• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2018年
    03月10日

    (授業紹介)Global English Fieldwork: 参加学生11名のベトナム縦断紀行 (その1/5)

    国際キャリア学部では、主に3年生を対象とした科目:Global English Fieldworkの中で、実用英会話と異文化交流の場を通して、海外の人と文化との交流、そして英語コミュニケーションを実践する機会を提供しています。この科目は、”Seeing is believing.(百聞は一見に如かず)”をモットーとしています。今回のFieldworkでは、対象国として成長著しいベトナムを選定し、9日間の行程の中で北部のハノイ市と、南部のバリア・ブンタウ省を訪れました。
    参加した学生11名は、全てベトナムは初訪問。当初、参加学生はもちろん、引率した教員も不安でいっぱいでした。しかし、それが全くの杞憂であることが、訪問後、程なく判明いたしました。本ブログでは、初訪問にも関わらず立派にFieldworkのミッションを遂行し終えた学生諸氏が、ベトナムの北から南までの縦断紀行で得た諸成果を5回に渡ってご紹介いたします。

    1-Jump.jpeg
    最終日のホーチミン市にて。Fieldworkを遂行し終えて、歓喜のジャンプ

    訪問対象国・都市

    2-City.jpgベトナムは東南アジアのインドシナ半島東部に位置する社会主義共和制国家で、首都はハノイ。ASEAN加盟国で、総人口約9,270万人(2016年末現在)。国土は南北に細長く、ハノイ市〜ホーチミン市間の距離は約1,860km。これは、青森〜鹿児島間の距離に相当します。今回は北部に位置する首都のハノイ市(人口約760万人(2015年))、及び南部の常夏の都市(訪問時の日中最高気温は34℃)である、バリア・ブンタウ省(人口約107万人(2015年))の2箇所を訪れるべく、ベトナム全国を縦断する行程を取りました。
     

    行程

    今回のFieldworkの全体行程は、ハノイ4泊とバリア・ブンタウ3泊、そして、帰りの飛行機での機中一泊の、計8泊8日でした。その中で、ハノイでは政府系研究機関(中央経済管理研究所)、日本政府系機関(国際協力機構(JICA))、日越大学の三箇所を訪問。バリア・ブンタウではベトナムの開発企業(タンビン・フーミー株式会社)、日系企業の投資誘致窓口機関(バリア・ブンタウ省人民委員会内ジャパン・デスク)、そしてバリア・ブンタウ大学を訪れました。Fieldwork期間中は、盛り沢山のタスクをこなすために、健康とテンションアップの維持を目的として、早朝6時よりランニングエクササイズを行いました。学生は、朝5時30分に目覚め、まだ薄暗いうちからハノイでは市内の開園前動物園内で2kmのランニング、バリア・ブンタウでは海辺に沿った道路上概ね4kmのランニングを毎朝実行しました。

    3-Running.jpeg
    引率の教員の後について、夜明けのランニングエクササイズ(バリア・ブンタウの海辺の道路にて)

    中央経済管理研究所訪問

    ハノイでの最初の訪問先は、中央経済管理研究所です。英語表記では、Central Institute for Economic and Management (CIEM)、ベトナム語ではViện Nghiên cứu quản lý kinh tế Trung ươngになります。ベトナム中央省庁の一つである計画投資省の直下に位置する経済・産業政策立案と研究・調査機関です。我が国に類似の機関で言えば、かつての経済企画庁に相当する政府機関と言えるでしょう。

    4-CIEM-1.JPG
    CIEM正門前にて。上段の横断幕に書かれた”Chúc mừng năm mới”は、旧正月(春節)明けのベトナムでの新年挨拶文句。”Happy New Year”に相当します

