• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2020年
    02月10日

    学科ゼミ生が沖縄基地問題を検証

    本土との関係で揺れる沖縄を直に体験
     
    学科の川端ゼミ(国際関係論)の学生はこのほど沖縄を訪れて、自らの目で米軍基地問題の現状を確かめ、基地問題に揺れる沖縄の人々の考えを伺いました。
     
    国土のわずか0.6%に過ぎない沖縄に7割の在日米軍基地が集中する現状は、日本人、とりわけ我が国の将来を担う若者たちにとって真剣に取り組むべき課題の一つです。しかし、TVなどメデイアからの情報だけでは現実感に乏しく、自らの問題としてとらえるのは容易ではありません。そこで、女性リーダーの育成を目指す国際英語学科では、初めて現地に学生を送り込んで実地に基地問題を検証する機会を設けました。
     
    1.png
    広大な米空軍の嘉手納基地
     
    二日にわたった研修ではまず、乗り合いタクシーで「世界で一番危険な基地」といわれる普天間基地と、隣接する米軍最大の飛行場がある嘉手納基地を視察しました。視察中は比屋根照夫・琉球大学名誉教授に同乗していただき、基地問題に関する解説をしていただきました。普天間では小高い丘の上に登って、そこに建てられた塔の屋上から滑走路を見下ろしましたが、基地は四方を密集した住宅地に囲まれており、その危険性を実感しました。
     
    2.png
    「世界一危険な」普天間基地をバックに記念撮影
     
    嘉手納は膨大な米軍の空軍基地です。沖縄中部にある基地の端から端まで車で移動するのに相当な時間を要しました。広々とスペースを取った基地の内側と、沖縄県民の建物が肩を寄せ合うように密集する外側では、異質な二つの世界が同時に存在するようで、とても非現実的な印象を持ちました。
     
    3.png
    嘉手納基地をバックに比屋根・琉球大学名誉教授と
     
    翌日は沖縄県庁にお邪魔して、知事公室基地対策課の島袋秀樹氏と沖縄県政策参与の吉田勝廣氏から、それぞれ基地問題の歴史や課題を沖縄の視点から解説していただきました。普段はTVなどの報道でしか沖縄の基地問題に接することのない本学の学生ですが、米軍基地の規模を自らの目で観察し、沖縄の思いに直に触れることができた貴重な機会であったかと思います。
     
    4.png
    沖縄県庁の基地対策課で説明に聞き入る
     
     
    5.png
    県庁で島袋氏と吉田氏と共に記念撮影
     
    以下は第一回沖縄研修に参加した学生のコメントです:

    HR_ie160048.jpg 
    国際英語学科4年生 R.H.さん
    (三池高等学校出身)
    沖縄研修に参加し、米軍基地の視察、基地問題に詳しい比屋根昭夫教授と沖縄県庁職員との懇談会を行いました。初日は普天間と嘉手納にある基地を見学しました。基地は想像していた以上に広く、「世界一危険な基地」とも呼ばれる普天間基地は住宅街の極めて近くにあったため、衝撃を受けました。沖縄県庁知事公室基地対策課の職員から伺った話で最も印象に残っていることは、基地問題は沖縄の人だけが真剣に向き合うべき問題ではなく、日本中の人々が考えなければいけない問題であるということです。私はこれまで基地問題に対して、自分に関係のある問題だと考えたことはありませんでした。しかし、基地があることによって発生する危険は全国民に及ぶため、解決のためには国民が一丸となって声を上げることが必要であると学びました。
     
     
    TM_ie160035.jpg
    国際英語学科4年生 M.T.さん
    (れいめい高等学校出身)
    研修の2日目にお邪魔した沖縄県庁では、沖縄に基地が多い理由や、米軍基地がある他国との比較、基地に対する沖縄県民の本音など、資料を基に分かりやすく教えて頂きました。福岡の地で学ぶのとは全く違う、生の声や考えを聞くことができ、とても勉強になりました。


     

    2020年
    01月15日

    TOEIC700点突破 ⑦【国際英語学科1年生が790点取得】

    英語力を武器に抜群の就職実績

    国際英語学科では本年度も、TOEICで800点以上の高得点を取得する在学生が出始めました。
     現在のところ4年生の数名からの報告がありますが、これからも高得点取得者が増えることが期待されます。

    ちなみに昨年度は国際英語学科の在学生の内で6人が800点以上の成績を収めました。


    今回は、国際英語学科1年生で既に790点を達成したH.M.さんにお話を聞いてみました。

    kokusai200115-1.JPG
    H.M.さん
    国際英語学科 1年生
    福岡女学院高等学校 出身
    2年次 カナダ長期留学予定

    TOEIC: 1年次(6月受験)  465点  → (12月受験) 790点!

