• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. メディア・コミュニケーション学科
    5. メディア・コミュニケーション学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科Today 一覧

    2020年
    01月21日

    学生作の音楽アルバム《One We-ek》

    ※カバーイラスト:学科3年生K.Nさん


    メディア・コミュニケーション学科では、2019年度の学科広報として小さな音楽アルバムをつくりました。このページでは、制作にたずさわった学生みずから、楽曲とその制作秘話をご紹介いたします。


    「曲をつくりたい」

    きっかけは、私たちが授業中にふと発したその一言でした。メディア・コミュニケーション学科でつくるなら、学科での生活が受験生に伝わるような音楽にしてみては……とコンセプトを決めて、2019年3月中旬ごろから広報制作チームとして活動を始めました。全員がほぼ楽器演奏や録音の未経験者であるにも関わらず、先生から与えられた「生音で録音をしましょう」というお題をクリアすべく、作詞・作曲・演奏・録音をすべて学生が主体となって行いました。ふだんの学校生活と両立しながらの制作は時間に追われて大変でしたが、こだわりを忘れずに1曲1曲作り続けました。

    そして2019年の8月3〜4日に行われたオープンキャンパスで計5曲を初公開。当日は実際にその場で公開収録を行い、たくさんの方にご覧いただきました。ご来場いただいた方々には、この場をお借りして改めて感謝を申し上げます。ありがとうございました。オープンキャンパスでは、曲をQRコードにしてZINEに貼り付けて配布しましたが、もっとたくさんの人に聴いてほしいと思い、今回このブログでもアルバムを公開いたします。各曲のコンセプト、注目ポイントなど、ZINEに書かれることのなかった裏話を語り合う制作チーム4名のトークも含め、1曲ずつご紹介します。

    このアルバムは、全5曲で大学で通常の授業がある平日の月〜金曜日を表現しています。同時に、月曜日は新入生のオリエンテーション、火曜日は入学後の通常授業、水曜は授業の合間の休憩で一息ついて、木曜には3年生からはじまるゼミ……といったように、曲が進むにつれて大学でのカリキュラムもステップアップしていきます。アルバムの最初と最後はループするようになっているので、まずは音源をそのまま聴いてみて、その後に各記事を読みながらもう一度聴くと、新しい発見があると思います!

     

    1. ズキュン(月曜)
     
    入学後すぐに行われるオリエンテーションをイメージして制作しました。お互いにはじめましての状態で行う共同作業。ドキドキとワクワクが入り交じる胸の高まりを、ポップな音楽とアイドルソングのようなピュアでキャッチーな歌詞で表現しました。

    C:まず、学校に向かうバスの音を携帯で録音するところから始まったよね。
    R:そうやん!登下校中録音してた!
    C:んで、機械から出したらめっちゃノイズが入る問題が発生して苦戦した……
    R:アイドルソングっぽさを残したくて、でも歌詞が全然おもいつかんくて……
    C:結局ファミレスで考えたね(笑)
    S:歌詞めっちゃがんばって考えてきてくれたよね!
    L:作ってもらった譜面をギターでかんたんに弾けるパワーコードに置き換えて弾いたけど、自分の練習不足と技術不足で何回も録音し直したなあ……
    S:実は最初にできた曲なんだけど、実際に録音したのは一番最後っていうね!
     

    2. PI・KO・PI・KO(火曜)
        
    メディア・コミュニケーション学科のデザイン系授業でよく使うMDL(Media Design Lab)をイメージして制作しました。パソコンがたくさんある部屋なので、ピコピコ動く電子音をイメージしました。この曲は数千円で売られている小さなキーボードの音のみで構成されていて、キーボードひとつでここまでできることに感動しました。

    S:小さいキーボード叩いて作ったねー。
    C:パート分けして撮った覚えがあるなー。
    R:キーボードの音もみんなのパートにあわせて1個ずつ聴いて変えたよね!
    L:自分のパートに似合うやつをみんなで選んでさ!
    R:こだわりを持って選ばせていただいた(笑)
    L:そして録音に手こずったね。
    R:1回全部とり終わってたのに音量が急にデカくなる事件起きて怖かったー。
    C:そのせいで何回も撮り直したしね……
    S:ちなみに、最初と最後では某料理番組をオマージュして、曲の後半部では〈アルプス一万尺〉をそのまま拝借しているのだ!いろいろ手こずったけど、「小さいキーボードでも曲作れる!」ってとこを感じてほしいな。
    C: キーボードから、「夢」広がります。
     

