• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2019年
    03月19日

    ベトナム フィールドワーク (その3/6) (授業紹介)Global English Fieldwork


    常夏の街、バリア・ブンタウ
     
    読者の皆様は、ベトナムのバリア・ブンタウ省という地域の名前に聞き覚えがあるでしょうか。実は、日本人にはかなり馴染みの薄い省ではないかと思われます。総人口は110万人強、そのうち、現地滞在の日本人の数は数十名程度です。日本人観光ツアーの中に組み込まれることも、ほぼ皆無です。ですが、太平洋に突き出した半島状のブンタウ市の海岸線からの眺望は圧巻で、その沖合で取れる魚介類は他地域の追随を許さない新鮮さと旨味を誇ります。気候は一年を通じて安定しており、日照時間もたっぷりある常夏の海洋都市です。また、ブンタウ沖では原油と天然ガスが採掘されており、原油の埋蔵量はベトナム全土の約90%以上を占めています。実はベトナムは「産油国」だったのですね。

    7-BRVT_Sunset.JPG
    外洋の水平線に沈むバリア・ブンタウの夕陽
     
    タンビン・フーミー社訪問

    バリア・ブンタウ省での最初の訪問先は、観光・不動産開発や、工業団地開発を手がけるタンビン・フーミー株式会社です。応対してくださったのは、同社副社長の風間賢雄様、ゼネラルマネージャの三澤仁志様、経営部長補佐の新延晃代様でした。100%ベトナム資本のタンビン・フーミー社ですが、このように日本人が複数名関与されています。副社長の風間様は、元々は日系大手総合商社にお勤めされており、数十年に渡るベトナムでの商社マンとしてのご実績と、社長として日系工業団地の経営を切り盛りされていた手腕を買われ、数年前にタンビン・フーミー社の役員に就任なされ現在に至っておられるとのことです。

    8-1-TBPM-1.JPG
    タンビン・フーミー社フーミー3工業団地オフィスの外観

    タンビン・フーミー社は、現在、バリア・ブンタウ省内で、ベトナム中央政府から日系企業誘致のための特別工業団地に指定された「フーミー3」工業団地の造成と、入居企業誘致の為のプロモーション活動を精力的に行なっており、風間副社長はその先頭に立って御活躍されています。工業団地は、総面積が999ha、生産地区に加えて、変電所、排水処理地区、居住区、教育施設、エンターテインメント地区(公園、ゴルフ場)、ショッピングエリアを備えた、複合的エリアとして整備される計画です。現在、すでに大手家具メーカーが工業団地内に工場を建設して操業中であり、これに続く日系大手企業の進出・入居が予定されています。

    8-2-TBPM-2.JPG
    タンビンフーミー社の風間様、三嶋様を囲んで

    プレゼンの後、事務所玄関前で記念撮影、そして、フーミー3工業団地内を視察いたしました。学生達には普段、馴染みの無い土木の世界でしたが、この機会に貴重な体験の時間を持つことができたことと思います。

    8-3-Kazamasan-Gift.JPG
    風間副社長へ記念品を手渡し

    8-4-All.JPG
    工業団地事務所1階レセプション前での記念写真

    8-5-Haisui.JPG
    工業団地内の巨大な排水処理施設
    8-6-Denki.JPG
    工業団地内への電力供給施設

    8-7-DobokuJyoshi.JPG
    土木女子を体験

    バリア・ブンタウ省ジャパン・デスク訪問

    フーミー3工業団地を後に、一行は次の訪問先である、バリア・ブンタウ省人民委員会内のジャパン・デスクへ向かいました。応対いただいたのは、宮下朝行様です。ジャパン・デスクは、日系企業がバリア・ブンタウ省に進出する際に、必要とされる様々な案内や情報提供、そして進出のためのアドバイスを提供されています。宮下様は大阪府内の市役所からの出向という形で、現在の職責を担われています。ちなみに、ジャパン・デスクのオフィスがあるバリア・ブンタウ省人民委員会合同庁舎は、著名な日本人建築家が設計を手がけておられます。
    宮下様からは、バリア・ブンタウ省ジャパン・デスクについて、その役割が①日系企業誘致促進、②日系企業のサポート、③日越友好の架け橋となること、そして、具体的な活動内容としては日系企業向けの投資セミナーの開催、日系企業と省政府とのラウンドテーブル形式の意見交換会の開催、日本商工会議所視察団の受け入れなどについて、詳細なご説明をいただきました。

