• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2018年
    09月27日

    日本航空様との連携授業にて 国際英語学科3年生がグランプリ受賞!

    日本航空様との連携授業にて
    国際英語学科3年生がグランプリ受賞!​

     
    5-0927.jpeg
    前期の課題解決型授業(PBL)にチャレンジした国際英語学科の3年生たち

    福岡女学院大学では、2015年に日本航空様と締結した包括的連携協定により、産学連携活動を進めています。
    今年は、本学のキャリア開発教育センター主催で 日本航空の利用者拡大に向けけた課題解決型学習(PBL)に取り組みました。
    この活動は課外活動として、そうぞうりょく(創造力・創造力)を磨き、問題解決とリーダーシップといった正課授業を補完する、それだけでは得られない力を養い、鍛える狙いがあります。
     
    今年度前期のテーマは、
    『日本航空社員の人柄やぬくもりが伝わる「しおり」を考える!』
    本学全体から応募した参加者は、学部学科学年を超えてこのテーマを元に半年間かけてチームで自ら問題を発見、話し合いアイディアを出し合い、課題解決を目指しました。
    共同実施校の実践女子大学(東京都)チームも参加する中で、最終的には日本航空様をはじめ協力企業関係者や本学学長など多くの方の前でプレゼンテーションを行い、順位を競ったその結果は・・・
     
    プレゼン大会には、国際英語学科からは3年生を含む3チームが参加。8月に本学で行われた決勝進出4チーム(予選10チーム)による決勝大会では、国際英語学科の学生が参加したチームが見事グランプリ準グランプリを受賞しました!
     
    価値があるのは、国際英語学科の学生のみなさんは、それぞれ他学科の2年生2名と一緒に唯一の3年生として、3名のチームリーダー的存在として活動したということです。

    ここからは、この課外活動に参加した国際英語学科の3年生の感想をご紹介します。
     


    M.A.さん (久留米市立久留米商業高校 出身)
    +++ 参加したチームは見事グランプリを受賞! +++

    □ この活動に参加しようと思ったきっかけと実際にどの様な活動をしましたか?

    この活動はあるテーマに沿って企業様の抱える問題を大学生目線で解決していくというものであり、最終的にプレゼンテーションで競い合うという活動です。私はこの活動で自分の持っている実力を知りたいと思い参加しました。
     

    □ 活動中に大変だった事、どの様に乗り越えたかや工夫したところなど教えて下さい。

    少人数のチームで行うものなので協調性や傾聴力が重要になりました。活動中に行き詰まった時は何度もフィードバックを頂き、違う角度から物事を考えるようにしました。また話しやすい雰囲気作りのためお互いにあだ名を付け、チームの仲を深めました。
     

    □ このPBLの学外活動を通して学んだ事、今後にどの様に生かしていきたいですか?

    自分の言葉で伝えることの重要さを学びました。人前で話す機会が多かったことから原稿をそのまま話すのではなく、アイコンタクトを取りながら発言することでより発表に興味を持ってもらい、聞く人を飽きさせないプレゼンをすることができると感じました。
    1-FB20927.JPG
    ドキドキの本選発表:一番左がM.A.さん
     
    3-0927.JPG
    日本航空様をはじめ協力企業関係者など多くの方の前でプレゼンを行いました

    S.H.さん (広島観音高等学校 出身)
    +++ 参加したチームは準グランプリを受賞! +++

    □ この活動に参加しようと思ったきっかけと実際にどの様な活動をしましたか?

     私がPBLに参加しようと思った理由は、学生時代に自信を持って頑張ったと言えることに取り組みたいと思ったからです。

    今回の活動の目的は若者の利用客の減少を解決するために、しおりを使って日本航空の人柄やぬくもりを若い層のお客様に伝えることでした。

     

    □ 活動中に大変だった事、どの様に乗り越えたかや工夫したところなど教えて下さい。

     私のチームでは、中間発表での失敗を引きずってしまい、なかなか切り替えることができない時期がありました。しかし、意見を根本的に変えようという仲間の一言で、チームの雰囲気が少しずつ変わっていきました。最初は、今まで信じてきた自分達の意見を大きく変えることに抵抗がありましたが、自分達だけで抱え込まずに、社員の方や、先生方、先輩方、そして他のチームに助けられながら、なんとか学内予選までに考えをまとめることができました。

     

    多くの方に
    中間発表での失敗をチームで乗り越え、準グランプリを獲得!

    □ このPBLの学外活動を通して学んだ事、今後にどの様に生かしていきたいですか?

     諦めずに最後までやり遂げたことで、社会での責任感と忍耐力の必要性を改めて感じました。また、日本航空の社員の方々とより近い距離で活動することで、就職活動に向けて今の自分に足りないものを知ることができました。これからも、PBLでの経験を生かして、粘り強く物事に取り組みたいです。
     

     
    アクティブ・ラーニング、PBL(Project-Based Learning)とは…
    知識の暗記に代表される受動的な態度から脱却し、学習を主体的なものとして、自ら問題を発見、そして解決していくことを本質とする学び。産学官で連携する等して、チームでその課題解決について構築することにより、与えられる側だけでなく与える側の経験ができるといった、解決のプロセスで様々な能力を育成することにつながり、社会人基礎力を養い、人間的な力を身につけられます。
     
    *決勝大会の詳しい様子は、福岡女学院大学のFacebookページでもお伝えしています。

     
     

    最後に、
    決勝大会に出場した4チームは11月に福岡空港の日本航空様のオフィスにて、社員様の前でもう一度プレゼン発表する機会をいただきました。関係のみなさまに心より感謝いたします。
    また、今年度の後期にも国際英語学科の学生が新しいテーマでのこのPBL活動に参加しています。
    後期の活躍にもご期待下さい!

     
    国際英語学科の学生は、課外でも大学時代に何か全力でやりきり、真剣に向き合う経験を、また経験値を高め社会で必要なスキルを身につける機会にチャレンジをする学生が多くいます。この様な経験と英語力を武器にグローバルシーンの第一線で活躍する女性社会人の育成に向け、国際英語学科は日々取り組んでいます​。
     

    2018年
    09月26日

    英語を武器に世界で活躍する卒業生⑨

    今年の3月に国際英語学科では第1期生となる卒業生を送り出しました。
    2017年度の卒業生の6割近くが大手企業へ就職し、業種別では3割近くが航空業界へ進んでいます。
    このコーナーでは、この春に新しいスタートを切って夢を追いかけているその卒業生たちをシリーズでご紹介します。
     

    第9回目は、
    リコージャパンに就職したY.C.さんです。

     
    Y.C.さん (
    九州産業大学付属九州産業高等学校 出身)
    カナダ 長期留学を経験

    □ 近況を教えて下さい

     2か月間の東京での研修を終えて、6月1日から本配属になり、現在は久留米に通勤しています。同期が日本全国にいるので、心細くなったときは連絡をとりあって支え合っています。営業所内の雰囲気は明るく、働きやすい環境です。最近は、お客さまとの信頼関係をつくりあげることが一番大変なことだと感じています。
     

    □ どのような就職活動をしましたか?就職活動をするにあたって重要だと感じた事を教えて下さい。

    就職活動をするにあたって重要だと思ったことは、いかに自分が思っていること考えていることを自分の言葉で伝えられるかだと思います。上手く伝えられなくても、自分の言葉で一生懸命伝えようとすると、相手の方もわかってくださいます。
     

    □ 国際英語学科を目指そうとしている高校生へのメッセージをお願いします。

    卒業するときには、この大学を選んでよかったと心から思えます!留学の制度も整っていますし、教員免許も取得することができます。私も免許取得しました。先生との距離も近く、学びたいことがたくさん学べる大学です。みなさんも充実したキャンパスライフを福岡女学院大学で過ごしませんか?
     


     


    国際英語学科は、前身である人文学部英語学科(2014年募集停止)時代を含め毎年100%近くの高い就職率を維持している学科です。
    高度な英語力を武器に、世界へつながる就職を目指す皆さんを全力で応援します。

    【英語力を武器に世界で活躍する卒業生からのコメントはこちら


    国際英語学科の卒業生達の活躍については、国際英語学科パンフレットでも、より詳しくご紹介しています。

    2018年
    09月20日

    留学報告⑥:オーストラリア M.R.さん(九州産業大学付属九州産業高等学校 出身)

    国際英語学科では、毎年半数以上の2年生が海外へ!

     

    国際キャリア学部では、在学生のために海外提携校(米・英・豪州・アジアの9ヶ国、16校)への留学プログラム、Study Abroad 科目を設けています。国際英語学科の在学生のほとんどがこの科目を履修し、世界に出かけています。この留学プログラムでは留学先と提携して行う成績評価によって単位認定がなされるので、休学することなく通常の在籍期間(4年間)で卒業が可能です。

    ここでは、現在、海外で勉強をしている国際英語学科の学生をシリーズでご紹介していきます。
     

    オーストラリア(メルボルン)

    Monash University

    M.R.さん(九州産業大学付属九州産業高等学校 出身)

    国際英語学科 2年生

    今年4月から留学

    080920-1.jpeg

    □ なぜこちらの大学に決めましたか

    私は高校生の時に一度オーストラリアに一か月滞在した経験から、この自然がいっぱいのオーストラリアが大好きです。そしてここメルボルンは様々な国からの移民も多く、英語力を伸ばすことはもちろん、様々な文化と触れ合うことで価値観を広げることもできる最高の場所だと思います。
     

