• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2018年
    09月20日

    留学報告⑥:オーストラリア M.R.さん(九州産業大学付属九州産業高等学校 出身)

    国際英語学科では、毎年半数以上の2年生が海外へ!

     

    国際キャリア学部では、在学生のために海外提携校(米・英・豪州・アジアの9ヶ国、16校)への留学プログラム、Study Abroad 科目を設けています。国際英語学科の在学生のほとんどがこの科目を履修し、世界に出かけています。この留学プログラムでは留学先と提携して行う成績評価によって単位認定がなされるので、休学することなく通常の在籍期間(4年間)で卒業が可能です。

    ここでは、現在、海外で勉強をしている国際英語学科の学生をシリーズでご紹介していきます。
     

    オーストラリア(メルボルン)

    Monash University

    M.R.さん(九州産業大学付属九州産業高等学校 出身)

    国際英語学科 2年生

    今年4月から留学

    080920-1.jpeg

    □ なぜこちらの大学に決めましたか

    私は高校生の時に一度オーストラリアに一か月滞在した経験から、この自然がいっぱいのオーストラリアが大好きです。そしてここメルボルンは様々な国からの移民も多く、英語力を伸ばすことはもちろん、様々な文化と触れ合うことで価値観を広げることもできる最高の場所だと思います。
     

    □ 授業や現地での生活は順調に進んでいますか

    はい。ここではアルバイトをすることもないですし授業以外での自主勉強の時間、そして週末には好きなことをする時間がしっかりと確保できます。定期内で沢山の有名な観光地が回れるので、勉強も日常生活もとても充実しながら過ごすことができています。
     

    □ 授業への取り組み方やクラスの雰囲気を教えてください

    私はこの約三か月を通し、はっきりとクラス内で主張することの大切さを一番身に染みて感じます。自己主張をはっきりとするクラスの雰囲気にに最初は戸惑いを感じましたが、様々な国の方々と過ごすというのはこういうことなんだと今は素晴らしく思います。そして、この主張性はきっとプレゼンなどで活きてくるはずです。
     

    □ 授業以外の活動について教えてください

    モナシュ大学に、ジャパニーズ部という主に日本語会話や文化、そして食を体験する部活があります。私はその部活に参加しているのですが、日本のことが大好きな現地の学生と沢山触れ合うことのできるとても良い機会ですし、外国で食べる日本食はやはり少し日本のものとは違い、現地の方の好みに少し寄せてあるので面白い発見ができると思います。
     

    □ 留学することで何が勉強になりましたか、一番自分の強みになった点や変化したところを教えて下さい

    英語力はもちろんですが、全く違う文化や考えに触れ合うことで自分の価値観が広がったと強く感じます。違う国の子と接していると日本人の謙虚という良さが身に染みてわかることがあります。しかし、それとは反対に他の国の子達は日本人よりも若いうちから視野がしっかりと世界に向いてます。良くも悪くも色んなことを学べるし、そのたびに「そういう考えもあるんだな」と価値観を広げることができました。

    080920-2.jpeg
     


     

    この留学プログラムを利用して海外で異文化に触れ、より高度な英語コミュニケーション能力などを獲得することが出来ます。その後、国際英語学科の学生の多くは世界へ繋がる就職を目指しています。

     

    国際英語学科では、在学生の異文化交流の実践と国際感覚の研磨のための多彩な留学プログラムを用意して、グローバルシーンで活躍するキャリアパーソン形成を応援します。

    【 過去の国際英語学科の学生達の留学報告はこちら

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE