• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2018年
    11月20日

    海外留学留学先からの報告107:M.Mさん(福岡常葉高等学校出身-西オーストラリア大学)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます。

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。107回目となる今回は、今年8月からオーストラリアの西オーストラリア大学に留学中のM.Mさん(福岡常葉高等学校出身)からの報告です。

    M.Mさん(福岡常葉高等学校出身​)からの留学報告

    私は今年8月から西オーストラリア州の州都であるパースの西オーストラリア大学(UWA)で英語を学んでいます。
     
    私のクラスには14人という少人数にもかかわらず、コロンビア、中国、ベトナム、フランス、日本と様々な国からの留学生がいます。最初は授業中に先生に質問することを躊躇っていましたが、今では自分から積極的に発言したり、クラスメイトに自分の意見を言えるようになりました。授業の内容としては、グラマーやリーディング、リスニングなどの基本的な学習だけではなく、グループワークやプレゼンテーションなどスピーキングの能力を向上できる機会が多くあります。先日はフェアトレードについてパートナーとレポートを作成して、クラスメイトや先生の前でプレゼンテーションしました。緊張はしましたが、前回のプレゼンテーションよりもスムーズに行うことができ、自分でも成長を感じることができました。また、リスニングの授業では問題集を解くほかにも、ニュースを聞いて、聞き取った内容をクラスメイトと共有したり、それを要約したりしています。ニュースを聞くことで、ネイティヴの表現の仕方を学ぶことができ、さらに速いスピードで話される英語にも慣れることができます。

    M1.jpg
    クラスメイトたちと(一番左がM.Mさん)

    毎日の授業は2回に分かれています。授業間の休憩時間や放課後には多くの学生が中庭に集まり、クラス以外の友達とも英語で会話をして楽しんでいます。先日は、昼食をタイ人の友達が持って来てくれて、違う食文化を体験することができました。

    私はいつも仲良い外国人の友達とパース市内に遊びに行ったり、公園やビーチでバーベキューをしたりしています。市内には電車で10分ほどで行くことができ、多くのカフェやレストランがあるので、放課後に友達と行くのも楽しみの一つです。そこで店員の方と会話をして現地の文化や実際にネイティヴが使う英語を学ぶこともできます。

    M2.jpg
    パース市内のロンドンコート

    私のホームステイ先の家族構成はホストマザーとホストファザーの2人です。家の近くに息子さんや娘さんの家族が住んでいて、お孫さん達がよく遊びに来ます。ホストマザーは私を本当の娘のように接してくださり、どこかに出かけるときはいつも一緒に行っています。休日は家の近くのビーチやキングスパークというとても有名な公園によく行きます。先日はホストマザーの誕生日だったので、ホストマザーが帰って来る前に部屋に飾り付けをしてお祝いをしました。とても喜んでくれて、嬉しかったです。現地の方と一緒に生活することは英語に加えて文化も学ぶことができ、何よりホストファミリーとの思い出ができることが一番の良い点だと思います。

    M3.jpg
    ホストマザーの誕生日、一緒にお祝いしました!

    オーストラリアに来て3ヶ月が経ちましたが、まだまだ自分で伝えたいことが言葉にできなかったり、上手く聞き取れなかったりするときもあります。残り少ない留学期間ですが、自分なりに学べることをしっかり吸収して、留学という貴重な体験を大切にしたいと思います。
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!
     

    2018年
    11月19日

    (授業紹介)「Current Business」-航空産業:日本航空ご出身の今村裕明様(経営コンサルタント)による講義

    kc_head04.gif
    国際キャリア学科3年生を対象とする「Current Business」(担当:山口)は、世界とつながるビジネスの第一線で活躍されてきた様々な業種の方を招き、実務の視点から日本の産業や企業経営、国際展開などについてご講義いただくオムニバス形式の授業です。
     
    今年度の第4回の講義では、日本航空のご出身で、現在、経営コンサルタントとして活躍されている今村裕明様を講師にお迎えして、国際キャリア学科の卒業生(一期生)が数多く活躍し、現4年生も客室乗務員やグランドスタッフの内定をいただいている航空産業についてご講義いただきました。

