• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. メディア・コミュニケーション学科
    5. メディア・コミュニケーション学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科Today 一覧

    2020年
    03月31日

    1/41の卒業式

    さる2020年3月12日に、2019年度の卒業式がとりおこなわれました。本年度のメディア・コミュニケーション学科卒業生は全41名。すべての卒業生と教職員が揃って門出を祝える日が来ることを、つい先日まで誰も疑っていませんでした。しかし、COVID-19の感染拡大を受けて本年度は卒業式の縮小開催が決まり、最終的に出席が許された卒業生は各学科1名のみ。教職員の列席も制限されました。そんな例外状態を経験した出席者の4年生M.Sさんが、1/41の声を率直に届けてくれました。


    未知のウィルスが流行し、特別措置のもと開催された卒業式。大学・短大・大学院の各学科の代表者と、ごく一部の先生が集まりました。入学式や礼拝の際にはびっしりと埋まる講堂の席は、ほとんどが空席でした。さらに濃厚接触を避けるため、私たちは一つずつ席を空けて座ります。となりの人との距離が遠いため、話しづらく、講堂内はシーンと静まりかえっていました。「みんなと一緒に今日を迎えたかった」と心の底から感じました。

    1月初旬、学生課から電話があり、私が卒業式の“門出の言葉”の担当に選ばれたことを聞きました。毎年学科ごとに持ち回っている代表挨拶が、今年はメディア・コミュニケーション学科の番だというのです。その中で私が選ばれたと聞き、突然のことで驚きました。後から聞いた話ですが、決定した時期が卒論提出の間近だったため、先生方の配慮で、卒業研究が終わってから声がかかる予定だったそうです。正直とまどいましたが、一生に一度の卒業式であり、これを機に4年間をじっくり振り返るためにも、引き受けることにしました。

    卒論や卒業旅行を終えた2月中旬、私は久しぶりにパソコンを開き、福岡女学院大学で過ごした4年間を思い出しながら、“門出の言葉”を考えました。入学式のこと、授業や研修のこと、葡萄祭などのイベントのことなど、いくつもの楽しい出来事が思い出されました。優しい先生方や、個性豊かな友達も頭に浮かび、大学生活で関わってくれた全ての皆さんに感謝を込めた文章を編みました。ゼミの忠先生にも添削をお願いし、よりよい挨拶にしようと2週間にわたり模索し続けました。

    締め切り間近の2月末、気持ちがこもった “門出の言葉”が完成しました。その当時、新型コロナウィルスの脅威が私たちにも迫っていました。しかし、「卒業式だけはある!」と信じていたため、“門出の言葉”を仕上げた達成感のもと、はやくみんなの前で発表したいという思いを募らせるばかりでした。

    そんな思いもむなしく、私が想像していた卒業式は中止となってしまいました。

    卒業式の約10日前、当日は学科から1人しか出席できず、さらに私が考えた“門出の言葉”を発表する場もないことを、守山先生の電話で知りました。はじめは、時間を短縮するだけで、みんなと一緒に卒業式当日を迎えられるのだと思っていました。私たちの一生に一度の卒業式。そこでまた会えるだろうと、多くの同級生と先生方が集まった卒研発表会の日にも、別れ際みんなと軽い挨拶を交わしただけでした。

    やるせない気持ちでした。行っても行かなくても辛いことは分かっていたからです。まわりの大学には、時間を短くしてでも卒業生は全員出席しているところもあり、私が出席する意味も考えました。「しょうがない」と思う一方、怒りも少なからずわきました。一生懸命つくりあげた文章を読めず、友達も家族も来ない。そんな卒業式をする意味があるのかも考えました。

    しかし、私は出席する選択をしました。難しい状況の中、私たちの健康を考えながら、人生の門出を祝おうとして下さっている方がいること、私がなんとか“門出の言葉”を読めるように尽力された先生がいること、出たくても出られない友達がいることが、頭をよぎったからです。がらがらの講堂で行われた卒業式は、一生忘れられないものになりました。

    縮小に縮小を重ねた卒業式が終わった後、学校に来られている先生方が私を迎えてくれました。その時の安心感で「今日、一人でも来てよかった」と感じました。最後まであたたかい、素敵な先生方がそこにはいらっしゃいました。「またいつか、みんなで会える日をつくるから」。そう先生方は約束して下さいました。今は少しの辛抱をするときなのだと思っています。

    3月も終わろうとしている今、この卒業式のかたちは間違っていなかったと思っています。私たちの想像をはるかに超えるスピードで、未知のウィルスは感染拡大を続けています。日に日に感染者が増える毎日。私たちの日常生活にも大きな影響を及ぼしています。今、一人ひとりが感染しないよう努力をしなければいけません。そして、一刻も早く、誰もがふつうの生活を取り戻し、卒業式の日に交わした未来の約束が叶えられる世界が来るよう、祈っています。

    (2019年度メディア・コミュニケーション学科卒業生 M.S)

    2019年
    12月03日

    日本コミュニケーション学会 九州支部大会が福岡女学院大学で開催されました

    11月2日、日本コミュニケーション学会九州支部大会が福岡女学院大学で開催されました。メディア・コミュニケーション学科後援のこの大会では、一般公開の基調講演とパネルディスカッションが行われ、多くの学生が参加しました。そのなかから2年生と3年生の学生二人のコメントを紹介します。基調講演をしてくださった熊本日日新聞社の高峰武さんのお話や、パネリストとして登壇してくださった国際基督教大学の青沼智さんの発言に非常に感銘を受けた様子が伝わってくる内容です。

     
    IMG_0967.JPG

    ローカルメディアとは、どういった場所なのか。それぞれの意見を聞いて、考えることができました。“見てしまった者の責任”という言葉がとても印象的でした。情報を発する立場として、継続することの大切さ、いろいろな視点をもつことの重要さをあらためて感じました。水俣の話では、“不作為”によって起こってしまったということが、その通りだと思いました。メディアが初めに真実を伝えなかった、猫てんかんのその後が報道できなかったということで、もし報道できていれば、どのように変わっていったのか考えてしまいます。今回、お話を聞いて、一つの視点ではなく、複数の方向から物事をみる、考えるということがとても大切だと感じました。(2年 MNさん)
     
    パネルディスカッションで議論された「記者は実際の事件に遭遇し、様々な場面状況をみることで、”書かなくてはいけない”、”書く”というミッションが与えられる」という言葉が印象に残りました。また、高峰さんのお話をきき、やはり”伝える”ということがどれだけ大切なことかを知ることができました。記者になるということは、同時に伝えるという責任を果たしていかなくてはいけないということであり、また記者でなくても”伝える”ということが大切だということを、一番に感じました。(3年 NTさん)

    2019年
    08月09日

    オープンキャンパスへのご参加、ありがとうございました!!

    夏空のもと2日に渡ってオープンキャンパスが開催されました。暑い中、ご来場くださった皆様、誠にありがとうございました。皆様をお迎えできたことを大変うれしく思っています。
     
    IMG_0840.JPG
    IMG_0930 - コピー.JPG
    IMG_0915.JPG
     
    展示物等を見ていただきながら学科の魅力をご紹介する学科ブースに加えて、ワークショップのための部屋も用意し、公開録音も披露しました。作詞、作曲、録音、編集を手がけた3年生のグループは、「実は今までこの楽器を扱った事が無かったけど、数ヵ月間しっかり頑張りました。」「大学の試験期間中に私は夜中まで録音と編集に追われていました」などと笑顔で話していました。私たちの学科は、学生自ら企画して一から何かを作り上げるということが珍しくありません。お立ち寄りくださった皆様には、「やりたい事がとことんやれる!」という学科の魅力の一端を見て、聴いて、感じていただけたのではないかと思います。

    IMG_0881 - コピー.JPG
     
    このように学生が自ら何かを作り上げることができるのは、授業でそのための力が培われているからです。日々の授業の一部をアナウンス体験、模擬授業(C.G体験、ヒットチャートでたどる音楽メディア史)で、それぞれ45分間に凝縮してご紹介しました。

    8/25(日)にミニオープンキャンパスを開催します。本年度のオープンキャンパス関連イベントはこれが最後の機会となりますので、皆さまのお越しを心よりおまちしています!
    (学科Today 編集担当

     

    2019年
    04月10日

    新入生が映画誕生時の手法を追体験 

    キャンパス内の沢山の木々や花は、普段から季節ごとのにぎわいをみせてくれます。新入生オリエンテーションの日はお天気もよく、満開の桜で新入生を歓迎できました。

    IMG_3624.JPG

    朝に集合したときは、何となくこわばった表情で緊張が感じられた新入生も、桜が満開の中庭にシートを広げてお弁当を食べながらおしゃべりをしている間に、だんだんと距離が縮まったようです。あたたかい風に花びらがひらひらと舞う心地よさに、「このままお昼寝したい」という声も聞こえましたが、午後は初のグループ活動が待っています。

    今年のグループ活動は、タブレットを使っての動画撮影に挑戦しました。ただし、カメラアングルを固定して1分間まわしっぱなし、なおかつ編集も禁止で、モノクロで上映するといったいくつかの制約があります。これらの条件は、映画が発明されたばかりだった19世紀の撮影技術をもとにしています。さらに、ロケ地と作品のタイトルをくじ引きで決めました。新入生にはなじみのなさそうな、古い映画や音楽、小説などのタイトルを、それぞれの解釈で表現します。午後の日差しの強さもあいまって、撮影に夢中になる学生達の姿はとてもまぶしく、一生懸命さが伝わってきました。

    できあがった新入生の作品には、教員一同も感心していました。
    スマートフォンでの写真や動画に慣れている世代の新入生だからこそ、古いメディアの可能性を新鮮に感じられたのではないでしょうか。遠近法を巧みに利用したり、オーバーな動きで表現したりと、限られた条件のなかでそれぞれが知恵をしぼり、もっている力を存分に発揮していました。今後の活躍が一層楽しみです!

    IMG_0576_.jpg

    また、新入生オリエンテーションでは、司会を含む運営スタッフを在学生数名がつとめました。事前の打ち合わせでは、自身が入学した頃を思い出しながらアイデアを出し、新入生がメディア・コミュニケーション学科をよく知ることができるように、全力でサポートしてくれました。ふだんの学びが活かされている姿もさまざま場面で見られ、とても頼もしかったです。
    学科Today編集担当)

    2019年
    03月14日

    三期生の旅立ち

    中庭にはあたたかな春の日差しが差し込み、池の水面はその光を反射し時折きらきらと揺れていました。同じようにメディア・コミュニケーション学科三期生たちも輝く笑顔で旅立ちの日を迎えました。
    入学した日からこの日まで、ひと事では言い表せない沢山の経験がありましたね。その経験が皆さんの背中をそっと押してくれます。これからも自分らしく前へ進んで行ってください。
    (学科Today編集担当)

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@