    3. スヤヒソ(水曜)
        
    昼休みを感じさせるゆったりとした空気感ですが、それと同時に午後の授業が始まる前の憂鬱な気分やけだるさもにじみでているおもしろい曲です。ギターの音の背景でなにがささやかれているのか、ぜひ耳を澄ませて聞いてみてください。

    R:水曜はカオスだったね(笑)
    C:ささやくやつね……
    L:始めて録音した曲で、1本のマイクに4人が群れてた(笑)
    R:録音中の絵面がすっごいやばかった!スタンドマイクの前でみんな授業名をささやき続ける。先生の研究室で録音したから、その横で先生は何事もなかったかのようにパソコンで仕事をしている(笑)
    L:もう少しギターをなめらかに演奏したかったな〜。
    R:いま聴きかえしてるけど寝れそう……
    S:あえてギター一本で作って、おっとりゆっくり流れる、昼休みを感じさせるものにしました!
     

    4. マスダ(木曜)
     
    3年生から始まるゼミをイメージして、先生にも協力してもらって実際のゼミでのディスカッションに近い状態を再現したミニコントを制作しました。みんなで架空のゼミ生を演じて、ボーカロイドについて本音をまじえて議論しています。この曲を聴いたらゼミのイメージも変わる!雰囲気だけでも感じてみてください。

    R:もう今後二度とお会いすることのできないマスダさん(笑)!!
    C:録音中にマスダの熱がどんどんヒートアップしていってた(笑) 
    L:マスダさんの熱量に何度も笑いこらえてたな〜(笑)
    R:最高よ、最高だよ……
    S:普通に話してるだけじゃなんか物足りなかったので、ちょっとみんなの声をいじってケロケロ加工してみました!
    L:あえて早送りにしてみたりね。
    S:ゼミでのディスカッションをみなさんにちょっと公開したくてつくったので、雰囲気を楽しんでいただきたいです!
    C:意外とゆる楽しいよね!って。堅苦しくないし、こんなヤバいやつもいるから大丈夫!気軽に大学生しようぜ!みたいな。
     

    5. So...(金曜)
     
    単純なリズムと同じフレーズがえんえんと続くのですが、きいているうちに歌詞を覚えて口ずさんでしまうような中毒性がある曲です。これまでの私たちの正直でリアルな気持ちをそのままことばにして、アルバムの最後につめこみました。歌詞にも注目してきいてほしいです!

    C:歌詞はほぼノリで考えた感じ。
    S:みんなでお店に行って、2時間しゃべった結果生まれたフレーズやったよね。
    R:そうやった!懐かしい!やっぱ土曜はシャウトのとこにすべてがつまっとるやん?
    L:オーキャンの最終日に録音しなおしたとき、みんなでシャウトしたのはなんか楽しかった!
    C:先生のシャウトが予想以上すぎて録音中笑いこらえとったもん(笑)
    S:みんなマジやったよね(笑)
    L:うん、声ガラガラになった(笑)
    R:シャウトはおいといて.……歌詞の内容にはポジティブなかんじよね!
    C:そうそう!ゆる~くいこう!ってかんじ。
    R:メディア・コミュニケーション学科に入るのに、そんな気負わなくても大丈夫だよっていうのが伝わればいいね!
     

    お楽しみいただきありがとうございました。ぜひ何度も聴いて、メディア・コミュニケーション学科の学生生活を想像していただいきたいです!学科の新しいカリキュラムには、私たちが行ったような音楽制作に挑戦できる授業も揃っているそうです。興味のある方はぜひ履修してみてください!

    ※こちらからアルバムを通しで再生できます。
     

    2019年
    07月24日

    学生インタビュー:韓国に1年間の交換留学 -後編-


    2年次後期から韓国の大邱大学で1年間の交換留学を体験したM.Kさんにお話を聞きました。前回に引き続き、後編をご紹介します。(前編はこちらから)
     
    2-3.jpg
     
    ― 授業以外の大学生活で困ったことはないですか?
     
    あったかもしれないのですが、今となってはすぐに思い浮かばないです。大邱大学には、現地の学生が
    留学生を一対一でサポートしてくる制度がありました。ボランティアではなく、サポーターには謝金が支払われる制度だったため、私も遠慮なく教えてもらえましたし、おしゃべりの相手をしてもらううちに、一緒に食事をするほど親しくなれました。留学期間中は何かあればずっときちんと対応してもらえて、心強かったです。他にいいなと感じたのは、スロープなどの整備がいきとどいていることです。障害の有無に関わらず、平等に過ごせる環境が整っているように感じました。留学前は日韓の国交問題の影響に多少の不安もあったのですが、私が日本人だからといって白い目で見られることも不親切にされたこともありませんでした。
     


    ― それを聞いてこちらも嬉しくなりました。
       食事面はどうでしたか?
     
