• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2019年
    08月23日

    【国際英語学科のフィールドワーク】国連オフィス等を訪問②

     国際英語学科が主催するInternational Exchange Fieldwork (担当:川端特命教授)の参加者がこの夏、東京 六本木ヒルズにあるグーグル日本法人と東京 青山の国連大学にある国連オフィスを訪問しました。第2回目の今回は、国連大学訪問後についてご紹介します。

    《Googleオフィス訪問の様子はこちら
    《国連オフィス訪問の様子①はこちら

    このFieldworkでは、国連機関に加えて、同じ敷地内にある地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)と東京ウィメンズプラザにお邪魔してそれぞれの機関の活動と課題を伺いました。

    kokusai190823-3.jpeg
    東京ウィメンズプラザの入り口で記念撮影

    kokusai190823-1.jpeg
    地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)でレクチャーを聞く学生達



    参加した学生達のコメントをご紹介します。

    kokusai190823-am.jpg

    国際英語学科3年生 A.M.さん
    2年次 オーストラリア長期留学経験者
    八幡中央
    高等学校 出身
    " 地球環境パートナーシッププラザではJICA青年海外協力隊でも活躍されていた浦林様よりお話を伺いました。講演の中で私が1番印象に残っていることは、地球環境を守るために今私たちができることについてです。企業・社会における経済活動の拡大や発展が著しく進んでいる傍ら、それらを支えるべく地球環境に大きな負担がかかり気候変動や地球温暖化といった様々な環境問題が生じています。そのような環境問題の悪化を少しでも防ぐために一人一人が現在の環境状況を知り、環境への知識を身につけることが大切だと学びました。また、リサイクルやマイバックを持ち歩く等、家庭内でできる小さなことの積み重ねが将来の住み良い環境に繋がるため、日常生活を見直し日頃から心がけて取り組むべきだと改めて実感しました。"


    kokusai190823-2.jpeg
    地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)の展示に見入る学生達

     

    kokusai190823-ay.jpg
    国際英語学科3年生 A.Y.さん
    2年次 オーストラリア長期留学経験者
    小城高等学校 出身
    "DVなど女性問題を専門に扱う東京ウィメンズプラザでは図書資料室の利用案内をして頂きました。図書資料室には男女平等社会の実現を目指す活動や、女性に関する様々な問題を解決するための資料が約7万点も置いてあるとのことです。本や雑誌、新聞など、またDVDやビデオなどを利用できる視聴覚室もあり、幅広く情報支援をしています。日本人以外にも利用できるように外国語対応の資料も数多く置いてあります。女性問題についての絵本も置いてあり、大人から子供まで利用できる施設です。また、ウィメンズプラザでは図書資料室以外にも、女性活躍推進のためのイベントや講座も行なっているとのことで、男女参画社会の実現のためにとても特化しています。館内は落ち着いた雰囲気で誰でも足を踏み入れやすく、素晴らしい施設でした。"

     


    国際英語学科は、前身である人文学部英語学科(2014年募集停止)時代を含め毎年100%近くの高い就職率を維持している学科です。高度な英語力を武器世界とつながる国際的企業への就職を本気で目指す高校生を歓迎します。

    2019年
    08月22日

    【国際英語学科のフィールドワーク】国連オフィス等を訪問①

     国際英語学科が主催するInternational Exchange Fieldwork (担当:川端特命教授)の参加者がこの夏、東京 六本木ヒルズにあるグーグル日本法人と東京 青山の国連大学にある国連オフィスを訪問しました。このFieldworkの様子を2回に分けてご紹介します。