    IMG_6759.JPGIMG_6742.JPG

    講義では、まずワンワールド、スターアライアンス、スカイチームの三つのアライアンスが鼎立するなか、エミレーツ、カタール航空、エティハド航空、トルコ航空など中東の航空会社が台頭する一方、個性的な企業家が創業したLCC(格安航空会社)の伸張が目立つ世界の航空業界の動きについて、とても分かりやすく解説いただきました。

    IMG_6760.JPG続いて、航空業界再編の台風の目となっているLCCを「空を飛んでいる時しか利益があがらない」「在庫が効かない」という航空運輸産業の特徴を踏まえたうえで、①コストを徹底的に切り詰め、②大幅な格安運賃を提供し、③「可能な限り」座席を設けた航空機に「可能な限り」搭乗客を乗せて「可能な限り」飛ばし、④付帯サービスはすべて有料にすることで、収入極大化と費用極小化を目論むビジネスモデルと定義され、2001年の米国同時多発テロ以降の安全確認の厳格化により、ハブ・アンド・スポーク・システムを採用していたデルタやユナイテッドなどの大手航空会社に遅延が多発するようになったことが、その隆盛をもたらす契機になったと解説いただきました。

    そのうえで、変動運賃制や直接予約販売、中小型機中心の使用機種の統一、直行便運航、中短距離主体の多頻度運航、短時間での折り返し運航、社員の多能化、簡素な間接部門など、LCCが安い運賃を提供できる理由について解説いただき、代表的なLCCとしてハーバート・ケレハーが創業したサウスウェスト航空(米国)とマイケル・オレアリーが創業したライアンエア(アイルランド)について詳しくご紹介いただきました。

    IMG_6747.JPGIMG_6732.JPG

    講義の最後には就職活動を控えた3年生向けに、注意すべき点や今から準備しておいたことがいい点などについて丁寧なアドバイスをいただき、「採用は面接できまる。そして、極端な話、最初の1分で決まる」という「メラビアンの法則」と「運が良くなるには、運のいい人と付き合え、運のいい人とは、動く人」という株式会社ふくやの川原社長がおっしゃった「運の法則」をご紹介いただきました。

    IMG_6731.JPG

    多くの学生の憧れである航空業界で40年近くにわたって活躍されてきた大先輩からの、わかりやすく、胸に響く、そして楽しいご講義でした。学生たちは今村先生のジョークにときに笑いながらも真剣にお話を聞いていました。以下は講義を聴講した学生の感想(代表)です。

    M.Sさん(福岡県立三池高等学校出身)

    IMG_6728.JPG今村先生には、LCCを中心に世界と日本の航空産業の歩みと現状についてわかりやすく、詳しく解説いただくとともに、就職活動に向けての貴重なアドバイスを数多くいただきました。講義の最後に今村先生は「採用は面接で決まる」とおっしゃっていました。自分のあがり症なところを克服し、気づいていない癖などにも目を向けて、就職活動に備えていこうと思います。今回の講義は改めて自分と向き合うきっかけになりました。ありがとうございました。

    A.Tさん(福岡県立福岡中央高等学校出身)

    今回の講義を通して、LCCを中心に航空産業について詳しく知るとともに、世の中にはたくさんの個性を持った企業があることを改めて実感しました。LCCが伸びている今、フルサービス・キャリアがどのようにして利益をあげていくのか、とても気になりました。私はホテル業界を志望していますが、フルサービス・キャリアとLCCの関係はシティホテルとビジネスホテルの関係にとても似ていると思いました。どちらにも良い点はありますが、お客様に何を提供できるのかが違い、そのため社員に求められる資質や能力にも違いがあると思います。社会には多くの企業があり、それぞれに個性があるので、自分はどこで最も力を発揮できるのか、見極めていきたいです。

    K.Tさん(佐賀県立神崎高等学校出身)

    「求められる人材」について学ぶとともに、自分自身について考えることができました。サウスウェスト航空の採用方針のお話などを聞き、企業の社風が自分に合っているのかどうかを見極めるのも就職活動において大切であると感じました。貴重な講義をありがとうございました。

    Y.Tさん(福岡県立伝習館高等学校出身)

    今村先生からは講義の最後に就職活動についての貴重なアドバイスを数多くいただきました。売り手市場の現在は良い人材を確保しようと、採用活動が早まる傾向にあるとのことです。そのため、早いうちから情報収集することが大切になります。面接では第一印象が極めて大事であると伺いましたので、姿勢や表情、視線、仕草など、今から気を付けていこうと思います。

    M.Nさん(福岡県立ありあけ新世高等学校出身)

    今回、今村先生にお話をいただいた内容は航空業界を目指している私にとって非常に興味深く、企業研究や就職活動にも役に立つことばかりでした。LCCについての講義もこれまであまり聞いたことがないことばかりで、とても面白かったです。航空業界は常に進化しており、ニュースなどでも多くの記事が取り上げられています。これから就職活動に向けて、最新の情報を常にインプットしておくように心がけていきたいと思います。

    IMG_6741.JPG

    H.Nさん(福岡県立春日高等学校出身)

    今回の講義を通して、ビジネスではいかに他社と差別化を図っていくかが極めて重要であると改めて実感しました。今村先生が講義の最後におっしゃった「運がいい人は動く人」という言葉が強く心に残りました。私も「運がいい人」になれるよう、興味を持ったことはまず行動に移していきたいと思います。

    C.Iさん(長崎県立佐世保南高等学校出身)

    今村先生は航空産業や就職活動に関する重要なことをユーモアを交えて、わかりやすく話してくださいました。旅行関係の業界に進みたい私にとって、LCCなど航空業界について知っておくべきことや就職活動での極意など、たくさんのこと学ぶことができた貴重な時間でした。

    E.Sさん(福岡県立伝習館高等学校出身)

    今村先生からは講義の最後に就職活動に関する貴重なお話をいただきました。就職に役に立つ本もたくさん紹介していただいたので、早速、読んでみようと思います。「運の法則」のお話もとても印象に残りました。私も「運がいい人」になれるように積極的に行動して、来年の今頃、自信を持って後輩に就職活動のアドバイスができるようになりたいです。

    S.Kさん(福岡県立北筑高等学校出身)

    今村先生からは航空産業について詳しく講義いただき、また最後には就職活動に関する貴重なアドバイスをいただきました。これから就職活動が始まるまで、じっくりと企業研究に取り組むとともに、簡潔に話ができる能力、清潔感のある見た目など、今のうちから意識していこうと思います。

    M.Mさん(沖縄県立普天間高等学校出身)

    IMG_6765.JPG今回の今村先生の航空産業に関する講義はとても面白く、終始、聴き入ってしまいました。ハーバート・ケレハー、マイケル・オレアリー、トニー・フェンルナンデス、デイビッド・ニールマン、ステリオス・ハジ=イオアヌなど、世界のLCCの経営者はそれぞれにとても個性的で、日本では考えられないようなことを経営戦略としていて関心が深まりました。LCCのビジネスモデルについて詳しく学ぶことができ、とても勉強になりました。

    R.Tさん(佐賀県立佐賀北高等学校出身)

    航空業界を目指している私にとってたいへん貴重なお話をたくさん聴くことができたとても有意義な講義でした。講義を通して、LCCとFSCのビジネスモデルや経営戦略について学び、深く考えるきっかけになりました。

    IMG_6737.JPG
    IMG_6762.JPG IMG_6763.JPG
    IMG_6730.JPG IMG_6744.JPG
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2018年
    11月16日

    Dream Comes True(就職内定者の声)⑱:H.Kさん(福岡県立筑前高等学校出身)-株式会社西鉄エージェンシー内定

    kc_hed3.gif
    国際キャリア学科の二期生にあたる現4年生からは、目指していた業界や企業への就職が内定したとの嬉しい知らせが相次いでいます。今春、卒業した一期生の多くが就職したエアライン(客室乗務員グランドスタッフなど)、旅行ホテル金融保険等の企業に加え、二期生は製造業石油・エネルギー、貿易業、運輸業、不動産業、広告業等の業界で著名な企業からも内定をいただいているのが大きな特徴といえます。

    このコーナーでは、志望していた企業様より内定をいただいた4年生(代表)の体験談をシリーズでご紹介します。今年度の第7回となる今回は第一志望であった西鉄グループの広告代理店、株式会社西鉄エージェンシー様より内定をいただいたH.Kさん(福岡県立筑前高等学校出身)からの喜びの報告です。

    Dream Comes True⑱:H.Kさん(福岡県立筑前高等学校出身)-株式会社西鉄エージェンシー内定

    私は、第一志望である株式会社西鉄エージェンシー様より内定をいただきました。

    IMG_5791.JPG

    広告業界は入学当初も、さらには就職活動直前まで、将来の進路として全く想像していなかった業界でした。中学生の頃からなんとなく地理が好きだったこと、そして何より旅行が好きだったこともあり、将来は旅行業界に進むんだろうなとぼんやり考えていました。

    いざ、就職活動が始まり、多くの企業の説明会やセミナーに参加しました。初めは以前から関心の高かった旅行業界ばかりを見ていたのですが、ある合同企業説明会で広告会社のブースに立ち寄り、説明を聞くと、一気に広告業界の魅力に引き込まれてしまいました。私自身、今までの人生で何度もテレビのCMやポスターのキャッチコピーなどの広告に心を動かされたことがありました。そんな誰かの心を動かし、そして心の支えになるような仕事がしたいという思いで、広告業界を志望することに決めました。当初、想像していた進路と違う方向に進むことになりましたが、それも就職活動の面白いところだと思います。
     
    就職活動で一番辛かったことは自己分析です。しかし、最もやって良かったことも自己分析でした。自分のことをとことん考えて、第三者から見た短所や長所、今までの人生で関わった方々の影響など、ここまで自分を見つめ直す機会はなかなかなく、とても良い経験になると思います。自己分析なしでは、就職活動は始まらないと思います。そして、就職活動は他の誰でもなく、自分との戦いだったと思います。
     
    エントリーシートは大学の進路就職課の方々や両親などに添削していただきながら作成し、とても自信のあるものを作成することができました。ここでもやはり自己分析をどれだけしているかが鍵となります。自分をよく知っているからこそ自己PRや志望動機が書け、すべてが繋がっていきます。面接では緊張しましたが、回数を重ねるごとに自信がついてきたので、次第に面接官の方とお話しするのがとても楽しくなりました。心掛けたことは、きちんと相手の方の目を見て、笑顔で話すことです。そして、回答案を完璧に作りすぎないことです。人にもよりますが、ある程度のキーワードを頭に入れて置き、自然体で話した方が堅苦しくなく会話することができると思います。
     
    後輩の皆さんはこれから少しずつ就職活動に向けて準備をしていくと思います。アドバイスとしては、自分がそれまで関心がなかった業界も一度だけでよいので説明会に参加してみることです。思いもよらない出会いがあるかもしれませんし、やはり第一志望の業界が良いなと思いを強くしてくれることもあります。また、もしも選考の結果が不合格であっても深く落ち込まないことです。この会社には縁がなかったと割り切ることも強さだと思います。ぜひ柔軟な考えで挑んでいただきたいです。
     
    国際キャリア学科の同級生はエアライン、旅行、ホテル、運輸、金融、保険、不動産、製造業、石油、貿易、広告、ファッションなど様々な業種の企業に内定を頂いていて、改めて多くの可能性を秘めた学科だなと感じました。高校生のみなさん、福岡女学院大学国際キャリア学科には皆さんの可能性を引き出し、新たな強みを生み出してくれる環境があり、一人一人と向き合って考えてくださる先生方がいらっしゃいます。インターンシップやフィールドワークなども充実しているので、ぜひ福岡女学院大学国際キャリア学科で多くのことにチャレンジして、自分を成長させるチャンスを掴んでください。 

    ☆The Path to Her Dream☆

    1年生①:海ノ中道のザ・ルイガンズでのオリエンテーション!
    L-8932.JPG
    1年生②:タイ、カンボジアでの国際協力研修に参加!
    2015-09-02 001 674.JPG
    2015-09-02 001 339.JPG


    3年生①:国際ビジネス・フィールドワークに参加!
    北九州港太刀浦コンテナターミナル(上)と安川電機(下)での研修
    IMG_3535.JPGIMG_3488.JPG
    3年生②:山口ゼミ(中東・北アフリカ政治経済研究)の友人たちと!
    IMG_2921.JPG
    3年生③:旅程管理主任者資格の研修で!
    IMG_5098 (1).jpeg
    3年生④:エイチ・アイ・エス九州営業本部でのインターンシップで!
    福岡本店.jpg
    NoName_00005975_1.2.2.jpg

    4年生①:山口ゼミで卒業研究「ドバイ首長国の広報戦略」について中間発表!
    IMG_6700.JPG
    4年生②:3年生との就職活動懇談会で後輩たちにアドバイス!
    IMG_6657.JPG
    4年生②:製造業、航空、ホテル、銀行、石油、広告、不動産、IT等、それぞれに希望していた業界・企業への就職が内定した山口ゼミの友人たちと!
    IMG_6709.JPG


    jennie2.png次回は第一志望であった株式会社エイチ・アイ・エス様より内定をいただいたA.Kさん(福岡女学院高等学校出身)からの喜びの報告をご紹介します。

    福岡女学院大学国際キャリア学科、そこには「世界への扉」「夢へのステップ」があります!


    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2018年
    11月16日

    海外留学留学先からの報告106:S.Hさん(オーストラリア・モナシュ大学、福岡県立筑紫中央高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます。

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。106回目となる今回は、今年8月からオーストラリアのモナシュ大学に留学中のM.Hさん(福岡県立筑紫中央高等学校出身)からの報告です。

    S.Hさん(福岡県立筑紫中央高等学校出身)からの留学報告

    私は今年8月からオーストラリアにあるモナシュ大学へ留学しています。

    留学してからの毎日は本当にあっという間で、一日一日の大切さを常に感じます。同時に、自分の英語力向上スピードへの焦りや、目標を成し遂げることができるのかという不安も感じており、語学習得の厳しさを改めて痛感しています。海外でホームステイをし、英語を話すネイティブと共に生活をしたから、海外の学校に通ったからといって、リスニング力、スピーキング力が自然とみるみるうちに向上していくわけではなく、自分の努力次第で伸びしろは全く変わるのだと実感しました。

    私が留学をして最もよかったと思う点はアウトプットをする場がたくさんあることです。海外で生活しているので、インプットした単語や表現を使える場が無限にあります。学校の先生や友人、ホストファミリー、たまたま立ち寄ったお店の店員さんなど、使いたい表現を取り入れて会話をすることで、日常生活で使える英語が増えていっていると思います。また、身近にいるネイティブスピーカーがよく使う言葉や反応の仕方を、身をもって学べるのも留学することの利点だと思います。今後も人とのかかわりのなかから英語力を伸ばしていきたいです。
     
    ___.jpg私の今のクラスは、日本人2人のほか、ベトナムと中国からの留学生の計14人で構成されており、最初はそれぞれ特有の英語の発音があるため、他国出身の留学生の言っていることがあまり理解できませんでした。また、私の言っていることが理解されないこともたびたびありました。話すスピードを遅めてでも、発音に気を付けて発言をするようになってからは、日本人でないクラスメイトも私の言っていることを概ね理解してくれるようになり、嬉しかったです。(右:クラス担任じゃなくなった今もわからないことや困ったことがあったら助けてくれる優しい先生と)

    授業内容としてはプレゼンテーションやディスカッションといったスピーキングにフォーカスした授業が多いように感じます。先日のプレゼンテーションの授業では、3人程度のグループに分かれ、事前にシティにある観光案内所へ行き、そこで聞いた話をもとにメルボルンのおすすめ観光スポットを紹介しました。ディスカッションはほぼ毎日、行っています。週に1、2回、前もってテーマを知らされておいての大きなディスカッションの授業もあります。学校に併設されている図書館で借りられる英語の本を授業までに読んでおいて、内容や感想を説明したり、おすすめの英語学習スマホアプリを紹介したりなど、テーマはさまざまです。
     
    私の通うモナシュ大学はメルボルンのシティのど真ん中に位置しており、授業前や放課後は友人とショッピングを楽しんだり、ご飯を食べに行ったりなどして、充実した生活を送っています。また、少し離れたところへ足を運ぶと広大な自然を感じることができ、シティとは全く違った時間を楽しむことができます。休日には、ホストファミリーとお出かけしたり、友人と遠出したり、クラスメイトの家に遊びに行ったりなど、土日のどちらかは必ず外に出るようにしています。
     
    ホストファミリーはホストファーザーもマザーもフィリピン出身の方で、たまにフィリピンの郷土料理を夕食に作ってくださいます。留学に来てからは、肉とパン中心の食生活になると思っていたのですが、意外にも私のステイ先では白身魚や鮭、カニやエビなどの魚介類と米がでることが多いです。どの料理もどれもおいしく、毎日の夕食の時間やお弁当が楽しみです。ホストファミリーは、これまで大きなショッピングセンター、マーケット、アウトサイド映画館、ワイナリー、チョコレート工場などいろいろなところに連れて行ってくださいました。また、先日、ホストファミリーの出演するゴスペルの記念コンサートに招待していただき、友人と一緒に行ってきました。私にとってあまり馴染みのないゴスペルは、とても迫力があり、思い出深い貴重な1日となりました。

    SH3.jpg
    ホストファミリーのコンサートにて(真ん中の正装の男性がホストファーザーです)!

    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2018年
    11月15日

    海外留学留学先からの報告105:M.Hさん(フィリピン・バギオ大学-神村学園高等部出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます。

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。105回目となる今回は、今年8月からフィリピンのバギオ大学に留学中のM.Hさん(神村学園高等部-鹿児島-出身)からの報告です。

    M.Hさん(神村学園高等部出身)からの留学報告

    私は今年8月からフィリピンのバギオ大学に留学しています。

    IMG_3594.jpeg

    IMG_3201.jpegバギオ大学では放送・マスコミ学科に所属して、主に広告業界やラジオ業界について学んでいます。授業では、実際に広告を作ったり、グループでCMやラジオ番組を制作したりしています。インプットだけではなく、アウトプットの機会も多い学科なので、英語でアイデアをシェアする時やプレゼンテーションをする時など、短い編集時間に頭を抱えることも多々、あります。しかし、フィリピン人のクラスメイトの助けを借りながら、英語以外にも少しずつ力をつけています。英語科目では、APAフォーマットと呼ばれる英語での論文の書き方を学んでいます。セメスターの最後で論文発表をする予定です。フォーマルな英語の知識がまだ少ないため、大変、苦労していますが、クラスメイトに大きな遅れをとらないよう頑張っています。(右:フィリピン人のクラスメイトと教室で)
     
    大学のイベントには積極的に参加するようにしています。先日は、Karkarnaと呼ばれるハロウィーン・パレードにダンサーの一員として参加しました。約40名のダンサーと共にメインストリートで踊ることができ、非常に気持ちがよかったです。約一週間、朝から夜まで作業や練習を行い、新しい友達を作ることもできました。常に現地の言葉と英語が混ざった空間にいるので不思議な感覚でした。教室の内外で、英語だけでなく、タガログ語も同時に学べることは、フィリピン留学の醍醐味かもしれません。

    IMG_3049.jpg
     
    ホストファミリーは、学校内の飲食店のオーナー夫婦と姉弟です。ホストファーザーの作る食事は今まで食べたなかで一番、美味しいと言っても過言ではないほどで、毎日の食事が楽しみです。ホストマザーは優しく、時に厳しく、本当の家族のように接してくださるので、非常に居心地が良いです。留学生活も残り少なくなってきたので、勉強はもちろんのこと、友人や家族と生活する時間も大切にしたいと思っています。
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE