up! soda』を見た人?」

    このお二人は、2018年度から配布しているメディア・コミュニケーション学科の広報紙『Pop up! soda』や、大学案内の学科のページの制作に携わっています。また、守山准教授が進めている雑誌『暮しの手帖』の研究を手伝った経験があります。

    IMG_0606.JPG
     
    ゲストの二人は、これから雑誌作りに取り組もうとしている新入生に、自身が手がけた冊子が完成するまでの流れや、制作を通して感じたことなどを、得意のイラストを盛り込んだスライドを使って語ってくれました。たとえば、制作において最も時間がかかったのは、何度も話し合いを重ねてコンセプトを固める過程だったそうです。それから、1〜2年次で受けた授業の学びを活かして、レイアウト案のラフを作ってイメージを具体化していく作業を分担して進めます。

    授業時間外で行う広報冊子制作には、そもそも単位が与えられません。それにもかかわらず全力で取り組めた原動力は、制作そのものの純粋な楽しさと、ただただ自分たちの学科を知ってほしいという願いにあったと話してくれました。受講生たちは、そんな4年生二人の声に真剣に耳を傾け、配布した広報紙『Pop up! soda』のページをめくりながら「学生がこのレベルのものを作ったなんて信じられない……」と驚きの声を漏らしていました。
     
    IMG_0632.JPG

    授業の終わりには、二人が考案した名札作りのワークショップを行いました。『暮らしの手帖』研究のお手伝いの際に、編集長である花森安治による手書き文字の独特の味わいに注目した彼女たちは、雑誌のなかから花森が書いたと思われる文字を地道に探し集めて、コピーをとりながら手作業で切り貼りし、「あいうえお表」を作りました。それをもとに、ワークショップでは手書き文字の字体を再現しながら、自分の名札を作ろうという試みです。受講生たちは、「あいうえお表」とにらめっこしながら、ゆっくりと丁寧に文字を書きとっていました。ふだん書き慣れたひら仮名と言えども、他人の手書き文字の風合いを再現するのは、なかなか難しいようでした。
     
    IMG_0630.JPG

    授業時間外の活動はもちろん大変ですが、「こんなことをやってみたい!」と声をあげさえすれば、メディア・コミュニケーション学科では教職員や友人からさまざまなサポートを得られます。新入生もただチャンスを待つのではなく、自分から機会をつくれるように、授業以外のことにも積極的に挑戦してほしいと背中を押してくれました。

    Y.Kさん、H.Hさんありがとうございました!
    学科Today編集担当)

    2019年
    03月14日

    2018年度卒業研究発表会

    2018年度の卒業研究発表会を実施しました。8月に行った卒業研究構想発表会の際には、まだ研究の枠組みを準備したばかりだったため、会場からの質問にことばがつまる場面もみられました。それからこの日までの間に調べては手を動かし、立ち止まってはまた調べるを繰り返してきただけあって、誰もが自身の考えをしっかりとまとめて堂々と研究の成果を発表していました。今年の4年生たちの研究テーマも独創的で興味深いものが多く、3つの会場で同時に開催されるセッションは、いずれも目移りする内容ばかり。論文発表以外にも、メディア・コミュニケーション学科ではなんらかの制作を通じて卒業研究に取組む学生も多く、力の入った作品が会場に並びました。


    IMG_0439_1.jpg

    それぞれの発表を聞くと、彼女たちが受け身ではなく、自分から進んで研究に取り組んでいたことが感じとれました。もともと興味を持っていた分野でも、調べるにつれてその先が深く広がっていて、次々と新たな発見があったはずです。抱えきれない情報を苦労しながら少しずつ整理して、考えをまとめていったのだろうと想像をふくらませて聞き入りました。

    学科生たちの幼い頃のエピソードや、日常のひとこまなどの、
    卒業論文の本編には書かれていない話を聞くことができる点も、この発表会のいいところです。一聴して研究内容とは関係のないような話であっても、きっとそこに原点があったのかも……と感じる場面もありました。また、発表者自身も別の発表者の発表を聴いて、お互いに感銘を受けながら、「私たちの研究って、繋がってるよね! これから一緒にもっと研究できたらおもしろいよね!」と盛り上がるシーンもありました。ゼミの枠を超え、各々の研究成果を共有することができました。

    IMG_0442_1.jpg
    (学科Today編集担当)

    2019年
    02月16日

    「理解しようと追求すること」 ゲスト講師DJ TOM.Gさんからのメッセージ

    LOVE FMのDJとしておなじみTOM.Gさんが今年もゲスト講師としてアナウンスの授業に来てくださいました。
     
    thumb_thumb_IMG_0313_1024_1024.jpg

    DJとしてだけでなく、テレビ番組のナレーションやスポーツイベントのMCなど幅広くご活躍のTOMさんですが、最近は、福岡に新たにオープンした複合商業施設「マークイズ福岡ももち」の館内放送を日本語・英語のバイリンガルで担当されています。TOMさんは、学生時代をアメリカで過ごし、現地の音楽シーンやラジオ文化に触れられたご経歴をお持ちなのです。今回の授業では留学でのご経験はもちろん、グローバル社会の中で求められる人材像についてもレクチャーをしてくださいました。
     
    thumb_IMG_0309_1024.jpg

     TOMさんが学生に送ったメッセージの1つが「何にでも疑問も持って、理解しようと追求すること!」。
    多様な文化のコンテクストにしなやかに対応していく力が求められていると、学生に活とエールを送ってくださいました。参加した学生も多くの刺激をいただいたようで、時間を超過しても質問が途切れませんでした。
     
    TOMさん、お忙しいなか本当にありがとうございました。(学科Today編集担当)
     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@