    1)TOEICの勉強法で工夫した事や努力した事を教えて下さい。

    私が努力したことは、単語ノートを作って語彙力を増やしたことです。TOEICで問われる単語はビジネスの場面で使われるものがとても多く、初めて聞く単語があることはもちろん、既知の単語でも全く知らない意味だった、ということがとても多くありました。そこで、自分でTOEIC用に小さい単語ノートを作り、問題集に出てきた単語をリストアップし、そのノートに毎日目を通すことを心掛けました。演習の回数を重ねるたびに自分の語彙量が増え、学習のモチベーションになりました。他にも、先生方の研究室にもたくさん通い、毎週勉強の進め方のアドバイスをいただいていました。

    kokusai200115-2.JPG
     

    2) 国際英語学科でのこの1年間にどのような事に興味を持って、どのような授業を履修しましたか?

    今年度とても興味を持ったことが国際交流です。前期に国際情勢の授業を履修し、発展途上国や日本の外交関係に関心を持ったことをきっかけに、8月に学生ボランティアとしてアジアから日本に来た留学生200人をサポートする「架け橋プロジェクト」に参加しました。英語で会話をすることでスピーキング・リスニングの力を試す機会になったことはもちろん、200通りの考え方、価値観の多様性にとても刺激を受けました。

    来年度は学部の留学プログラムを利用して1年間カナダに語学留学をします。現地にはカナダ人だけでなく、他の国の人々も多く生活しているため、交流を通して言語や異文化を学ぶことはもちろん、たくさんの人と会話し、自分の考えを英語で伝え、様々な物事を固定されない見方で捉えられる力を付けたいと考えています。これからの目標は、留学後にTOEICで890点を取ることです。

     

    kokusai200115-3.JPG

    1年生必修科目(Communicative Grammar)の授業風景


    kokusai200115-4.JPG
    授業もテキストも英語

    kokusai200115-5.JPG

    クラスメイトとのペアワーク

     

    3)国際英語学科を目指そうとしている高校生へメッセージをお願いします。

    国際英語学科では、国際語としての「英語」を集中的に学べます。「英語が好き!」そんな中高生のみなさんに国際英語学科を強くお勧めしたいです。難しい勉強もたくさんありますが、好きな「英語」を使って専門的な言語運用能力を高めたり、クラスメイトと協力してプレゼンテーションを行い大きな充実感を得たりすることの喜びはとても大きく、毎日授業の中に新しい発見があることがとても新鮮です。先輩方や先生方も常に親身になってサポートをして下さるので、充実した学生生活を送ることができます。国際英語学科に入学できて本当によかったです。みなさんも一緒に英語を深く学びながら充実した学生生活を送りませんか?国際英語学科でお待ちしています☺︎

    kokusai200115-6.JPG

    kokusai200115-7.JPG



     

    国際英語学科は、前身である人文学部英語学科(2014年募集停止)時代を含め毎年100%近くの高い就職率を維持している学科です。
    高度な英語力を武器に、世界へつながる就職を目指す皆さんを全力で応援します。

     

    【英語力を武器に世界で活躍するの卒業生からのコメントは、こちら
     

    2020年
    01月14日

    国際英語学科3年生が模擬国連会議全日本大会に参加!

    国際英語学科3年生の2名が、昨年末に東京で開催された第31回模擬国連会議全日本大会に参加しました。4日間にわたった会議では、日本中から集まった学生がイエメン紛争への国連安全保障理事会の対処のあり方について議論を交わしました。

    昨年度の第30回模擬国連大会の時の様子
    昨年度の第30回模擬国連会議全日本大会の様子


    模擬国連会議 全日本大会とは、
    全国から国連に興味を持つ学生が集まり、それぞれが国連加盟国の大使の役割を演じつつ国連などの国際機関で行われている会議をシミュレーションし、3泊4日にわたって熱い議論を交わします。

    大会の詳細についてはこちら



    以下は、第31回模擬国連会議全日本大会に参加した国際英語学科の学生達の感想と大会の写真をご紹介します。

    kokusai200114-5.jpeg

     

    1人目は、

    kokusai200114-1.jpeg
    国際英語学科3年生 Y.S.さん
    福岡県立福島高等学校 出身

    2年次 オーストラリア長期留学経験者

    ” 模擬国連のイエメン情勢安保理会議にペルー代表として参加しました。最初は下調べから始まり、何もわからない状態から、先生の手助けをいただいて、会議に臨みました。どの大学の学生も、すごくたくさん発言していて、初日は自信をなくしましたが、2日目からは気を取り直して、自ら話し合いに参加して、発言も少しでも多く出来るように頑張りました。深夜にも交渉が続き、翌日の朝から本会議に臨んだ時は睡眠も少なく大変でしたが、得たものはその大変さを超えます。今回参加したことで、これからもっと世界について知りたい、という今後のモチベーションになりましたし、同時に、自分には積極性がまだまだ足りないとも改めて気づきました。普段関わることのないような学生とも交流でき、とても良い経験になりました。"
    kokusai200114-4.jpeg




    2人目は、

    kokusai200114-2.jpeg
    国際英語学科3年生 A.N.さん
    福岡県立小郡高等学校 出身

    2年次 フィリピン長期留学経験者

    " 今回、模擬国連に参加してみて他大学の学生の意識の高さに刺激を受けました。私自身、三年生になり世界情勢について興味を持ち始め模擬国連に参加を決めたのですが、今回参加したことで、事前リサーチの大切さ、先を読んで発言することの重要性、不測の事が起こった時の対応力などたくさんのことを学びました。イエメン情勢のついても理解を深めることができました。また機会があれば参加しようと思います。"
    kokusai200114-3.jpeg



     

    昨年度の様子はこちら【第30回模擬国連会議①】
    【第30回模擬国連会議②】

     


    国際英語学科は、前身である人文学部英語学科(2014年募集停止)時代を含め毎年100%近くの高い就職率を維持している学科です。
    高度な英語力を武器に、世界へつながる就職を目指す皆さんを全力で応援します。

    2020年
    01月08日

    (授業紹介) Intro. to International Affairs:元国連職員による特別講演

     国際英語学科は、国連などの国際機関やNGO活動を目指す学生を全力で支援します。

     支援活動の一環として、学科では毎年秋にニューヨーク在住の元国連職員を招待して特別講演会を開催しています。

     本年度は国連開発計画(UNDP)で長年勤務
    された森田宏子氏に来校していただき、1年生と3年生を対象に持続的開発目標(SDGs)などの業務や国際機関での職場環境について話していただきました。

    ご講演いただいた森田宏子氏
    ご講演いただいた森田宏子氏
     
    持続的開発目標(SDGs)について
    2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」について




    国連事務局では邦人職員の過半数を女性が占めるなど、女性の活躍の機会が大きく開かれていることもあり、在学生は熱心に森田氏のお話に耳を傾けていました。

    kokusai200108-3.JPG
     

    kokusai200108-4.JPG


     国際英語学科では国連職員による特別講演に加えて、東京にある国連機関でのフィールドワークの実施や、模擬国連全国大会への参加を奨励しています。卒業生の中には、国連児童基金(UNICEF)、国連大学(UN University)や国連人間居住計画(HABITAT)などへの就職を果たした者もおり、今後の活躍が期待されます。


     


    国際英語学科は、前身である人文学部英語学科(2014年募集停止)時代を含め毎年100%近くの高い就職率を維持している学科です。
    高度な英語力を武器に、世界へつながる就職を目指す皆さんを全力で応援します。

    2019年
    12月26日

    留学報告⑳:アメリカ H.S.さん(福岡県立柏陵高等学校 出身)

    国際英語学科では、毎年半数以上の2年生が海外へ!

     

    国際キャリア学部では、在学生のために海外提携校(米・英・豪州・アジアの9ヶ国、16校)への留学プログラム、Study Abroad 科目を設けています。国際英語学科の在学生のほとんどがこの科目を履修し、世界に出かけています。この留学プログラムでは留学先と提携して行う成績評価によって単位認定がなされるので、休学することなく通常の在籍期間(4年間)で卒業が可能です。

    ここでは、現在、海外で勉強をしている国際英語学科の学生をシリーズでご紹介していきます。
     

    アメリカ(ワシントン州)

    Central Washington University

    H.S.さん(福岡県立柏陵高等学校 出身)

    国際英語学科 2年生
    今年9月から長期留学中


    kokusai-CWU.jpeg

    □ 授業や現地での生活は順調に進んでいますか

    はい、進んでいます。授業では先生方が私達に分かるように話してくれたり、アドバイスをしてくれたりするので順調に進んでいると思います。生活面でも環境や習慣に慣れてきて、物を買うときの注文も出来るようになり、とても楽しい毎日を過ごせています。
     

    □ 授業への取り組み方やクラスの雰囲気を教えてください

    クラスは5段階に分かれていて1クラス710人程です。先生は生徒が質問をした時には、時間がかかっても理解できるまで説明をしてくれます。授業ではペアワークなどがありWritingReadingの授業でも英語で話す機会があります。

    kokusai191226-1.jpeg

    □ 授業以外の活動について教えてください

    毎週先生方や地域の方がTalk TimeConversation Cornerなどを開いてくれます。休日やクリスマスなどがある時は大きなイベントにたくさん参加することができます。また、大学にはジムや映画館など誰でも入ることができるレクリエーションセンターもあり充実した日々を過ごすことができます。

    kokusai191226-2.jpg kokusai191226-3.jpeg

     

    □ 留学することで何が勉強になりましたか、一番自分の強みになった点や変化したところを教えて下さい

    留学をしていて一番変わったなと思う事は、積極性です。分からない事を質問したりイベントに参加したりする頻度がとても多くなったなと感じています。強みになった点はリスニングです。留学初日の時に聞き取れなかった先生の英語が今ではほとんど分かるようになりました。後は早さにも慣れて、このままもっと英語力を伸ばしたいと思っています。

    kokusai191226-4.jpeg
     


    この留学プログラムを利用して海外で異文化に触れ、より高度な英語コミュニケーション能力などを獲得することが出来ます。その後、国際英語学科の学生の多くは世界へ繋がる就職を目指しています。

     

    国際英語学科では、在学生の異文化交流の実践と国際感覚の研磨のための多彩な留学プログラムを用意して、グローバルシーンで活躍するキャリアパーソン形成を応援します。

     

    【 過去の国際英語学科の学生達の留学報告はこちら

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@