• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2018年
    01月19日

    櫻田陽一教授、フィリピン・マニラ市に於いて、APECのインフラ開発・投資研修事業に参加

    国際英語学科の櫻田陽一教授は、経済産業省、及び、一般財団法人海外産業人材育成協会が主宰する、APECインフラ開発・投資関連制度ピアレビュー及び能力構築(フィリピン)(Peer Review and Capacity Building on APEC Infrastructure Development and Investment: Philippine)に、研修講師の一人として出席いたしました。本会合は、2017年12月6〜8日の三日間に渡りマニラ市内に於いて開催されました。会合は、フィリピン公共事業道路省(Department of Public Works and Highways : DPWH)の職員30数名に対する、日本国政府の技術協力の形式を取ったインフラ開発・投資事業に関する研修プログラムとして実施されました。研修テーマは道路・下水道・防災の各分野での官民連携事業スキーム(Public Private Partnership : PPP)に関する、実務レベルの技術協力でした。

    1-Pic.JPG
    研修会場の案内掲示ディスプレイ

    本研修の講師には櫻田教授の他に新日本監査法人のPPPインフラ専門家が招かれ、PPP事業スキームの基本概念から、具体的な応用事例などの紹介と、簡単な演習が実施されました。現在、フィリピンを始めとするASEAN各国に於いては、先進国からの借款等による「ODA事業」を通したインフラ開発支援に加え、自国の民間企業の自己資金と政府財政を組み合わせた、所謂、官民連携事業によるインフラ開発が推進されようとしています。

    2-Pic.JPG
    フィリピン公共事業道路省職員に対する講義の模様

    フィリピンは、1990 年代にASEAN諸国で初めて民活インフラ事業の法的フレームワークであるBOT法(Republic Act No. 6957)、及び同法の実施細則 (Implementing Rules & Regulations)を整備し、運用に供しています。BOTという用語は官民連携事業スキームの一つの形を示すもので、Build Operate Transfer(建設・運営・譲渡)の略語です。これは、民間企業が政府機関との間で交わす事業権契約に基づいて、道路等の社会インフラを自己資金で建設し、その後、維持管理・運営を行って投下建設資金を回収します。さらに、契約期間終了後に政府機関へインフラの所有権を譲渡するという方式を指しています。今回、研修の対象となった公共事業道路省(DPWH)には、PPPを所管する複数の組織が機能しており、当該組織が所管するいくつかの有料道路が、既に実際の官民連携事業として運営されています。

    3-Pic.JPG
    質疑応答風景。熱心に質疑が交わされました。

    研修に参加されたフィリピン公共事業省職員の皆さんは、官民連携事業に対しては、具体的な事業の実施経験を踏まえた問題意識が旺盛で、研修期間中も熱心に討議に参加するなど、自国の官民連携インフラ開発事業に対する高い熱意が感じられる会合でした。

    4-Pic.jpeg

    6-Pic.JPG
    参加者全員との集合写真

    日本国政府はASEAN諸国に対し、有償資金協力(円借款)、無償資金協力、技術協力等という形で、インフラ整備や制度設計などの多彩な分野で、多額の公的資金を活用して、アジア諸国の持続的発展に向けた支援を精力的に行なっています。国際英語学科の櫻田陽一教授のゼミでは、日本国政府による途上国支援の現状に焦点を当て、国際協力理論の理解、具体的な協力実務事例の深耕、ゼミ生達による個々人の研究テーマに即した研究実践を行なっています。

    Semi_Member.JPG
    途上国の経済動向をテーマとした研究活動を行なっている櫻田ゼミのメンバー

    また、国際英語学科は、「海外フィールドワーク」と称するプログラムを通じて、実際に途上国に赴き、開発援助の最前線に触れる機会を提供しています。因みに、今年度の海外フィールドワークは、ベトナムを対象国に取り上げています。在学生11名から成る渡航チームが、2018年の2月下旬に凡そ10日間の行程で首都ハノイ市と、南部のバリアブンタウ省を訪れ、現地の中央政府機関との討議、複数の大学との交流、現地に拠点を置く日本国政府機関との意見交換を行う予定になっています。

    VN-1.jpg
    VN-2.jpg
    今年度2月下旬に予定されているベトナム・フィールドワークの計画書リーフレットから

    国際キャリア学部国際英語学科では、英語をコミュニケーション・ツールとして縦横無尽に駆使することを念頭に置きながら、ASEAN加盟国を始めとする途上国の開発援助に貢献できる、国際人女性の育成に全力をあげています。

     

    2017年
    09月01日

    川端教授 朝日新聞 連載記事助言・監修

    国際英語学科の川端教授が助言・監修を行う新聞記事が下記のとおり掲載されます。
     

    掲載紙:朝日新聞

    テーマ:北朝鮮の核・ミサイル問題と安保理、格闘の四半世紀(仮題)

    内容:国連安全保障理事会による北朝鮮問題の対応を、1993年の第一次核危機から現代にいたる20余年にわたる流れの中で分析して、外交による平和的解決の可能性を探ります。

    掲載期間:特集の全容を紹介する記事が8月31日付朝刊に掲載。続いて52回に分けて特集記事を掲載します(9月4日から11月17日までの間に夕刊の特集コーナーに掲載、夕刊のない地域では次の日の朝刊の「統合版」に掲載)。

    ※そのあと特集記事は加筆され、この秋に岩波書店から出版される予定です。

    ------------------------------------------------------------------------
    □ 国際英語学科「国際関係・交流分野」(専門領域)

    本学科の専門領域の1つです。川端清隆教授(元国際連合政治局政務官)及び櫻田陽一教授(元三菱総合研究所海外事業センター主席研究員)が主として担当します。

    国際交流は民間組織から国際機関まで多岐に及びます。こうした分野で働くためには高度な英語力及び国際情勢を厳しく読み取る目が必要になります。将来国際分野で活躍しうる「基盤能力」を育成するのが「国際関係・交流分野」の教育目標です。

    海外の情報はインターネットで即時に入手できる時代になりましたが、入手した情報を正確に読み解くためには専門的なトレーニングが必要です。そのためには豊富な現場経験を持つプロから学ぶのが一番です。

    将来この分野で活躍したいと考えている女性の皆さんはぜひ本学科を検討してください。本物に出会い自己を変革する、そのような目標を実現できる環境を本学科は提供していきます。

    2017年
    07月23日

    TOEIC 750点:2ヶ月で175点アップの秘密は?

    国際英語学科3年生の M.O.さんが TOEIC スコアを2ヶ月で175点アップさせ750点に到達しました。今回はその秘密に迫ります。

    注:TOEICは990点満点。文科省が英語の先生に求める英語力が730点と言われています。

    1.TOEICのスコアについて教えてください。

    前回: 2017年 3月 スコア:575点(L:335点、R:240点)
    今回: 2017年 5月 スコア:750点(L:395点、R:355点)

    2.スコアが2ヶ月で175点アップしました。勉強法で工夫したことがありますか。

    毎日英語に触れることを意識し、通学時間を利用してTOEICのリスニングを聞いたり、あまり気が乗らないときはお気に入りの洋楽を聞いたりしていました。また、本番では問題が流れる前に設問に目を通したり、分からない問題があっても次の問題で取り返そうと気持ちを切り替えたりするように意識しました。
    リーディングは今まであまり良い成果が得られなかったので、問題を解く順番を変えてみました。また、文法に充てる時間をできるだけ短くして長文読解に時間を割けるよう訓練しました。

    3.3年生ですが毎日どのような英語学習をしていますか。

    現在教職課程を履修していて自学の時間があまり確保できていません。そこですき間時間や通学時間を英語学習の時間に充てています。電車の中で単語帳を使ってできるだけ多くの単語に目を通しています。知らない単語は忘れやすいので何度も見直すことによって定着を図っています。また、留学中にできた友達と連絡を取り続け、会話を楽しみながら英語を学んでいます。特にネイティブの人に単語の使い方や似ている単語の意味の違いなどについて尋ねることもあります。

    4.2年生の時に留学しています。何が勉強になったと感じていますか。

    学科の留学プログラム(「Study Abroad」科目)を使ってテネシー大学(USA)に9カ月間留学しました。上の写真はその時の先生です。色んな国の人と関わる中で、コミュニケーションの取り方を学びました。拙い英語を使って人とのコミュニケーションを図る中で、どのように伝えれば相手に伝わりやすいか考え、例を挙げて内容を分かりやすくするなど努力をしました。また、9カ月過ごした中でアメリカの文化に多く触れました。独立記念日やThanksgivingなど日本にはない祝日も多かったので見るものすべてが初めてで驚きの連続でした。アメリカの良さを多く発見できた一方で世界に誇れる日本の素晴らしさにも改めて気づき、もっと日本を世界に発信したいと思いました。

    5.将来どのような職業に就きたいですか。夢があれば教えて下さい。

    将来は入社後も自分の才能を伸ばせるような企業に就きたいと考えています。そして英語を継続して勉強し海外勤務をするのが夢です。また、いずれは自分で英語教室を開いてみたいと考えています。

    6.最後になりますが、受験生へのメッセージをお願いします。

    TOEICのスコアがなかなか上がらず苦戦している人も多いと思いますが、継続して勉強をすれば必ず結果はついてくると思います。わたしもその内の一人で帰国後に受けたTOEICのスコアが帰国前よりも悪く、それがきっかけで真面目に取り組むようになりました。またTOEICの点数は就職に影響し、学生時代に勉強をどれほど真面目にしたかの証明になります。日々の積み重ねを大事にして一緒に高得点を目指しましょう。

    ※解説

    留学をしたからといってTOEICのスコアが上がるわけではありません。TOEICは正確な英語知識と自分の持つ一般知識を瞬時に使いこなせることが求められます。つまり、思考力が求められる試験なのです。この部分が誤解され、留学すれば自然とスコアが上がると考えている人が多くいます。M.O.さんは勉強法を工夫する努力を続けました。実際7月に受験したTOEICではさらにスコアが上がりました。勉強法を自ら学ぶ、つまり「メタ認知力」が今回のスコア上昇の秘密だったと言えるでしょう。

    2017年
    06月19日

    櫻田教授② 国際コンサルティングという仕事

    2017年4月に国際英語学科は三菱総合研究所(Mitsubishi Research Institute)から櫻田陽一氏を教授として迎えました。三菱総研は1970年に設立された日本を代表するシンクタンク・コンサルティング会社です。

    前回に引き続きこれまでの国際業務について紹介します。今回のテーマは「国際コンサルティングという仕事」です。


    □ 国際コンサルティングで求められる能力とは何でしょうか

    自分自身の経験に照らしてみると、国際コンサルティングに求められる能力は、40%の「体力」、30%の「チャレンジ精神」、20%の「好奇心」、そして10%の「知力」ではないでしょうか。知力の比重は高くありません。と言うのも、国外でのコンサルティング対象となる事象は、既存の処方箋でカバーできないものが非常に多く、逆に既存の方法で解決ができるものならば、わざわざコンサルタントに業務委託する必要はありません。

    したがって、国際コンサルティングを必要とする問題の多くが「初めて目にし、あるいは手に取るもの」です。そのような問題に対する処方箋を煎じる力は、「体力」「チャレンジ精神」そして「好奇心」です。

    写真-3.JPG
    パキスタン・北西辺境州(現ハイバル・パフトゥンハー州)での住民ワークショップ風景(2006年4月撮影)

    □ 国際コンサルティング業務でのやり甲斐を教えてください

    開発援助分野に即して申し上げますと、見知らぬ国の社会環境に飛び込んでいって、現地の人々とのコミュニケーションを図る面白さは、地球規模のやりがいに通じます。仕事の中で、言語も文化も価値観も異なる人々と、多頻度でのコミュニケーションを通じて問題を共有し、解決の道筋をつけ、最終的には目指すべきゴールについて合意を得るというプロセスは、国際業務としての醍醐味です。こうした国際コンサルティング業務は、決して限られた人々のみが従事する仕事ではありません。健全な心身とチャレンジ精神、そして好奇心に満ちた若者なら、誰でもが容易に飛び込んでいける世界です。

    写真-4.JPG
    ベトナム・ハノイのベトナム国家大学経済校のMBAコースで学ぶベトナムの社会人学生さんたちとの集合写真(2013年12月撮影)

    □ 大学時代にやっておくべきことは何でしょうか

    とにかく、乱学、雑学で構いません。できるだけ多くのことに興味関心を持つことです。それは、文系、理系、国内、国際を問わず、幅広い学問分野、知識に興味・関心を持ち、貪欲になって書籍、インターネットを通じた知識の吸収や、インターンシップ、留学、私的な旅行を通した「五感で感じる実際の活動」を、精力的に実践することが大切です。特に、国際キャリアを志向するのであれば、可能な限り日本を飛び出して、生活の場面で実際に使われている生きた英語に触れる機会を得ることが大切です。

    □ 最後に読者へのメッセージをお願いします

    グローバル化の時代と言われて久しく経ちますが、先ずはアジアを意識したグローバル化について考えてみませんか。例えば、東アジアに位置する韓国は、福岡からは目と鼻の先です。また、ベトナムなどの東南アジアへは、日本からもたくさんの企業が拠点を移して進出しています。皆さんの将来の就職先も、東南アジアの拠点と無縁ではない可能性が高いのです。是非、視野を広く持っていただき、アンテナを高く上げてグローバル社会を見据えた将来の進路を考えてみてください。