    CIEM側からは、ナンバー2に相当する副所長のNguyễn Thị Tuệ Anh(グエン・ティ・トゥエ・アイン)博士、そして、公共政策局副局長のNgô Minh Tuấn(ゴー・ミン・トゥアン)氏のご両名が応対してくださいました。
    4-CIEM-1-1.pngトゥエ・アイン博士からのウェルカム・スピーチの後、学生達は一人ずつ自己紹介をしましたが、これはベトナム語でチャレンジしました。何度も練習を重ねたこともあり、学生達は額に汗を浮かべながらも、ベトナム語スピーチに果敢に挑んでいました。

    CIEM側からは、組織概要、研究活動、政策立案機関としてのベトナムでの位置付けなどについて、詳細なご紹介をいただきました。



    4-CIEM-2.JPG
    CIEMから提示されたプレゼンテーション冒頭のページ
     
    本学の学生側からは、福岡女学院大学の紹介についてのプレゼンテーションを行いました。今まで何度も練習を重ねて来た、その成果を提示する貴重な機会です。複数の学生によって、本学の全般的紹介、国際交流活動の概要、そしてキャンパスライフについての紹介プレゼンテーションを行いました。使用言語はもちろん、全て英語です。
    5-PPT.jpg
    本学学生によるプレゼンテーションの資料
     

    質疑応答のセッションでは、およそ1時間近くに渡って、学生側からCIEMに対して、ベトナムの経済・産業政策の問題点と現状、ベトナムの自動車産業の将来展望、少子高齢化社会の動向、ICT産業の現状、日欧米の研究機関との共同研究の実情、日本国ODAに対する評価など、様々な角度からの質問が投げかけられました。質疑応答も、全て英語です。CIEM側からも丁寧なご回答を戴けた上に、終始和やかな友好的ムードの中、非常に中身の濃い有意義な時間を過ごすことができました。本Fieldworkの最初のミッションを無事遂行できたことで、学生達もホッと安堵したのと同時に、英語でのコミュニケーションスキルの自信を深めることができたことと思います。

    4-CIEM-3.JPG
    CIEMのナンバー2であるトゥエ・アイン博士(中央)、そしてトゥアン副局長(向かって右手)とともに

     

    国際協力機構(JICA)ベトナム事務所訪問

    二番目に訪れたのが、国際協力機構(JICA)ベトナム事務所。ご対応いただいたのは、同事務所次長の小林龍太郎様と、ジャパンデスクコーディネーターの中村真由美様です。我が国は、ベトナムODA総額の約30%に貢献する世界最大の援助供与国で、過去5年間では毎年、1,000億円から2,000億円近くのODAを供与してきました。我が国の援助分野の強みは、運輸部門、電力・ガス等のエネルギー部門などでのインフラ整備支援分野です。小林次長からは、我が国の対ベトナム援助の柱として、①成長と競争力強化、②脆弱性への対応(保健医療・環境保全)、③ガバナンス強化 についてのお話をいただきました。全体の時間は1時間であり、そのうちの後半30分間は質疑応答セッションでした。学生側からは、我が国の対ベトナムODAのうちの無償資金協力の現状、ODA事業遂行に際してのご苦労、ベトナムが抱えている膨大な政府債務の現状、他国ドナーとの競合状況、PPP事業の現状と動向、世界銀行・ADB・その他NGOとの連携の現状など、様々な角度からの質問が投げかけられました。事前の予習が効を奏したようで、質疑応答の時間をやや超過してしまうほどに活発な討議が行われました。

    7-JICA.JPG
    JICAベトナム事務所の小林次長とともに

    やや長丁場のFieldworkも、まずは順調な滑り出しを見せたようです。次回の「国際英語学科 Today」では引き続き、Fieldwork三番目の訪問先である、日越大学への訪問内容について、ご紹介いたします。
     

    2017年
    10月17日

    夏季インターンシップ(株式会社ウォーターマークホテル長崎)ご報告

    2017年度、9月4日(月)〜8日(金)に於きまして、株式会社ウォーターマークホテル長崎様にご協力を戴き、夏季インターンシップを受け入れて戴きました。参加された学生のY.I.さんはとても貴重な経験を積むことができ、将来の社会人生活についての知識の獲得に、ますます意欲が感じられたとのことでした。以下は、Y.I.さんのご感想です。 
    WMH_1.JPG

    Q1.インターンシップ履修を決めた理由はなんでしょう。また研修を終えての感想はいかがですか。

    A1.私は将来何になろうかとても迷っていたので、色々なインターンシップに参加して実際に体験してみようと思ったのと、接客業に興味がありその一つであるホテル業について、知ることのできるチャンスだと思ったからです。実際に想像していたこともありましたが、それ以上に知らないことがたくさんあり、経験してみないと知ることのできなかったことばかりでした。責任をもって行動する、お客様お一人お一人へのおもてなし、その方に合ったサービス、お客様が何をすれば喜んでいただけるかを、チーム全体で日々考え行動しているところを、この目でみて体験してみて感じました。私は一人で参加したので不安もありましたが、現地の大学生の方と一緒に活動し、同じ就活への悩みや思いを話すこともでき、とても刺激を受けました。新たな出会いもあり参加して心から良かったと思っています。

    WMH_2.jpg

    Q2.研修を通じてどんな力が付きましたか。


    A2.まわりをみて判断し、自分から行動する力です。実際にフロントやレストランに立たせていただいたのですが、お客様のご案内をすることだけに集中してしまうときもあり、臨機応変に対応する難しさも感じました。まわりをみて今何をしたらいいかを判断することが、大切だと思いました。私が一番頑張ったのは、困っているお客様や迷われているお客様に、自分から声をかけることです。お客様にありがとうといっていただけたときが、とても嬉しかったです。是非、ありがとうと言っていただけるように、頑張ろうと思い行動することができました。

    WMH_3.jpg

    Q3.今後、インターンシップの経験をどう活かしていこうと思いますか。

    A3.このインターンシップに一人で参加したときはとても不安でしたが、チャレンジしてみないと分からないこともたくさんあり、経験することで自分の将来がみえてくると思うことができ、参加して良かったと思えました。今後は他の様々なインターンシップにも、参加したいと思います。また、今回のインターンシップ参加で自信もつきましたので、どんどん自分から行動していきたいです。


    WMH_4.jpg

    Q4.将来の夢は何ですか。

    A4.まだはっきりとは決めていませんが、このインターンシップを通して人と接する楽しさを感じましたので、サービス業など接客の仕事のことをもっと知っていきたいと思います。悔いのないように、今、様々な職業について調べたり、他のインターンシップに参加したりして決めていきたいと思います。


    国際キャリア学部国際英語学科では、サービス業、製造業、金融業等の短期勤務、また企業様の海外支店での短期就業などの多彩なインターンシッププログラムを用意して、学生の皆さんのスムースな社会への船出を応援しています。

    2016年
    11月25日

    2016年度インターンシップ報告 Tomodachi Factory

    国際英語学科ではハウステンボス内にある English Square の Tomodachi Factory と提携してインターンシップを行っています。

    Tomodachi Factory は(株)ジャイロスコープが運営する国際人育成機関で、英語を使って活動できるプログラムがたくさん用意されています。詳しくは下記の HP をご覧下さい。

    https://tomodachi-factory.com

    国際英語学科3年生 A.M. さんが8月11日〜24日までの2週間研修に参加しました。その報告を紹介します。

    □インターンシップ履修を決めた理由は何ですか。また、研究を終えて感想を聞かせてください

    2年次後期のアメリカでの留学を終え、英語を使いたいという意欲にあふれていた時にインターンシップのお話を聞きました。ホームページを拝見して興味深いプログラムを実施している会社だと感じました。また、国際人の育成を目指してプログラムを提供している点に感銘を受けました。

    実際に研修を通して働いている方々が国際人であることを終始実感し素晴らしいなと感じました。また、多くの外国人講師が在席していて、プログラム中はもちろん、講師たちを交えて会話をするときは英語を使うので、私も自然に英語でコミュニケーションがとれてうれしく思いました。

    IS松永4.jpg
    Tomodachi Factory 入口

    □研修を通してどんな力が付きましたか

    考える力だと思います。常に周りの動きを見て学び、その上で自分で正しいと考えたことになんでも挑戦しました。最後には少しプログラムに参加させていただきました。そこで、生徒たちの答え方や積極性など状況を見てどうすればうまくいくのかを考え、尋ね方を変えるなどの工夫を凝らしました。

    IS松永2.JPG

    □研修経験を今後どう活かしていきたいと考えていますか

    これからこの研修経験を活かし、学校生活でも率先して動いて行きたいと思います。また、この研修で素敵な方々に出会うことができたので、これからもいろいろな人との出会いを大切にしていきたいと考えています。
     
    □将来の夢があれば教えてください

    TOEICで800点を取得することと、英語だけでなく第二外国語として韓国語を勉強しています。将来は航空会社で働き、多くのお客様を笑顔にできる人になりたいと思っています。

    IS松永3.jpg
    研修後は TF の皆さんが食事会を開いてくださいました。とてもアットホームな雰囲気の中で研修を終えることができました。

    2016年
    11月05日

    2016年度インターンシップ報告 Watermark Hotel ②

    国際英語学科では Huis Ten Bosch(ハウステンボス)内の Watermark Hotel Nagasaki 様とインターンシップ協定を結び研修を行っています。

    正式には「Internship」という学科選択科目で、履修者には単位が与えられます。今年から始まったこの科目に本学科から4名の学生が参加し、2016年9月5日(月)〜9月9日(金)まで5日間研修を受け貴重な経験を得ることができました。前回のリポートに続き後編を紹介します。参加者名はイニシャルで記載しています。

    □研修経験を今後どう活かしていきたいと考えていますか

    Y.S.:仕事の中でミスをしないようにするには、十分なチームワークとコミュニケーションを図る必要があるということを学びました。私自身も授業の中でグループワークやプレゼンテーションを行う機会があるので、相手の話をしっかり聞くこと積極的に自分の意見を述べることを今後さらに心がけていきたいと思います。

    A.K.:今回の研修で「サービス」に加えてお客様のために何かをすることが「おもてなし」なのかということを学び、とても感銘を受けました。私はサービス業に就きたいと考えているため、これからは「おもてなし」とは何かを考えながら行動したいと思いました。

    A.M.:ホテルの指導員の方から教えていただいたことは学校だけでなく就職活動の際に企業の方とかかわる時に生かしていきたいと思います。また、現在飲食店で接客のアルバイトをしています。同じサービス業でも接客の仕方が異なる面もありますが「常にお客様目線で考える」という教えを取り込んでいきたいと思いました。今後就活準備を行う中でそれぞれの専門に特化した従業員の方々の話を活用していきたいと思います。

    A.N.:この度の研修経験を通して、なかなか知ることができないホテルでの仕事内容やサービスについて詳しく学ぶことができました。また、この経験により就職活動を始めるまでに今の自分に足りない部分を補強していきたいと考えています。

    □将来の夢があれば教えてください

    Y.S.:将来は鉄道会社で駅の改札口や窓口での業務を担当したいと考えています。海外からの旅行客が増えているので、ますます英語力を伸ばす必要があると感じています。TOEICの点数もさらに上げられるように苦手分野を中心に勉強していきたいと思います。

    A.K.:私はホテル業界を第一志望としてブライダル業界や旅行業界にも興味を持っています。今回研修で学んだことはホテルだけでなく、サービス業全般に活かすことができると思うので、この経験を活かしてこれからの就職活動を頑張りたいと思います。

    A.M.:今は職業を縛らず様々な業界に関する情報を収集しています。しかし、この大学に入って私が学び続けたいと思っていた英語、そしてゼミで学んでいる国際時事やニュースに携わる職業、つまり自分の可能性を広げられ実力を発揮できるような職業につきたいと考えています。

