• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2018年
    12月10日

    留学報告⑩:カナダ M.C.さん(嘉穂東高等学校 出身)

    国際英語学科では、毎年半数以上の2年生が海外へ!

     

    国際キャリア学部では、在学生のために海外提携校(米・英・豪州・アジアの9ヶ国、16校)への留学プログラム、Study Abroad 科目を設けています。国際英語学科の在学生のほとんどがこの科目を履修し、世界に出かけています。この留学プログラムでは留学先と提携して行う成績評価によって単位認定がなされるので、休学することなく通常の在籍期間(4年間)で卒業が可能です。

    ここでは、現在、海外で勉強をしている国際英語学科の学生をシリーズでご紹介していきます。

    カナダ(ハリファックス)

    St. Mary's University

    M.C.さん(嘉穂東高等学校 出身)

    国際英語学科 2年生

    今年8月から留学中

    kokusai121018-3.jpeg

    □ なぜこちらの大学に決めましたか

    SMUを知ったきっかけは1年生の学科オリエンテーションの時です。学科の先輩がSMUでの留学をプレゼンテーションで報告していてその時にほとんど決まりました。ランゲージセンターでは毎週たくさんのアクティビティがあり、英語を話す機会が多く設けられます。また港町であるハリファックスは自然と街が程よく共存していてとても住みやすく、街の人々も暖かいです。
     

    □ 授業や現地での生活は順調に進んでいますか

     とても順調に過ごしています。私はホームステイ*をしました。家族はホストマザーと同時期に留学している韓国人です。私たちはオリジナルのルールを作り、一緒に夕食を食べたり週末に家事をしたり、本当の家族のように過ごしています。私はホストマザーに「もし文法や時制が間違っていたりしたら訂正してほしい」とお願いしました。そのおかげで躊躇せずに英語で会話する事が出来ましたし、同時にアウトプットする能力を高める事が出来ました。

     【*SA留学プログラムを利用したカナダへの留学は、基本的に寮滞在】

     

    □ 授業への取り組み方やクラスの雰囲気を教えてください

     授業は週5日、午前9時から午後3時まであります。セメスターが始まってすぐにオンラインでテストを受け、結果ごとにレベル分けをされたクラスに所属することになります。授業内容としては、reading, listening, speaking, writingを幅広く学習することが出来ます。最初は物足りなさを感じる事がありましたが、基礎をしっかり固める事が出来ましたし、多くの語彙を増やす事も出来ました。

    kokusai121018-2.jpg

    □ 授業以外の活動について教えてください

    私のルームメイトは韓国人で私たちは仲が良いので、毎日色々な事を話します。もちろん日本語では通じないのでお互いに切磋琢磨しながらspeakingのスキルを高めあってきました。週末は、イベントに参加してほぼ毎週ネイティブの人々の発音や話し方を学習しながらカンバセーションに参加しています。また、申請すればカンバセーションパートナーを学校側が紹介してくれます。私は毎週決まった曜日にランチをして情報交換をしました。トロントへ旅行に行った際は、道を尋ねたり、私と同様に観光をしに来ている方々と話をして、自分のスキルを試すきっかけとなっていい経験でした。

    kokusai121018-1.JPG

    □ 留学することで何が勉強になりましたか、一番自分の強みになった点や変化したところを教えて下さい

    いい経験や能力を向上させるチャンスは自分から行動しないと手に入らないことを学びました。カナダへ来て1ヶ月経った頃ネイティブの方との交流の少なさを感じて葛藤していました。それからは、ホストマザーや留学経験のある知り合いに相談して、なんでも試しました。私は以前から留学に対する思いが強かったので、毎日英語で日記をつけながら自分のスキルを見直し、限りある留学生活を大事に過ごしています。変化した点については、さらに好奇心旺盛になったところです!


     


    この留学プログラムを利用して海外で異文化に触れ、より高度な英語コミュニケーション能力などを獲得することが出来ます。その後、国際英語学科の学生の多くは世界へ繋がる就職を目指しています。
     
    国際英語学科では、在学生の異文化交流の実践と国際感覚の研磨のための多彩な留学プログラムを用意して、グローバルシーンで活躍するキャリアパーソン形成を応援します。
     
     【 過去の国際英語学科の学生達の留学報告はこちら

    2018年
    12月06日

    TOEIC800点突破!①

    TOEIC 800点突破!英語力を武器に抜群の就職実績

    国際英語学科では本年度も、TOEICで800点以上の高得点を取得する在学生が出始めました。
     現在のところ4年生の数名からの報告がありますが、これから年末年始にかけて高得点取得者が増えることが期待されます。

    ちなみに昨年度は国際英語学科の在学生の内で11人が800点以上の成績を収めました。

     
    kokusai120618-2.png
    昨年度のTOEICスコア実績
     

     
     今回は800点越えを達成し、外資系エアラインに内定をしている4年生のT.M.さんにお話を聞いてみました。

    T.M.さん
    国際英語学科4年生
    TOEIC: 1年次(585点)→ 2年次(留学)→ 3年次(770点)→ 4年次(825点!)
    外資系エアライン(GS)内定
    フィリピン長期留学(2年次)経験者
    福岡県立八幡高等学校 出身

    □ TOEICの勉強法で工夫した事や努力した点を教えて下さい。

    1つ目は、毎日英語に触れることです。私はオンライン英会話で毎日英会話をしています。また、留学先で出会った友人やホストファミリーと連絡を取り、英語力を維持しています。英語に限らず、語学学習では、日々の積み重ねが大切だと思います。
    2つ目は、自分の苦手な部分、得意な部分を把握することです。私はリーディングが苦手で、リスニングが得意だったので、それに合った問題を解いたり、podcast を聞いたりしています。得意な部分を伸ばすと、点数が反映されやすいと思います。

     

    □ 国際英語学科での4年間にどのような事に興味を持って、どのような授業を履修しましたか?

