• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2020年
    01月21日

    海外留学留学先からの報告144:M.Mさん(カナダ・セントメアリーズ大学-筑紫台高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。144回目となる今回は、今年度後期、カナダのセントメアリーズ大学に留学しているM.Mさん(筑紫台高等学校出身)からの報告です。

    M.Mさん(筑紫台高等学校出身)​​​​からの留学報告

    私は、今年度後期、カナダにあるセントメアリーズ大学に留学しています。

    セントメアリーズ大学では、最初にテストを受け、その結果に基づき各自のレベルにあったクラスに分かれて授業を受けます。毎週月曜日から木曜日は午前9時から午後3時半まで、金曜日は午前9時から午後12時までの授業です。レベル4クラス以上から月曜日と水曜日の午後のクラスを選択することができます。私たちのクラスでは、テキストやプリントを使い、課題にそって授業を受けます。また、パートナーと会話をし、お互いの意見を交換します。私は、授業の中でも特にこの会話の時間が好きです。英語力が上がると同時に異文化に対する理解が深まるからです。留学する前までは、間違えることに少し抵抗がありましたが、クラスの人達は優しく、いつも私の英語をちゃんと聞いてくれ、間違っていても、改善できるようにしっかり教えてくれるので、間違いを恐れず挑戦するようになりました。違うレベルのクラスと合同の授業を行うこともあります。そのため、様々な国の人と関わることができます。毎日、大学に行くことがとにかく楽しく、とても充実した日々を過ごしています。

    20191205_161352.jpg
    大学の校舎の前でクウェートからの留学生と!(右から2人目がM.Mさん)

    放課後や週末は大学のアクティビティに積極的に参加したり、クラスメイトとカフェに行ったり、映画を観に行ったりしています。アクティビティでは、ノバスコシア州で有名な観光地のペギーズコーブに行ったり、カヌーを体験したりと、様々なことを経験できるので、とてもおすすめです。

    ホームステイ先では、ホストファミリーと帰宅時や夕食時に必ず会話をしています。ホストファミリーが飼っている犬は私が日本で飼っている犬にそっくりで、毎日、癒されています。ホストマザーはパーティーを開くことがお好きで、私も参加させていただいています。年齢などに関係なく、ダンスや音楽を楽しめました!

    20191208_165028_110.jpg
    ホームステイ先のパーティーで!

    カナダのハリファックスに来て、異文化や英語にたくさん触れることができました。ここで出会った人は皆、大切な友達になり、もう既に分かれることが寂しいです。帰国しても英語の勉強を続け、TOEIC®️での高得点を目指し、頑張ります。

    P5291073.JPG
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2020年
    01月17日

    1年生のフレッシャーズ・セミナーでのキャリア・プランの作成と就職支援

    kc_hed3.gif

    国際キャリア学科1年生を対象とした「フレッシャーズ・セミナー(Freshers Seminar)」では、南川、山口、中島、蘭の4名の教員でローテーションを組んで、主として3年次以上で学ぶ国際政治経済、国際協力、国際ビジネス、英語学、異文化コミュニケーションの各専門分野に関する入門的な授業を行います。このうち、山口が担当する前期の授業では各学生に将来の目指す進路(キャリア)とそのために大学生活で取り組むことをまとめたキャリア・プランを作成する授業を行っています。

    はじめに近年の日本の経済情勢や企業の採用動向など人的資源管理の状況、そしてキャリア・プランの作り方について説明を受けた後、学生たちはそれぞれ自らのキャリア・プランを検討して、作成します。作成したキャリア・プランは担当教員との個別面談の後、加筆し、最後の授業ではグループに分かれて発表します。発表では、学生たちはお互いの夢について時に真剣に、時に笑いながら語り合い、刺激を受けているようです。

    IMG_7679.JPGIMG_7749.JPGIMG_7758.JPG
    現1年生のキャリア・プランの発表会の様子

    こうして完成したキャリア・プランはちょうどカルテのように卒業まで保管し、その後の面談などで加筆していきます。そして、キャリア支援やインターンシップ、実務研修、外部講師による講義の企画に活用しています。

    kc_20160810_02_05.jpg
    昨年、卒業した国際キャリア学科二期生のキャリア・プラン

    実際に次のように自ら作成したキャリア・プランに基づき、経験を積み、夢を実現した学生も相次いでいます。

    M.Sさん(4年、福岡県立三池高等学校出身、公務員試験合格:北九州市行政職)