    私は辛いものが好きなので困らなかったのですが、予想外の物まで辛いので、苦手な人にとっては困るかもしれないです。あえて言うなら、私はなんだかお味噌汁が恋しくなって、お母さんに送ってもらいました。お味噌汁が特別好きだったわけじゃないんですけど(笑)。
     
    2.jpg
    学食

    1.jpg
     大学の寮

    ― お味噌汁はやっぱり日本人にとってのソウルフードなのでしょうね。
      日本とのギャップで印象的だったことなどはありますか。

     

    日本と比べて、ニュース番組がCGを多用している印象がありました。たとえば選挙速報だと、日本では棒グラフで得票状況を表したりと、堅い印象ですよね。でも韓国では、候補者がキャラクター化されてドラゴンになって火を吹いているCGを使うなどして盛り上げていました。
     
    ― 選挙速報がそんな風に放送されているとは驚きです。他の放送局でもCGやキャラクターが登場していましたか?
     
    はい。どの局でもそういった番組作りをしていました。それを見ておもしろいなと思ったのですが、だからといって、その仕組みを日本で取り入れても、同じようには盛り上がらないかもしれません。きっと韓国の文化的な要素と上手くマッチして成り立っているのだろうと思います。
     
    ― 鋭い考察力ですね。最後に、メディア・コミュニケーション学科の3年生になった今、留学経験をいかして今後どんな研究をしてみたいですか?
     
    まだはっきりと固まってはいませんが、林田真心子先生が授業でとりあげていた「印象操作」と文化の関係について、日韓両方の視点から考えてみたいです。韓国では大学受験が人生の一大事で、現地の学生は大学に入ってからも熱心に勉強していましたし、飲み会の場で政治の話が飛び交っていたことにも衝撃を受けました。先ほど選挙速報についての報道の違いを話しましたが、その他にも様々な違いがあると思うので、もっとじっくり調べてみたいと思っています。
     
     
     2-4.jpg
     
    語学の習得はもとより、日々の生活の中で沢山の事を吸収し、とても濃い1年間だったようです。インタビュー後には「以前は素通りしていたと思うけど、(福岡女学院大学の)キャンパスで留学生が目に入ったら、困ってないかなって気になります。」と話してくれました。自身の経験から同じ景色も見え方に変化が生じたのでしょうね。とても頼もしいです。経験者の声をじっくり話を聞かせてくれてありがとうございました。今後の幅広い活躍も応援しています!
    (学科Today 編集担当

    2019年
    06月24日

    学生インタビュー:韓国に1年間の交換留学 -前編-

    メディア・コミュニケーション学科3年生のM・Kさんは、2年次後期から韓国の大邱大学で1年間の交換留学を体験しました。帰国後、チャペルでも留学体験報告を行った彼女に、留学のきっかけや現地での留学生活について、たっぷりお話をうかがいました。

     ― 大学入学前から留学に興味を持っていたのですか?
     

    はい。高校生のとき、クラスメイトが留学していたり、担任の先生が国際結婚なさっていたりと、周りに海外とつながりがある人が多かったので、海外への憧れを持つようになり、そのころから留学したいと思っていました。一方で、
    高校の頃から報道番組を録画して見るほどメディアにも関心があって、メディアについても学びたいと思っていました。この学科に交換留学の制度があることも事前に調べていたので、他の大学と迷ったときに、どっちも実現させたくてこの学科を選びました。
     
     ― 留学先に大邱大学を選んだ理由はなんでしたか?
     

    行きたい国としては、中国・台湾・韓国のいずれかを考えていました。当時、北朝鮮のミサイル問題が報道でたびたび取り上げられていて、自分なりに調べていていくうちに
    韓国をもっと知りたくなった気がします。交換留学前に、仁済大学(韓国)の短期留学プログラムにも参加していました。
     
     ― てっきり韓国のポップカルチャーが原動力なのかもしれないと勝手な想像をしていたので、社会問題がきっかけだったのは意外です。
     

     でも、TWICEは大好きです(笑)。
     
     ― 英語圏以外の国へ留学するとなると、語学の事前準備も大変だったのでは?
     

    大学に入ってから韓国語の授業は受けていました。それ以前から韓流ドラマを見ていたので、何となく聞き取れるようにはなっていました。でも、あいさつ程度しか身につけていなかったので、準備が十分だったとは言えないです。大邱大学に行ったばかりの頃は、朝9時から13時くらいまで50分の韓国語の授業を4コマみっちり受けて、ここで鍛えられました。さまざまな国からたくさんの留学生が来ていて、レベルに応じてクラスが6段階ほどに分けられていました。

     
    7.jpg
    ゲームで異文化を体験する授業

     
     ― 授業は英語も交えて進められているのですか?
     

    いえ、韓国語しか使われないです。
     
     ― それは大変そうですね……。
     

    そうなんです。最初の頃は何がなんだかさっぱり分かりませんでした。なので、午前中の授業が終わったら、午後は図書館にこもって、残れる時間めいっぱいまで勉強していました。予習と復習をしないと、翌日の授業についていけなくなるので、やるしかなかったです。本当に必死でした。
     
     ― 韓国での生活にはどれぐらいで慣れましたか?
     

    3か月ぐらいだと思います。この頃にいろいろな面で変化を感じました。それまでは、韓国語に自信がなく、日本人の留学生と助け合うことが多かったんです。でも、せっかく留学しているのにこのままではダメだなと思って、意識的に日本の友人と距離をおくようにして、携帯で使う文字もハングルに変えました。留学生むけのエクスカーションプログラムにも参加して、違う国からの留学生たちと韓国語でコミュニケーションをとる機会も増えました。母語が違う友人たちと、お互いに韓国語を駆使して会話するようになってからは、行動範囲も広がりました。市街地へも公共交通機関を使って簡単に行くことができたので、買い物に行ったり、自分たちでコンサートのチケットをとって見に行ったりもしました。
    6.jpg
    釜山国際映画祭


    好奇心の強さとひたむきな努力とで、交換留学という大きなチャンスを掴んだM・Kさん。留学先でもしっかり努力を続け、軌道に乗ってからはさらに多くのことを吸収できたようです。続きは後編でご紹介します。
    学科Today編集担当)

    2018年
    07月24日

    バトントワリングで学科生が世界的な大活躍

    メディア・コミュニケーション学科の1年生S.Sさんは、2017年クロアチアで開催されたバトントワリングの世界大会で5位に輝きました。S.Sさんは、3本のバトンを操る「スリーバトン」の女子シニア部門に出場し、初出場にして入賞を果たしています。また、今年2018年3月の全日本選手権でも準優勝しています。
     
    S22.png


    これらの成果をS.Sさんの地元春日市の市長に報告した際の様子は、西日本新聞(2018年5月31日)でも紹介されました。所属するバトンクラブにも世界トップクラスの先輩が多くいるため、気の抜けない環境で技術を磨いているそうです。学業との両立も大変ですが、次の目標に向かって頑張ってください!!
    学科Today編集担当)

    2018年
    03月26日

    台湾での日本語教育実習で得た様々な経験

    先日ご紹介した「台湾・高雄での日本語教育実習フィールドワーク」(詳細はこちら)について、実際に参加したA.Iさんの感想をご紹介します。

    日本語教育実習で樹人醫護管理專科學校に行き、應用日語科の1年生に日本語で動作の進行を表現する方法についての授業をしました。1年生は静かに耳を傾けて、単語を復唱する部分では大きな声で応じてくれるなど、意欲的な姿勢がみられて感動しました。應用日語科のみならず他の学科の授業にも参加し、初級から上級まで幅広い授業を聴くことができました。先生によって授業の仕方も異なるので、とても勉強になりました。
     
    17樹人で滞在した寮.jpg
    樹人で滞在した寮

    学生との交流も想い出に残っています。樹人醫護管理專科學校の学生は優しい方が多く、私たちが困っているときはいつも話しかけてくれて、廊下ですれ違うと手をふってあいさつをしてくれました。とくに、應用日語科の5年生は私たちと同じ20歳の学生が多かったので、気軽にことばを交わし、いつも食事に誘ってくれました。先生方も「何か困ったことがあったら言ってください」と、いつも私たちを気にかけてくださり、本当に感謝しております。
     
    17日本語教育実習(送別会).jpg

    2泊3日のホームステイでは、観光名所に加えて、現地の人しか知らないような場所まで、様々な所に連れていってくださり、食べたことのない料理も紹介していただきました。ホームステイを受け入れてくださった家族の皆様に感謝いたします。またこのような実習があればぜひ参加したいと強く思える、素晴らしい日本語教育実習でした。この経験は一生大事にしたいです。

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@