    私はアジアの国々の文化や生活に興味があったので、1年次にはカンボジアのスタディツアーに参加し、2年次の後期にはフィリピンで約4ヶ月半留学しました。どちらもとても印象深く、貴重な体験ができ、先生方や学科事務室の方にはとても感謝しています。また、国連・国際関係論ゼミで、様々な国際問題の現状を把握し、解決策を模索しています。選択授業は他学部の授業を履修できることがあるので、自分が興味のある授業をどんどん受けて、将来に繋げてほしいです。

    《T.M.さんの留学中の様子はこちら

     

    □ どのような就職活動をしましたか?就職活動をするにあたって重要だと感じた事を教えて下さい。

    私は航空業界に就職したいと考えていたので、その業界を中心に活動しました。3年生の後期から就活を意識し始め、少しずつ自己分析や企業分析、SPI対策をしていました。就活をするにあたっては、"準備"がとても大事です。就活が解禁されると、エントリーシートの作成や面接練習でとても忙しくなります。そうなる前に、自己分析や企業分析をきちんとして、自分のことをよく理解し、自分の想いを企業に伝えられるようになるといいと思います。

     

    □ 国際英語学科を目指そうとしている高校生へメッセージをお願いします。

    国際英語学科は他学部に比べて人数が少ないので、学生同士の距離が近く、居心地が良いです。先生方も個性豊かで、私たちのことをよく考えてくださり、しっかりサポートしてくれます。大学の4年間は長いようであっという間に過ぎます。一瞬一瞬を無駄にしないように、自分がしたいことを全てやりきるつもりで、国際英語学科で楽しい学生生活を送ってほしいです。


     


    国際英語学科は、前身である人文学部英語学科(2014年募集停止)時代を含め毎年100%近くの高い就職率を維持している学科です。
    高度な英語力を武器に、世界へつながる就職を目指す皆さんを全力で応援します。
     

    【英語力を武器に世界で活躍する卒業生からのコメントや、
    今年度の就職実績については
    こちら

    2018年
    12月03日

    留学報告⑨:ニュージーランド S.R.さん(福岡県立八幡中央高等学校 出身)

     

    国際英語学科では、毎年半数以上の2年生が海外へ!

     

    国際キャリア学部では、在学生のために海外提携校(米・英・豪州・アジアの9ヶ国、16校)への留学プログラム、Study Abroad 科目を設けています。国際英語学科の在学生のほとんどがこの科目を履修し、世界に出かけています。この留学プログラムでは留学先と提携して行う成績評価によって単位認定がなされるので、休学することなく通常の在籍期間(4年間)で卒業が可能です。

    ここでは、現在、海外で勉強をしている国際英語学科の学生をシリーズでご紹介していきます。

    ニュージーランド(オークランド)

    University of Auckland

    S.R.さん(福岡県立八幡中央高等学校 出身)

    国際英語学科 2年生

    今年8月から留学中

     
    kokusai120318-1.jpeg
     

    □ なぜこちらの大学に決めましたか

     私は高校生の頃から大学に入学後は留学すると決めていました。その為、単位認定のある福岡女学院大学に入学しました。留学先を決める際にはとても悩みましたが、ニュージーランド留学に決めた主な理由は自然に囲まれた環境である事とターム毎の間に長期間の休みが無かったので勉強に集中できる環境であったためここに決めました。
     
    kokusai120918-2.jpeg

     

    □ 授業や現地での生活は順調に進んでいますか

     初めは、周りと比べてしまう事が多く、自分の話す英語に自信を持てず悩む毎日でしたがだんだんと英語を話す環境に慣れて授業でも発言できる程積極的になりました。私は日本以外の国に今まで行った事がなかったため、ニュージーランドでの生活はとても新鮮でした。一方で日本との文化の違いに衝撃を受ける事も沢山ありました。ですが、今ではこの環境にも慣れてとても快適に過ごせています。ホストファミリーはとても優しく今では自分の家の様にリラックスして毎日を過ごしています。
     

    □ 授業への取り組み方やクラスの雰囲気を教えてください

     クラスは少人数制でとても学びやすい環境だと思います。ここでは、コミュニケーションクラスかIELTクラスを選択することができるので自分の強化したいスキルを選べます。私はコミュニケーションクラスを選択したので主に日常で使える会話やプレゼンテーション、グループに分かれてディスカッションなどを主に授業で取り組んでいます。
     

    □ 授業以外の活動について教えてください

     私は週末のほとんどを他国の友達と出かけています。他国の友達と出かけることによって英語を話す環境を自分で作るようにしています。また、一人で買い物に行く際にもお店の人と少しでも話すように心がけています。時間に余裕がある時には、ホストマザーとドラマを見て楽しんでいます。ドラマや映画を見ることでリスニング練習にもなるのでとてもためになります。
     
    kokusai120918-3.jpeg

    □ 留学することで何が勉強になりましたか、一番自分の強みになった点や変化したところを教えて下さい

    英語力、特にリスニング力は以前と比べて伸びていると感じます。留学したことで、日本がとても良い国だと誇りに思えたことです。ニュージーランドもよい国ですが、様々な文化に触れて改めて日本の良さや凄さを感じました。また、留学を通して自分の変化したところは、何にでも挑戦するようになったことです。以前は人見知りで自分から進んでしなかった事も今では思い立った時に行動に移すようになりました。

     
     
    この留学プログラムを利用して海外で異文化に触れ、より高度な英語コミュニケーション能力などを獲得することが出来ます。その後、国際英語学科の学生の多くは世界へ繋がる就職を目指しています。
     
    国際英語学科では、在学生の異文化交流の実践と国際感覚の研磨のための多彩な留学プログラムを用意して、グローバルシーンで活躍するキャリアパーソン形成を応援します。
     
     【 過去の国際英語学科の学生達の留学報告はこちら

    2018年
    11月28日

    2018年度最新就職情報③(航空業界)

    今年度は10人が航空業界へ

    来年3月卒業予定の現4年生のうち、客室乗務員(CA) 5人を含む10人、実に2割近い学生が航空業界から既に内定を頂きました。(11月28日現在)

      

      過去5年間の実績(下記の表参照)が示すように、国際英語学科の航空業界への就職率は平均で全卒業生の20%近くという高水準を維持しています。
    大手の航空会社の競争率が数十倍であることに照らすと、他大学と比べても著しい成果といえそうです。
     
     
    kokusai181004-1.png


    航空業界に強い国際英語学科」という評価が定着しつつあります
    「私もいつか世界につながる職業につきたい」
    学科ではそんな航空運輸業界への就職を目指す学生を歓迎します。


    180927-1.png

    180927-2.png
     
    パンフレット6.png
           航空業界へ就職をした昨年度(2017年度)の卒業生たち→こちら

     
    国際英語学科は、前身である人文学部英語学科(2014年募集停止)時代を含め毎年100%近くの高い就職率を維持している学科です。
    高度な英語力を武器に、世界へつながる就職を目指す皆さんを全力で応援します。

    2018年
    11月22日

    英語スピーチコンテストにて準優勝!

    国際英語学科2年生が、「第6回活水女子大学エリザベス・ラッセル杯 英語スピーチコンテスト」にて準優勝を獲得!

    kokusai181121.jpeg


    活水女子大学のHPによると、
    第6回の英語スピーチのテーマは、「グローバル社会の一員として考える」

    国連アカデミック・インパクト(UNAI)の原則である、探求、意見、演説の自由や教育の機会、国際市民としての意識、平和、持続可能性、異文化間の対話や相互理解などの内容に関するスピーチが九州内のみならず東京や関西から集りました。
    《本選についての詳細
    こちら

    H.H.さんは、今年夏に締切られた予備審査を通過し、全国からの応募した大学生の中から本選に進む10名に選ばれました。そして、10月20日(土)に行われた本選では、外国人審査員の前で6分〜8分未満の長さの英語スピーチを披露しました。

    H.H.さんのタイトルは「Act Now or Pay Later」
    本選では、大きく分けてContentsとEnglishの他にDeliveryという3つが評価領域となり、手元に原稿を置く事は認められていません。
    H.H.さんは、本学の外国人講師にもアドバイスを受けながら声の大きさ、速さ、Eye Contact、Pause、Voice Inflection、Gestureなども効果的に用いるように本選の直前まで一生懸命に練習を重ねました。



    H.H.さん(国際英語学科2年生)の感想
    今回、初めてスピーチコンテストにチャレンジしました。スピーチの準備の為に自分の意見を述べたり、外国人講師の先生や友達と話をしました。また、本選の時には長崎を旅行しました。今回のコンテストはすごく良い経験となりました。本選の当日、最初はちょっと緊張しましたが、準優勝を獲得することが出来て本当に嬉しいです。次回もチャレンジしたいと思います。

     

    この英語スピーチコンテストは、第2回大会から本学科の学生がチャレンジを続けており、第3回大会では本学科の学生が優勝しています。その後も、本選への入賞する学生が続いています。
    今回、準優勝したベトナム出身のH.H.さんにとっても本科での日本語での勉強に加えて、第2カ国語としての自身の英語力を試すとても良い機会となった様です。
    今後の彼女の活躍に期待されます。


    国際英語学科は、前身である人文学部英語学科(2014年募集停止)時代を含め毎年100%近くの高い就職率を維持している学科です。
    高度な英語力を武器に、世界へつながる就職を目指す皆さんを全力で応援します。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE