• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2019年
    02月22日

    留学報告⑬:フィリピン Y.M.さん(八女学院高等学校 出身)

    国際英語学科では、毎年半数以上の2年生が海外へ!

     

    国際キャリア学部では、在学生のために海外提携校(米・英・豪州・アジアの9ヶ国、16校)への留学プログラム、Study Abroad 科目を設けています。国際英語学科の在学生のほとんどがこの科目を履修し、世界に出かけています。この留学プログラムでは留学先と提携して行う成績評価によって単位認定がなされるので、休学することなく通常の在籍期間(4年間)で卒業が可能です。

    ここでは、今年、海外で勉強をしていた国際英語学科の学生をシリーズでご紹介していきます。

    フィリピン(バギオ)

    Baguio University

    Y.M.さん(八女学院高等学校 出身)

    国際英語学科 2年生

    今年4月から12月まで留学

     

    □ なぜこちらの大学に決めましたか

    まず一つ目に、現地の大学に通い、英語だけでなく自分が選んだコースで専門的な分野を学ぶことができる点です。私は観光学部を選択していました。二つ目に、他の留学先と比べて留学費用、そして物価が格段に安い点です。三つ目に、フィリピンは貧富の差が激しいなどの発展途上の一面を、生活する上で直接見て、感じることができるのは貴重な経験になるのではないかと考えたからです。
     

    □ 授業や現地での生活は順調に進みましたか

    私は英語の授業を3つ、自分のコースの観光学部の授業を2つ、そして現地語であるタガログ語の授業を受けていました。授業は全て英語、時にタガログ語を交えて行われますが、最初は先生の英語を聞き取るだけで精一杯でした。授業の内容は半分も理解できないことが多かったので、クラスメイトに尋ねるなどして何とか授業についていくようにしていました。そのお陰で先生の英語はほとんど聞き取れるようになり、授業自体を楽しむことができるようになりました。また、現地の家庭にホームステイしていましたが、ホストファミリーは皆優しく、晴れているときはバギオの観光地などに連れて行ってくれました。
     

    ホストファミリーや友人と
    ホストファミリーや友人と
     

    □ 授業への取り組み方やクラスの雰囲気を教えてください

    授業についていくために復習は欠かせませんし、配られた資料の分からない単語の意味を調べて文章を事前に理解して授業に臨むよう、予習も心がけていました。クラスは基本50人ほどの大人数ですが、教室はさほど広くなく隣の人との間隔も近いのでクラスメイトに質問しやすい環境です。また、皆な積極的に発言、発表するほど意識が高く、私ももっと発言出来るように頑張ろう、と刺激をもらっていました。実際に授業内でツアーガイドをしたり、スピーチを数多くしなければいけないので毎日が自分との戦いでした。
     

    □ 授業以外の活動について教えてください

    バギオ大学はイベントが多く、それも生徒が主体的におこなっているものが数多くあります。私は授業の一環として“Karkarna Ti Rabii”というハロウィーンパレードに参加しました。パレードに参加しないクラスメイトが衣装や装飾品を作ってくれて、授業の空き時間には皆でダンスの練習をし、本番では3位の賞を貰うことができました。もう一つ、“United Nations Day”という外国人留学生が主体のイベントでは、日本人皆で浴衣を着て、マツケンサンバを披露しました。様々な国から留学生が来ているので、他国の文化や伝統をたくさん知ることができました


    kokusai180222-2.png

    kokusai180222-3.png

    □ 留学することで何が勉強になりましたか、一番自分の強みになった点や変化したところを教えて下さい

    英語力の向上、特に、聴く力と話す力が身についているな、という点は授業や友達との会話を通して日々実感していました。それに加え、主体性が身についたかな、と思います。以前は人前で話す、ましてや英語で発言するなんて恥ずかしくてできませんでした。しかし、現在のクラスでは自分から手を挙げて発言しないと、いないものと同じとみなされる授業もあるので、積極的に発言することを心掛けていくうちに、人前で話すのが少しずつですが怖くなくなりました。
     


     


    この留学プログラムを利用して海外で異文化に触れ、より高度な英語コミュニケーション能力などを獲得することが出来ます。その後、国際英語学科の学生の多くは世界へ繋がる就職を目指しています。
     
    国際英語学科では、在学生の異文化交流の実践と国際感覚の研磨のための多彩な留学プログラムを用意して、グローバルシーンで活躍するキャリアパーソン形成を応援します。
     
     【 過去の国際英語学科の学生達の留学報告はこちら

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@