    入学してすぐフレッシャーズ・セミナーの授業のなかで4年間にわたる就職活動や将来に向けてのキャリア・プランを立て、それ以降、特に海外や公的機関のお仕事の現場での経験を積むことに注力しました。在学中は、福岡県の海外青年派遣事業である「海外福岡県人会青年派遣プログラム」でのブラジル研修(1年次)やニュージーランドのオークランド大学への長期留学(2年次)、福岡市の観光等誘致機関である福岡観光コンベンションビューローでのインターンシップや北九州での国際ビジネス・フィールドワーク(3年次)などを経験しました。それらの経験から、「世界で活躍できる公務員」を目指し、最終的に北九州市行政職への就職に繋がりました。
    IMG_9129.JPG
    それぞれに夢を叶えた山口ゼミの友人たちと!(前列中央がM.Sさん)
    IMG_5950.JPG
    進路決定につながった経験:北九州での国際ビジネス・フィールドワーク(3年)-産業都市北九州のポテンシャルを実感しました!
    2018前期 天神観光案内所.JPG
    進路決定につながった経験:福岡観光コンベンションビューローでのインターンシップ(3年)、一緒に参加したK.Iさん(鹿児島県立大島高等学校出身)は大手旅行会社に内定!

    C.Iさん(4年、長崎県立佐世保南高等学校出身、株式会社エイチ・アイ・エスに内定)

    1年前期のフレッシャーズ・セミナーの授業で将来のキャリア・プランを考える機会があり、そこで夢に向けて在学中にすべきことなどを考えていたので、その後も計画を立てて取り組みやすかったです。1年次には西日本国際ビジネスフォーラムのインターンシップに参加し、2年次にはアメリカに長期留学しました。様々なことに積極的に挑戦することで、将来についてより鮮明にイメージすることができ、とても貴重な経験になりました。留学後、すぐに旅程管理主任者資格の勉強を始め、3年前期には香港のEGLツアーズ様でのインターンシップに、3年後期にはエイチ・アイ・エス九州営業本部でのインターンシップにも参加させていただきました。昨年3月からは様々な旅行会社の説明会に出向き、自分が挑戦したい場所、本当の夢を実現できる環境を軸に就職活動を進め、たいへん有難いことに第一志望であった株式会社エイチ・アイ・エスから内定をいただくことができました。
    IMG_7882.JPG
    C.Iさん(左)、同じく株式会社エイチ・アイ・エスより内定をいただいたH.Uさん(福岡県立春日高等学校出身)と!
    EGL(2018)①IMG_5919.JPG
    進路決定につながった経験:香港の旅行会社EGLツアーズでのインターンシップ(3年)-「アジアの観光産業のカリスマ」とも呼ばれている袁文英社長から旅行業の心得を伝授いただきました!一緒にインターンシップを経験したM.Iさん(鹿児島県立加治木高等学校出身、左)はアジアの物流拠点である香港で物流の仕事に魅力を感じ、大手物流会社に内定!
    IMG_7438.JPG
    進路決定につながった経験:エイチ・アイ・エス九州営業本部でのインターンシップ(3年)-憧れの職場で学生向けの旅行商品の企画業務等を経験し、同社の明るい社風に強い魅力を感じました!

    M.Yさん(4年、福岡県立伝習館高等学校出身、株式会社ジェイエア:客室乗務員に内定)

    国際キャリア学科の授業で航空産業について学んだことなどから私は航空会社、なかでも機内で最も身近にお客様をアテンドできる客室乗務員を目指すようになりました。ただ、将来のキャリア・プランを考える1年前期のフレッシャーズ・セミナーの授業などで先生から「視野を広くもって、色々な角度から世界を見たほうが将来の幅も広がるし、客室乗務員になった時も活かせるよ」というアドバイスをいただき、航空業界を意識しながらもオーストラリアのモナシュ大学への長期留学、企業の方と企業が抱える課題を解決するプロジェクトへの参加、メーカーや卸売、ホテルなど様々な業界でのインターンシップなど様々な経験を積みました。こうした経験を通じて客室乗務員のお仕事の魅力を再確認し、就職活動では航空会社を中心にエントリーをし、目指していた株式会社ジェイエアから客室乗務職の内定をいただくことができました。本当に嬉しい気持ちで一杯です。
    IMG_8979.JPG
    中国研究の陳ゼミで、陳先生や友人たちと(後列左から一人目がM.Yさん)
    AIXL3624.JPG
    進路決定につながった経験:ソウルでのアシアナ航空客室乗務員研修(3年)-客室乗務員の仕事の魅力を再確認しました! 
    IMG_6055.JPG
    進路決定につながった経験:日本航空での研修(3年)-JALグループの社風に強い魅力を感じました!

    ICD=Dream Comes True!

    4年間のカリキュラムを通して英語力など語学力を高め、国際情勢や経済、経営に対する知識を身につけ、さらに国内外でのインターンシップや実務研修で国際ビジネスの現場を体験することで、学生たちは大きく成長しています。福岡女学院大学国際キャリア学科、そこには「世界への扉」「夢へのステップ」があります。

    P1200312.JPG
    kc_fut.gif
    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!
     

    2020年
    01月16日

    海外留学留学先からの報告143:Y.Mさん(アメリカ・テネシー大学マーティン校-佐賀県立鳥栖高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。143回目となる今回は、今年度後期、アメリカのテネシー大学マーティン校に留学しているY.Mさん(佐賀県立鳥栖高等学校出身)からの報告です。

    Y.Mさん(佐賀県立鳥栖高等学校出身)​​​​​​からの留学報告

    私は今年度後期、アメリカのテネシー大学マーティン校に留学し、集中英語学習プログラムを受講しています。

    IMG_5211_Original.jpegテネシー大学マーティン校での授業は週5日間、午前9時から午後2時まで行われ、リーディング、ライティング、リスニング&スピーキング、グラマーの4つに分かれています。リーディングは、教科書の長文を読み、内容に関する問題を解き、新出・重要単語の使い方などを学びます。ライティングでは、英文でのエッセイの書き方を学習しており、起承転結の構成を細かく学び、ブレインストーミングやマッピングでアイデアを広げ、肉付けをして文章を完成させます。制限時間内に即興で英文を書くこともありました。リスニング&スピーキングでは、ネイティブの会話を聞いてメモを取り、問題を解いたり、トピックを決めて5分前後でスピーチをしたりしました。特に難しかったものは、ニュースを見てメモを取り、先生が作られた問題に答えるという作業でした。ネイティブの言い回しや単語と単語の繋がりを知らないと、知っていても知らない言葉に聞こえるので、耳が慣れるように寮に戻ってから何度も聞いたり、同じ様に発音できるようにシャドーイングをしたりして対策をしました。シャドーイングは日常会話をする上でもとても役に立つので、今も続けています。グラマーの授業では、基本的な文法を復習しました。英語で英語を学ぶので混乱することも多かったですか、先生方やアメリカ人の学部生の友人に質問して、わからないところをなくしていきました。どの授業でもミニテストが2日から3日ごとに行われ、毎日の宿題とテスト勉強をこなす日々を送っています。
    IMG_7594_Original (1).jpeg
    体育館でアメリカ人学生と!
     
    放課後は大学のイベントに参加したり、寮のロビーでアメリカ人の学生たちと会話をしたりしています。テネシー大学マーティン校はイベントが充実しているので、多くのアメリカ人学生と関わることができます。実際、私もたくさんの友人ができました。特に、趣味の歌を通じてできた友人とは学生が主催するタレントショーに一緒に出演して、私は歌、友人はギターを披露しました。たくさんの声援をくれた学生たちには感謝の気持ちでいっぱいです。これをきっかけにさらに友人が増え、仲も深まりました。プロテスタントの学生たちが集まる聖書研究にも参加して、キリスト教について学んでいます。英語の聖書はとても難しいですし、学生たちのディスカッションは言葉が早い上にスラングが飛び交う空間なので学びの場にもなります。

    IMG_4687_Original.jpeg
    音楽でつながった友人たちと!

    IMG_7337_Original.jpeg実家暮らしだった私にとって留学では自立すること、自制心を身に付けること、前向きな考え方をできるようになることも目標でした。食生活が変わり体調を崩したこともありましたが、今では同じ材料で何種類もの味付けの料理を作れるようになりました。大学生になって時間に使われていたような生活でしたが、留学して逆に時間を使うようになりました。また、こちらに来てから失敗しても次はどうやり方を変えようかとポジティブに考えるようになってきています。

    残りの留学期間をさらに有意義にするために挑戦を続けようと思います。また、日本に戻ってからも次の目標に向けて頑張ろうと思っています。私の留学生活を支えて、応援してくださっている全ての方に感謝しています。

    IMG_5664_Original (1).jpeg
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2020年
    01月15日

    2019年度前期国際ビジネス・インターンシップ⑫:H.I.S.バンクーバー支店(カナダ)でのインターンシップ

    kc_hed3.gif

    「世界とつながる仕事で活躍する女性の育成」を目指している国際キャリア学科では、国内外の経済界と連携して、国際ビジネスの現場で学ぶインターンシップやフィールドワークを実施しています。

    インターンシップは九州インターンシップ推進協議会を通じた大学全体でのプログラムのほか、学科独自の科目として国際ビジネス・インターンシップを開講しています。今年度前期の国際ビジネス・インターンシップは、福岡、佐賀、鹿児島、広島、沖縄の5県のほか、カナダ(バンクーバー、トロント)、イタリア(ローマ)、台湾(台北)、韓国(ソウル)、香港、マカオの6カ国・地域で実施し、のべ85名が参加しました。これに大学全体でのプログラムに参加した7名を加えると、92名が前期にインターンシップを経験したことになります。(後期も2年生を中心に22名が観光・旅行、貿易、ホテルなどの分野でインターンシップを経験する予定です。)

    このうち、H.I.S.様のバンクーバー支店、トロント支店でのインターンシップには、国際キャリア学科3年のM.Kさん(福岡工業大学附属城東高等学校出身)やN.Kさん(九州産業大学付属九州高等学校出身)ら5名が参加しました。5人は旅行会社の海外支店の現場で多くのことを学ばせていただきました。お忙しいなか、ご指導いただきましたH.I.S.カナダの皆様、本当にありがとうございました。

    以下では、5人を代表してM.Kさん(福岡工業大学附属城東高等学校出身)の報告をご紹介します。

    H.I.S.バンクーバー支店​でのインターンシップを経験して
    :M.K(福岡工業大学附属城東高等学校出身)

    私は今夏、エイチ・アイ・エス様のバンクーバー支店でインターンシップを経験させていただきました。

    HISバンクーバー2019IMG_1570.jpeg
    ご指導いただいたバンクーバー支店の皆様とM.Kさん(福岡工業大学附属城東高等学校出身)N.Kさん(九州産業大学付属九州高等学校出身)
     
    バンクーバー支店の業務は大きくインバウンド業務とアウトバウンド業務に分かれており、このうちインバウンド業務は個人旅行、添乗員付きツアー、修学旅行・留学の3つの部署に分かれています。私は主にインバウンド業務のうち、修学旅行・留学の部署での業務を体験させていただきました。具体的には、ホームステイされるお客様向けにホスト宅から学校等までの行き方を示した地図資料の作成、現地の学校の紹介資料の作成、そしてツアーの視察調査などを行いました。

    地図資料の作成では、お客様が慣れない土地で迷わないためにはどの行き方がいいのか考えることに留意し、Google Mapを使って実際にその場所に立っているかのように写真を使って示すように工夫をしました。学校案内ではどういう情報を提供したらお客様にその学校で学びたいと思っていただけるのかを考え、学校の情報だけでなく、学校周辺や立地している街の情報を一緒に紹介することでどういう環境で学べるのかをわかりやすく伝えるようにしました。

    HIS Vancouver 5.JPG

    研修中の1日を使って実際にツアーに参加し、レポートを作成しました。担当していただいたツアーガイドさんはとても穏やかな方で、カナダについて多くのことを教えていただくとともに、ツアーガイドのお仕事についても実地で学ぶことができました。

    研修最終日にはパワーポイントで資料を作成し、プレゼンテーションを行いました。内容は「カナダの人におすすめしたい日本」です。バンクーバー支店のスタッフの方々を前に発表するのはたいへん緊張しました。終了後には講評をいただき、良かった点としては「一つの場所に絞って詳しく紹介したことで、実際にそこに行きたいと思えるようなプレゼンテーションになった」ことを、改善点としては「宿泊施設までの交通手段や外国人のお客様に対応できるのかなどの説明を付け加えると、お客様がより安心して参加したいと思えるようになる」ことを指摘いただきました。外国人のお客様を相手にするからこそ、日本人のお客様とは違う視点での紹介が必要になると思いました。

    今回、初めて海外でのインターンシップを経験させていただきました。英語を使っての仕事も初めての体験でした。私がこのインターンシップで一番、感じたことはエイチ・アイ・エス様は常にお客様のことを第一に考えておられるということです。ご利用いただくお客様のためのわかりやすい資料の作成、団体のお客様の場合はアレルギーを持たれている方などへの配慮、留学中のお客様への各種サポートなど、常にお客様のことを考えてきめ細かい対応をされていました。多くのお客様のご利用がある分、発生する問題も様々です。そうしたなかでもスタッフの方々は互いに緊密に連携をとられ、協力しながら問題を解決していらっしゃいました。多くのことを学べた貴重な体験になりました。今回の経験を自分の糧にして、就職活動に活かしていきたいと思います。

    カナダ.jpg
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    2020年
    01月14日

    (学生の活躍)国際キャリア学科のM.Hさん(明光学園高等学校出身)が「海外福岡県人会青年派遣プログラム」(コロンビア派遣)の団員に選ばれました!

    kc_hed3.gif

    国際キャリア学科2年のM.Hさん(明光学園高等学校出身)が福岡県国際交流センターが主催する、「海外福岡県人会青年派遣プログラム」(コロンビア派遣)の団員に選抜されました。

    IMG_9799.JPG
     
    「海外福岡県人会青年派遣プログラム」は、福岡県の18歳から29歳までの学生、社会人を県出身者が活躍している国・地域に派遣し、世界に挑んだ先人の足跡を学ぶとともに、現地の政治・経済情勢等を理解し、将来に向けての人的ネットワークを築くことを目的に実施されているもので、M.Hさんは書類審査と面接を経て、団員に選ばれました。
     
    IMG_0767 (1).jpegM.Hさんは来月、コロンビア共和国のカリを訪問し、福岡県人会の方々や現地青年との交流会などに参加するほか、日系人の方が経営するコーヒー農園の視察、学校の訪問などを行います。M.Hさんは昨年、観光柳川キャンペーンレディ「水の精」にも選抜されて柳川の観光PRで活躍しており(右写真)、コロンビアでの経験を通してさらに成長するのが楽しみです。なお、国際キャリア学科生が「海外福岡県人会青年派遣プログラム」の団員に選抜されるのは2015年度のN.Kさん(二期生、福岡県立城南高等学校出身、イタリアのローマ国際大学大学院に進学)以来、次のとおり5年連続となります。

    果敢に世界に挑む国際キャリア学科生のチャレンジ精神は着実に後輩たちに引き継がれています。

    2015年度:N.Kさん(昨春卒業、福岡県立城南高等学校出身ーボリビアに派遣)

    kc_20151106_02.jpg

    2016年度:M.Sさん(現4年、福岡県立三池高等学校出身ーブラジルに派遣)

    高校生たちと.JPGコーヒー農園2.jpg

    2017年度:Y.Bさん(現3年、筑紫女学園高等学校出身ー米国ハワイ州に派遣)

    図4.jpg0225ヒロ県人会交流会.jpg

    2018年度:Y.Mさん(現2年、福岡県立筑紫高等学校出身-メキシコに派遣)

    海外福岡県人会(2018年度)⑦.JPG海外福岡県人会(2018年度)⑧.JPG
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    Beyond your expectations!

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@