     

    2017年
    06月10日

    櫻田教授 三菱総研でのコンサルティングキャリア紹介

    2017年4月に国際英語学科は三菱総合研究所(Mitsubishi Research Institute)から櫻田陽一氏を教授として迎えました。三菱総研は1970年に設立された日本を代表するシンクタンク・コンサルティング会社です。2010年には東京証券取引所第1部指定を受けています。取引先は官公庁から企業まで幅広く、総合的な事業支援を行っています。

    国際英語学科には「国際関係・交流専門領域」があります。現在、国際連合本部(NY)で長年政務官を務めた川端教授が担当していますが、櫻田教授が加わったことにより専門領域の幅がより広くなりました。

    これから2回にわたり櫻田教授を紹介いたします。三菱総研はエリートの集まるシンクタンクですが、櫻田教授はフットワークが軽く柔らかい性格の持ち主です。それではご紹介しましょう。

    □ プロフィールを紹介して下さい

    生まれは埼玉県浦和市です。その後、2歳で東京に移ってからは一貫して東京で過ごしました。進学先の東京大学では、教養学部入学から工学系研究科博士課程修了まで9年間も在籍しておりました。

    学生時代は色々と冒険もしましたが、中でも博士課程1年生の時の出来事が頭に残っています。春に大学院工学系研究科の野球大会がありまして、その打ち上げで泥酔しました。大学正門の斜向かいにある本郷郵便局には、当時、浅くて途方もなく汚い池がありました。自分は、どうやらその池で服を着たまま泳いだようです。頭から足先まで茶色の藻が垂れ下がり、ずぶ濡れのゾンビのような姿のまま、まだ人通りもある時間帯に、寮までの道を30分余り、一人で歩いて戻りました。

    それのみならず、当時、国際経済学の分野では第一人者の小宮隆太郎先生からお借りしておりました大切な書物をどっぷり池の水に浸すという、信じ難い暴挙をもしでかしました。以上は、全て、後日同輩から聞いた話であり、自分自身には一切の記憶がありません。
     
    □ 三菱総研ではどのような仕事をされたのですか

    三菱総研には、1988年から29年間勤務いたしました。最初の10年間は霞が関中央官庁から政策立案に資する基礎調査研究に従事し、調査研究報告書を年間10本程度作成していました。後半の約20年間は東南アジアやアフリカでの開発援助に従事してきました。

    開発援助の仕事は、国際協力機構(JICA)、国際協力銀行(JBIC)、世界銀行からの委託に拠っていました。仕事では、かなりの時間数を現地業務に投入しまして、現地政府関係者や村落住民を相手に、実態調査、ワークショップ、政策協議や技術指導に従事しておりました。直近の5年間では、出張ベースになりますが、年間300日から330日の間、途上国に出ておりました。

    写真-1.JPG
    ケニア(アフリカ)にてマサイ族との交流 2003年12月撮影

    □ 三菱総研で力を入れてきたものは何ですか

    開発援助の現場では、よく考えずに無条件にリソースを投入することで、被援助国の成長をむしろ阻害することになる場合もあります。また、限られたリソースを有効に投入する上では、投入した費用に対して、見合った効果を適正に出していかなければなりません。

    被援助者が可哀想だからとか、手を差し伸べてあげるのは先進国の無条件の義務だからとかいう、情動に立脚した方法ではなかなか有効な援助に繋がりません。開発援助の分野にどっぷり首まで浸かる年月を過ごす中で、上記の課題を巡って国際貢献のあり方について自分なりに考え抜きました。

    かつ、様々なトライアンドエラーを通した、援助実務の実践に全力を投入できる機会に恵まれました。こうした形での思考と実践が、私が前職で尤も力を入れて来たものと言えるかも知れません。

    写真-2 (1).jpg
    パキスタン・北西辺境州(現ハイバル・パフトゥンハー州)にて、シャルワール・カミーズを着てペシャーワル大学教員と協議 2006年4月撮影

    次回は「国際コンサルティング業務」に求められる能力ややりがいについて紹介します。

    国際英語学科では将来企業(ビジネス分野)で働くにしても、大学では公共的領域(国際関係・交流など)に関心がある、広く世界について学びたい、と考えている皆さんを求めています。また、グローバル人材育成者となる「英語教職課程」もあります。関心のある方はこれからも「国際英語学科 TODAY」をご覧下さい。

     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@