    9-JapanDesk.JPG
    ジャパンデスクの宮下様を囲んで

    大変貴重な情報が提供されたこの日は、朝から会議、プレゼン、視察と、イベントが立て続きに組まれました。ですが、学生達の興味・関心は尽きることがありません。この日はジャパンデスクを後にして、1日のミッションは完了です。明日は、最後の訪問先であるバリア・ブンタウ大学に向かいます。そこでは私たちとの交流を何日も前から楽しみにしていたという、バリア・ブンタウ大学言語文化学部日本語学科の学生、総勢30余名からの熱烈な歓待を受けることとなります。その模様は、また次回の国際英語学科Todayでご紹介いたしましょう。
     

    2019年
    03月18日

    ベトナム フィールドワーク (その2/6) (授業紹介)Global English Fieldwork

    ハノイでは、早朝5:30のランニング・エクササイズに始まり、しっかり朝食を取り、プレゼンの練習とミーティングの時間をたっぷり持つことで、参加学生全員の士気とモチベーションの高揚が図られました。今回は、三番目の訪問先である日越大学での活動内容をご紹介いたします。

    6-1-VJU.JPG
    日越大学側の教職員の皆さんとともに

    日越大学(Vietnam Japan University : VJU)は、201010月末に、当時の野田佳彦首相とグエン・タン・ズン首相との間で交わされた日越共同声明の精神に則り、日越友好の象徴として、またベトナムでの最高水準の教育・研究・人材育成の拠点として、2016年の9月に開学されました。現在は『地域研究』・『公共政策』・『企業管理』・『ナノテクノロジー』・『環境工学』・『社会基盤』・『気候変動』の7分野のカリキュラムと、共通科目としての『日本語教育プログラム』を有する大学院大学です。近い将来、学部学生の受け入れのためのカリキュラムの拡大が予定されており、現在そこに向けての取り組みが進められています。

    6-2-VJU_logo.JPG
    日越大学のロゴマーク
     
    日越大学では本学学生を迎え入れる周到な準備がなされており、教職員の皆さん、そして多くの学生が様々な趣向を凝らした交流プログラムをご準備下さいました。その中でも取り分け私たちを驚かせたのは、日越大学側が本学学生のためにアオザイの用意をしてくださっていたことです。学生は、ご準備いただいたアオザイを身にまとい、日越大学の学生達との交流会に臨みました。

    6-3-VJU_AoDai.JPG
    ベトナムのアオザイとともに

    交流会のアジェンダは、まず日越大学側副学長のグエン・ホアン・オアン博士より、歓迎スピーチを戴きました。続いて、日本人スタッフである山口昌志様より、日越大学のカリキュラムや研究内容のご紹介プレゼンテーションを戴きました。本学側からは福岡女学院大学の歴史・組織概要、国際交流の取り組み、キャンパスライフについての紹介プレゼンテーションが行われました。

    6-4-VJU_ViceRector.JPG
    グエン・ホアン・オアン副学長のスピーチの後に、本学学生から記念品を手渡し

    6-5-2-1_Presen.JPG

    6-5-2-2_Presen.JPG

    6-5-2_Presen.JPG
    本学学生からの大学紹介プレゼンテーション風景

    ややかしこまったプレゼンテーション・セッションに続いて、日越大学学生達による交流プログラムが始まりました。交流会の中では、旧正月(春節)で必ずベトナム家庭の食卓に出される、伝統食材がふるまわれました。餅米の中に豚肉や鶏肉を入れ、それを丸ごとバナナの皮に包んで一昼夜発酵させる、独特の伝統食材です。

    6-6-Kouryu.jpg
    交流会のひとコマ

    6-7-AoDai1.JPG

    6-8-AoDai2.jpg
    交流会での写真撮影会風景

    終始和やかな友好的ムードに包まれながら、約3時間半に渡る長時間の交流プログラムを無事終えることが出来ました。

    6-9-AoDai3.JPG
    日越大学のレセプションデスクの前で
     
    ハノイでの3機関(中央経済管理研究所:CIEM、国際協力機構:JICA、日越大学:VJU)訪問活動を無事に遂行し終え、8名の参加学生は愈々英語とベトナム語でのコミュニケーションスキルに自信を深めた様子です。ハノイでの滞在期間中は、旧正月(春節)が明けて間もない例年の天候の通り、朝夕はやや肌寒さが残り、時折霧雨が降る毎日でした。明日は曇天のハノイを抜けて、常夏のホーチミンへ、さらにその先の南部バリア・ブンタウへと翔び立ちます。次回の国際英語学科 Todayでは、灼熱の陽光が降り注ぐバリア・ブンタウでの活動の模様をご紹介いたします。

    2019年
    03月16日

    国際英語学科の第2期生 51名が卒業

    314日、国際英語学科の第2期生、51名は卒業証書を授与され、4年間の大学生活を終えました。

    1-Syugou.jpeg
    卒業、おめでとうございます!