    □ 授業や現地での生活は順調に進んでいますか

    はい。ここではアルバイトをすることもないですし授業以外での自主勉強の時間、そして週末には好きなことをする時間がしっかりと確保できます。定期内で沢山の有名な観光地が回れるので、勉強も日常生活もとても充実しながら過ごすことができています。
     

    □ 授業への取り組み方やクラスの雰囲気を教えてください

    私はこの約三か月を通し、はっきりとクラス内で主張することの大切さを一番身に染みて感じます。自己主張をはっきりとするクラスの雰囲気にに最初は戸惑いを感じましたが、様々な国の方々と過ごすというのはこういうことなんだと今は素晴らしく思います。そして、この主張性はきっとプレゼンなどで活きてくるはずです。
     

    □ 授業以外の活動について教えてください

    モナシュ大学に、ジャパニーズ部という主に日本語会話や文化、そして食を体験する部活があります。私はその部活に参加しているのですが、日本のことが大好きな現地の学生と沢山触れ合うことのできるとても良い機会ですし、外国で食べる日本食はやはり少し日本のものとは違い、現地の方の好みに少し寄せてあるので面白い発見ができると思います。
     

    □ 留学することで何が勉強になりましたか、一番自分の強みになった点や変化したところを教えて下さい

    英語力はもちろんですが、全く違う文化や考えに触れ合うことで自分の価値観が広がったと強く感じます。違う国の子と接していると日本人の謙虚という良さが身に染みてわかることがあります。しかし、それとは反対に他の国の子達は日本人よりも若いうちから視野がしっかりと世界に向いてます。良くも悪くも色んなことを学べるし、そのたびに「そういう考えもあるんだな」と価値観を広げることができました。

    080920-2.jpeg
     


     

    この留学プログラムを利用して海外で異文化に触れ、より高度な英語コミュニケーション能力などを獲得することが出来ます。その後、国際英語学科の学生の多くは世界へ繋がる就職を目指しています。

     

    国際英語学科では、在学生の異文化交流の実践と国際感覚の研磨のための多彩な留学プログラムを用意して、グローバルシーンで活躍するキャリアパーソン形成を応援します。

    【 過去の国際英語学科の学生達の留学報告はこちら

    2018年
    08月24日

    なぜ国際英語学科は就職に強いのか? 【Part 2】

    就職に直結する実践的なFieldworkを実施します!

     

    国際英語学科が今年3月に送り出した第1期生は、
    60%近くが東証一部上場会社など大手企業へ就職し、期待通り抜群の就職実績を達成しました。

    業種別でみると、
    3割近く、実に三人に一人の卒業生が航空業界への就職を果たしました。

     

    この様な就職実績は、九州地区のみならず全国の大学と比べても引けを取りません。

    《大手企業への就職に関する詳細はこちら

    《航空業界への就職に関する詳細はこちら

     

     

    成功の理由のひとつは、就職に直結する実践的なFieldworkです。国際英語学科では、長年にわたり日本を代表する企業や国際機関で実績を積んだ事務経験者により、「学生を採用する視点」から徹底した就職指導を行っています。



    ↓↓↓ 国際英語学科のFieldworkをご紹介します。
     

    櫻田陽一教授(元 三菱総合研究所上級研究員)による
    ベトナム研修(科目名:Global English Fieldwork)

    この研修では、毎年春にアジアを初めとする海外諸国を訪れて、訪問国の政府機関や民間企業の取り組み、仕事の具体的内容、やりがい、ご苦労されたことについてのお話を伺う他、訪問国の文化、歴史などに触れる機会を提供します。

    パンフレットp3.png
    フィールドワークについては、国際英語学科のパンフレットでもご紹介しています。

    《昨年度のベトナム研修の様子はこちら


     

    川端清隆教授(元 国連本部政治局政務官)による
    国連研修(科目名:International Exchange Fieldwork)

    この研修では、毎年夏、国連児童基金(UNICEF)や国連開発計画(UNDP)など国連機関の東京事務所を訪れ、現役職員から活動内容や任務のブリーフィングを受けます。加えて国連職員と懇談会を催し、仕事のやりがいや難しさなどについて率直な意見交換を行います。またTV朝日の報道局を訪れ、国際報道の現場を見学したうえで記者との意見交換を行います。

    パンフレットp4.png
    今年も多くの学生が参加し東京研修を実施しました(写真は昨年度の様子)


     



       高度な英語力を武器に国際的企業への就職を目指す国際英語学科ですが、確かな第一歩を踏み出すことができました。 

     

       グローバル化が進む今日、学生が求めるのは「腰かけ的」な職ではなく、生涯のキャリアとしての就職です。時代の要請に答えるため、国際英語学科は真剣に就職を考える若者のキャリア形成を全力で支援します。
     

    《なぜ国際英語学科は就職に強いのか?【Part1】はこちら

     

    国際英語学科は、前身である人文学部英語学科(2014年募集停止)時代を含め毎年100%近くの高い就職率を維持している学科です。
    高度な英語力を武器に、世界へつながる就職を目指す皆さんを全力で応援します。

     

    2018年
    08月22日

    (授業紹介) Junior Seminar (細川ゼミ)

    本学科の特徴は、3年次・4年次に連続して2年間のゼミがあることです。

    学生達は共通テキストを批判的に読み知識をつけると同時に、各自が興味のあるテーマを選択して2年をかけて探求していきます。テーマは様々ですが、研究の過程で分析力・批判的思考力、そしてプレゼンテーション力がついてきます。4年次は英語で論文を書くため正確な英語力が習得できます。

    それでは2人のゼミ生を紹介します。


    国際英語学科3年 N.A.さん
    慶進高等学校 出身

    NA1-0822.JPG

    □ この授業ではどんな事を勉強していますか?また、研究テーマを教えて下さい

    この授業では、主に研究発表をしています。授業は前期に15回ありますが、前半では部分ごとに分かれ、皆である一つの文献を読みこみそれぞれ発表を、後半は、各々の研究について発表しています。研究では、自分が興味のあることについて調べることができるので、非常に楽しいです。私は、The Beatlesの曲は中学生の英語教育にどのように役に立つのかについて研究することにしました。私の中学校の英語の先生は、授業の初めにThe Beatlesの曲を生徒に紹介し、皆で歌っていました。私は今、英語の教職課程を履修しているので、The Beatles の曲でどのくらい中学英語をカバーできるのか、また授業の教材として効果的に利用するにはどのようにしたら良いのかを調べています。授業内の会話はほとんど英語で行われるので、英語を話すことにも慣れますし、英語を話すのが上手な友人に刺激を受けたりして、モチベーションを上げることができます。
    NA2-0822.JPG

    NA3-0822.JPG

    □ 授業への取り組み方やクラスの雰囲気を教えてください

    私のゼミは、英語教育の分野であるので、やはり、教職課程を履修している学生が多いのですが、履修していない学生もいます。教職課程を履修している、していないにかかわらず、非常に仲が良く、授業内でも発言しやすい雰囲気です。皆、授業に対して意欲があり真面目に取り組んでいます。授業前の教室は賑やかですが、気持ちの切り替えが上手な人が多いので、授業が始まると真剣に取り組み、互いの研究発表に助言をするなど共に高めあっていくことができます。

    □ 将来の夢やこれからの進路(予定)などを教えて下さい

    教職課程を履修してはいるのですが、現時点ではこれからの進路に関して定まっていません。教員免許を取得して教師になるか、一般企業に就くか今とても悩んでいます。一般企業だと、放送業や、教育・学習支援業などに興味があるので、そちらも視野に入れています。教員になるにしても、一般企業に就職するにしても、TOEICで高い点数を取ることが求められます。もっと高い点数が取れるように、今後、より英語学習に力を入れていきたいと思っています。



    国際英語学科3年 T.A.さん
    小郡高等学校 出身

    TA1-0822.JPG

    □ この授業ではどんな事を勉強していますか?また、研究テーマを教えて下さい

    この授業では主に日本の英語教育について各個人が持つ疑問点や興味のある内容について研究をしています。私の研究内容は “Motivation in learning English as a second language”です。良い動機付けは英語学習の成功に繋がると考えられています。どのような動機付けが英語学習の成功に導くのか、私も第二言語学習者の一人として興味を持ったのでこのトピックについて研究をしています。
    TA5-0822.JPG

    □ 授業への取り組み方やクラスの雰囲気を教えてください

    このクラスの雰囲気はとても良いと思います。ただ仲が良いだけではなくお互いの研究発表についての疑問点やコメントを気軽に言い合えることができるので日々、良い刺激を受けながら成長できていると思います。
    class1.JPG

    class.JPG

    □ 将来の夢やこれからの進路(予定)などを教えて下さい

    将来は英語教育に携わる仕事がしたいと考えています。教育とは人や社会を造ることであり素晴らしいことだと思ったからです。そのため私は教職課程を履修しています。指導者になるということは多くの知識や教える技術が必要とされます。そのため毎日勉強の日々ですが将来に活かすことができることばかりなので充実した日々を送っています。来年には中学校の教育実習を控えているためそれに向けてこれからも頑張りたいと思います。
     

     
    Hosokawa0822.JPG
    この授業担当の細川博文教授​ (主な担当授業:英語科教育法)

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE