• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. メディア・コミュニケーション学科
    5. メディア・コミュニケーション学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科Today 一覧

    2019年
    07月01日

    教員出展の展示会:アジア美術家連盟日本委員会展

    7月4日(木)より『アジア美術家連盟日本委員会展』が開催されます。メディア・コミュニケーション学科専任の金藤完三郎教授は、今年ももちろん出展しますのでご案内します。

    入場無料です。
    昨年に引き続き『火力』のテーマを追って制作した作品を出品します。
    ドローイング作品F50号を横置きで2点展示します。
    内容は、地面を疾走するタイヤ痕のイメージを重ねることで、地上に働く重力・遠心力と、それに逆らう火力を表現したものです。
    人が制御する火力と、自然のもつ物理エネルギーを2枚一対の内容として制作しました。
     
    展示される美術館は天井が高く、解放感と快適さを備えた環境ですので、雨宿りほか待ち合わせ等兼ねてのご来場をいただければ幸いです。(金藤)

      第27回 アジア美術家連盟日本委員会展
      
      ◇開催日時 7月4日(木)~7月9日(火)
       9:30~18:00(木・日・月・火)9:30~20:00(金・土)
                  【ギャラリートーク】  
           7月4日  (木)  17:00~18:00
           7月9日  (火)  14:00~15:30
      ◇開催場所 福岡アジア美術館 企画ギャラリーA,B,C室

       入場無料

    MAP
     
    ◇市営地下鉄
     中州川端駅下車、6番出口より徒歩すぐ
    ◇西鉄バス
     川端町博多座前バス停下車、徒歩すぐ
     

    2019年
    06月26日

    教員出展の展示会:東京藝術大学美術学部同窓会 福岡杜の会展

    メディア・コミュニケーション学科専任の金藤完三郎教授が出展する展示会をご本人のコメントを添えてご案内します。

    福岡の同窓生がはじめて同じ会場に作品を並べます。
    入場無料です。
    ドローイング作品F60号を縦置きで1点展示します。
    内容は、『火力』が光に変わることをイメージして制作したものです。
    これまで連作しているモノトーンシリーズのなかでは、色彩が多く入った作品です。
    作者は、これからの制作に多くの色彩の再登場を予感するものとして展示しています。
     ギャラリー風では1階・2階、あるいは3階まで作品を展示している場合があります。
     
    お時間がございましたら、是非上階までご高覧ください。
    (金藤)

      第1回 東京藝術大学美術学部同窓会・福岡杜の会展  

      ◇開催日時 7月1日(月)~7月7日(日)
       10:30~19:30(初日 12:00~/最終日 ~17:00)

      ◇開催場所 ギャラリー風

       入場無料


    MAP
     



     

    2019年
    05月30日

    池田理知子教授の新刊をご紹介

     
     コミュニケーション学がご専門の池田理知子教授の新刊『グローバル社会における異文化コミュニケーション -身近な「異」から考える-をご紹介します。
    各章は写真やイラストと身近な出来事が書かれたページで始まっており、自分の日常に置き換えることで、異文化理解を助けてくれます。
     
    本書は基礎編、応用編、発展編の
    3部で構成されています。このなかでは、国と国の隔たりといったわかりやすい「境界線」だけでなく、日本国籍という共通点があっても、ジェンダー、年齢、経済状況など様々な観点で生じる、みえにくい「境界線」を意識することの重要性が説かれています。
     
     
    新刊.jpg


     
    生まれ育った国で生活しているため、私は「異文化」に直面する機会があまりないと感じていましたが、この本を読んで、そもそもその考えが自分の周りにある多様な「異」を見過すことに繋がっていたのだとわかりました。理解不足によって、いつの間にか他者を傷つけていたこともあったでしょうが、自分の行動は正しいという思い込みから、何も疑っていませんでした。ですから、考える機会をもたなかったらきっとこの先も同じことを繰り返していたはずです。
     
    複雑化するグローバル社会を生きる私たちにとって、いろいろな視点から物事を見たり考えたりすることの必要性を考えさせられました。まずは自分が思う「あたりまえ」を疑って、「異なる他者」を思いやれる人になりたいと思います。
    学科Today編集担当)

    2018年
    12月19日

    教員出展の展示会:あなたのためのカレンダー展Ⅲ

    金藤教員のドローイング小作品2点をふくむグループ展が、東京銀座の「うしお画廊」で開催中です。展覧会名は「あなたのためのカレンダー展Ⅲ」(画廊企画)で、昨年の同展Ⅱに引き続きの出品となります。会期は2018年12月17日(月)~12月26日(水)、最終日以外は11:30~19:30までの展示です。
    同展の試みは、作家が創作したオリジナル作品と日付印刷を組み合わせ、世界にひとつしかないあなたのためのカレンダーを1年間鑑賞していただこうというユニークなものです。人が毎日見るカレンダーですので、通常の印刷されたものではなく本物の作品を使うことで、一日一日が少しでも心豊かに送れるようにとの「願い」が展示されています。なお、入場は無料です。

    展示会の様子を以下のリンクよりご覧いただけます。

    YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=8wYJMY_P3h0

         あなたのためのカレンダー展Ⅲ

    <日 時> 2018年12月17日(月)~26日(水)※入場無料
           11:30~19:30(最終日は17:00)

    <休廊日> 会期中無休

    <場 所> うしお画廊
           東京都中央区銀座7-11-6 イソノビル3階
           地下鉄銀座線 銀座駅より徒歩5分
         

      
     

    2018年
    08月08日

    新聞掲載のお知らせ:中日新聞(CHUNICHI Web )

     四日市公害の歴史と教訓を語り継ぐ活動をしている「語り部」の方たちが七十歳以上と高齢化している問題を伝える記事で、公害の伝承を研究している池田理知子教授のコメントが中日新聞(CHUNICHI Web 7月31日の記事)に掲載されています。
    <掲載記事はこちらから>
     
     
    IMG_0689-.png

    上記の記事にも書かれてありましたが、池田教授が編集を担当した書籍『空の青さはひとつだけ』にも、四日市公害がひどかった当時を知る人にとって自身の経験を思い出すだけでもどれほどつらく苦しいことなのかがつづられています。特に、この本に収録されているマンガ『ソラノイト~少女をおそった灰色の空』を読むとそのことが心に響いてきます。また、公害は「過去」に起こった出来事というわけではなく、今の我々の生活とも繋がっている事なども知る事がきます。
    学科Today編集担当)

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@