    《Googleオフィス訪問の様子はこちら
    《国連オフィス訪問の様子②は
    こちら

    kokusai190822-1.jpeg
                     福岡から羽田空港に笑顔で到着


     国連大学は日本に本部のある唯一の国連機関ですが、著名建築家が設計した大きな建物の中には国連児童基金(UNICEF)や国連開発計画(UNDP)など様々な国連機関の職員約100人が働いています。

    kokusai190822-2.jpeg
                          国連大学の正面玄関で記念撮影                             

    kokusai190822-3.jpeg
                       国連大学の玄関に入って


    Fieldworkに参加した16人の3年生はまず、国連大学の中を国連広報センター(UNIC)の方の案内で見学させていただきました。

    kokusai190822-4.jpeg
                ウタント国際会議場のステージに登壇


    kokusai190822-5.jpeg
                              国連オフィス内で     

     見学に続いて、国連プロジェクトサービス機関(UNOPS)と国連世界食糧計画(WFP)で勤務する現役の国連職員からそれぞれの機関の活動内容や国連に入ったいきさつなどを話していただきました。

    kokusai190822-6.jpeg
    国連プロジェクトサービス機関(UNOPS)職員に聞き入る学生達



    最後に、参加した学生達のコメントをご紹介します。

    kokusai190822-ak.jpg
    国際英語学科3年生 A.K.さん

    八女高等学校 出身
    ” 国連WFPで働いている方のお話から、私の知らない世界の現実を知ることができました。世界では約10人に1人が飢餓に苦しんでおり、紛争や地震などによって飢餓問題は深刻化しています。WFPでは、飢餓に苦しんでいる人々に食料支援を行ったり、子供たちに学校給食を提供したりする活動をされています。今回、職員の方のお話を通して厳しい世界の現実について改めて見つめ直すことができましたし、飢餓をなくすことの難しさも実感しました。これからの自分にできることを考える貴重な機会となったと思います。"

     
    kokusai190822-uk.jpg

    国際英語学科3年生 U.K.さん
    ネパールからの留学生
    ” As part of the fieldwork at the United Nations University in Tokyo, we visited the World Food Programme (WFP). I was impressed by the fact that many women were working at the WFP office. Who says that women cannot contribute to solving world’s problems! The visit dispelled such a superstition. This fieldwork became so memorable and fruitful for me as I witnessed the working environment of this world organization, where women, particularly those in leadership positions, were actively and freely working. I appreciate very much this fieldwork as it motivated me to further endeavor to achieve an international career."

     


    国際英語学科は、前身である人文学部英語学科(2014年募集停止)時代を含め毎年100%近くの高い就職率を維持している学科です。高度な英語力を武器世界とつながる国際的企業への就職を本気で目指す高校生を歓迎します。
     

    2019年
    08月15日

    (授業紹介) 児童英語指導員養成コース English for Young Learners Filedwork

     国際英語学科には児童英語指導員養成コースがあり、児童を対象とした英語教育について専門的に学ぶことができます。
     

     このコースでは、まず2年次に履修する「English for Young Learners Methodology」において、児童を対象とした言語教育の理論と背景を学びます。その後、3年次に履修する「English for Young Learners Seminar I/II」で児童英語教育における様々な指導法を学び、模擬授業などを通して児童英語教育における理論と実践に関する理解を深めます。そして「English for Young Learners Fieldwork」では、実際に小学校の教育現場で「外国語活動」の実習を行い、その経験を通して実践的な指導力を養います。

     
     2019年度前期も近隣の小学校のご協力を得て「English for Young Learners Fieldwork」の授業の一環として本コースの学生が、小学生3・4年生を対象に「外国語活動」の実習を行いました。

    kokusai190817-1.jpg 
          
    先月の近隣小学校での国際英語学科の学生による「外国語活動」の様子


    「English for Young Learners Fieldwork」の授業では学生は指導案・教材の作成、大学の授業内で模擬授業を繰り返し行い、準備をした上で実習授業に臨みます。実習後は、実習授業の教室内での児童の反応など経験を振り返り、良い点・改善点を議論し、次の実習に活かしています。このように実際の児童を対象に教える経験を通して得られる様々な気づきから各学生は指導に関する「引き出し」を増やし、同時に実践的指導力を身につけていきます。 

    kokusai190817-2.jpg

    kokusai190817-3.jpg

     

    本コースの修了生は、公立・私立の小中学校の教員(別途、教諭免許状取得)や、英会話学校の英語講師として活躍しています。

    《昨年度の活動の様子はこちら
     


    国際英語学科は、前身である人文学部英語学科(2014年募集停止)時代を含め毎年100%近くの高い就職率を維持している学科です。
    高度な英語力を武器に、世界へつながる就職を目指す皆さんを全力で応援します。
     

    2019年
    08月09日

    国際英語学科 現役4年生も躍進!【エアライン就職 編 ②】

    国際英語学科 現役4年生も就職活動にて躍進しています!