    A.N.:私の将来の夢は航空業界でグランドスタッフとして働くことです。この度の研修経験を通して学び考えることができた接客業で働くための「おもてなし」や「サービス」の考えなどを大切にして日々努力していきたいと思います。

    最後に研修先 Watermark Hotel Nagasaki 様のホームページをご紹介します。

    http://watermarkhotelnagasaki.com/ja/
     

    2016年
    11月01日

    2016年度インターンシップ報告 Watermark Hotel ①

    国際英語学科では Huis Ten Bosch(ハウステンボス)内の Watermark Hotel Nagasaki 様とインターンシップ協定を結び研修を行っています。

    正式には「Internship」という学科選択科目で、履修者には単位が与えられます。今年から始まったこの科目に本学科から4名の学生が参加し、2016年9月5日(月)〜9月9日(金)まで5日間研修を受け貴重な経験を得ることができました。ここにそのリポートを紹介します。参加者名はイニシャルで記載しています。

    □インターンシップ履修を決めた理由は、また、研究を終えて感想を聞かせてください

    Y.S.:企業・業界研究をしている中でサービス業に興味を持つようになりました。お客様が「利用してよかった」と感じていただけるようなサービスとは何かを学ぶためにインターンシップへの参加を決めました。研修を終えてホテル業界についてはもちろん、サービス業を目指すにあたっての心得を知ることができました。

    A.K.:私はホテル業務について知識を深めたいと思い今回のインターンシップに参加しました。研修ではホテルの様々な部門の方のお話を聞くことができ、参加理由であったホテル業務についての知識を深めることが出来たと思います。

    A.M.:就職活動を来年に控え進路や将来就きたい職業のことをじっくり考えたときに、自分は人と直接かかわる接客の仕事がしたいと思い、間近でお客様に接することができ、おもてなしを体験できるホテル業界がどのようなものか自分の目で確かめたいと思ったことがきっかけです。また、通常のホテルとは違い、大型観光施設にあるホテルというのも1つの決め手でした。研修を終えて大変なこともありましたが、多くのことを学んだだけでなく研修先の従業員の方々の優しさやサポートに恵まれまた自分の視野が広まったという点でとてもいい経験になりました。

    A.N.:私はサービス業でのインターンシップへ参加したいと思っておりました。ハウステンボスという観光地の中にあるリゾートホテルだということを知ったため参加することを決めました。

    □研修を通してどんな力が付きましたか

    Y.S.:フロントでの実習を通して先のことを考えながら計画的に行動することができるようになったと思います。臨機応変に対応することが社会人になっていくうえで必要な能力の1つだと改めて実感しました。

    A.K.:私はフロント業務を見学させていただく中でお客様がシャトルバスをご利用になるかそうでないのかなど、お客様の次の行動を予測して動くことの大切さを学びました。お客様の行動を観察しより良いサービスを提供できるよう頑張りたいと思いました。

    A.M.:やはり「人のことを考えて働く力」や自分が求められているものだけでなくその範囲を超えた臨機応変に対応できる力・心からのもてなしを行う能力が実際にフロント業務を体験して身についたと思います。また、インターンシップ初日に自分のミスで履いていたヒールの靴が壊れて研修の途中で指導員の方に伝えると、すぐに私の足に合った靴を用意してくださった出来事がありました。指導員の方から社会人になると「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」が重要だと教えていただきました。

    A.N.:今回の研修では座学だけでなくフロントで実際に就業体験をさせていただくなどの数々の貴重な体験を通して、常に周りを見て多くのことに柔軟に対応する力やサービス精神を身につけることができました。

    報告の2回目は「研修経験を今後どう活かしていきたいか」「将来の夢」について語ってもらいます。

    なお、Watermark Hotel Nagasaki 様のホームページをご紹介します。

    http://watermarkhotelnagasaki.com/ja/

    次回の報告をお楽しみにしてください。


     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@