    2014年度に開設された国際キャリア学部・国際英語学科の第2期生として入学した今回の卒業生は、4年間の大学生活の中で、授業、ゼミ、海外留学、海外フィールドワーク、インターンシップ、クラブ活動、ボランティア活動など、多彩な活動に取り組みました。また、志望していた企業、教職員、地方公務員への就職を勝ち取れたことで、これからは社会人としての第一歩を歩み出すことになります。皆さん、卒業、おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。

    2-Gakuiki.JPG
    卒業生一人一人に、卒業証書・学位記が手渡されました

    3-MSG0.JPG

    4-Msg_H.JPG

    6-Msg_S.JPG
    国際英語学科の教員より、卒業生に向けてはなむけの言葉
     
    8-Huukei-1.JPG

    9-Huukei-2.JPG

    10-Huukei-3.JPG

    7-Syugo2.JPG
    卒業証書・学位記を手にして

    11-Garden-1.JPG

    12-Garden-2.JPG

    13-Garden-3.JPG
     
    14-Garden-4.JPG
    キャンパスを埋め尽くした卒業生

    19-Party-1.jpg
    卒業式の翌日に行われた、卒業パーティに臨む卒業生

    国際英語学科での4年間で培った英語力を力に、実社会へ向けて大きく羽ばたいて行かれることを、心よりお祈り申し上げます。そして、皆さんが近い将来再び本学キャンパスに、元気な姿を見せに戻って来られるのを、教員一同、心待ちにしております。

    20-Party-2.JPG

     

    2019年
    03月12日

    ベトナム フィールドワーク (その1/6) (授業紹介)Global English Fieldwork

    国際キャリア学部では、3年生を対象とした科目:”Global English Fieldwork”の中で、実用英会話と異文化交流の場を通して、海外の人と文化と歴史との交流、そして英語コミュニケーションを実践する機会を提供しています。この科目は、”Seeing is believing.(百聞は一見に如かず)をモットーとして、今回、成長著しいベトナムを対象国に選定し、11日間の行程の中で北部のハノイ市と、南部のバリア・ブンタウ省を訪れました。本ブログではベトナムを対象国としたフィールドワークのミッションを遂行し終えた8名の学生諸氏が、ベトナムの北から南までの縦断紀行で得た諸成果を6回に渡ってご紹介いたします。
     
    1-2-Photo.jpg
    8名の学生が参加した、ベトナム・フィールドワーク

    訪問対象国・都市
    ベトナムは東南アジアのインドシナ半島東部に位置する社会主義共和制国家で、首都はハノイ。ASEAN加盟国で、総人口約9,554万人(2017年現在)。国土は南北に細長く、ハノイ市〜ホーチミン市間の距離は約1,860km。これは、青森〜鹿児島間の距離に相当します。今回は北部に位置する首都のハノイ市(人口約760万人(2015年現在))、及び南部の常夏の都市(訪問時の日中最高気温は35℃)である、バリア・ブンタウ省(人口約110万人(2017年現在))の2箇所を訪れるべく、ベトナムを縦断する行程を取りました。
    2-Vietnam Map.jpg
    今回のベトナム・フィールドワークでの訪問対象都市
     
    早朝エクササイズ
    今回のフィールドワークの全体行程は、ハノイ4泊とバリア・ブンタウ5泊、そして、帰りの飛行機での機中1泊の、計10泊11日でした。その中で、ハノイでは政府系研究機関(中央経済管理研究所)、日本政府系機関(国際協力機構(JICA))、日越大学の3箇所を訪問。バリア・ブンタウではベトナムの開発企業(タンビン・フーミー株式会社)、日系企業の投資誘致窓口機関(バリア・ブンタウ省人民委員会内ジャパン・デスク)、そしてバリア・ブンタウ大学を訪れました。フィールドワーク期間中は、盛り沢山のタスクをこなすために、健康とテンションアップの維持を目的として、早朝5時半よりランニング・エクササイズを行いました。学生は、毎朝5時に目覚め、まだ薄暗いうちからハノイでは市内の開園前の動物園内で2kmのランニング、バリア・ブンタウでは海辺に沿った歩道上、概ね4kmを走りました。

    3-1-Run.JPG
    まだ夜の明けきれていないハノイ。これからランニングに出発です
     
    3-2-Run.JPG
    バリア・ブンタウの海辺の歩道で、早朝のランニング・エクササイズ

    中央経済管理研究所訪問
    ハノイでの最初の訪問先は、中央経済管理研究所です。英語表記では、Central Institute for Economic and Management (CIEM)、ベトナム語ではViện Nghiên cứu quản lý kinh tế Trung ươngになります。ベトナム中央省庁の一つである計画投資省の直下に位置する経済・産業政策立案と研究・調査機関です。我が国に類似の機関で言えば、かつての経済企画庁・経済研究所に相当する政府機関と言えるでしょう。

    4-1-CIEM_Entrance.JPG
    CIEM正門前にて。上段の横断幕に書かれた”Chúc mừng năm mới”は、
    旧正月(春節)明けのベトナムでの新年挨拶文句。”Happy New Year”に相当

    CIEM側からは、ナンバー2に相当する副所長のNguyễn Thị Tuệ Anh(グエン・ティ・トゥエ・アイン)博士、そして、公共政策局副部長のNgô Minh Tuấn(ゴー・ミン・トゥアン)氏のご両名が応対してくださいました。

    4-2-CIEM_Mtg.JPG
    CIEM内の会議室風景

    4-3-CIEM-Tuan.JPG
    応対いただいたゴー・ミン・トゥアン副部長
     
    CIEM側からは、組織概要、研究活動、政策立案機関としてのベトナムでの位置付けなどについて、詳細なご紹介をいただきました。質疑応答のセッションでは、およそ1時間近くに渡って、学生側からCIEMに対して、ベトナムの経済・産業政策の問題点と現状、ベトナムの自動車産業の将来展望、少子高齢化社会の動向、ICT産業の現状、日欧米の研究機関との共同研究の実情、日本国ODAに対する評価など、様々な角度からの質問が投げかけられました。質疑応答も、全て英語です。CIEM側からも丁寧なご回答を戴けた上に、終始和やかな友好的ムードの中、非常に中身の濃い有意義な時間を過ごすことができました。本フィールドワークの最初のミッションは無事遂行。まずは滑り出しは順調です。

    4-4-CIEM_ALL.JPG
    CIEMのナンバー2であるトゥエ・アイン博士(中央)、そしてトゥアン副部長とともに


    国際協力機構(JICA)ベトナム事務所訪問
    二番目に訪れたのが、国際協力機構(JICA)ベトナム事務所。ご対応いただいたのは、同事務所の村上孝太様です。我が国は、ベトナムODA総額の約30%に貢献する世界最大の援助供与国で、過去5年間では毎年、1,000億円から2,000億円近くのODAを供与してきました。我が国の援助分野の強みは、運輸部門、電力・ガス等のエネルギー部門などでのインフラ整備支援分野です。村上様からは、我が国の対ベトナム援助の柱として、①成長と競争力強化、②脆弱性への対応(保健医療・環境保全)、③ガバナンス強化 についてのお話をいただきました。全体の時間は1時間であり、そのうちの後半30分間は質疑応答セッションでした。学生側からは、我が国の対ベトナムODAのうちの無償資金協力の現状、ODA事業遂行に際してのご苦労、ベトナムが抱えている膨大な政府債務の現状、他国ドナーとの競合状況、PPP事業の現状と動向、世界銀行・アジア開発銀行・その他NGOとの連携の現状など、様々な角度からの質問が投げかけられました。事前の予習が効を奏したようで、質疑応答の時間をやや超過してしまうほどに活発な討議が行われました。

    5-JICA.JPG
    JICAベトナム事務所の村上様とともに

    フィールドワークも、まずは順調な滑り出しを見せたようです。次回の「国際英語学科Today」では引き続き、フィールドワーク三番目の訪問先である、日越大学への訪問内容について、ご紹介いたします。

    2019年
    02月25日

    日本航空様との連携授業にて 国際英語学科2年生がグランプリ受賞!(2018年度後期)

    日本航空様との連携授業にて
    国際英語学科2年生がグランプリ受賞!​
     
     
    kokusai190225-3.jpeg

    福岡女学院大学では、2015年に日本航空様と締結した包括的連携協定により、産学連携活動を進めています。
    今年は、本学のキャリア開発教育センター主催で 日本航空の利用者拡大に向けけた課題解決型学習(PBL*)に取り組みました。
    この活動は課外活動として、そうぞうりょく(創造力・創造力)を磨き、問題解決とリーダーシップといった正課授業を補完する、それだけでは得られない力を養い、鍛える狙いがあります。
     
    2018度後期のテーマは、
    『「SNS」で日本航空社員の人柄や温もりを伝える!』
    本学全体から応募した参加者は、学部学科学年を超えてこのテーマを元に半年間かけてチームで自ら問題を発見、話し合いアイディアを出し合い、課題解決を目指しました。具体的な活動としては、会社見学や社員ヒアリングといった特別な学びの機会を通してグループで話し合い、企業様の思いを伝える企画の提案とプレゼンを重ねました。
    なお、今回のスチューデントアシスタントは、日本航空様やJALスカイ九州様に内定を頂いている国際英語学科の4年生も担当しました。

    共同実施校の実践女子大学(東京都)チームも参加する中で、最終的には日本航空様をはじめ協力企業関係者や本学学長など多くの方の前でプレゼンテーションを行い、順位を競ったその結果は・・・

     

    国際英語学科の学生が参加したチームが
    後期も見事グランプリを受賞しました!
     

    今回価値があるのは、国際英語学科の学生のみなさんは、授業外での何か新しい事に自らチャレンジしたこと。そして、課外ならではの学部学科学年の異なる学生どうし、過去参加した経験のある先輩、そして連携企業社会人と交流し活動したということです。この活動を通して、実際に参加した学生全員がとても貴重な経験と新たな気づきを得る事ができました。

    ここからは、この課外活動に参加した国際英語学科の学生達の感想をご紹介します。

     

    S.A.さん 国際英語学科2年生(福岡県立鞍手高等学校 出身)
    +++ 参加したチームは見事グランプリを受賞! +++

    □ この活動に参加しようと思ったきっかけと実際にどの様な活動をしましたか?

    2年次前期の留学を終え、帰国後も何か新しい事に挑戦したかったということと、将来航空業界での就職を目指すうえで強みになる経験をしたいということからこの活動への参加を決めました。実際に空港内で研修することもあり、グランドスタッフの方々とお話しさせていただくことも多くありました。最終的には企業様や社長様の前でプレゼンテーションをし、グランプリを競いました。

    □ 活動中に大変だった事、どの様に乗り越えたかや工夫したところなど教えて下さい。

    グループに分かれて毎週の課題解決に取り組み、週に1回はPPTを使った発表をしていました。毎週の課題に追われてグループでの話し合いの際になかなか意見が出ない時期があったのですがそういう時はみんなが意見を言いやすい場所を作るために自分から積極的に発言したり相手の意見を引き出すような話し方をしたり、場を和らげる為にカジュアルな会話で盛り上げてから本題に持っていくようなことを心掛けました。週に集まる時間も増やし話し合いを多くすることで壁が無くなりチームの団結力の向上につながったと思います。

    チームで行うプレゼンの練習風景
    チームで行うプレゼンの練習風景

    □ このPBLの学外活動を通して学んだ事、今後にどの様に生かしていきたいですか?

    私はこの活動を通して積極性、気遣い、一歩踏み出す勇気を学びました。参加した全員が何か変わりたい、新しい自分になりたいという気持ちを持っていて常に向上心を忘れず互いを高めあえる環境があったため私も努力することができました。また最終発表で何度も話し合いを重ね完成したプレゼンでグランプリを頂けて、努力は絶対に報われるのだと再確認することができ達成感でいっぱいでした。この活動を通して、社員の方と交流させていただける場が多くあり以前にも増して航空業界で働きたいという強い意志が芽生えました。今後はまだまだ挑戦を辞めず新しい環境で今回培った自分の力を試し、沢山の人との出会いを大切にしていきたいと思っています。そして幼い頃からずっと目指してきた夢に向かって突き進んでいきたいです。PBLに参加して本当に良かったですし、また活動内で関わった全ての方々に感謝申し上げたいです。




    続いて、

    K.M.さん 国際英語学科2年生(福岡県立香椎高等学校 出身)
     他学科や他学部の人と意見交換し解決策を話し合い、交流することができる課外活動や、自分とは異なる状況に置かれている人と関わることができるボランティアなど、視野を広げるための貴重な機会に参加してみたいと思っていた時に、今回の企業と連携した課外活動に関する案内を見てとても興味深く思い、参加を決めました。実際に、毎週他学科の人と意見交換をし、企業に対する課題やそのための解決策を見つけ、プレゼンテーションにまとめ、企業の方に提案しました。

     課題解決に向けて毎週のように課題提出があり、グループの意見を素早くまとめなければならなかったのですが、それぞれ個人の予定があり、まとまった時間が取れず意見をまとめることが一番大変でした。改善策として、活動中に次の活動までにすべきことをリスト化し、その場で一人一人の役割分担を決め、効率的に活動を進められるように工夫しました。また、休み時間や空きコマやすき間時間が合う日は集まろうと事前に曜日を決めて話し合いをしました。

    すき間時間を使っての準備
    すき間時間を使っての準備


     この活動を通して、自分たちの考えを正確に伝えることの難しさやお互いを知ることの大切さを今まで以上に学びました。相手に伝える上で、「どう表現しどの順番だと相手により伝わりやすいか」「自分がこの説明をされて正確に理解できるか」など相手の年齢層を考慮しながら他者目線で考え、常に自問自答しながら資料作りをし、活動しました。また、お互いのことや、得意不得意を知ることでそれぞれの役割分担やお互いのフォローができるので、知るということは活動するにあたってとても大切だと思いました。今回関わることができた他学科の人達はとても意識が高く、刺激を受けました。今回一緒に活動できた他学科の友達とこれからも情報交換をし、またこのような活動に参加し、今回学んだことを生かしたいと考えています。





    最後に、もう一名。

    K.H.さん 国際英語学科3年生(福岡県立筑紫中央高校 出身)

     三年生になり、このまま学生生活を終わらせていいのかという不安と、何かに挑戦して自分を少しでも変えたいという思いを抱き始めた時にこのPBL活動の存在を知りました。この活動が自分を変えるチャンスになるかもしれないと思いましたが、今一歩決断できずにいると母から「迷うなら挑戦しなさい」と背中を押され、参加することを決めました。

     活動の最初の頃は、チームメンバーそれぞれが学業との両立で忙しかったため、役割が偏ってしまったり、意見が出にくい状態になることがありました。そこで私たちのチームは限られた時間の中でもコミュニケーションを積極的にとることでチーム力を高め、意見を出しやすい雰囲気作りを心掛けました。また、コミュニケーションをとる中でメンバーそれぞれの長所や短所を把握し、それに応じた役割分担をしたことで効率的に取り組むことができました。チーム力は私たちが一番大切にしていたことで、チーム力によって私たちにしかできない提案や発表ができたと感じています。

     この活動に参加する前は相手に意見を伝えることや、人前で発表することに苦手意識を持っていました。しかしこの活動を通して、自分の意見が相手に伝わり、共感してもらえることの楽しさや、一生懸命何かに取り組んだ後に得られる達成感を知ることができました。結果的に優勝することはできませんでしたが、刺激しあえる仲間と沢山の困難を乗り越えられたこの経験は、今後の人生で困難にぶつかった際の自信となり、力となると思います。

     

     


    * アクティブ・ラーニング、PBL(Project-Based Learning)とは…
    知識の暗記に代表される受動的な態度から脱却し、学習を主体的なものとして、自ら問題を発見、そして解決していくことを本質とする学び。産学官で連携する等して、チームでその課題解決について構築することにより、与えられる側だけでなく与える側の経験ができるといった、解決のプロセスで様々な能力を育成することにつながり、社会人基礎力を養い、人間的な力を身につけられます。
     

    【2018年度、前期PBL活動の様子は こちら


    国際英語学科の学生は、課外でも大学時代に何か全力でやりきり、真剣に向き合う経験を、また経験値を高め社会で必要なスキルを身につける機会にチャレンジをする学生が多くいます。この様な経験と英語力を武器にグローバルシーンの第一線で活躍する女性社会人の育成に向け、国際英語学科は日々取り組んでいます​。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@