    〜 前年度卒業生の2割近くが航空業界へ 〜

    1174.png

    エアライン就職に強い国際英語学科ですが、現在就職活動中の現役4年生が躍進しています。既に複数のエアラインから客室乗務員(CA)や地上職(GS)への内々定を頂いています。


    国際英語学科は今年3月に第2期生となる2018年度の卒業生を送り出しましたが、客室乗務員(CA)や地上職(GS)など航空業界への就職では、第1期生に続いて圧倒的な強さを実証しました。
    2018年度卒業生の就職先を業種別でみると、客室乗務員(CA)5名を含む10名、実に2割近い学科の卒業生が航空業界(エアライン系)への就職を決めたのです。

    国際英語学科では過去5年間にわたって常に卒業生の2割近くが航空業界への就職しており、「エアラインに強い学科」との定評が固まりつつあります。

    19kokusaiエアライン系就職率.png

    1174.png

    19kokusai-6.png
    最新の国際英語学科のパンフレット(p6)

     

    就職全般も好調です。

    前身である人文学部英語学科時代を含めると、国際英語学科の卒業生の就職率は毎年100%近い数字を誇っています。

    実質的な完全就職に加えて、就職の「質」も向上しており、東京証券取引所一部上場の大手企業の総合職や傘下企業に就職する前年度の卒業生は5割近くに上ります。

    《2期生の大手企業への就職に関する詳細はこちら

     
    この様な就職実績は、九州地区のみならず全国の大学と比べても引けを取りません。
     

    高度な英語力を武器に国際的企業への就職を目指す国際英語学科ですが、着実に成果を積み上げています。

    国際英語学科では、世界とつながる国際的なキャリアを本気で目指す高校生を歓迎します。



    これまでの国際英語学科の学生の就職や卒業生についての記事はこちら
     


    国際英語学科の卒業生達の活躍については、
    国際英語学科パンフレットミニオープンキャンパスでもより詳しくご紹介しています。

    2019年
    08月08日

    オープンキャンパスへのご来場ありがとうございました!

     

    8月3日(土)と4日(日)に、2018年度のオープンキャンパスが行われました。
    このたびは、猛暑の中、多数ご来校頂きましてありがとうございました。
    お陰様をもちまして、国際英語学科のブースには昨年を大きく上回るご来場者数を得て、皆様をお迎えすることができました。

    kokusai190808-1.JPG
    国際英語学科のブースの様子

    kokusai190808-2.JPG kokusai190808-3.JPG

    kokusai190808-4.JPG kokusai190808-9.JPG
    国際英語学科の模擬授業もたくさんの高校生達で満席となりました


    次回8月25日(日)のミニオープンキャンパスでは、
    久屋先生による模擬授業が行われます。

    『ことばとファッションの共通点とは?:言語の多様性を考える
    ことば(英語)のバリエーションについて、
    ファッションとの共通点を手がかりに考えてみましょう。


    kokusai190808-6.JPG kokusai190808-7.JPG

    kokusai190808-8.JPG kokusai190808-11.JPG
    国際英語学科の卒業生も遊びにきてくれました
     

    kokusai190808-12.jpg

    8月25日(日)には、今年最後のミニオープンキャンパスが行われます。
    引き続き、学科教員と学生スタッフが学科ブースにてお待ちしております!


    19kokusai-0.png


    国際英語学科は、前身である人文学部英語学科(2014年募集停止)時代を含め毎年100%近くの高い就職率を維持している学科です。
    高度な英語力を武器に、世界へつながる就職を目指す皆さんを全力で応援します。
     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@